紅葉のQMA問題ブログ・ω・)

Quiz Magic Academy 天の学舎 問題ブログ・ω・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

明治大正検定 グループ分け

--------------------
次の出来事をそれが起きた時代ごとにグループ分けしなさい
明治時代:版籍奉還(1869)、廃藩置県(1871)
大正時代:原敬首相が暗殺される(中岡艮一1921)、関東大震災(1923.9.1)
昭和時代:日本初の普通選挙実施(1928)、日本が国際連盟を脱退(1935)、大政翼賛会の結成(1940)

次の出来事をそれが起きた時代ごとにグループ分けしなさい(事件)
明治時代:佐賀の乱(1874)、大津事件(1891)、大逆事件(1910)
大正時代:シーメンス事件(1914)、白虹事件(1918)、米騒動(1918)
昭和時代:五・一五事件(1932)、血盟団事件(1932)、帝人事件(1934)、二・二六事件(1936)、ゾルゲ事件(1941)、昭和電工事件(1948)、下山事件(1949)、三鷹事件(1949)、松川事件(1949)
(1891年に起きた事件/外相の青木周蔵が辞職/犯人は津田三蔵/ロシアの皇太子暗殺未遂事件→大津事件)
(1918年に起きた事件/寺内正毅内閣への批判/村山龍平,長谷川如是閑/大阪朝日新聞の記事が問題に→白虹事件)
(1934年に起きた事件/文部大臣・鳩山一郎が辞任/株に関する増収賄疑惑/斎藤実内閣が総辞職→帝人事件)
(1948年に昭和電工疑獄事件で辞職した首相は?(四択)→芦田均)

次の法律をそれが制定された時代ごとにグループ分けしなさい(法律)
明治時代:大日本帝国憲法(1889/2/11,1890/11/29)
大正時代:治安維持法(1925)、普通選挙法(1925)
昭和時代:独占禁止法(1947)、国家総動員法(1938)、公職追放令(1946)

次の出来事をそれが起きた時代ごとにグループ分けしなさい(戦争)
明治時代:西南戦争(1877)、日清戦争(1894)、日露戦争(1904)
大正時代:第一次世界大戦(1914-1918)、対華二十一箇条要求(1915)
昭和時代:柳条湖事件(1931)、満州事変(1931)、盧溝橋事件(1937)、第二次世界大戦(1939-1945)

次の出来事をそれが起きた時代ごとにグループ分けしなさい
明治時代:日英同盟(1902)、桂・タフト協定(1905)、高平・ルート協定(1908)
大正時代:石井・ランシング協定(1917)
昭和時代:日独伊三国防共協定(1937)、ポツダム宣言を受諾(1945)、極東国際軍事裁判が開廷(1946)

次の条約をそれが締結された時代ごとにグループ分けしなさい(条約)
明治時代:千島樺太交換条約(1875)、下関条約(1895)、日英同盟(1902)、ポーツマス条約(1905)、桂・タフト協定(1905)、高平・ルート協定(1908)
大正時代:石井・ランシング協定(1917)
昭和時代:日独伊三国防共協定(1937)、サンフランシスコ講和条約(1951)、日中平和友好条約(1972)
(桂・タフト協定(1905)=桂太郎とウィリアム・タフトとの間で締結された。米国のフィリピン統治と日本の韓国に対する優越支配を相互に承認した)
(高平・ルート協定(1908)=エリフ・ルートと高平小五郎との間で締結された。日露戦争後の太平洋方面での現状維持と,清国における商工業の機会均等主義の擁護を目的とした日米間の協定)
(石井・ランシング協定(1917)=石井菊次郎とロバート・ランシングとの間で締結された。日本の中国における特殊権益の承認と、中国の領土保全・門戸開放・機会均等などを決めた)

--------------------

次の出来事を起きた年代ごとにグループ分けしなさい
1990年代:湾岸戦争が勃発(1990)、ソビエト連邦が崩壊(1991)、アジア通貨危機(1997)
2000年代:911同時多発テロ(2001)、北朝鮮が初の核実験(2006)、オバマが米大統領に就任(2009-)

次の出来事を起きた年代ごとにグループ分けしなさい
1990年代:羽生善治が初の七冠王に(1996)、トヨタのプリウスが発売(1997)、『失楽園』がブームに(1997)
2000年代:iPodが発売(2001)、メタボ検診(2008)、Youtubeがサービス開始(2005)

次の日本の出来事を起きた年代ごとにグループ分けしなさい
1990年代:バブル経済崩壊(1991)、非自民の細川連立内閣成立(1993)、消費税が5%に増税(1997)
2000年代:愛・地球博が開催(2005)、郵政民営化関連法案が成立(2005)、裁判員制度がスタート(2009)

次の日本の出来事を起きた年代ごとにグループ分けしなさい
1990年代:PKO協力法が成立(1992)、関西国際空港が開港(1994)、小選挙区比例代表並立制に(1996)、山一證券が破綻(1997)
2000年代:拉致被害者5名が帰国(2002)、ライブドアショック(2006)、東国原英夫が宮崎県知事に(2007-2011)

--------------------
[明治大正]
次の戦いを含まれる戦争ごとにグループ分けしなさい
日清戦争:成歓の戦い(せいかん)、威海衛の戦い(いかいえい)
日露戦争:遼陽会戦、奉天会戦、日本海海戦
(日清戦争:豊島沖→成歓→平壌→黄海→鴨緑江→旅順口→威海衛→牛荘→澎湖)
(日露戦争:旅順口→仁川沖→旅順閉塞→鴨緑江→南山→得利寺→黄海→蔚山沖→宗谷沖
→旅順攻囲(203)→摩天嶺→大石橋→析木城→遼陽→沙河→黒溝台→奉天→日本海→樺太)

次の軍人を指揮官を務めた日露戦争における戦いごとにグループ分けしなさい
奉天会戦:大山巌、アレクセイ・クロパトキン
日本海海戦:東郷平八郎、ロジェストヴェンスキー

次の国を日露戦争で支援した国ごとにグループ分けしなさい
日本:アメリカ、イギリス
ロシア:ドイツ、フランス
--------------------
[文学]
次の明治時代の人物を所属していた団体ごとにグループ分けしなさい
硯友社:泉鏡花,徳田秋声,小栗風葉,柳川春葉、山田美妙、石橋思案、広津柳浪(ひろつりゅうろう)
明六社:福沢諭吉、菊池大麓、箕作麟祥、箕作佳吉、大槻文彦
(『神経病時代』/『松川裁判』/『年月のあしあと』/父の柳浪も作家→広津和郎(ひろつかずお)(1917,1953,1963))
(1886年の小説『嘲戒小説天狗』は言文一致体で書かれた小説の先駆けとなった、尾崎紅葉らと硯友社を結成した明治の作家は?(文字パネル)→山田美妙)
(明治新政府で近代的法制度の整備に尽力した法学者で、「権利」や「義務」といった訳語を考案したことでも知られるのは?(スロット)→箕作麟祥(みつくりりんしょう))
(真珠王・御木本幸吉に対して「真珠の養殖は可能だ」と助言した日本の動物学者は?(スロット)→箕作佳吉(箕作麟祥の従弟))
(動物学者・箕作佳吉の兄である明治・大正期の数学者で、1917年に設立された理化学研究所の初代所長を務めたのは?(スロット)→菊池大麓)
--------------------
[美術]
次の明治・大正期に活躍した画家をその作風ごとにグループ分けしなさい
日本画家:菱田春草、上村松園、竹内栖鳳、下村観山、川端龍子、菊池容斎、橋本雅邦、狩野芳崖
洋画家:佐伯祐三、藤島武二、黒田清輝、藤田嗣治、荻須高徳、青木繁、岸田劉生、小磯良平、高橋由一、浅井忠、和田三造、岡田三郎助、赤松麟作
(岡倉天心の門下で『黒き猫』『落葉』などの代表作がある日本画家は?(大意)(文字パネル)→菱田春草)
(『斑猫』『アレタ立に』『夏鹿』などの作品で知られる第1回文化勲章を受章した日本画家は?(文字パネル)→竹内栖鳳)
--------------------
[その他]
--------------------
スポンサーサイト
  1. 2014/01/28(火) 22:53:43|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 一問多答

--------------------
[明治大正]
次のうち1868年に設けられた明治政府の三職を全て選びなさい
○総裁、参与、議定、のみ
×摂政、関白

次のうち、かつて日本で帝国議会を構成した議院を全て選びなさい
○衆議院、貴族院、のみ
×参議院、元老院

次の駅のうち、1872年に日本最初の鉄道が開通した時の途中駅にあったものを全て選びなさい
○品川駅、川崎駅、鶴見駅、神奈川駅、のみ。
×蒲田駅(1904)、東神奈川駅(1908)、大井町駅(1914)
[新橋-横浜間開業(新橋-品川駅-川崎駅-鶴見駅-神奈川駅-横浜)]

次のうち、日本の第1議会で議席を持っていた政党を全て選びなさい(1890)
○立憲自由党、大成会、立憲改進党、国民自由党、のみ (立憲自由党(130)→大成会(79)→立憲改進党(41)→国民自由党(5)→(無所属45/300人))
×立憲民政党、立憲帝政党、日本自由党、独立倶楽部、中央交渉部

次のうち、日本最初の学術団体・明六社に参加していた人物を全て選びなさい
○菊池大麓、(森有礼、福澤諭吉、加藤弘之、中村正直、西周、西村茂樹、津田真道)(吉原重俊、植木枝盛、箕作佳吉、箕作麟祥、早矢仕有的、などなど)
×宇都宮三郎、勝海舟
(1873年(明治6年)にアメリカから帰国した森有礼が、福澤諭吉・加藤弘之・中村正直・西周・西村茂樹・津田真道・箕作秋坪・杉亨二・箕作麟祥らとともに同年秋に啓蒙活動を目的として結成)

次のうち、1876年に起きた萩の乱に加わった人物を全て選びなさい
○前原一誠、奥平謙輔、小倉信一
×江藤新平(佐賀の乱)、太田黒伴雄(神風連の乱)、加屋霽堅(神風連の乱)、上野堅五(神風連の乱)、宮崎車之助(秋月の乱)、今村百八郎(秋月の乱)

次のうち、1895年の下関条約で日本に割譲された土地を全て選びなさい
○遼東半島、澎湖諸島、台湾、のみ
×山東半島、東沙諸島、上海、香港

次のうち、東郷平八郎が司令官を務めた戦争を全て選びなさい
○日清戦争、日露戦争、のみ
×第一次世界大戦、第二次世界大戦、湾岸戦争

次のうち、かつて日本陸軍で「陸軍三長官」と呼ばれた役職を全て選びなさい
○陸軍大臣、参謀総長、教育総監、のみ
×幕僚長、防衛大臣、法務大臣

次のうち第一次伊藤博文内閣で大臣を務めた人を全て選びなさい
○井上馨(外務大臣)、山県有朋(内務大臣)、松方正義(大蔵大臣)、森有礼(文部大臣)、大山巌(陸軍大臣)、西郷従道(海軍大臣)、山田顕義(司法大臣)、
谷干城(農商務大臣1)、土方久元(農商務大臣2)、黒田清隆(農商務大臣3)、榎本武揚(逓信大臣)
×山本権兵衛、桂太郎

次のうち、伊藤博文が務めたものを全て選びなさい
○初代韓国統監、初代貴族院議長、初代総理大臣、初代枢密院議長、初代兵庫県知事
×初代朝鮮総督府(寺内正毅)、初代台湾総督(樺山資紀)、初代衆議院議長(中島信行)、初代満鉄総裁(後藤新平)
韓国統監府(1905-1910):伊藤博文(1),曾禰荒助(2)(そねあらすけ),寺内正毅(3),のみ
朝鮮総督府(1910-1945):寺内正毅(1),,阿部信行(9),など
台湾総督府(1895-1944):樺山資紀(1),,安藤利吉(19),など

--------------------
[文学]
次のうち、明治初期の作家・仮名垣魯文の作品を全て選びなさい(本名:野崎文蔵)
○『西洋道中膝栗毛』『安愚楽鍋』『高橋阿伝夜叉譚』(1870,1871,1879)
×
(明治の作家・仮名垣魯文の小説『西洋道中膝栗毛』は『東海道中膝栗毛』の主人公の孫の活躍を描いたものである,○ (十返舎一九『東海道中膝栗毛』(1802))(仮名垣魯文『西洋道中膝栗毛』(1870)))

次のうち「尾崎紅葉門下の四天王」と呼ばれた明治時代の作家を全て選びなさい
○泉鏡花、徳田秋声、小栗風葉、柳川春葉、のみ
×幸田露伴、国木田独歩、正宗白鳥
(小説『金色夜叉』を書いた明治の作家は尾崎紅葉ですが、未完に終わった『金色夜叉』の続きとなる『終編金色夜叉』を書いた尾崎紅葉の弟子は?(四択)→小栗風葉)
(「尾崎紅葉門下の四天王」の一人に数えられた明治の作家で代表作に『白すみれ』『夢の夢』や『生きぬ仲があるのは』?(スロット)→柳川春葉(1897,1900))

次のうち、賀川豊彦の小説を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○『死線を越えて』『太陽を射るもの』『壁の声をきく時』
×奉教人の死(芥川龍之介)、恩讐の彼方に(菊池寛)、子を連れて(葛西善蔵)、不毛地帯(山崎豊子)
--------------------
[美術]
--------------------
[経済]
--------------------
[お雇い外国人]
次のうち、明治のお雇い外国人ジョサイア・コンドルが手がけた建築物を全て選びなさい(Josiah Conder)
○鹿鳴館、凌雲閣、ニコライ堂(日本正教会)
×東京駅(辰野金吾)、京都国立博物館(片山東熊)
(明治初期に来日し、鹿鳴館やニコライ堂の設計を手がけたイギリス生まれの建築家はジョサイア・○○○○?(スロット)→ジョサイア・コンドル(Josiah Conder)(英))

次のうち、大正時代にフランク・ロイド・ライトが設計を手がけた建造物を全て選びなさい(Frank Lloyd Wright)
○帝国ホテル、自由学園明日館、(他に外国にはグッゲンハイム美術館、落水荘、など)
×鹿鳴館(Josiah Conder)
(エドガー・カウフマンの別荘として建てられた建築家フランク・ロイド・ライトの代表作は○○荘?(スロット)→落水荘(米ペンシルベニア州))

明治初期に来日した次の外国人のうちアメリカ人を全て選びなさい
○ヘボン(米)、アーネスト・フェノロサ(米)、ウィリアム・スミス・クラーク(米)
×ジョサイア・コンドル(英)、ギュスターヴ・ボアソナード(仏)、ヘルマン・ロエスエル(独)、エドムント・ナウマン(独)

明治初期に来日した「お雇い外国人」といわれた次の人物のうちドイツ人を全て選びなさい
○ヘルマン・ロエスエル(独)、エドムント・ナウマン(独)、エルヴィン・フォン・ベルツ(独)
×アーネスト・フェノロサ(米)

次の幕末・明治初期に日本を訪れた外国人のうち日本で亡くなった人物を全て選びなさい
○ラフカディオ・ハーン、エドウィン・ダン(米)、ジョサイア・コンドル(英)
×アーネスト・フェノロサ(米)、ヘルマン・ロエスレル(独)、ファン・ドールン(蘭)
(明治初めに北海道開拓使として来日し、北海道の酪農加工業や競走馬育成に尽力した人物で、後に駐日米国公使となったのは?(並べ替え)→エドウィン・ダン(Edwin Dun)(米獣医師))
(明治初期に来日し、鹿鳴館やニコライ堂の設計を手がけたイギリス生まれの建築家はジョサイア・○○○○?(スロット)→ジョサイア・コンドル(Josiah Conder)(英))
(日本に帰化して小泉八雲と名乗ったギリシャ出身の作家で小説『怪談』で有名なのはラフカディオ・○○○?(スロット)→ラフカディオ・ハーン(Lafcadio Hearn))

--------------------
[外国]
次のうち1882年に三国同盟を結成した国を全て選びなさい
○ドイツ、イタリア、オーストリア、(独墺伊三国同盟)
次のうち1895年に日本に対して三国干渉を行った国を全て選びなさい
○フランス、ドイツ帝国、ロシア帝国
次のうち1917年まで続いた「三国協商」の三国を全て選びなさい(画像)
○イギリス、フランス、ロシア、のみ
次のうち三国同盟に対抗して三国協商を結んだ国を全て選びなさい
○イギリス、フランス、ロシア、のみ
次のうち1940年に「三国同盟」と呼ばれる軍事同盟を結んだ国を全て選びなさい
○日本、ドイツ、イタリア、(日独伊三国同盟)

次のうち、1900年に起きた義和団事件に対し、共同出兵した8カ国に含まれるものを全て選びなさい
○アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、日本、のみ (米露英仏独伊墺日)
×オランダ、スペイン、ポルトガル、ベルギー

次のうち、第一次世界大戦に勝利した国を全て選びなさい
○イギリス、アメリカ、日本、(フランス、イタリア、ロシア、など)
×ドイツ、(オーストリア=ハンガリー帝国、オスマン帝国、ブルガリア)

次のうち1920年に国際連盟が発足した当初、常任理事国だった国を全て選びなさい
○イギリス、フランス、イタリア、日本、のみ
×アメリカ、ロシア、ドイツ、オランダ

次の1921年に結ばれた四ヶ国条約の締結国を全て選びなさい
○アメリカ、イギリス、フランス、日本、のみ (米英仏日)
×ドイツ、イタリア、ソ連、中国
次の1922年に結ばれた九ヶ国条約の締結国を全て選びなさい(自作問)
○アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ポルトガル、オランダ、ベルギー、日本、中国、のみ (米英仏伊葡蘭白日中)
×ドイツ、ソ連

次のうち、日本が勝利した戦争を全て選びなさい
○日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦
×第二次世界大戦
--------------------
[その他]
次のうち、20代の若さで死去した人物を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
高杉晋作 (1839-1867)(28)
樋口一葉 (1872-1896)(24)
瀧廉太郎 (1879-1903)(24)
石川啄木 (1886-1912)(26)
沢村栄治 (1917-1944)(27)
赤木圭一郎 (1939-1961)(22)(映画俳優)
夏目雅子 (1957-1985)(28)(女優)
尾崎豊 (1965-1992)(27)(ミュージシャン)
×
太宰治 (1909-1948)(39)
坂本龍馬 (1835-1867)(32)
芥川龍之介 (1892-1927)(35)
宮沢賢治 (1896-1933)(37)
坂本九 (1941-1985)(44)(俳優,歌手)
松田優作 (1949-1989)(40)

次のうち、20代の若さで死去した人物を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
レイモン・ラディゲ (仏1903-1923)(20)
ジェームズ・ディーン (米1931-1955)(24)(俳優)
ジミ・ヘンドリックス (米1942-1970)(28)(ミュージシャン)
カート・コバーン (米1967-1994)(27)(ミュージシャン)
リバー・フェニックス (米1970-1993)(23)(映画俳優)
ヒース・レジャー (墺1979-2008)(29)(俳優)
×
ロバート・キャパ (洪1913-1954)(41)(洪牙利,ハンガリー)
チェ・ゲバラ (1928-1967)(39)(アルゼンチン生まれの革命家でキューバのゲリラ指導者)
ブルース・リー (1940-1973)(33)
ジョン・レノン (英1940-1980)(40)
アイルトン・セナ (伯1960-1994)(34)

次のうち、結核でこの世を去った人物を全て選びなさい
〇沖田総司、高杉晋作、正岡子規、(樋口一葉、石川啄木、滝廉太郎)
×土方歳三(戦死)、坂本竜馬(近江屋事件)、西郷隆盛(西南戦争自害)、夏目漱石(胃潰瘍の悪化)、伊藤博文(暗殺)、野口英世(黄熱病)
(明治の作家・樋口一葉が亡くなった時の年齢は?(四択)→24歳(1872-1896)(結核で死去))
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:53:14|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 順番当て

--------------------
[明治大正]
次の都市を1871年に横浜を出発した岩倉使節団が訪れた順に選びなさい
サンフランシスコ→シカゴ→ワシントン→ロンドン(英)→ベルリン(独)(東向き)

次の政党を1890年に行われた第1回総選挙の当選者が多かった順に選びなさい
立憲自由党(130)→大成会(79)→立憲改進党(41)→国民自由党(5)→(無所属45/300人)

明治初期に九州で起こった次の「士族の反乱」を早く起こった順に選びなさい
佐賀の乱 (1874/2/1)(佐賀県)(江藤新平)
神風連の乱 (1876/10/24)(熊本県)(太田黒伴雄)
秋月の乱 (1876/10/27)(福岡県)(宮崎車之助)
萩の乱 (1876/10/28)(山口県)(前原一誠)
西南戦争 (1877/2/15)(西郷隆盛)
(1876年に萩の乱に影響を受けた旧会津藩士の永岡久茂らが千葉県庁を襲撃しようとした士族反乱未遂事件は○○○事件?→思案橋(しあんばしじけん)(1876/10/28後))

次の日露戦争に関する出来事を古い順に選びなさい
義和団の乱(1900)(庚子事変,こうし)
日英同盟の締結(1902)
日韓議定書の締結(1904)
(義和団事件の講和条約である北京議定書の別名「辛丑和約」→辛丑和約(しんちゅうわやく)(列国と清国・義和団との戦闘の事後処理に関する最終議定書))
(日韓議定書=日露戦争中の1904年に、日本と韓国(大韓帝国)との間で締結された条約。韓国の安全のため、軍事上必要な土地を日本が収用することなどを認めさせ、韓国を植民地化する第一歩となった)

次の日露戦争の激戦を起こったのが古い順に選びなさい
仁川沖海戦(1904/2/9)
203高地の戦い(1904/8/19-1905/1/1)
奉天会戦(1905/2/21-1905/3/10)
日本海海戦(1905/5/27-28)
(旅順口→仁川沖→旅順閉塞→鴨緑江→南山→得利寺→黄海→蔚山沖→宗谷沖
→旅順攻囲(203)→摩天嶺→大石橋→析木城→遼陽→沙河→黒溝台→奉天→日本海→樺太)

次の明治・大正期の出来事を古い順に選びなさい
第二次日韓協約(1905)
ハーグ密使事件(1907)
日本が韓国を併合(1910)
(第二次日韓協約=日露戦争終結後の1905年に大日本帝国と韓国(大韓帝国)が締結した協約。これにより大韓帝国の外交権はほぼ大日本帝国に接収されることとなり、事実上保護国となった。日韓保護条約、乙巳保護条約とも)
(第二次日韓協約=第1次(1904年8月22日),第2次(1905年11月17日),第3次(1907年7月24日)がある)
(1907年に韓国が日本の支配から逃れるために、第2回万国平和会議に密使を送った事件は○○○密使事件?(タイピング)→ハーグ密使事件)
(韓国併合=韓国併合ニ関スル条約に基づいて1910年に大日本帝国が大韓帝国を併合)

次の日本が締結した条約を結ばれたのが古い順に選びなさい
日米修好通商条約(1854)
日米和親条約(1858)
千島・樺太交換条約(1875)
下関条約(1895)
ポーツマス条約(1905)
日韓基本条約(1965)

大正・昭和時代の労働組合を早く成立した順に選びなさい
友愛会(鈴木文治,1912)→日本労働総同盟(1919)→大日本産業報国会(1940)→全日本労働総同盟(1964)

次の名前を「維新の三傑」の1人である長州藩出身の人物が名乗った順に選びなさい
和田小五郎(わだこごろう)→桂小五郎(かつらこごろう)→木戸準一郎(きどじゅんいちろう)→木戸孝允(きどたかよし)

次の文字列を順に選んで明治から大正にかけて活躍した高知県出身の詩人・随筆家の名前にしなさい
大町桂月(おおまちけいげつ)
次の文字列を順に選んで明治・大正期に活躍した浮世絵画家の名前にしなさい
楊洲周延(ようしゅうちかのぶ)
次の文字列を順に選んで大正時代の流行歌『ゴンドラの唄』の歌詞にしなさい
命短し 恋せよ 乙女 (いのち→短し→恋せよ→少女)

次の明治維新に関係する絵を開始されたのが早い順に選びなさい(画像)
郵便(1871)(前島密)→鉄道(1872)→馬車鉄道(1882)→電話(1890)
(新橋-横浜間開業(新橋-品川駅-川崎駅-鶴見駅-神奈川駅-横浜))


不平等条約の改正を目的に外国に交渉した次の政治家を担当者となったのが早い順に選びなさい
岩倉具視 (1871) - 岩倉使節団。交渉失敗
寺島宗則 (1878) - 日米は合意したが、英独は反対
井上馨 (1886) - 国内反発により井上辞職。交渉延期
大隈重信 (1888) - テロにより大隈負傷、失脚。交渉頓挫
青木周蔵 (1891) - 大津事件のため、青木辞職。交渉中止。日英通商航海条約(1894)で領事裁判権の撤廃に成功
陸奥宗光 (1894) - 治外法権撤廃に成功、関税自主権の一部回復
小村寿太郎(1911) - 関税自主権の完全回復
[まとめ]
1894年に駐英公使として日英通商航海条約に調印し領事裁判権の撤廃に成功した明治時代の外交官は?(文字パネル)
→青木周蔵
大津事件で外務大臣を辞任(1891)/陸奥宗光外務大臣の下で駐英公使/日英通商航海条約に調印(1894)/領事裁判権の撤廃に成功(1894)(自作問)(1894年に駐英公使として日英通商航海条約に調印し領事裁判権の撤廃に成功した明治時代の外交官は?(文字パネル)→青木周蔵)
→青木周蔵 (領事裁判権=在留外国人に対する裁判をその本国領事が行う権利)(第2次伊藤内閣の陸奥宗光外務大臣の下、駐英公使として陸奥宗光外務大臣とともに条約改正に尽力。青木周蔵により1894年の日清戦争開戦直前に日英通商航海条約が結ばれて領事裁判権撤廃が実現)
第2時伊藤博文内閣の外相/「かみそり大臣」のニックネーム/輸入関税の引き上げに成功/治外法権の撤廃に成功(1894)
→陸奥宗光 (治外法権=元首や外交官など特定の外国人が滞在国の管轄権に服することを免れる権利)(明治時代の政治家・陸奥宗光が自らの外交を回想した著書は○○○?(タイピング)→蹇々録(けんけんろく))
宮崎県出身の外交官/ハーバード大学の第1回留学生/ポーツマス条約に調印/関税自主権を回復(1911)
→小村寿太郎 (関税自主権=関税を自由に決められる権利)(1911年に日米通商航海条約を調印し関税自主権の回復)

--------------------
[日本銀行総裁]
次の人物を、日本銀行総裁を務めた順に選びなさい
吉原重俊→富田鐵之助→川田小一郎→岩崎弥之助→山本達雄→松尾臣善→高橋是清→三島彌太郎
次の人物を、日本銀行総裁を務めた順に選びなさい
一万田尚登→山際正道→森永貞一郎→前川春雄→澄田智→三重野康
次の人物を、日本銀行総裁を務めた順に選びなさい
三重野康→松下康雄→速水優
次の人物を、日本銀行総裁を務めた順に選びなさい
速水優→福井俊彦→白川方明→黒田東彦
次の財界人を、日本銀行総裁に就任した順に選びなさい(まとめ)
吉原重俊 (01:1882-1887)(よしはらしげとし)
富田鐵之助(02:1888-1889)(とみたてつのすけ)
川田小一郎(03:1889-1896)
岩崎弥之助(04:1896-1898)
山本達雄 (05:1898-1903)
松尾臣善 (06:1903-1911)(まつおしげよし)
高橋是清 (07:1911-1913)
三島彌太郎(08:1913-1919)
井上準之介(09:1927-1928)
池田成彬 (14:1937-1937)(いけだしげあき)
一万田尚登(18:1946-1954)(いちまだひさと)
山際正道 (20:1956-1964)(やまぎわまさみち)
宇佐美洵 (21:1964-1969)(うさみまこと)
佐々木直 (22:1969-1974)(ささきただし)
森永貞一郎(23:1974-1979)
前川春雄 (24:1979-1984)
澄田智 (25:1984-1989)(すみたさとし)
三重野康 (26:1989-1994)
松下康雄 (27:1994-1998)
速水優 (28:1998-2003)
福井俊彦 (29:2003-2008)
白川方明 (30:2008-2013)
黒田東彦 (31:2013-)(くろだはるひこ)
--------------------
[文学]
--------------------
[美術]
--------------------
[理系]
--------------------
[その他]
--------------------
[内閣総理大臣]
次の政治家を大正時代に総理大臣を務めた順に選びなさい
桂太郎 (15:1912-1913,3次,)
山本權兵衞 (16,1913-1914)
大隈重信 (17:1914-1916,2次)
寺内正毅 (18:1916-1918)
原敬 (19:1918-1921)
高橋是清 (20:1921-1922)
加藤友三郎 (21:1922-1923)
(山本權兵衞 (22:1923-1924,2次)
清浦奎吾 (23:1924-1924)
加藤高明 (24:1924-1926)

[内閣総理大臣 一覧]
伊藤博文 (1885-1888:1)(1892-1896:5)(1898-1898:7)(1900-1901:10)
黒田清隆 (1888-1889:2)
山縣有朋 (1889-1891:3)
松方正義 (1891-1892:4)(1896-1898:6)
大隈重信 (1898-1898:8)(1914-1916)
山縣有朋 (1898-1900:9)
桂太郎 (1901-1906)(1908-1911)(1912-1913)
西園寺公望 (1906-1908)(1911-1912)
山本權兵衞 (1913-1914)(1923-1924)
大隈重信 (1914-1916)(1898-1898)
寺内正毅 (1916-1918)
原敬 (1918-1921)
高橋是清 (1921-1922)
加藤友三郎 (1922-1923)
山本權兵衞 (1923-1924)(1913-1914)
清浦奎吾 (1924-1924)
加藤高明 (1924-1926)
若槻禮次郎 (1926-1927)
田中義一 (1926-1929)
濱口雄幸 (1929-1931)
若槻禮次郎 (1931-1931)
犬養毅 (1931-1932)
齋藤實 (1932-1934)
岡田啓介 (1934-1936)
廣田弘毅 (1936-1937)
林銑十郎 (1937-1937)
近衞文麿 (1937-1939)(1940-1941)
平沼騏一郎 (1939-1939)
阿部信行 (1939-1940)
米内光政 (1940-1940)
近衞文麿 (1940-1941)(1937-1939)
東條英機 (1941-1944)
小磯國昭 (1944-1945)
鈴木貫太郎 (1945-1945)
東久邇宮稔彦王 (1945-1945)
幣原喜重郎 (1945-1946)
吉田茂 (1946-1947)
片山哲 (1947-1948)
芦田均 (1948-1948)
吉田茂 (1948-1954)
鳩山一郎 (1954-1956)
石橋湛山 (1956-1957)
岸信介 (1957-1960)
池田勇人 (1960-1964)
佐藤榮作 (1964-1972)
田中角榮 (1972-1974)
三木武夫 (1974-1976)
福田赳夫 (1976-1978)
大平正芳 (1978-1980)
鈴木善幸 (1980-1982)
中曽根康弘 (1982-1987)
竹下登 (1987-1989)
宇野宗佑 (1989-1989)
海部俊樹 (1989-1991)
宮澤喜一 (1991-1993)
細川護煕 (1993-1994)
羽田孜 (1994-1994)
村山富市 (1994-1996)
橋本龍太郎 (1996-1998)
小渕恵三 (1998-2000)
森喜朗 (2000-2001)
小泉純一郎 (2001-2006)
安倍晋三 (2006-2007)
福田康夫 (2007-2008)
麻生太郎 (2008-2009)
鳩山由紀夫 (2009-2010)
菅直人 (2010-2011)
野田佳彦 (2011-:95)
安倍晋三 (2011-:96)(2006-2007)
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:52:37|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 線結び

--------------------
[明治大正]
次の文字列を組み合わせて1868年に明治新政府が出した五箇条の御誓文になるようにしなさい
「広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ」(広く会議を興し、万機公論に決すべし。)
「上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フヘシ」(上下心を一にして、さかんに経綸を行うべし。)
「官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス」(官武一途庶民にいたるまで、おのおのその志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。)(倦む,あぐむ)
「旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ」(旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。)
「智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ」(智識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。)

次の明治期の人物とその業績の正しい組み合わせを選びなさい
町田房蔵:日本初のアイスクリーム製造
松田雅典:日本初の缶詰を製造 (まつだがてん)
高橋音吉:日本初の牛鍋店を開く(たかはしおときち)
(1869年に日本人で初めてアイスクリームを製造・販売した人物は○○房蔵?(タイピング)→町田房蔵(まちだふさぞう))
(フランス人の指導の下、1871年に日本で初めて缶詰を製造した人物は誰?(文字パネル)→松田雅典(まつだがてん))

次の明治政府における太政官制と役職を担った人物の正しい組み合わせを選びなさい
右大臣 - 岩倉具視
左大臣 - 島津久光
太政大臣 - 三条実美

次の政治家と第一次伊藤博文内閣で務めた役職の正しい組み合わせを選びなさい(第一次伊藤内閣1885-1888)
井上馨:外務大臣
山県有朋:内務大臣
松方正義:大蔵大臣
森有礼:文部大臣
大山巌:陸軍大臣
西郷従道:海軍大臣
山田顕義:司法大臣
谷干城(たにたてき):農商務大臣
榎本武揚:逓信大臣(ていしん)

次の出来事と起こった時の内閣の正しい組み合わせを選びなさい
大日本帝国憲法発布:黒田清隆内閣 (1889年2月11日公布,1890年11月29日施行)
第1回帝国議会(1890):山県有朋内閣
下関条約調印(1895):伊藤博文内閣
ポーツマス条約(1905):桂太郎内閣

次の歴史上の人物とその人物を暗殺した人物の正しい組み合わせを選びなさい
森有礼:西野文太郎(にしのぶんたろう,1889)
星亨:伊庭想太郎(いばそうたろう,1901)
安田善次郎:朝日平吾(あさひへいご,1921)
原敬:中岡良一(なかおかこんいち,1921)
山本宣治:黒田保久二(くろだほくじ,1929)
井上準之助:小沼正(おぬましょう)(血盟団事件1932)
団琢磨:菱沼五郎(ひしぬまごろう)(血盟団事件1932)
武藤山治:福島新吉(1934)
(1921年に鐘淵紡績の社長に就任し温情主義で同社を発展させた実業家で、政界引退後は時事新報社の社長に就任したのは?(文字パネル)→武藤山治(鐘淵かねがふち→カネボウ→クラシエ))
(安田善次郎を刺殺した32歳の男性の名前は朝日○○?(タイピング)→朝日平吾(あさひへいご)(1921))
(1922年のマーガレット・サンガー来日時には通訳を務めている大正時代に産児制限運動を推し進めた、後の国会議員は?(スロット)→山本宣治(米女性産児調節運動家Margaret Sanger))

次の文字列を組み合わせて日露戦争開戦直前、政府に「七博士意見書」を提出した学者の名前にしなさい
戸水寛人(とみずひろんど)
(富井政章(とみいまさあきら))
(小野塚喜平次(おのづかきへいじ))
(高橋作衛(たかはしさくえ))
(金井延(かないのぶる))
寺尾亨(てらおとおる)
中村進午(なかむらしんご)

次の文字列を組み合わせて西南戦争で戦死した人物の名前にしなさい
篠原国幹(しのはらくにもと)
永山弥一郎(ながやまやいちろう)
村田新八(むらたしんぱち)

次の文字列を組み合わせて明治時代に「明六社」にいた人物の名前にしなさい
西周
西村茂樹
加藤弘之
中村正直(なかむらまさなお)
津田真道(つだまみち)
箕作秋坪(みつくりしゅうへい)
(杉亨二(すぎこうじ))

次の文字列を組み合わせて大正時代に浅草オペラで活躍したテノール歌手の名前にしなさい
田谷力三(たやりきぞう)
藤原義江(ふじわらよしえ)
清水金太郎(しみずきんたろう)

次の文字列を組み合わせて「大正三美人」と呼ばれた女性の名前にしなさい
九条武子(くじょうたけこ)
江木欣々(えぎきんきん)
柳原白蓮(やなぎわらびゃくれん)
(大正天皇の従妹にあたる歌人で1922年に炭鉱王・伊藤伝右衛門と離婚して新聞記者・宮崎龍介と結婚し、話題になったのは?(文字パネル)→柳原白蓮(やなぎわらびゃくれん))

--------------------
[明治大正 military]
次の日露戦争における軍部の役職と務めた軍人の正しい組み合わせを選びなさい
第1軍司令官:黒木為楨(くろきためもと)
第2軍司令官:奥保鞏(おくやすかた)
第3軍司令官:乃木希典(のぎまれすけ)
第4軍司令官:野津道貫(のづみちつら)

次の日露戦争における戦いと日本側の指揮官の正しい組み合わせを選びなさい
鴨緑江会戦(おうりょくこう):黒木為楨(くろきためもと)
奉天会戦:大山巌
日本海海戦:東郷平八郎

次の文字列を組み合わせて日露戦争の日本海海戦に参加したロシアのバルチック艦隊の名前にしなさい
クニャージ:スワロフ
アドミラル:セニャーヴィン
インペラートル:ニコライ1世

--------------------
[明治大正 文学]
次の明治時代に創刊された新聞と創刊した人物の正しい組み合わせを選びなさい
時事新報:福沢諭吉
万朝報:黒岩涙香
日本新聞:陸羯南(くがかつなん)

次の明治時代に相関された雑誌と出版していた会社の正しい組み合わせを選びなさい
我楽多文庫:硯友社
太陽:博文館
国民之友:民友社
(森鴎外の小説『舞姫』が掲載されたことでも知られる1887年に徳富蘇峰が創刊した日本初の総合雑誌は?(文字パネル)→国民之友)

次の文字列を組み合わせて「明治の三筆」と呼ばれた書道家の名前にしなさい
日下部鳴鶴(くさかべめいかく)
巌谷一六(いわやいちろく)
中林梧竹(なかばやしごちく)

明治時代、日本文化に関して調査・研究を行った次のイギリス人とその著作物の正しい組み合わせを選びなさい
アーネスト・サトウ:『一外交官の見た明治維新』(Ernest Satow)
B・H・チェンバレン:『英訳古事記』(Basil Hall Chamberlain,英,古事記712)
ウィリアム・G・アストン:『英訳日本書紀』(William George Aston,英,日本書紀720)

--------------------
[明治大正 美術]
次の文字列を組み合わせて大正時代に抒情溢れる画風で人気を博した画家の名前にしなさい
高島華宵(たかしまかしょう)
中原淳一(なかはらじゅんいち)
蕗谷虹児(ふきやこうじ)

次の日本の建築家と設計した建築物の正しい組み合わせを選びなさい
片山東熊:赤坂離宮
伊東忠太:築地本願寺
横川民輔:帝国劇場
次の文字列を組み合わせて明治時代に活躍した建築家の名前にしなさい
片山東熊
伊東忠太
長野宇平治(ながの うへいじ)

--------------------
[明治大正 経済]
次の文字列を組み合わせて第一次世界大戦時に大儲けし「三大船成金」と呼ばれた実業家の名前にしなさい
内田信也(うちだのぶや)
勝田銀次郎(かつたぎんじろう)
山下亀三郎(やましたかめさぶろう)

次の実業家とその人物が大正時代に創業した会社の正しい組み合わせを選びなさい
小平浪平:日立製作所
三島海雲:カルピス
大倉和親(おおくらかずちか):ノリタケ(日本陶器合名会社1904)

--------------------
[明治大正 理系]
--------------------
[その他]
次の幕末・明治期に日本を訪れた外国人とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
エドウィン・ダン - アメリカ - (開拓使に雇用され北海道における畜産業の発展に大きく貢献)
ジョサイア・コンドル - イギリス - (建築家)
ヘンリー・パーマー - イギリス - (横浜水道)
アルバート・モッセ - ドイツ - (法律家)
アントニオ・フォンタネージ - イタリア - (画家)
ヨハニス・デ・レーケ - オランダ - (土木事業 砂防の父)
ヘンリー・デニソン - アメリカ - (外交官)
エドアルド・キヨッソーネ - イタリア - (版画家・画家)
次の幕末・明治期に日本を訪れた外国人とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
アーネスト・フェノロサ - アメリカ
エドワード・モース - アメリカ
エドモンド・モレル - イギリス
G・ボアソナード - フランス
ヘルマン・ロエスエル - ドイツ - (法学者)
エルウィン・ベルツ - ドイツ - (医学)
ラフカディオ・ハーン - ギリシャ
ファン・ドールン - オランダ - (土木技術者)
グイド・フルベッキ - オランダ - (法学者 神学者 宣教師)
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:50:07|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 キューブ

--------------------
[明治大正]
1882年に上野動物園に解説された日本初の水族館です
→うをのぞき(観魚室)
1920年に日本初の婦人団体新婦人協会を市川房枝らと設立
→奥むめお(おくむめお)
貴重な資料『米欧回覧実記』を書いた明治時代の歴史学者
→久米邦武(くめくにたけ)(1878)
幸徳秋水と堺利彦が万朝報社を退社した後に開業した新聞社
→平民社(へいみんしゃ,1903)(黒岩涙香「万朝報」)
日本海海戦で損傷を受けて最初に沈没したロシアの戦艦(大意)
→オスラービア(Osliavia)
日露戦争で戦死した軍人・広瀬武夫と恋に落ちたロシア人
→アリアズナ
幕末にフランス軍事顧問団の一員として来日した士官です
→アンドレ・カズヌーヴ(Andre Cazeneuve,仏)
幕末に初代駐日フランス公使を務めた外交官です
→ギュスターヴ・ベルクール(Gustave Bellecourt,仏)
幕末に来日し、紀州藩で革靴製造を指導した人物
→ゲオルグ・ハイトケンペル(Georg Heidkaemper,独)
明治初期に日本陸軍が主力装備としていたのは○○○○○銃?
→スナイドル銃
明治初期に来日し、政府の法律顧問となったオランダ人
→グイド・フルベッキ(Guido Verbeck,蘭)
明治初期に来日し、東京帝国大学で物理教師を務めたアメリカ人
→トマス・メンデンホール(Thomas Mendenhall,米)
明治時代に川上音二郎が歌い流行した歌「○○○○○○節」?
→オッペケペー節
立志社建白書や日本国国憲按を起草した明治前期の運動家
→植木枝盛(うえきえもり)(日本国国憲按(こっけんあん)=私擬憲法(1881))

--------------------
[文学]
尾崎紅葉の弟子でチェーホフを初めて日本に紹介した人物(大意)
→瀬沼夏葉(せぬまかよう)
柳田国男はこの人の話を『遠野物語』にまとめました
→佐々木喜善(ささききぜん)(柳田國男,やなぎたくにお)
--------------------
[美術]
--------------------
[理系]
--------------------
[その他]
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:49:28|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 エフェクト

--------------------
[明治大正]
1871年にクーデター未遂事件 二卿事件を起こした公卿「愛宕通旭」
→愛宕通旭(おたぎみちてる)
1871年にクーデター未遂事件 二卿事件を起こした公卿「外山光輔」
→外山光輔(とやまみつすけ)
1874年に江藤新平と共に佐賀の乱を起こした人物「島義勇」
→島義勇(しまよしたけ)
1875年に『民権自由論』を著しました「植木枝盛」
→植木枝盛(うえきえもり)
1875年に江華島事件を起こした日本の軍艦「雲揚号」
→雲揚号(うんようごう)(江華島事件をきっかけに日本が朝鮮におしつけた不平等な条約を何という?(並べ替え)→日朝修好条規(1876)(江華島事件1875))
1875年に公布された、名誉毀損に関する処罰を定めた法律です「讒謗律」
→讒謗律(ざんぼうりつ)
1876年に神風連の乱を起こした中心人物です「太田黒伴雄」
→太田黒伴雄(おおたぐろともお)
1876年に神風連の乱を起こした中心人物です「加屋霽堅」
→加屋霽堅(かやはるかた)
1878年に赤坂の紀尾井坂で大久保利通を暗殺した人物「島田一良」
→島田一良(しまだいちろう,島田一郎)
1878年に島田一郎らと大久保利通を暗殺した石川県士族
→長連豪(ちょうつらひで)
1879年に「東京横浜毎日新聞」を創刊した明治時代の人物「沼間守一」
→沼間守一(ぬまもりかず)(1879年に沼間守一が買収)(明治初期の1870年に創刊された日本初の日本語による日刊新聞の名前は「○○毎日新聞」?(タイピング)→横浜毎日新聞)
1896年、野球の国際試合で日本人として初の勝利投手となりました「青井鉞男」
→青井鉞男(あおいえつお,あおいよきお)
1906年設立の阪急電鉄の前身となった会社は○○○○電気鉄道?「箕面有馬」
→箕面有馬電気鉄道(みのおありま)
1911年に清朝を倒して中華民国を立てた革命「辛亥革命」
→辛亥革命(しんがいかくめい)
1920年に日立製鉄所を創業した実業家です「小平浪平」
→小平浪平(おだいらなみへい)
1921年に日本におけるメーデーの女性参加第1号となりました「堺真柄」
→堺真柄(さかいまがら,近藤真柄)(社会主義者・堺利彦の娘。18歳にして日本最初の社会主義女性団体赤瀾会(せきらんかい)の結成に参加)
1922年に京都で出された水平社宣言を起草した人物「西光万吉」
→西光万吉(さいこうまんきち)(全国水平社=部落解放運動団体)
1924年に政友本党の初代総裁となった政治家は○○竹次郎?「床次」
→床次竹次郎(とこなみたけじろう)(政友本党,せいゆうほんとう)
「フィロソフィー」という英語を「哲学」と訳した日本の哲学者「西周」
→西周(にしあまね)(philosophy)
「万年筆」という訳語を考案したといわれている明治大正期の作家「内田魯庵」
→内田魯庵(うちだろあん)
『日本書紀』『古事記』を研究して批判した大正期の歴史学者「津田左右吉」
→津田左右吉(つだそうきち)
『広文庫』『群書索引』を独力で編纂した明治の国学者です「物集高見」
→物集高見(もずめたかみ)(1916,1916)
ワシントン軍縮会議で強硬論を唱えて加藤友三郎と対立した軍人「加藤寛治」
→加藤寛治(かとうひろはる)(ワシントン海軍軍縮条約=1921年,米英仏伊日)(反対派であったため条約賛成派の主席全権・加藤友三郎と対立する)
伊藤博文と山尾庸三の2人に暗殺された幕末の国学者「塙忠宝」
→塙忠宝(はなわただとみ)(塙保己一の息子)(失明のハンデを乗り越えて『群書類従』を編集した江戸時代の国学者は○保己一?(タイピング)→塙保己一)
伊庭想太郎に刺殺された明治の政治家「星亨」
→星亨(ほしとおる)(衆議院議長初代1890-1891中島信行→衆議院議長第2代1892-1893星亨)(伊庭想太郎,いばそうたろう,1901年に暗殺)
英語を武器に伊藤博文の側近として活躍した明治の政治家「伊東巳代治」
→伊東巳代治(いとうみよじ)
大津事件で負傷したロシア皇太子を治療した医者は猪子○○○○?「止戈之助」
→猪子止戈之助(いのこしかのすけ)(1891年に起きた事件/外相の青木周蔵が辞職/犯人は津田三蔵/ロシアの皇太子暗殺未遂事件→大津事件)
沖縄の自由民権運動の父と呼ばれる明治の社会運動家「謝花昇」
→謝花昇(じゃはなのぼる)
義和団事件の講和条約である北京議定書の別名「辛丑和約」
→辛丑和約(しんちゅうわやく)(列国と清国・義和団との戦闘の事後処理に関する最終議定書)
幸徳秋水に爆裂弾の製造法を教えた罪により大逆事件で処刑「奥宮健之」
→奥宮健之(おくのみやけんし)(1910年に起きた事件/第2次桂内閣が総辞職/幸徳秋水らが天皇暗殺計画/社会主義者が大勢弾圧→大逆事件)
西郷隆盛が月照との入水自殺で助かった際に看病を務めた人物「税所篤」
→税所篤(さいしょあつし)
小説『坂の上の雲』で知られる秋山真之の兄にあたる陸軍大将「秋山好古」
→秋山好古(あきやまよしふる)
唱歌『一月一日』を作詞した明治・大正期の宗教家です「千家尊福」
→千家尊福(せんげたかとみ)(教派神道出雲大社教を創始する。貴族院議員、埼玉・静岡県知事、東京府知事、司法大臣を歴任した)
女性初の藍綬褒章を受章した福島県出身の社会事業家です「瓜生岩」
→瓜生岩(うりゅういわ)(藍綬褒章=公衆の利益,公共の事業で事績著明な人に授与される褒章)(1896)
初代岡山市長の端連を父に持つ明治・大正期の外交官です「花房義質」
→花房義質(はなぶさよしもと)(花房端連,たんれん)
西南戦争で降伏・投獄された後、鹿児島新聞社を創設した人物「野村忍介」
→野村忍介(のむらおしすけ)
第2次大隈内閣で文部大臣や内務大臣を務めた政治家です「一木喜徳郎」
→一木喜德郞(いちき きとくろう)
大正デモクラシーを代表する言論雑誌『第三帝国』の創刊者「石田友治」
→石田友治(いしだともじ)(1913)
大正時代に「三大船成金」と呼ばれた実業家の一人「内田信也」
→内田信也(うちだのぶや)
大正時代に「三大船成金」と呼ばれた実業家の一人「勝田銀次郎」(自作問)
→勝田銀次郎(かつたぎんじろう)
大正時代に「三大船成金」と呼ばれた実業家の一人「山下亀三郎」(自作問)
→山下亀三郎(やましたかめさぶろう)
大正時代に雑誌「太陽」の編集主幹として活躍した思想家です「浮田和民」
→浮田和民(うきたかずたみ)
大正時代に築地小劇場で活躍した舞台女優です「東山千栄子」
→東山千栄子(ひがしやまちえこ)
大正天皇の幼称です「明宮」
→明宮(はるのみや)
大正天皇の生母である明治時代の典侍です「柳原愛子」
→柳原愛子(やなぎわらなるこ)(明治天皇の生母は中山慶子(なかやまよしこ))
大日本帝国憲法発布の際に万歳三唱を考案したとされる人物「外山正一」
→外山正一(とやままさかず)(1889年2月11日公布,1890年11月29日施行)
辰野金吾とともに東京駅を設計した建築家「葛西萬司」
→葛西萬司(かさいまんじ)
著書に『火の国の女の日記』がある熊本県出身の民俗学者「高群逸枝」
→高群逸枝(たかむれいつえ)(1877)
著書に『社会主義』がある明治時代のキリスト教社会主義者「村井知至」
→村井知至(むらいともよし)(1889)
天竜川の治水事業で知られる明治時代の実業家です「金原明善」
→金原明善(きんぱらめいぜん)(天竜川=長野,愛知,静岡)
東京・丸の内の三菱オフィス街の基礎を築いた明治時代の建築家です「曽禰達蔵」
→曽禰達蔵(そねたつぞう)
東京駅で原敬を暗殺「中岡艮一」
→中岡艮一(なかおかこんいち)(1921刺殺)
東京帝国大学法学部長を務めた日本初の法学博士の一人です「穂積陳重」
→穂積陳重(ほづみのぶしげ)
栃木県令・三島通庸暗殺計画の発覚により茨城県で挙兵「加波山事件」
→加波山事件(かばさんじけん)(1884)(三島通庸,みしまみちつね)(鯉沼九八郎が爆弾製造中に誤爆して発覚。茨城県の加波山に立てこもる)
西田幾多郎の理解者の一人であった京都学派の哲学者「田辺元」
→田辺元(たなべはじめ)
日英同盟の成立に尽力した明治時代の外交官「林董」
→林董(はやしただす)(幕末・明治期の政治家/海水浴を奨励して定着に尽力/弟は外務大臣・林董(はやしただす)/初代陸軍軍医総監→松本良順(まつもとりょうじゅん))
日本銀行の初代総裁を務めました「吉原重俊」
→吉原重俊(よしはらしげとし)(01:1882-1887)
日本初の日本語の日刊新聞『横浜毎日新聞』を創刊「井関盛艮」
→井関盛艮(いせきもりとめ)(1871)
日本基督教婦人矯風会を創立した明治・大正時代の女性教育家です「矢島楫子」
→矢島楫子(やじまかじこ,矢嶋楫子)(日本キリスト教婦人矯風会=1886年に設立されたキリスト教系の日本の女性団体)
日清戦争で活躍し、東洋随一の戦術家と呼ばれた軍人です「立見尚文」
→立見尚文(たつみなおふみ)
日露戦争の南山の戦いで第2軍司令官として活躍した軍人「奥保鞏」
→奥保鞏(おくやすかた)
日露戦争で威力を発揮した下瀬火薬を生んだ海軍技師「下瀬雅允」
→下瀬雅允(しもせまさちか)
日露戦争前夜に開戦論を唱え、バイカル博士と呼ばれた法学者「戸水寛人」(ロシア帝国へ武力侵攻しバイカル湖以東の東シベリア占領を強硬に主張)
→戸水寛人(とみずひろんど)(日露戦争の講和会議に反対して休職処分になるも、教授陣の抗議で翌年に復帰した事件に名を残す、東京帝大教授は?(文字パネル)→戸水寛人)
念写の発見者といわれる日本の超心理学者「福来友吉」
→福来友吉(ふくらいともきち)
能の役者・恩地喜多八を主人公とした泉鏡花の小説です「歌行燈」
→歌行燈(うたあんどん)
花の梅沢旅団が活躍した日露戦争の戦いは○○会戦?「沙河」
→沙河会戦(さか)(日露戦争の中の一つ)
松尾芭蕉の研究で有名な明治・大正の国文学者「沼波瓊音」
→沼波瓊音(ぬなみけいおん)
明治・大正期に欧米風のしゃれた人を指した言葉です「高襟」
→高襟(ハイカラ)
明治から大正の初めにかけて女学生の間で流行した髪型「庇髪」
→庇髪(ひさしがみ)
明治の音楽家・滝廉太郎が死の直前に作曲したピアノ曲「憾」
→憾(うらみ)
明治の政治家・森有礼を暗殺した人物です「西野文太郎」
→西野文太郎(にしのぶんたろう)
明治維新で活躍するも暗殺された長州藩出身の人物「広沢真臣」
→広沢真臣(ひろさわさねおみ)
明治維新後、大阪の商業の発展に尽力した人物です「五代友厚」
→五代友厚(ごだいともあつ)
明治維新後に徳川宗家16代を継いだ人物は徳川○○?「家達」
→徳川家達(いえさと)
明治維新後の新政府で初代大蔵次官を務めた人物「郷純造」
→郷純造(ごうじゅんぞう)
明治初期に元老院議長や枢密院議長を務めた政治家「大木喬任」
→大木喬任(おおきたかとう)
明治政府によって廃止された江戸時代の身分制度「士農工商」
→士農工商(しのうこうしょう)
明治政府の神道国教化政策により起こった仏教排斥運動「廃仏毀釈」
→廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)
明治後期に『ラッパ節』を大流行させた歌手です「添田唖蝉坊」
→添田唖蝉坊(そえだあぜんぼう)
明治時代に「鹿鳴館の華」と呼ばれた岩倉具視の三女です「戸田極子」
→戸田極子(とだきわこ)
明治時代に尾崎紅葉を中心に結成された硯友社の機関誌です「我楽多文庫」
→我楽多文庫(がらくたぶんこ)
明治時代に脱獄して裁判官になっていた特異な人物です「渡邊魁」
→渡邊魁(わたなべかい)
明治時代に日本で最初の外交官を務めました「鮫島尚信」
→鮫島尚信(さめしまなおのぶ)
明治時代に吉野作造よりも前に民本主義を唱えたジャーナリスト「茅原華山」(民主主義は主権が「国民」に,民本主義は主権が「天皇」)
→茅原華山(かやはらかざん)(民主主義=国家の主権は法理上人民にあり。主権の所在(民主)よりもその運用(民本)を重視する立場からの論)
明治時代の国民主義者です「陸羯南」
→陸羯南(くがかつなん)(国民主義の政治評論家。日本新聞を創刊)
明治天皇の幼少時における称号です「祐宮」
→祐宮(さちのみや)
明治天皇の母親である孝明天皇の側室です「中山慶子」
→中山慶子(なかやまよしこ)
明治天皇の外祖父に当たる公家・政治家です「中山忠能」
→中山忠能(なかやまただやす)(幕末に「王政復古の大号令」実現に尽力した公家です「中山忠能」→中山忠能(なかやまただやす))
三井物産や三井銀行を設立し三井財閥の基礎を築いた実業家「三井高福」
→三井高福(みついたかよし)
吉野作造と『明治文化全集』を編集した大審院判事も務めた人物「尾佐竹猛」
→尾佐竹猛(おさたけ たけき)(初版1927)(明治文化研究会=1924年に吉野作造を中心に結成された歴史研究団体)

--------------------
[明治大正 文学]
1879年刊行の仮名垣魯文の小説は『高橋お伝○○○』?「夜刃譚」
→高橋お伝夜刃譚(やしゃものがたり)(仮名垣魯文『高橋阿伝夜刃譚』(夜叉譚)(1879))
1885年に尾崎紅葉らと文学結社・硯友社を結成した作家「山田美妙」
→山田美妙(やまだびみょう)
「万年筆」という訳語を考案したといわれている明治大正期の作家「内田魯庵」
→内田魯庵(うちだろあん)
「明治の三筆」と呼ばれた書家の一人です「日下部鳴鶴」
→日下部鳴鶴(くさかべめいかく)
「明治の三筆」と呼ばれた書家の一人です「巌谷一六」(自作問)
→巌谷一六(いわやいちろく)
「明治の三筆」と呼ばれた書家の一人です「中林梧竹」(自作問)
→中林梧竹(なかばやしごちく)
「哀果」という号をもっていた明治生まれの歌人,文学者「土岐善麿」
→土岐善麿(ときぜんまろ)
『埋れ井戸』『解剖室』などの小説で知られる明治・大正の作家「三島霜川」
→三島霜川(みしまそうせん)(1898,1907)
『学問のすゝめ』を福沢諭吉と共に著した明治時代の思想家「小幡篤次郎」
→小幡篤次郎(おばたとくじろう)(1872)
『西洋道中膝栗毛』の後半を書いた仮名垣魯文の友人です「総生寛」
→総生寛(ふそうかん)
『広文庫』『群書索引』を独力で編纂した明治の国学者です「物集高見」
→物集高見(もずめたかみ)(1916,1916)
『洋学年表』『舞楽図説』などの著書がある明治・大正期の知識人「大槻如電」
→大槻如電(おおつきじょでん)(明治時代に大槻文彦が中心となって編纂した日本初の近代的国語辞典は『○○』?→言海(1891)/大槻文彦の兄・大槻如電が中心となって編纂したその改訂版は『○○○』?→大言海(1932)
尾崎紅葉の小説『金色夜叉』でお宮が心変わりして稼ぐ資産家「富山唯継」(小説『金色夜叉』の間貫一がお宮を蹴り飛ばして「来年の今月今夜」と言ったのは1月○○日のこと?→1月17日)
→富山唯継(とみやまただつぐ)(間貫一の許婚である鴫沢宮は、結婚を間近にして、富豪の富山唯継のところへ嫁ぐ。それに激怒した貫一は、熱海で宮を問い詰めるが本心を明かさない。貫一は宮を蹴り飛ばし、復讐のために高利貸しになる)
歌集『まひる野』で知られる明治時代の歌人です「窪田空穂」
→窪田空穂(くぼたうつぼ)(1905)
作家・長谷川時雨を妻に持った明治生まれの作家です「三上於菟吉」
→三上於菟吉(みかみおときち)(1905年に戯曲『海潮音』が読売新聞の懸賞に入選し人気作家となった、作家の三上於菟吉を夫に持った女流作家は?(文字パネル)→長谷川時雨(はせがわしぐれ))
小説『坂の上の雲』で知られる秋山真之の兄にあたる陸軍大将「秋山好古」
→秋山好古(あきやまよしふる)
大逆事件で処刑された女性作家・菅野スガの遺稿集です「死出の道艸」
→死出の道艸(しでのみちくさ)((1910年の大逆事件で刑死となった唯一の女性は誰?(四択)→菅野スガ(かんのすが))
大正時代に作家の田村俊子と一時期結婚していた作家です「田村松魚」
→田村松魚(たむらしょうぎょ)(大正時代に『炮烙の刑』『あきらめ』『木乃伊の口紅』などの小説で人気を博した賞にも名を残す女流作家は?(文字パネル)→田村俊子(たむらとしこ)(炮烙,ほうらく)(田村俊子賞,1961-1977))
代表作に『西洋道中膝栗毛』『安愚楽鍋』がある明治の作家「仮名垣魯文」
→仮名垣魯文(かながきろぶん)(1870,1871)
代表作に『春鳥集』がある明治期に活躍した詩人「蒲原有明」
→蒲原有明(かんばらありあけ)(『草わかば』『独絃哀歌』『春鳥集』『有明集』(1902,1903,1905,1908))
著書に『火の国の女の日記』がある熊本県出身の民俗学者「高群逸枝」
→高群逸枝(たかむれいつえ)(1877)
徳田秋声の多くの小説のモデルとなった彼の愛人「山田順子」
→山田順子(やまだゆきこ)
夏目漱石の門下生である作家・森田草平の代表作です「煤煙」
→煤煙(ばいえん)
日露戦争での体験を元に書かれた戦争文学『肉弾』の著者は?「桜井忠温」
→桜井忠温(さくらいただよし)(『肉弾』(1906))
能の役者・恩地喜多八を主人公とした泉鏡花の小説です「歌行燈」
→歌行燈(うたあんどん)
能役者の貢と年上のお雪との恋愛を描いた泉鏡花の小説です「照葉狂言」
→照葉狂言(てりはきょうげん)
評論『厭世詩家と女性』で有名な明治時代の作家です「北村透谷」
→北村透谷(きたむらとうこく)
松尾芭蕉の研究で有名な明治・大正の国文学者「沼波瓊音」
→沼波瓊音(ぬなみけいおん)
柳田国男の『遠野物語』に使われた話しの人物「佐々木喜善」
→佐々木喜善(ささききぜん)(柳田國男,やなぎたくにお)
吉野作造と『明治文化全集』を編集した大審院判事も務めた人物「尾佐竹猛」
→尾佐竹猛(おさたけ たけき)(初版1927)(明治文化研究会=1924年に吉野作造を中心に結成された歴史研究団体)
--------------------
[明治大正 美術]
1896年に富岡鉄斎らと共に日本南画協会を設立した画家「巨勢小石」
→巨勢小石(こせしょうせき)
1912年に岸田劉生らと共にヒュウザン会を結成した画家「斉藤与里」
→斉藤与里(さいとうより)(ヒュウザン会=フュウザン会,fusain=木炭)
1919年に日本初の児童自由画展を開催した版画家・洋画家です「山本鼎」
→山本鼎(やまもとかなえ)
『武士』などの歴史画で有名な明治・大正期に活躍した画家「小堀鞘音」
→小堀鞆音(こぼりともと)
大正期の洋画家・村山槐多の代表作は『○する裸僧』?「尿」
→尿する裸僧(いばりするらそう)
大正時代、陶磁器界に新風を吹き込んだ陶芸家です「清水六兵衛」
→清水六兵衛(きよみずろくべえ)
大正時代に「大阪の竹久夢二」と呼ばれた画家です「宇崎純一」
→宇崎純一(うざきすみかず)
大正時代に活躍した画家・竹久夢二の代表作です「黒船屋」
→黒船屋(くろふねや)
代表作に『花嫁人形』がある大正時代に活躍した挿絵画家「蕗谷虹児」
→蕗谷虹児(ふきやこうじ)(新潟県新発田市に記念館がある同市出身の画家です「蕗谷虹児」→蕗谷虹児(ふきやこうじ))
竹内栖鳳と共に京都画壇を代表した明治・大正期の画家「木島桜谷」
→木島桜谷(このしまおうこく)
民芸運動を提唱したことで知られる美術評論家です「柳宗悦」
→柳宗悦(やなぎむねよし)(1926年「日本民芸美術館設立趣意書」の発刊により開始された、日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」を見出し活用する日本独自の運動)
明治時代に尾崎紅葉を中心に結成された硯友社の機関誌です「がらくたぶんこ」
→我楽多文庫(がらくたぶんこ)
明治時代に活躍した南画、特に花鳥画に優れた画家「滝和亭」
→滝和亭(たきかてい)
山種美術館が所蔵する画家・竹内栖風の代表作「班猫」
→班猫(はんびょう)(山種美術館(やまたね)=東京都にある日本画専門の美術館)
山田美妙の小説『胡蝶』に裸婦の挿絵を描いて問題になった画家
→渡辺省亭(わたなべせいてい)
--------------------
[明治大正 経済]
1920年に日立製鉄所を創業した実業家です「小平浪平」
→小平浪平(おだいらなみへい)
大正時代に「三大船成金」と呼ばれた実業家の一人「内田信也」
→内田信也(うちだのぶや)
大正時代に「三大船成金」と呼ばれた実業家の一人「勝田銀次郎」(自作問)
→勝田銀次郎(かつたぎんじろう)
大正時代に「三大船成金」と呼ばれた実業家の一人「山下亀三郎」(自作問)
→山下亀三郎(やましたかめさぶろう)
日本銀行の初代総裁を務めました「吉原重俊」
→吉原重俊(よしはらしげとし)(01:1882-1887)
三井物産や三井銀行を設立し三井財閥の基礎を築いた実業家「三井高福」
→三井高福(みついたかよし)
--------------------
[明治大正 理系]
「日本近代設計の祖」と呼ばれる明治・大正時代の統計学者です「杉亨二」
→杉亨二(すぎこうじ)
関東大震災の危険を予想していた地震学者です「今村明恒」
→今村明恒(いまむらあきつね)
京都にある琵琶湖疏水の設計を担当した土木技術者「田辺朔郎」
→田辺朔郎(たなべさくろう)(琵琶湖疏水、蹴上発電所(けあげ,京都,日本初の水力発電所)の建設)
--------------------
[意味まとめ]
明治天皇の母親である孝明天皇の側室です「中山慶子」
→中山慶子(なかやまよしこ)
大正天皇の生母である明治時代の典侍です「柳原愛子」
→柳原愛子(やなぎわらなるこ)(明治天皇の生母は中山慶子(なかやまよしこ))
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:48:54|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 タイピング

--------------------
[明治大正]
1869年、横浜で売りだされた日本初のアイスクリームの商品名は「あいす○○○」?
→あいすくりん
1869年に日本人で初めてアイスクリームを製造・販売した人物は○○房蔵?
→町田房蔵(まちだふさぞう)
1871年に攘夷派の公卿である愛宕通旭、外山光輔らが起こしたクーデター未遂事件は○○事件?
→二卿事件 (愛宕通旭,おたぎみちてる)(外山光輔,とやまみつすけ)(明治政府の転覆を謀った(はかった)クーデター未遂事件)
1872年に東京の築地に開店した日本初の本格的フランス料理店は「築地○○軒」?
→築地精養軒(つきじせいようけん)
1872年に日本で初めて鉄道が走った日を記念して制定された鉄道の日は10月○○日?
→10月14日
1872年に日本初の鉄道が開通したのは○○駅と横浜駅の間?
→新橋駅 (1872年、新橋・横浜間に日本最初の鉄道が開通した時の横浜駅は、現在の何という駅?(四択)→桜木町駅)
1872年に編纂された、明治政府による最初の全国戸籍を、その時の干支から○○戸籍という?
→壬申戸籍(じんしんこせき)
1873年に臥雲辰致が発明しその音から命名された紡織機の名前は「○○紡」?
→ガラ紡 (臥雲辰致,がうんたつむね,臥雲は寺の山号に由来)(ガラガラという騒音からガラ紡と呼ばれた)
1874年「朝野新聞」を創刊して初代社長に就任した明治時代のジャーナリストは○○柳北?
→成島柳北(なるしまりゅうほく)(朝野新聞(ちょうや)=1874年から1893年まで東京で発行された民権派の政論新聞。前期には成島柳北社長と末広鉄腸主筆が論陣を張った)
1874年に東京の赤坂で起きた岩倉具視暗殺未遂事件のことを「赤坂○○の変」という?
→赤坂喰違の変(くいちがいのへん)
1876年に神風連の乱を起こした敬神党とは、林桜園の私塾・○○館の門下生が作った組織?
→原道館(げんどうかん)(林桜園,はやしおうえん,熊本出身)
1876年に政府から出された士族が刀を携帯することを禁止した法律は○○令?
→廃刀令
1876年に李氏朝鮮と締結した日朝修好条規を、その前年に起きた事件から「○○島条約」という?
→江華島条約 (江華島事件をきっかけに日本が朝鮮におしつけた不平等な条約を何という?(並べ替え)→日朝修好条規(1876)(江華島事件1875))
1877年に西南戦争の混乱に乗じて林有造や大江卓が高知県で反乱を企てた事件は「○○○の獄」?
→立志社の獄 (大江卓,おおえたく)(発覚して逮捕)
1878年3月25日に日本で初めて点灯された電灯に用いられたのはフランス製の「○○○灯」?
→アーク灯 (1878年3月25日に日本で始めてアーク灯を点灯させたイギリスの物理学者で、この日は日本で電気記念日になっているのは?(スロット)→ウィリアム・エアトン(William Ayrton))
1882年に板垣退助が岐阜で襲撃された際に言ったとされる言葉は「板垣死すとも○○は死せず」?
→板垣死すとも自由は死せず
1882年に岐阜県で自由党党首・板垣退助を短刀で刺して重症を負わせた暴漢の名前は?
→相原尚ぶみ(あいはらなおぶみ)(岐阜事件1882)
1882年に福沢諭吉によって創刊された日刊新聞の名前は「○○新報」?
→時事新報(じじしんぽう)
1885年に近藤賢三、巌本善治らを中心に創刊された日本初の本格的女性雑誌は「○○雑誌」?
→女学雑誌(じょがく)(巌本善治,いわもとよしはる)
1885年に朝鮮を改革して日本の改革に結びつけようとする大阪事件を起こしたのは○○憲太郎?
→大井憲太郎(おおいけんたろう)(大阪事件とは1885年に起こった自由民権運動の激化運動の一つ)
1888年に雑誌「日本人」を創刊した人物で、作家の三宅花圃を妻に持ったのは三宅○○?
→三宅雪嶺(みやけせつれい)(三宅花圃,みやけかほ)
1889年に、現在の任天堂の元となる花札店を開業した工芸家は山内○○○?
→山内房治郎
1890年に日本初の帝国議会が開かれた際に、衆議院の初代議長を務めた政治家は?
中島信行(なかじまのぶゆき)(衆議院議長初代1890-1891中島信行→衆議院議長第2代1892-1893)
1895年に、路面電車が日本で初めて設置された都市は?
→京都市
1897年に映画会社の松竹を創業した京都出身の兄弟は白井松次郎と○○竹次郎?
→大谷竹次郎(おおたにたけじろう)
1897年に日本初の近代的労働組合である鉄工組合が結成された際に中心となった人物は○○房太郎?
→高野房太郎(たかのふさたろう)
1898年、板垣退助の自由党と大隈重信の進歩党が合流してできた党は○○党?
→憲政党(1898-1898)
1901年に幸徳秋水が出版した軍国主義を批判した書物は『廿世紀之○○帝国主義』?
→廿世紀之怪物帝国主義
1902年にイギリス外相とロンドンで日英同盟を結んだ当時の駐英公使は○○?
→林董(はやしただす)(ヘンリー・ペティ・フィッツモーリス(Henry Petty-Fitzmaurice))
1905年から1910年にかけて存在した官庁・韓国統監府の統監を務めた政治家をフルネームで一人答えなさい
→伊藤博文(1),曾禰荒助(2)(そねあらすけ),寺内正毅(3),のみ
1905年に東京で孫文と中国同盟会を結成し、辛亥革命を支えた日本の革命家は宮崎○○?
→宮崎滔天(みやざきとうてん)
1905年に日本初のカラー漫画雑誌「東京パック」を創刊した日本の漫画家は○○楽天?
→北澤楽天(きたざわらくてん)
1905年の日本海海戦で日本海軍が壊滅させたロシアの艦隊は○○○○○艦隊?
→バルチック艦隊
1907年に韓国が日本の支配から逃れるために、第2回万国平和会議に密使を送った事件は○○○密使事件?
→ハーグ密使事件 (韓国がオランダのハーグで開催されていた第2回万国平和会議に密使を送り、自国の外交権回復を訴えようとするも国際社会の列強から会議への参加を拒絶され、目的を達成することができなかった事件)
1908年にアメリカ国務長官と高平・ルート協定を結んだ駐米大使は高平○○○?
→高平小五郎(たかひらこごろう)(エリフ・ルート,Elihu Root)(1908年、日本の駐米大使とアメリカの国務長官が交わした太平洋地域の現状維持を確認した協定は?(四択)→高平・ルート協定)
1911年に松山省三が現在の東京・銀座に開いた日本初のカフェは「カフェ・○○○○○」?
→カフェ・プランタン(Cafe Printemps)
1911年に平塚雷鳥らが創刊した月刊誌『青鞜』創刊号の表紙絵を描いた人物は○○○○○?
→高村智恵子(高村光太郎の妻)
1913年に女優の松井須磨子とともに劇団・芸術座を結成した、演出家・劇作家は○○○○?
→島村抱月(しまむらほうげつ)
1914年のシーメンス事件後の幻の清浦奎吾内閣のことを、首相を鰻丼に例えて○○内閣という?
→鰻香内閣(まんこう)(第1次山本権兵衛内閣総辞職→第2次大隈重信内閣)(鰻屋の前を通っていると美味しい匂いはするが、中に入れば混雑していていつまで待ってもうな丼にはありつけない)
1915年に早川徳次が開発した日本初の実用的シャープペンシルは「早川式○○鉛筆」?
→早川式繰出鉛筆 (早川徳次,はやかわとくじ)
1919年から1923年まで大阪・通天閣の周囲にあった遊園地は「○○パーク」?
→ルナパーク(ルナパーク(大阪)1919-1923)(初めてのものは1903年に開園し現在は南極大陸を除く世界中で営業している)
1922年に従来の「手淫」に替わる「自慰」という言葉を作った性科学者は○○清三郎?
→小倉清三郎(おぐらせいざぶろう)(手淫,しゅいん)
「時事新報」に掲載されたものをまとめて1899年に刊行された福沢諭吉の自伝は『○○自伝』?
→福翁自伝(ふくおうじでん)
アコヤ貝による真珠の養殖に世界で初めて成功し、「真珠王」と呼ばれた実業家は御木本○○?
→御木本幸吉(みきもとこうきち)
その豪腕な手法から「おし通る」という異名で呼ばれた、1901年に暗殺された政治家は誰?
→星亨(ほしとおる)(衆議院議長初代1890-1891中島信行→衆議院議長第2代1892-1893)(伊庭想太郎,いばそうたろう)
フランスの画家ジョルジュ・ビゴーが、1887年から横浜で刊行した風刺雑誌は『○○○』?
→トバエ (Georges Bigot『Tobae』(1887))
ブリジェンスが設計して1868年に開業した、日本最初の本格的ホテルは「○○ホテル館」?
→築地ホテル館(つきじ)(リチャード・ブリジェンス,Richard Bridgens,米)
夫の保治が日露戦争従軍中に作った反戦詩『お百度詣で』で有名な明治の詩人は○○楠緒子?
→大塚楠緒子(おおつかくすおこ)
川口松太郎の小説『明治一代女』の主人公のモデルとなった明治時代の毒婦は花井お○?
→花井お梅(はないおうめ)(明治時代の芸者)
関東大震災に登場した、T型フォードを使った東京市営バスの通称は「○太郎バス」?
→円太郎バス
経済学者・山川均の妻で、1921年に日本初の社会主義婦人団体・赤瀾会を結成したのは山川○○?
→山川菊栄(やまかわきくえ)(赤瀾会,せきらんかい)
現在の最高裁判所に相当する明治憲法下の裁判所は○○○?
→大審院(だいしんいん)
鈴木文治が1912年に組織し、後に日本労働総同盟に改称した労働者団体を『○○会』という?
→友愛会 (鈴木文治らが1912年に労働者の相互扶助を目的として友愛会を結成)(友愛会(鈴木文治,1912)→日本労働総同盟(1919)→大日本産業報国会(1940)→全日本労働総同盟(1964))
西南戦争の際に軍資金調達のために発行された西郷札は全部で○種類あった?
→6種類(さいごうさつ)(西南戦争1877)(西郷隆盛率いる西郷軍(薩軍)によって軍費調達のために発行された)
第一次世界大戦のヴェルサイユ条約で、日本が委任統治領として譲り受けたのは○○諸島?
→南洋諸島
第一次世界大戦のヴェルサイユ条約で、日本が引き継いだのは中国におけるドイツの○○省の権益?
→山東省
大正期に若者たちの人気を集めた、1919年の室生犀星の小説は『○に目覚める頃』?
→性に目覚める頃 (『幼年時代』/『性に目覚める頃』/『杏っ子』/『あにいもうと』→室生犀星(1922,1919,1957,1953))
大正時代『火の海』『異郷の人』などのハリウッド映画に主演した日本人俳優は○○雪洲?
→早川雪洲(はやかわせっしゅう)
大日本帝国憲法第5条には「天皇ハ帝国議会ノ○○ヲ以テ立法権ヲ行フ」と書いてあった?
→天皇ハ帝国議会ノ協賛ヲ以テ立法権ヲ行フ(天皇は議会の協賛を得て法律を作る)(天皇が独断で立法権を行使できないように定めた規定。国会が国の立法機関であるというのを明確に示した規定である)
津田梅子らの留学生も含まれた1871年から1873年まで欧米に派遣された使節団は○○使節団?
→岩倉使節団
東京の地名「自由が丘」の命名者である、門下生に黒柳徹子がいる大正・昭和期の舞踏家は○○漠?
→石井漠(いしいばく)(石井忠純)
奈良県の山に因んで命名された日露戦争の日本海海戦で日本の旗艦となった戦艦は○○?
→三笠
日本が日清戦争後の下関条約で清から割譲されたが、三国干渉により返還した半島は○○半島?
→遼東半島 (三国干渉,1895,仏独露)
日本の初代首相・伊藤博文は通算で何度首相の座についた?
→4回
日本初の政党内閣である第1次大隈内閣のことを2人の政治家の名前から○○内閣という?
→隈板内閣(わいはん)(大隈重信が首相兼外相、板垣退助が内相)(第1次大隈内閣1898-1898)
日清戦争において「三景」 と呼ばれた日本艦隊の主力艦は「松島」「厳島」と「○○」?
→橋立(はしだて)(天橋立)
日清戦争後に欧米の白人国家で起きた、黄色人種の脅威を説く論調を「○○論」という?
→黄禍論(こうかろん)
日露戦争で騎兵第1旅団団長を務め、「日本騎兵の父」と呼ばれた軍人は○○○○?
→秋山好古(あきやまよしふる)(秋山真之の兄)
日露戦争で日本艦隊の砲弾に使用され猛威を振るった、ピクリン酸を主成分とする火薬は○○火薬?
→下瀬火薬(日露戦争で威力を発揮した下瀬火薬を生んだ海軍技師「下瀬雅允」→下瀬雅允(しもせまさちか))
日露戦争の日本海海戦で丁字戦法を取った日本艦隊が敵前で150度回頭した事を○○ターンという?
→東郷ターン(東郷平八郎)
日露戦争の日本海海戦で取られた敵艦隊の進行方向を遮るように艦隊を配した戦法は○字戦法?
→丁字戦法(ていじせんぽう,T字戦法)
日露戦争の日本海海戦で秋山真之が起草した有名な電報は「本日天気晴朗なれども○○○」?
→本日天気晴朗なれども浪高し(なみたかし)
日露戦争の旅順攻防戦で日本軍を率いたのは○○希典?
→乃木希典
日露戦争中に血の日曜日事件などロシア革命の支援工作をが策した日本の外交官は○○元二郎?
→明石元二郎 (血の日曜日事件(露1905))
日露戦争後のポーツマス条約でロシアが日本に割譲したのは樺太の北緯○○度以南の領土?
→北緯50度
日露戦争後のポーツマス条約でロシアが日本に譲渡したのは遼東半島南端部の○○権?
→租借権
幕末の志士・桂小五郎が明治2年の36歳から用いた名前は○○○○?
→木戸孝允 (和田小五郎(わだこごろう)→桂小五郎(かつらこごろう)→木戸準一郎(きどじゅんいちろう)→木戸孝允(きどたかよし))
広瀬武夫が戦死したことでも知られる、日露戦争の海上封鎖作戦は「旅順港○○作戦」?
→旅順港閉塞作戦(1904)(三次に亘って行われたがいずれも失敗。陸軍に旅順の攻略を要請。陸軍の乃木希典大将を司令官とする第三軍を編成して旅順攻囲戦を行う)
福沢諭吉の甥にあたる明治初期の実業家で、「三井財閥中興の祖」と呼ばれるのは○○○彦次郎?
→中上川彦次郎(なかみがわひこじろう)
明治・大正期に6度の刑務所脱獄に成功し「五寸釘寅吉」 の異名を取った人物は○○寅吉?
→西川寅吉(にしかわとらきち)(五寸釘寅吉,ごすんくぎとらきち)
明治・大正期に雑誌「中央公論」の編集長を務めた、本名を滝田哲太郎という編集者は滝田○○?
→滝田樗陰(たきたちょいん)
明治の俳人・正岡子規の有名な俳句は「糸瓜咲いて痰のつまりし○かな」?
→糸瓜咲いて 痰のつまりし 仏かな
明治維新後の新政府で最初に設けられた官職「三職」を1つ答えなさい
→総裁、参与、議定
明治初期の1870年に創刊された日本初の日本語による日刊新聞の名前は「○○毎日新聞」?
→横浜毎日新聞
明治時代、郵便制度の創設に尽力した人物といえば○○○?
→前島密
明治時代に北海道の開拓しに従事した兵士のことを「○○兵」という?
→屯田兵村
明治時代に来日したイタリアの彫刻家ラグーザと結婚した、旧姓を清原という画家はラグーザ○?
→ラグーザ玉(清原玉)(ヴィンチェンツォ・ラグーザ,Vincenzo Ragusa)
明治時代の政治家・陸奥宗光が自らの外交を回想した著書は『○○○』?
→蹇々録(けんけんろく)(紀州藩士。海援隊に所属)
明治新政府創設語の1871年に設置された、現在の警察の前進となった組織は○○?
→邏卒(らそつ)

1910年に初代朝鮮総督に就任した日本の政治家は○○○○?ですが、
→伊藤博文(1)(曾禰荒助(2)(そねあらすけ),寺内正毅(3),のみ)
1895年に初代台湾総督に就任した日本の政治家は○○○○?
→樺山資紀(かばやますけのり)(台湾総督府(1895-1944):樺山資紀(1),,安藤利吉(19),など)
大正時代に松井須磨子主演の芸術座公演『復活』から生まれた流行歌は『○○○○○○の歌』?ですが、
→カチューシャの唄 (レフ・トルストイ『復活』,貴族ドミートリイ・ネフリュードフ公爵とカチューシャ)
大正時代に松井須磨子主演の芸術座公演『その前夜』から生まれた流行歌は『○○○○の唄』?
→ゴンドラの唄
明治41年、日本初となる野球の始球式を行った元総理大臣は○○○○?
→大隈重信 (1908,明治41年)
明治初期に設立された学校、東京高等師範学校は現在の○○大学?ですが、
→筑波大学
明治初期に設立された学校、東京女子高等師範学校は現在の○○○○女子大学?
→お茶の水女子大学
明治時代に社交界で活躍した政治家の妻で、大山巌の妻は大山○○?ですが、
→大山捨松(山川捨松)(1871年に日本最初の女子留学生として渡米した明治時代の女性で初代陸軍大臣・大山巌と結婚し「鹿鳴館の花」と呼ばれたのは?(スロット)→山川捨松)
明治時代に社交界で活躍した政治家の妻で、陸奥宗光の妻は陸奥○○?
→陸奥亮子(むつりょうこ)
明治時代に社交界で活躍した政治家の妻で、井上馨の妻は井上○○?
→井上武子(いのうえたけこ)
明治の文学者たちに愛された東京の地域名「谷根千」の「谷」が意味する町は○○?ですが、
→谷中
明治の文学者たちに愛された東京の地域名「谷根千」の「根」が意味する町は○○?
→根津
明治の文学者たちに愛された東京の地域名「谷根千」の「千」が意味する町は○○○?
→千駄木
明治天皇の父親は○○天皇?ですが、
→孝明天皇(こうめいてんのう)(121:1846-1867)
明治天皇の母親は○○慶子?
→中山慶子(なかやまよしこ)
明治天皇の祖父は○○天皇?
→仁孝天皇(にんこうてんのう)(120:1817-1846)
日露戦争において満洲軍総司令官を務めた軍人は?ですが、
→大山巌(おおやまいわお)
彼の元で満州軍総参謀長を務めた軍人は?
→児玉源太郎(こじまげんたろう)(第1次桂内閣では内務大臣を務めた軍人で、日露戦争では満州軍総参謀長として、勝利に大きく貢献したのは?(スロット)→児玉源太郎)
浅沼稲次郎を暗殺した17歳の少年の名前は山口○○?ですが、
→山口二矢(やまぐちおとや)(1960)
安田善次郎を刺殺した32歳の男性の名前は朝日○○?
→朝日平吾(あさひへいご)(1921)
明治に誕生した新興宗教の大本教を設立した教祖は出口○○?ですが、
→出口なお
予言者としても有名な第二代教祖は出口○○○○?
→出口王仁三郎(おにさぶろう)

--------------------
[明治大正 文学]
1882年に福沢諭吉によって創刊された日刊新聞の名前は「○○新報」?
→時事新報(じじしんぽう)
1885年に近藤賢三、巌本善治らを中心に創刊された日本初の本格的女性雑誌は「○○雑誌」?
→女学雑誌(じょがく)(巌本善治,いわもとよしはる)
1888年に雑誌「日本人」を創刊した人物で、作家の三宅花圃を妻に持ったのは三宅○○?
→三宅雪嶺(みやけせつれい)(三宅花圃,みやけかほ)
1901年に幸徳秋水が出版した軍国主義を批判した書物は『廿世紀之○○帝国主義』?
→廿世紀之怪物帝国主義
1910年に志賀直哉、武者小路実篤らが創刊した文芸雑誌は「○○」?
→白樺(しらかば)
1911年に刊行された著書『善の研究』で有名な、京都学派を創始した哲学者は○○幾太郎?
→西田幾多郎(にしだきたろう)
1911年に平塚雷鳥らが創刊した月刊誌『青鞜』創刊号の表紙絵を描いた人物は○○○○○?
→高村智恵子(高村光太郎の妻)
1914年に発表された高村光太郎の詩『道程』の最後の一節は「この○○道程のため」?
→この遠い道程のため(僕の前に道はない/僕の後ろに道は出来る/ああ、自然よ/父よ/僕を一人立ちにさせた広大な父よ/僕から目を離さないで守る事をせよ/常に父の気魄を僕に充たせよ/この遠い道程のため/この遠い道程のため)
1918年に児童月刊誌『赤い鳥』を創刊した、広島県出身の童話作家は○○○○○?
→鈴木三重吉
1920年にベストセラーとなった社会運動家・賀川豊彦の自伝的小説は『○○を越えて』?
→死線を越えて (三部作『死線を越えて』『太陽を射るもの』『壁の声きく時』)
1928年に刊行された子母沢寛のベストセラーは『新選組○○記』?
→新選組始末記(新選組しまつき)(子母澤寛,しもざわかん)
1930年に31歳で亡くなった大正時代のベストセラー小説『地上』の作者は○○○○○?
→島田清次郎(『地上』(1919-))
「時事新報」に掲載されたものをまとめて1899年に刊行された福沢諭吉の自伝は『○○自伝』?
→福翁自伝(ふくおうじでん)
『暗夜行路』『麦と兵隊』などの小説が掲載された、1919年に山本実彦が創刊した雑誌は「○○」?
→改造(かいぞう)(山本実彦,やまもとさねひこ)
アララギ派の母体となった1899年に正岡子規が主催した短歌結社は○○短歌会?
→根岸短歌会 (正岡子規が1899年に東京下谷区上根岸(現在の台東区内)の自宅で開いた短歌会に始まる)
夫の保治が日露戦争従軍中に作った反戦詩『お百度詣で』で有名な明治の詩人は○○楠緒子?
→大塚楠緒子(おおつかくすおこ)
川口松太郎の小説『明治一代女』の主人公のモデルとなった明治時代の毒婦は花井お○?
→花井お梅(はないおうめ)(明治時代の芸者)
作家・木村荘十の異母姉である小説『婦女乃鏡』などを残した明治の女流作家は木村○?
→木村曙(きむらあけぼの)(『婦女乃鑑』(ふじょのかがみ)(1889))(木村荘十(きむらそうじゅう)『雲南守備兵』(直木賞1941))
島崎藤村の小説『夜明け前』の書き出しは「○○○は全て山の中である」?
→木曾路は全て山の中である
手術の際の麻酔を恐れる貴船伯爵夫人を主人公とした泉鏡花の小説は『○○室』?
→外科室
大正期に若者たちの人気を集めた、1919年の室生犀星の小説は『○に目覚める頃』?
→性に目覚める頃 (『幼年時代』/『性に目覚める頃』/『杏っ子』/『あにいもうと』→室生犀星(1922,1919,1957,1953))
大正時代の詩人・金子みすゞの代表作『私と小鳥と鈴と』の詩の最後の5文字は?
→みんないい(私が両手をひろげても、お空はちっとも飛べないが、飛べる小鳥は私のように、地面を速く走れない。/私が体をゆすっても、きれいな音はでないけど、あの鳴る鈴は私のように、たくさんな唄は知らないよ。/鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい。)
田山花袋の小説『蒲団』のヒロイン、横山芳子のモデルである彼の弟子は○○美知代?
→岡田美知代(おかだみちよ,永代美知代)
明治の女流作家・樋口一葉のデビュー作の題名は『○○』?
→闇桜 (1892)
明治の俳人・正岡子規の有名な俳句は「糸瓜咲いて痰のつまりし○かな」?
→糸瓜咲いて 痰のつまりし 仏かな
明治初期に「紅露時代」と呼ばれる一時代を築いた作家は尾崎紅葉と○○○○?
→幸田露伴
明治時代に設置された省庁で1872年に廃止され陸軍省と海軍省になったのは○○省?
→兵部省(ひょうぶしょう)
明治時代の政治家・陸奥宗光が自らの外交を回想した著書は『○○○』?
→蹇々録(けんけんろく)(紀州藩士。海援隊に所属)
姪の島崎こま子との情事をモデルにして書かれた、島崎藤村の小説は『○○』?
→新生(しんせい)
与謝野晶子の詩『君死にたまふこと勿れ』の冒頭の一説は「ああ○○○○よ君を泣く」?
→ああ 弟よ 君を泣く (1904)
--------------------
[明治大正 美術]
1907年に第一回が開催された美術の大会「文展」とは「○○○美術展覧会」の略?
→文部省美術展覧会
1908年に北原白秋、木下杢太郎らが石井柏亭らの画家と結成した新芸術運動の会は「○○の会」?
→パンの会 (木下杢太郎,きのしたもくたろう)(石井柏亭,いしいはくてい)
1911年に平塚雷鳥らが創刊した月刊誌『青鞜』創刊号の表紙絵を描いた人物は○○○○○?
→高村智恵子(高村光太郎の妻)
1918年に日本創作版画協会を設立した「パンの会」発足メンバーの一人である画家は○○鼎?
→山本鼎(やまもとかなえ)(1908年に北原白秋、木下杢太郎らが石井柏亭らの画家と結成した新芸術運動の会は「○○の会」?(タイピング)→パンの会 (きのしたもくたろう,いしいはくてい)
フランスの画家ジョルジュ・ビゴーが、1887年から横浜で刊行した風刺雑誌は『○○○』?
→トバエ (Georges Bigot『Tobae』(1887))
笠井彦乃をモデルとした女性が黒猫を抱いている、1919年制作の竹久夢二の代表作は『○○屋』?
→黒船屋(くろふねや)
明治の女流作家・樋口一葉のデビュー作の題名は『○○』?
→闇桜 (1892)
明治時代に来日したイタリアの彫刻家ラグーザと結婚した、旧姓を清原という画家はラグーザ○?
→ラグーザ玉(清原玉)(ヴィンチェンツォ・ラグーザ,Vincenzo Ragusa)
与謝野晶子の詩『君死にたまふこと勿れ』の冒頭の一説は「ああ○○○○よ君を泣く」?
→ああ 弟よ 君を泣く (1904)
--------------------
[明治大正 経済]
1889年に、現在の任天堂の元となる花札店を開業した工芸家は山内○○○?
→山内房治郎
高峰譲吉が発明した消化酵素タカジアスターゼを発売するため1899年に設立した会社は○○?
→三共(さんきょう)(アミラーゼの一種)(初代社長。現在の第一三共)
--------------------
[明治大正 理系]
1887年に牧野富太郎が日本人として初めて学名をつけた植物の和名は「○○○グサ」?
→ヤマトグサ(大和草)(Theligonum japonicum,テリゴヌム)
1922年に従来の「手淫」に替わる「自慰」という言葉を作った性科学者は○○清三郎?
→小倉清三郎(おぐらせいざぶろう)(手淫,しゅいん)
1926年に宇田新太郎と共に八木アンテナを発明した工学者は八木○○?
→八木秀次(やぎひでつぐ)
アコヤ貝による真珠の養殖に世界で初めて成功し、「真珠王」と呼ばれた実業家は御木本○○?
→御木本幸吉(みきもとこうきち)
高峰譲吉が発明した消化酵素タカジアスターゼを発売するため1899年に設立した会社は○○?
→三共(さんきょう)(アミラーゼの一種)(初代社長。現在の第一三共)
--------------------
[その他]
1885年に朝鮮を改革して日本の改革に結びつけようとする大阪事件を起こしたのは○○憲太郎?
→大井憲太郎(おおいけんたろう)
(大阪事件とは、1885年に起こった自由民権運動の激化運動の一つ。
国内における自由民権運動が政府の弾圧のため閉塞したため、海外に進出することで日本の国威を発揚し、
また国内改革をも図ろうと考えたものである。
爆弾を製造したり、資金を集めるため強盗も行われたが、実行前に計画は漏れ、139人が逮捕された)

関東大震災に登場した、T型フォードを使った東京市営バスの通称は「○太郎バス」?
→円太郎バス (明治時代の乗合馬車は通称,円太郎馬車と呼ばれていた)
(1923年9月に東京一帯は関東大震災に見舞われ、交通網が寸断された。市電網は壊滅的な被害を受け復旧の見通しが立たなかった。
東京市電気局は市電が復旧するまでの足としてバスの導入を決定。
納期を早めるため、大量生産を行っていたフォード社のT型フォードに着目し、800台のエンジン付きシャシーを発注。
バスのボディを別途国内で製造し、組み合わせる手法を採ることとした。
わずか11人乗りの急造バスであるが、小さい車体は震災で寸断された市中を走り回るには好都合であったこともあり、市民の貴重な交通機関となった)

1914年に発表された高村光太郎の詩『道程』の最後の一節は「この○○道程のため」?
→この遠い道程のため
[高村光太郎『道程』]
僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちにさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

大正時代の詩人・金子みすゞの代表作『私と小鳥と鈴と』の詩の最後の5文字は?
→みんないい
[金子みすゞ『私と小鳥と鈴と』]
私が両手をひろげても、お空はちっとも飛べないが、飛べる小鳥は私のように、地面を速く走れない。
私が体をゆすっても、きれいな音はでないけど、あの鳴る鈴は私のように、たくさんな唄は知らないよ。
鈴と、小鳥と、それから私、みんなちがって、みんないい。

--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:48:20|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 スロット

--------------------
[明治大正]
1869年に日本初の洋式灯台が建てられたことで知られる神奈川県横須賀市の岬は?
→観音崎
1871年に台湾に漂着した宮古島の住民54名が原住民に殺害された事件で、日本の台湾出兵の原因となったのは「○○○事件」?
→牡丹社事件(ぼたんしゃじけん)
1871年に日本最初の女子留学生として渡米した明治時代の女性で初代陸軍大臣・大山巖と結婚し「鹿鳴館の花」と呼ばれたのは?
→山川捨松
1871年の廃藩置県で全国に置かれたのは3府と○○○県?
→3府302県
1876年に鹿児島市の私学校を偵察した際に拷問され、明治政府の西郷暗殺計画を自白し、西南戦争勃発のきっかけを作ったのは?
→中原尚雄(なかはらなおお)
1876年に萩の乱に影響を受けた旧会津藩士の永岡久茂らが千葉県庁を襲撃しようとした士族反乱未遂事件は○○○事件?
→思案橋事件 (永岡久茂,ながおかひさしげ)
1876年に塾生・前原一誠が起こした萩の乱の責任をとり自害した、山口県萩市にあった松下村塾の創立者は?
→玉木文之進
1877年に西郷隆盛を中心とする鹿児島士族が起こした反乱を○○戦争という?
→西南戦争
1878年に島田一郎らによって大久保利通が暗殺された事件をその場所から「○○○坂の変」という?
→紀尾井坂の変
1880年に横浜に設立された外国為替を専門とする特殊銀行で後の東京銀行の前身となったのは横浜○○銀行?
→横浜正金銀行(横浜しょうきん銀行)
1882年に起きた「福島事件」で福島県令・三島通庸の圧政に対して行われた反対運動の中心となった県会議長は?
→河野広中(こうのひろなか)(三島通庸,みしまみちつね)
1883年に新潟県で起きた「高田事件」で、天誅党を結成して政府高官の暗殺を企てたとされる民権運動家は?
→赤井景韶(あかいかげあき)
1884年に起きた農民による武装蜂起事件「秩父事件」で農民が結成した困民党の総理を務めた人物は?
→田代栄助
1889年には史学会初代会長に就任している幕末から明治初期に活躍した漢学者で、日本最初の文学博士の一人であったのは?
→重野安繹(しげのやすつぐ)
1889年に帝国博物館が創設されると初代総長に就任した人物で1897年には古社寺保存法の制定に尽力したのは?
→九鬼隆一(くきりゅういち)
1889年に日本最初の理学博士に選ばれた人物で、後に東京帝国大学総長、九州帝国大学の初代総長を務めたのは?
→山川健次郎(やまかわけんじろう)
1890年に白熱舎を設立し、白熱電球の国産化に成功したことから「日本のエジソン」と呼ばれる明治に活躍した実業家は?
→藤岡市助(ふじおかいちすけ)
1891年の大津事件において大逆罪の適用を主張する政府の要求を避け、司法権の独立を守った大審院の院長は誰?
→児島惟謙(こじまこれかた)
1894年には衆議院議員に当選している経済学者で大蔵省時代に描いた経済書『日本開化小史』で有名なのは?
→田口卯吉(たぐちうきち)
1895年の日本運送を皮切りに日本鋼管、王子製紙などの社長として会社再建を成功させた人物で財界の指導者的存在だったのは?
→郷誠之助(ごうせいのすけ)
1904年に、三越呉服店が創業した際に専務取締役に就任した実業家でデパートメントストア宣言を行い日本初の百貨店を作ったのは?
→日比翁助(ひびおうすけ)
1909年にポルトガル沖で難破した際、史上初のSOS信号を発信したイギリス・キュナード社の客船は○○○○○号?
→スラボニア号
1915年に日本が中国に対して行ったのは「対華○○ヵ条の要求」?
→対華21ヵ条の要求
1916年に思想家の辻潤と別れてアナーキストの大杉栄のもとに走るも、1923年に憲兵の甘粕正彦に大杉と共に殺された女性は?
→伊藤野枝(いとうのえ)
1916年に心変わりした愛人・大杉栄を殺傷するという「日蔭茶屋事件」を起こした新聞記者・政治家は?
→神近市子(かみちかいちこ)(愛人だった大杉栄が新しい愛人・伊藤野枝に心を移した)
1919年に長谷川如是閑らと雑誌『我等』を創刊した政治学者で後に労働農民党の委員長となり輝ける委員長と呼ばれたのは?
→大山郁夫(おおやまいくお)(長谷川如是閑,はせがわにょぜかん)
1923年に義憤にかられてステッキ銃で当時の皇太子を狙撃する「虎の門事件」を起こした共産主義者は誰?
→難波大助
1925年に天皇暗殺を図った罪で恋人の金子文子らと共に逮捕さえ死刑からの無期懲役に減刑された朝鮮の無政府主義者は?
→朴烈
「佐賀の七賢人」の1人に数えられる幕末・明治の人物で1877年に日本赤十字社の前身である博愛社を創設したのは?
→佐野常民
「佐賀の七賢人」の1人に数えられる幕末・明治の人物でアームストロング砲の製造や北海道の開拓に貢献したのは?
→鍋島閑叟(なべしまかんそう)=鍋島直正(なべしまなおまさ)
「佐賀の七賢人」の1人に数えられる幕末・明治の人物で外務卿としてマリア・ルース号事件の対応に奔走したのは?
→副島種臣(そえじまたねおみ)(1872年に横浜港に停泊中のマリア・ルス号(ペルー船籍)内の清国人苦力を奴隷であるとして日本政府が解放した事件)
203高地での戦いで有名な日露戦争における激戦地となったロシアの太平洋艦隊の母港を守っていた要塞は○○要塞?
→旅順要塞
ノルウェー語で「前進」という意味がある、探検家ナンセンが1893年に北極点をめざして乗りこんだ船は○○○号?(北極点遠征は成功せず)
→フラム号(フリチョフ・ナンセン,Fridtjof Nansen,ノーベル平和賞1922,戦争難民の帰国および飢餓難民救済活動)(第一次世界大戦後は国際連盟の難民高等弁務官に就任し、1922年に戦争難民の帰国および飢餓難民救済活動の功績)
浅草に日本最初の映画専門店「電気館」をオープンしたほか目黒行人坂撮影所を設立した明治期の映画会社は○○商店?
→吉沢商店(よしざわしょうてん)(行人坂,ぎょうにんざか)
伊藤左千夫の『野菊の墓』や夏目漱石の『吾輩は猫である』などの小説の挿絵を描いた明治・大正期の画家は?
→中村不折(なかむらふせつ)
木村駿吉らが開発し、日露戦争の日本海海戦で三笠をはじめとした全ての戦艦に装備された実用無線機のことを○○式無線機という?
→三六式無線機
初代の台湾総督も務めた政治家で、1891年の帝国議会で藩閥政府を正当化する「蛮勇演説」を行ったのは?
→樺山資紀(かばやますけのり)
西南戦争の平定に活躍した人物で日本の近代警察制度の基礎を築いたことから「日本警察の父」と呼ばれるのは?
→川路利良(かわじとしよし)
第1次桂内閣では内務大臣を務めた軍人で、日露戦争では満州軍総参謀長として、勝利に大きく貢献したのは?
→児玉源太郎
大逆事件で処刑された管野スガの元夫で、1912年に大杉家と雑誌『近代思想』を創刊し、1922年には共産党創設に参加したのは誰?
→荒畑寒村(あらはたかんそん)
中国大陸の内モンゴルで飲んだ酸乳をヒントにカルピスを開発し1917年にカルピス社の前身となるラクトーを設立した実業家は?
→三島海雲(みしまかいうん)
中国清朝末期の1900年に「扶清滅洋」をスローガンにして起こった乱は○○○の乱?
→義和団の乱
当時の富裕層を象徴する大正期に生まれた有名な宣伝文句といえば「今日は帝劇、明日は○○」?
→今日は帝劇、明日は三越
日本に帰化して小泉八雲と名乗ったギリシャ出身の作家で小説『怪談』で有名なのはラフカディオ・○○○?
→ラフカディオ・ハーン(Lafcadio Hearn)(1904)
日清戦争の契機にもなった1894年に朝鮮で起きた甲午農民戦争とも呼ばれる反乱は○○○の乱?
→東学党の乱(甲午農民戦争)(1894)
日清戦争の黄海海戦において連合艦隊の旗艦を務め大破しつつも勝利に貢献した巡洋艦の名前は?
→松島
日露戦争の日本海海戦で連合艦隊の旗艦を務め、司令長官の東郷平八郎が乗り込んだ戦艦の名前は?
→三笠
日露戦争の日本海海戦でバルチック艦隊を発見する手柄をあげた巡洋艦の名前は「○○丸」?
→信濃丸
日露戦争の日本海海戦において作戦参謀として丁字戦法を考案しバルチック艦隊撃滅に貢献した大日本帝国海軍の軍人は?
→秋山真之(あきやまさねゆき)
日露戦争において日本の連合艦隊司令長官を務めロシアのバルチック艦隊を破った伝説の軍人は?
→東郷平八郎(とうごうへいはちろう)
日露戦争の旅順港閉塞作戦で部下の杉野孫七を助けるためロシア軍の攻撃で戦死し軍神と崇められた人物は?
→広瀬武夫(ひろせたけお)
日露戦争の旅順港閉塞作戦で広瀬武夫が戦死した時に閉塞船・福井丸に戻って助けようとした部下の名前は?
→杉野孫七(すぎのまごしち)
幕末の箱館戦争に参加し、敵味方の区別なく治療したという医師で後に民間教護団体の先駆けである同愛社を創設したのは?
→高松凌雲(たかまつりょううん)
福沢諭吉の婿養子となった相場師で、現・関西電力の大岡電力、現・中部電力の東邦電力を設立し「電力王」と呼ばれたのは誰?
→福沢桃介(ふくざわとうすけ)
明治時代、郵便制度の創設に尽力した人物で、1円切手の肖像にも描かれているのは?
→前島密
明治新政府で近代的法制度の整備に尽力した法学者で、「権利」や「義務」といった訳語を考案したことでも知られるのは?
→箕作麟祥(みつくりりんしょう)
明治新政府において1871年から1888年まで置かれた、日本陸軍の編成単位で、後に「師団」へ取って代わられたのは?
→鎮台(ちんだい)
明治新政府における第一次伊藤博文内閣で初代・文部大臣を務めた政治家は?
→森有礼
明治初期に外務卿を務めた人物で、神奈川県知事時代に国営電信建設の一切を任されるなど「日本電気通信の父」と呼ばれるのは誰?
→寺島宗則(てらしまむねのり)
明治時代に脚気の原因が栄養素の欠乏であると考え、海軍兵に麦飯を与えて成果を上げたことから麦飯男爵と呼ばれた海軍軍人は?
→高木兼寛(たかきかねひろ)
山口県下関市の赤間神宮に隣接している割烹旅館で、日清戦争後の下関条約の締結会場として有名なのは○○楼?
→春帆楼(しゅんぱんろう)

--------------------
[明治大正 文学]
1889年には史学会初代会長に就任している幕末から明治初期に活躍した漢学者で、日本最初の文学博士の一人でもあったのは?
→重野安繹(しげのやすつぐ)
1907年に旧日本軍で実際に起きた事件をモデルにして書かれた1917年刊行の田山花袋の小説は『○○○の銃殺』?
→一兵卒の銃殺
1908年に平塚雷鳥と心中未遂事件を起こした作家で、その顛末を題材にして描いたデビュー小説『煤煙』で知られるのは?
→森田草平(もりたそうへい)(煤煙,ばいえん)
1921年に妻子ある歌人・物理学者の石原純と恋仲になり世間の注目を浴びた、雑誌『アララギ』で活躍した女流歌人は?
→原阿佐緒(はらあさお)(雑誌「アララギ」で活躍/『死をみつめて』『白木槿』/処女歌集は『涙痕』/石原純との恋愛事件で有名→原阿佐緒(白木槿,しろむくげ)(涙痕,るいこん))
「ギヨエテとはおれのことかとゲーテ云ひ」という川柳で有名な毒舌でシニカルな批評で文壇を席巻した明治時代の評論家は?
→斎藤緑雨(さいとうりょくう)(Goethe)(ドイツ語での発音は日本人には難しいこともあり日本語表記は古くは数十種類にものぼる表記が存在した。このことを諷して斎藤緑雨はこの川柳を詠んだ)
「尾崎紅葉門下の四天王」の一人に数えられた明治の作家で代表作に『白すみれ』『夢の夢』や『生きぬ仲があるのは』?
→柳川春葉(やながわしゅんよう)(1897,1900)(泉鏡花,徳田秋声,小栗風葉,柳川春葉)
『別れたる妻に送る手紙』『黒髪』『疑惑』など私小説、特に痴情物を描いたことで知られる明治生まれの作家は?
→近松秋江(ちかまつしゅうこう)
『草わかば』『独絃哀歌』などの詩集で知られる明治生まれの詩人は誰?
→蒲原有明(かんばらありあけ)(1902,1903)
詩集『白羊宮』『暮笛集』などで知られる、岡山県出身の詩人は?
→薄田泣菫(すすきだきゅうきん)(1906,1899)
大正天皇の従妹にあたる歌人で1922年に炭鉱王・伊藤伝右衛門と離婚して新聞記者・宮崎龍介と結婚し、話題になったのは?
→柳原白蓮(やなぎわらびゃくれん)
日本初のニーチェ全集を翻訳出版したことで知られる評論家で1911年創刊の女性雑誌「青鞜」の名付け親でもあるのは?
→生田長江(いくたちょうこう)
孫に作家の宮本百合子がいる漢字廃止論者としても知られた明治時代の文学博士で、教育制度の確立にも尽力したのは?
→西村茂樹(にしむらしげき)(宮本百合子『伸子』(1928))
息子に評論家の山本健吉がいる明治・大正期の評論家・弁護士で小説『舞姫』の内容を巡り、作者の森鴎外と論争を起こしたのは?
→石橋忍月(いしばしにんげつ)
明治天皇崩御に伴う乃木希典の殉死に衝撃を受けた森鴎外が2日で描き上げたという小説は『興津○○○衛門の遺書』
→興津弥五右衛門の遺書
約2ヶ月間の漂流生活から生還した船員たちの心の闇を描いたカニバリズムを扱っている野上弥生子の小説は『○○丸』?
→海神丸 (野上弥生子『海神丸』(1922))
結城秀康の長男であった江戸時代初期の大名を主人公とした菊池寛の出世作となった1918年の小説は『○○○行状記』?
→忠直卿行状記
--------------------
[明治大正 美術]
『化粧の女』などの作品を残し「大正の歌麿」と呼ばれた画家で夏目漱石の『吾輩は猫である』の挿絵を手がけたのは?
→橋口五葉(はしぐちごよう)
伊藤左千夫の『野菊の墓』や夏目漱石の『吾輩は猫である』などの小説の挿絵を描いた明治・大正期の画家は?
→中村不折(なかむらふせつ)
建築家コンドルを弟子にしていた幕末から明治期の狩野派の画家で仮名垣魯文の小説『安愚楽鍋』の挿絵を描いたのは?
→河鍋暁斎(かわなべきょうさい)
履物を探す芸者のために百円札を燃やして明るくする成金を描いた風刺画『成金栄華時代』で有名な明治生まれの日本画家は?
→和田邦坊(わだくにぼう)(1928)
明治時代に「報知新聞」の主催を務めたジャーナリストで、「exposition」を「博覧会」と初めて訳したともいわれるのは?
→栗本鋤雲(くりもとじょうん)
--------------------
[明治大正 理系]
1889年に日本最初の理学博士に選ばれた人物で、後に東京帝国大学総長、九州帝国大学の初代総長を務めたのは?
→山川健次郎(やまかわけんじろう)
1890年に白熱舎を設立し、白熱電球の国産化に成功したことから「日本のエジソン」と呼ばれる明治に活躍した実業家は?
→藤岡市助(ふじおかいちすけ)
19世紀末に乾電池を開発し「乾電池王」と呼ばれた日本の発明家は?
→屋井先蔵(やいさきぞう)
真珠王・御木本幸吉に対して「真珠の養殖は可能だ」と助言した日本の動物学者は?
→箕作佳吉
動物学者・箕作佳吉の兄である明治・大正期の数学者で、1917年に設立された理化学研究所の初代所長を務めたのは?
→菊池大麓(きくちだいろく)
日露戦争で軍医として満州に赴きロシア兵に囲まれるも、手製の赤十字旗を掲げて負傷兵を救った青森県出身の医師は○○剛太郎?
→三上剛太郎
明治時代に脚気の原因が栄養素の欠乏であると考え、海軍兵に麦飯を与えて成果を上げたことから麦飯男爵と呼ばれた海軍軍人は?
→高木兼寛(たかきかねひろ)
--------------------
[お雇い外国人]
1866年に来日し、機械の注文など富岡製糸工場の設立に携わったフランス人技術者はポール・○○○○○?
→ポール・ブリューナ(Paul Brunat)(仏)
1871年に開拓使御雇教師頭取兼開拓顧問として来日し、工業や農業の分野で北海道の発展に貢献したのはホーレス・○○○○?
→ホーレス・ケプロン(Horace Capron)(米)
1872年に来日し、大阪造幣寮の化学兼治金技師に着任したイギリス人で、「日本アルプス」の命名者としても知られるのは?
→ウィリアム・ゴーランド(William Gowland)(英)
1873年に明治政府に招かれ、木曽三川完全分流工事などの業績を残したオランダ人技師はヨハニス・デ・○○○?
→ヨハニス・デ・レーケ(Johannis de Rijke)(蘭)
1874年に日本による台湾出兵が起きた際に、日本と中国の仲介役を務めたイギリスの外交官はトーマス・○○○○?
→トーマス・ウェード(Thomas Wade)(英)
1877年に来日し、札幌農学校で教鞭を取ったアメリカの農学者で、日本に初めてスケート靴を持ち込んだことで知られるのは?
→ウィリアム・ブルックス(William Penn Brooks)(米)
1878年3月25日に日本で始めてアーク灯を点灯させたイギリスの物理学者で、この日は日本で電気記念日になっているのは?
→ウィリアム・エアトン(William Ayrton)(英)(放電灯(discharge lamp)は、アーク放電またはグロー放電を利用した光源の総称。主な発光体によりガス放電灯と炭素アーク灯に分類できる)
1879年に来日し、音楽取調掛、宮内省式部職を務めた人物で『君が代』の編曲を担当したことで知られるのは?
→フランツ・エッケルト(Franz Eckert)(独)
1885年に陸軍大学校の教官として来日し、日本陸軍兵制の近代化に尽力したドイツ帝国の軍人はクレメンス・○○○○?
→クレメンス・メッケル(Klemens Meckel)(独)
明治初めにお雇い外国人として来日し、大森貝塚の発掘調査をおこなったアメリカの動物学者はエドワード・○○○?
→エドワード・モース(Edward Morse)(米)
明治時代に東京帝国大学で哲学を教えたロシア人で、夏目漱石の小説の題名にもなっているのはラファエル・フォン・○○○○?
→ラファエル・フォン・ケーベル(Raphael von Koeber)(露)(夏目漱石『ケーベル先生』)
明治初期、岡倉天心とともに東京美術学校の設立に尽力したアメリカのお雇い外国人はアーネスト・○○○○○?
→アーネスト・フェノロサ(Ernest Fenollosa)(米)
明治初期に日本初の鉄道建設を指導した「日本の鉄道の父」と呼ばれるイギリス人技師はエドモンド・○○○?
→エドモンド・モレル(Edmund Morel)(英)
明治初期に来日し、犬吠埼燈台、御前崎灯台など多くの灯台を設計した「日本の灯台の父」と呼ばれるイギリス人は誰?
→リチャード・ブラントン(Richard Brunton)(英)(犬吠埼,いぬぼうさき,千葉県銚子市)(御前埼,おまえざき,静岡県御前崎市)
明治初期に来日し、刑法や民法の基礎を築くなど、日本の国内法の整備に尽力したフランスの法学者はギュスターヴ・○○○○○○?
→ギュスターヴ・ボアソナード(Gustave Boissonade)(仏)
明治初期に来日し、全国の河川を整備したオランダの土木技術者で特に安積疏水の建設指導で有名なのはファン・○○○○?
→ファン・ドールン(Johannes van Doorn)(蘭)
明治初期に来日し、帝国ホテルの総支配人として西洋式ホテル経営の基礎を築いたドイツ人はカール・○○○○?
→カール・フライク(Karl Flaig)(独)
明治初期に来日し、東京医学校の教師や宮内庁侍医を務めたドイツ人医師で、草津温泉の再発見や蒙古斑の命名で知られるのは?
→エルヴィン・フォン・ベルツ(Erwin von Balz)(独)
明治初期に来日し、東京帝国大学地質学教室の初代教授に就任したフォッサマグナの発見で有名なドイツの地質学者は?
→エドムント・ナウマン(Edmund Naumann)(独)
明治初期に来日し、内閣顧問として大日本帝国憲法の作成に尽力したドイツの法学者はヘルマン・○○○○○?
→ヘルマン・ロエスエル(Hermann Roesler)(独)
明治初期に来日し、鹿鳴館やニコライ堂の設計を手がけたイギリス生まれの建築家はジョサイア・○○○○?
→ジョサイア・コンドル(Josiah Conder)(英)
日露戦争では対露宣戦布告文を起草している、明治初期に来日し政府の法律顧問に就任した人物はヘンリー・○○○○?
→ヘンリー・デニソン(Henry Denison)(米)
幕末に来日し日本初の鉄道である新橋駅と横浜駅や、築地ホテルを設計したアメリカ人建築家はリチャード・○○○○○○?
→リチャード・ブリジェンス(Richard Bridgens)(米)
幕末に日本を訪れ、横須賀造兵廠や観音崎灯台の建設を指導し近代化に尽力したフランス人技師はフランソワ・○○○○○?
→フランソワ・ヴェルニー(Francois Verny)(仏)
幕末に日本を訪れ、会津藩や米沢藩の軍事顧問を務めた兄ヘンリー、弟エドワルドの外国人商人は○○○兄弟?
→スネル兄弟 (ヘンリー・スネル,Henry Schnell)(エドワルド・スネル,Edward Schnell)
横浜の野毛山公園にはブロンズ像が立つ、1883年に来日し、日本初の近代的水道、横浜水道を完成させたイギリス人は誰?
→ヘンリー・パーマー(Henry Palmer)(英)

1871年に来日し開拓使御雇教師頭取兼開拓顧問として、北海道の開発に尽力したアメリカ人はホーレス・○○○○?(文字パネル)
→ホーレス・ケプロン(Horace Capron)
明治時代に日本を旅行し、著書『日本奥地紀行』で山形県の米沢平野を「東洋のアルカディア」と評したイギリスの女性旅行家は?
→イザベラ・バード(Isabella Bird)
明治初めに北海道開拓使として来日し、北海道の酪農加工業や競走馬育成に尽力した人物で、後に駐日米国公使となったのは?(並べ替え)
→エドウィン・ダン(Edwin Dun)
幕末にフランス軍事顧問団の一員として来日した士官です(キューブ)
→アンドレ・カズヌーヴ(Andre Cazeneuve,仏)
幕末に初代駐日フランス公使を務めた外交官です(キューブ)
→ギュスターヴ・ベルクール(Gustave Bellecourt,仏)
幕末に来日し、紀州藩で革靴製造を指導した人物(キューブ)
→ゲオルグ・ハイトケンペル(Georg Heidkaemper,独)
明治初期に来日し、政府の法律顧問となったオランダ人(キューブ)
→グイド・フルベッキ(Guido Verbeck,蘭)
明治初期に来日し、東京帝国大学で物理教師を務めたアメリカ人(キューブ)
→トマス・メンデンホール(Thomas Mendenhall,米)
--------------------
[その他]
ノルウェー語で「前進」という意味がある、探検家ナンセンが1893年に北極点をめざして乗りこんだ船は○○○号?
→フラム号(フリチョフ・ナンセン,Fridtjof Nansen,ノーベル平和賞1922,戦争難民の帰国および飢餓難民救済活動)(北極点遠征は成功せず。)
(第一次世界大戦後は国際連盟の難民高等弁務官に就任し、45万人以上の捕虜の交換帰国プロジェクトを成功させ、
戦争難民のために「ナンセン・パスポート」と後に呼ばれた証明書を発行した。
1922年に戦争難民の帰国および飢餓難民救済活動の功績が認められ、ノーベル平和賞を受賞した)
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:47:48|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 文字パネル

--------------------
[明治大正]
1870年に明治新政府が出した天皇を神格化し、神道を国教と定めた詔は○○○○の詔?
→大教宣布の詔
1871年に来日し開拓使御雇教師頭取兼開拓顧問として、北海道の開発に尽力したアメリカ人はホーレス・○○○○?
→ホーレス・ケプロン(Horace Capron)
1876年に長州藩で明治政府に対する「萩の乱」を起こし、首謀者として奥平謙輔と共に処刑された人物は?
→前原一誠 (奥平謙輔,おくだいらけんすけ)
1882年に日本銀行が設立されると初代総裁に就任した人物で現職中の1887年12月に43歳の若さで死去したのは?
→吉原重俊(よしはらしげとし)
1883年から高知県の土偶新聞に連載された坂崎紫瀾の小説で坂本龍馬の生涯が世に知られるきっかけとなったのは?
→汗血千里駒(かんけつせんりのこま)(坂崎紫瀾,さかざきしらん)
1885年にフランスから帰国して工兵の近代化に貢献したことから「日本工兵の父」と呼ばれる陸軍三長官を歴任した人物は?
→上原勇作(うえはらゆうさく)(陸軍大臣,教育総監,参謀総長の陸軍三長官を歴任。帝国陸軍史上、上原勇作と杉山元(げん)の2名のみ)
1886年に創刊された日刊新聞で後継紙の「国民タイムズ」は現在の「東京スポーツ」の前身となったのは「○○○新聞」?
→やまと新聞 (やまと新聞→国民タイムズ→東京スポーツ)
1889年に当時の外務大臣大隈重信に爆弾を投げ右足を失う重傷を負わせた玄洋社の人物は?
→来島恒喜(くるしまつねき)(1889年に大隈重信外相の条約改正案に反対し,明治22年10月18日外務省前で大隈に爆弾を投じて重傷をおわせ,その場で自殺した)
1895年にロシア・フランス・ドイツが遼東半島の清国への返還を日本に要求した事件を何という?
→三国干渉
1896年に川崎造船所の初代社長に就任した実業家で、神戸瓦斯、神戸新聞の社長も務め、1912年には国会議員に当選したのは?
→松方幸次郎(まつかたこうじろう)
1899年、中国における列強の権利の平等を主張したアメリカの宣言といえば○○○○宣言?
→門戸開放宣言(中国の領土保全と中国における産業・通商上の機会均等を,既得権をもつ他の帝国主義列強に対し主張するもの。国務長官ジョン=ヘイが中国分割参加を宣言)
1900年に初めて日本の道を走ったといわれるアメリカの自動車で男爵の川田龍吉も愛用したのは「○○○○○・スティーマー」?
→ロコモビル・スティーマー(Locomobile Steam Car)(川田龍吉,かわだりょうきち)
1903年4月21日に京都にある山県有朋の別荘で行われた伊藤博文と山県有朋の日露会戦同意を得た会議は○○○会議?
→無鄰菴会議(むりんあん)(元老山縣有朋,政友会総裁伊藤博文,総理大臣桂太郎,外務大臣小村寿太郎)
1905年1月15日に乃木希典とステッセルが旅順軍港攻防戦の停戦条約を締結した、中国・旅順北西部の地名は?
→水師営(すいしえい)(旅順攻囲戦)
1911年に二弦琴にピアノの鍵盤の配列を応用した楽器「大正琴」を発明した人物は?
→森田吾郎(もりたごろう)
1911年に日本で公開されると手口を真似た犯行が横行したことから上映禁止となった、変装の怪人を描いたフランス映画は?
→ジゴマ(Zigomar)
1916年に加藤高明を総裁として結成され、第二次護憲運動の中心となった政党で、後に立憲改進党となったのは?
→憲政会
1916年に帝国劇場で指導していたイタリア人演劇家のローシーが現在の東京都港区赤坂に創設したオペラ劇場は「○○○○館」?
→ローヤル館
1921年に浅草に創業された日本初のブロマイド店の名前は○○○○堂?
→マルベル堂 (Bromide=本来の英語で臭化物を指す語だが、臭化銀(シルバー・ブロマイド)を感光剤として用いた印画紙(Bromide paper)を指す和製英語となった)
1921年に鐘淵紡績の社長に就任し温情主義で同社を発展させた実業家で、政界引退後は時事新報社の社長に就任したのは?
→武藤山治(むとうさんじ)(鐘淵,かねがふち→カネボウ→クラシエ)(『時事新報』の編集者として「政・財・官」の癒着を次々と暴き、福島新吉に暗殺される)
1922年に日本初のヌードポスターとして話題になった寿屋洋酒店の「赤玉ポートワイン」の広告を手がけたコピーライターは誰?
→片岡敏郎(かたおかとしろう)
1922年のマーガレット・サンガー来日時には通訳を務めている大正時代に産児制限運動を推し進めた、後の国会議員は?
→山本宣治(やまもとせんじ)(米女性産児調節運動家Margaret Sanger)(産児制限とは人為的に受胎,妊娠,出産,育児を制限すること)
1925年に普通選挙法と治安維持法が同時に成立した時の内閣総理大臣は?
→加藤高明
アメリカ独立宣言の全文を翻訳したものも収録されている福沢諭吉が欧米諸国の様子を記した著書のタイトルは?
→西洋事情
ルソーの『社会契約論』を中江兆民が翻訳した作品のタイトルは?
→民約訳解
浅草オペラの全盛期である大正時代に、アメリカ仕込みのダンスで一世を風靡し「ミュージカルの女王」と呼ばれたダンサーは?
→高木徳子(たかぎとくこ)
荒れ果てた上野一帯を自然公園にすることを提唱した功績から上野公園に銅像があるオランダ人はアントニウス・○○○○○○?
→アントニウス・ボードウィン(Anthonius Bauduin)(オランダ出身の医師)(上野に病院を立てる計画が持ち上がったときに上野の自然が失われることを危惧して一帯を公園として指定することを提言した)
伊藤博文の娘婿に当たる、逓信大臣や内務大臣を務めた政治家で維新史の重要資料『防長回天史』を編纂したことで有名なのは?
→末松謙澄(すえまつけんちょう)
板垣退助の自由党創立に尽力した明治時代に政治家で元首相・吉田茂の父親として有名なのは?
→竹内綱(たけうちつな)
現在の最高裁判所にあたる明治時代の機関・大審院の初代・大審院長を務めた人物は?
→玉乃世履(たまのよふみ)
最初に「美容院」という言葉を用いたといわれる弟子には美容師・吉行あぐりがいた日本のパーマの先駆者は?
→山野千枝子
西南戦争では熊本鎮台司令長官として熊本城を死守した人物で明治新政府では第1次伊藤内閣の初代農商務大臣を務めたのは?
→谷干城(たにたてき)
大正時代に『炮烙の刑』『あきらめ』『木乃伊の口紅』などの小説で人気を博した賞にも名を残す女流作家は?
→田村俊子(たむらとしこ)(炮烙,ほうらく)(田村俊子賞,1961-1977)
大正時代に日本に登場した国産蒸気機関車で、「キューロク」の愛称で呼ばれていたのは○○○○形?
→9600形
大正時代に渋沢栄一によって開発された、東京都大田区の高級住宅地は?
→田園調布
大正時代に横浜のバーのオーナー・田尾多三郎が考案したチェリーブランデーを用いたカクテルはチェリー○○○○○?
→チェリーブロッサム(cherry blossom)
大正時代に自ら作詞した『コロッケの唄』を歌って大ヒットさせた歌手は?
→益田太郎冠者(ますだたろうかじゃ)
大正時代末期に生活に密着した民芸品に注目して、濱田庄司、河合寛次郎らとともに「民芸運動」を提唱した人物は?
→柳宗悦(やなぎむねよし)(1926年「日本民芸美術館設立趣意書」の発刊により開始された、日常的な暮らしの中で使われてきた手仕事の日用品の中に「用の美」を見出し活用する日本独自の運動)
大正天皇の従妹にあたる歌人で1922年に炭鉱王・伊藤伝右衛門と離婚して新聞記者・宮崎龍介と結婚し、話題になったのは?
→柳原白蓮(やなぎわらびゃくれん)
東京都江東区森下にあるパン屋で「名花堂」という名称であった、1927年に日本で始めてカレーパンを発売したのはどこ?
→カトレア
日本の初代首相・伊藤博文が暗殺されたハルピンを州都とするアムール川の別名が名前についた中国の省といえば?
→黒竜江省(哈爾浜)(伊藤博文が安重根に暗殺される,1909)
日本の探検家・白瀬矗が1912年に到達した、南極大陸の南緯80度5分の地点一帯に付けた名前は?
→大和雪原(やまとせつげん)(白瀬矗,しらせのぶ)
日本初の総合雑誌「国民之友」の表紙挿絵を担当した画家で森鴎外の小説『うたかたの記』の主人公のモデルでもあるのは?
→原田直次郎(はらだなおじろう)(森鴎外『うたかたの記』巨勢)
日清戦争で戦死し死んでもラッパを放さなかったというエピソードで知られる日本兵は?
→木口小平(きぐちこへい)(死んでもラッパを離さなかったとして英雄視された木口小平が活躍したのは日清戦争である,○)
日露戦争における遼陽会戦の首山堡争奪において戦死した歩兵第34連隊第1大隊長で軍神として崇められたのは?
→橘周太(たちばなしゅうた)(遼陽会戦,日露戦争1904)(しゅざんほうそうだつ)
日露戦争の日本海海戦でロシアが誇るバルチック艦隊の旗艦を務めた戦艦の名前は「クニャージ・○○○○」?
→クニャージ・スワロフ(Knyaz'Suvorov)
日露戦争の日本海海戦で出撃する際に、連合艦隊の秋山真之が大本営に打った電報は「本日○○○○ナレドモ波高シ」?
→本日 天気晴朗 ナレドモ波高シ
日露戦争の講和会議に反対して休職処分になるも、教授陣の抗議で翌年に復帰した事件に名を残す、東京帝大教授は?
→戸水寛人(とみずひろんど)
日露戦争後、国産力織機の発明や織機会社の創立により日本の紡績業の発展に寄与した人物といえば?
→豊田佐吉(とよださきち)
日露戦争後の1905年にアメリカと日本の間で結ばれるもすぐに破棄された、南満州鉄道を共同経営する協定は桂・○○○○協定?
→桂・ハリマン協定
幕末に生糸貿易で成功すると株の取り引きにも成功し、東京馬車鉄道、東京電灯を傘下に収めた、甲府市の初代市長を務めた実業家は?
→若尾逸平(わかおいっぺい)
福沢諭吉が通訳のためにアメリカに渡った際に書かれて、1867年に刊行されたガイドブックのような内容の著書は『西洋○○○』?
→西洋旅案内
本名を「中井かつ」という三島由紀夫の小説『仮面の告白』にも登場する20世紀初頭の女奇術師は?
→松旭斎天勝(しょうきょくさいてんかつ)
明治維新後、第1次伊藤内閣で初代司法大臣を務めた長州藩出身の人物で、日本大学の創設でも知られるのは?
→山田顕義
明治新政府で参与職外国事務掛を務めた後、初代大阪税関長となり、大阪の商業発展に尽力した幕末・明治期の実業家は?
→五代友厚
明治時代に第百三十銀行、南海鉄道、日本火災保険、山陽鉄道などの数々の企業を設立した実業家は?
→松本重太郎
明治時代に日本に登場したイギリス製の蒸気機関車で「ピーテン」の愛称で呼ばれたのは○○○○形?
→5500形
明治時代に来日し、工部美術学校で教えたイタリアの彫刻家で女流画家・清原玉を妻に持ったことで知られるのは?
→ヴィンチェンツォ・ラグーザ(Vincenzo Ragusa)(清原玉,ラグーザ玉)
明治末に来日し六代目尾形乾山に弟子入りしたイギリス人陶芸家で、柳宗悦の民藝運動にも協力したのは?
→バーナード・リーチ(Bernard Leach)(柳宗悦,やなぎむねよし)

1885年に創立された当時「英吉利法律学校」と呼ばれたのは今の何大学?ですが、
→中央大学
1889年に創立された当時「日本法律学校」と呼ばれたのは今の何大学?
→日本大学
--------------------
[明治大正 文学]
1883年から高知県の土偶新聞に連載された坂崎紫瀾の小説で坂本龍馬の生涯が世に知られるきっかけとなったのは?
→汗血千里駒(かんけつせんりのこま)(坂崎紫瀾,さかざきしらん)
1886年の小説『嘲戒小説天狗』は言文一致体で書かれた小説の先駆けとなった、尾崎紅葉らと硯友社を結成した明治の作家は?
→山田美妙(やまだびみょう)
1897年に愛媛県の松山で俳句雑誌「ほとときす」を創刊した俳人は?
→柳原極堂(やなぎはら きょくどう)
1905年に戯曲『海潮音』が読売新聞の懸賞に入選し人気作家となった、作家の三上於菟吉を夫に持った女流作家は?(三上於菟吉,みかみおときち)
→長谷川時雨(はせがわしぐれ)(雑誌「女人芸術」を創刊し、林芙美子らを育てた)(同じ年1905に上田敏が訳詩集『海潮音』を刊行しているが何の関係もない)
弟には作家の蘆花がいる『国民之友』『国民新聞』で知られる明治の評論家は誰?
→徳富蘇峰(とくとみそほう)
現実社会とかけ離れた学問の世界を指す「象牙の塔」という言葉を、著書『象牙の塔を出て』の中で用いて日本に広めた評論家は誰?
→厨川白村 (『象牙の塔を出て』(1920),『近代の恋愛観』(1922))
三部作『死線を越えて』『太陽を射るもの』『壁の声きく時』で有名な明治生まれの作家は?
→賀川豊彦 (キリスト教社会運動家)
著書に『日本ファシズム批判』がある、大正デモクラシーを代表するジャーナリストで、1919年に雑誌「我等」を創刊したのは?
→長谷川如是閑(はせがわにょぜかん)(森戸辰男が無政府主義者クロポトキンの研究によって起訴された事件(森戸事件1920)においては学問の自由・研究の自由・大学の自治を主張)
宮沢賢治が教師を務めた後、農業技術の改善などを目的として1926年に花巻市で設立した協会は○○○○協会?
→羅須地人協会(らすちじん協会)(1926年に宮沢賢治が現在の岩手県花巻市に設立した私塾。花巻農学校の教師をやめた宮沢賢治が自給自足の生活を始めた)
明治初期に中村正直がサミュエル・スマイルズの『Self Help』を翻訳して著したベストセラーは?
→西国立志編(さいごくりっしへん)(Samuel Smiles『Self-Help(自助論)』(1859)=成功伝集であり300人以上の欧米人の成功談を集めたもの)
明治時代に尾崎紅葉らが結成した文学結社・硯友社の機関誌として1885年に創刊された文学雑誌は○○○文庫?
→我楽多文庫
明治時代に活躍した詩人で『独絃哀歌』『有明集』などの詩集で知られるのは?
→蒲原有明
森鴎外の小説『舞姫』が掲載されたことでも知られる1887年に徳富蘇峰が創刊した日本初の総合雑誌は?
→国民之友
柳田國男の『遠野物語』執筆にも協力した、昔話の収集に大きな功績を残したことから「日本のグリム」と呼ばれる民族学者は?
→佐々木喜善(ささききぜん)(柳田国男はこの人の話を『遠野物語』にまとめました(キューブ)→佐々木喜善(ささききぜん)(柳田國男,やなぎたくにお))
--------------------
[明治大正 美術]
日本初の総合雑誌「国民之友」の表紙挿絵を担当した画家で森鴎外の小説『うたかたの記』の主人公のモデルでもあるのは?
→原田直次郎(はらだなおじろう)(森鴎外『うたかたの記』巨勢)
--------------------
[明治大正 理系]
1928年に、圧縮空気によって手や頭を動かす日本初のロボット「学天則」を発明した日本の生物学者は誰?
→西村真琴
日本人として初めて国際度量衡委員会の委員となった人物で、1899年には岩手県水沢に緯度観測所を設立した人物は?
→田中舘愛橘(たなかだてあいきつ)
--------------------
[その他]
アメリカ大陸横断鉄道とスエズ運河が開通した年は同じ西暦何年?
→1869年 (パナマ運河1914年)
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:47:09|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 並べ替え

--------------------
[明治大正]
1875年に開かれた大阪会議の結果出された、明治政府が立憲政治を人民に約束した最初の文書は○○○○○○○○の詔?
→漸次立憲政体樹立の詔(ぜんじりっけんせいたいじゅりつ)
1890年に和歌山県の紀伊大島沖で遭難したオスマン帝国の軍艦で、日本人の献身的な救助活動がトルコとの友好を築いたのは?
→エルトゥールル号
1891年に東京都千代田区神田に完成したギリシャ正教の教会ニコライ堂に名を残す人物はニコライ・○○○○○○?
→ニコライ・カサートキン(Nikolai Kasatkin)(日本に正教を伝道した大主教。日本正教会の創建者)
1902年に駐英公使・林薫と日英同盟を結んだ当時のイギリス外務大臣はヘンリー・ペティ・○○○○○○○○?
→ヘンリー・ペティ・フィッツモーリス(Henry Petty-Fitzmaurice)(林董,はやしただす)
1905年に開かれた日露戦争の講和条約のポーツマス講和会議において日本全使が宿舎としたホテルは?
→ウェントワースホテル(Wentworth Hotel)(ポーツマス=メイン州,州都オーガスタ,最大都市ポートランド)
1906年に設立された鉄道会社「満鉄」を略さずにいうと?
→南満州鉄道株式会社
「東京節」とも呼ばれる演歌師の添田知道によって作詞され、大正時代に大流行したコミックソングといえば?
→パイノパイノパイ(東京節)
江華島事件をきっかけに日本が朝鮮におしつけた不平等な条約を何という?
→日朝修好条規(1876)(江華島事件1875)
大正時代、特に浅草オペラに傾倒した熱狂的なオペラファンのことを何といった?
→ペラゴロ
第一次世界大戦ではフランス陸軍コウノトリ飛行大隊で活躍し、レジオン・ドヌール勲章を受賞している日本の飛行家は?
→滋野清武(しげのきよたけ)
日露戦争の際に日本を金銭的に支援し、民間の外国人では初めて明治天皇に招待され旭日大綬章を授けられたアメリカの銀行家は?
→ジェイコブ・シフ(Jacob Schiff)(日露戦争の際には高橋是清の求めに応じて日本の戦時国債を購入した)
日露戦争の黒溝台会戦において日本軍を窮地に追い込んだロシア帝国の陸軍大将はオスカル・○○○○○○○?
→オスカル・グリッペンベルク(Oskar-Ferdinand Grippenberg)
日本の韓国支配をアメリカが承認した1905年にかわされた覚書は?
→桂タフト協定
兵庫県篠山地方の盆踊り歌に由来する明治末期の流行歌は?
→デカンショ節
福澤諭吉が、個人と国家の独立自立を説いた著書の題名は?
→文明論之概略(ぶんめいろんのがいりゃく)(1875)
福澤諭吉の甥にあたる山陽鉄道の初代社長で、三井財閥の発展に尽力したのは?
→中上川彦次郎
明治の陸軍大将・乃木希典の辞世の句は「うつし世を○○○○○○○○○御あと慕ひて我はゆくなり」?
→うつし世を 神さりましし 大君の みあと慕ひて 我は行くなり
明治時代に日本を旅行し、著書『日本奥地紀行』で山形県の米沢平野を「東洋のアルカディア」と評したイギリスの女性旅行家は?
→イザベラ・バード(Isabella Bird)
明治初めに北海道開拓使として来日し、北海道の酪農加工業や競走馬育成に尽力した人物で、後に駐日米国公使となったのは?
→エドウィン・ダン(Edwin Dun)
--------------------
[文学]
1925年に出版された明治生まれの歌人・折口信夫の処女歌集は?
→海やまのあひだ
「赤い椿白い椿と落ちにけり」という俳句で有名な明治生まれの松山の俳人は?
→河東碧梧桐
シェークスピアの戯曲『ジュリアス・シーザー』を坪内逍遥が翻訳した作品は『該撒奇談○○○○○○○○』?
→該撒奇談 自由太刀余波鋭鋒(しいざるきだん じゆうのたちなごりのきれあじ)
戦国時代を舞台に、戦死者を弔う二人の尼が過去の懺悔を語る様を描いた、1889年に刊行された尾崎紅葉の出世作は?
→二人比丘尼色懺悔(ににんびくにいろざんげ)
--------------------
[美術]
1876年に来日し、工部美術学校の教師として洋画を指導し、浅井忠らを育てたイタリアの画家はアントニオ・○○○○○○○?
→アントニオ・フォンタネージ(Antonio Fontanesi)
明治時代に来日したイタリア人で風景画にすぐれ日本の洋画の基礎を作ったのは?
→アントニオ・フォンタネージ(Antonio Fontanesi)
--------------------
[理系]
--------------------
[その他]
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:46:33|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 連想

--------------------
[明治大正]
幕末の長州藩士/長州五傑の一人/ハルビンで暗殺/日本の初代総理大臣
→伊藤博文 (黒竜江省の哈爾浜で1909年に安重根により暗殺)
幕末の長州藩士/長州五傑の一人/黒田内閣で農商務大臣/伊藤内閣で初代外務大臣
→井上馨(いのうえかおる)
幕末の長州藩士/長州五傑の一人/日本における鉄道の父/小岩井農場を設立
→井上勝(いのうえまさる)
幕末の長州藩士/長州五傑の一人/大阪の造幣局長に就任/「桜の通り抜け」を発案
→遠藤謹助(えんどうきんすけ)(造幣局=大阪の桜ノ宮駅周辺。桜の観光名所)
幕末の長州藩士/長州五傑の一人/塙忠宝を暗殺/法制局の初代長官
→山尾庸三(やまおようぞう)(伊藤博文と山尾庸三の2人に暗殺された幕末の国学者「塙忠宝」→塙忠宝(はなわただとみ))

「佐賀の七賢人」の一人/1867年のパリ万博に参加/第1次松方内閣で農商務大臣/1877年に博愛社を創設(日本赤十字社の前身)
→佐野常民
「佐賀の七賢人」の一人/西洋の軍事技術を積極的に導入/別名「そろばん大名」/幕末期の佐賀藩主
→鍋島閑叟(なべしまかんそう,鍋島直正)

「ヴ」の表記を公安/豊前中津藩出身/慶應義塾を創立/『学問のすゝめ』
→福沢諭吉
福井藩士/前名は三岡八郎/民撰議院設立建白に連署/五箇条の御誓文を起草
→由利公正
幕末の土佐藩家老/改革派「新おこぜ組」の一員/薩土盟約を締結/五箇条の御誓文草案作成に関与
→福岡孝悌 (五箇条の御誓文は、由利公正が起草し,福岡孝悌が修正を加え,木戸孝允が訂正)

その子孫は俳優・加山雄三/和宮の降嫁を画策/1871年の使節団の大使/往年の五百円紙幣
→岩倉具視
明六社を設立した政治家/国粋主義者・西野文太郎に暗殺/港区三田の坂の名前になっている/初代の文部大臣
→森有礼
長州藩の出身/御楯隊を創設/日本大学の創設者/第1次伊藤内閣で初代司法大臣
→山田顕義
幕末期の土佐藩士/土佐勤王党に参加/三条実美に仕える/第1次伊藤内閣の農商務大臣
→土方久元(ひじかたひさもと)(第1次伊藤内閣農商務大臣=谷干城→土方久元→黒田清隆)
土佐勤王党に参加/維新後は自由党の副総理に/海援隊や陸援隊で活躍/初代衆議院議長
→中島信行
大叔父は蘭学者・高野長英/関東大震災後の東京の復興を計画/東京放送局(NHK)初代総裁/南満州鉄道初代総裁
→後藤新平
幕末・明治期の政治家/海水浴を奨励して定着に尽力/弟は外務大臣・林董(はやしただす)/初代陸軍軍医総監
→松本良順(まつもとりょうじゅん)
第1次山本内閣で外務大臣/日本棋院の初代総裁/1919年のパリ講和条約に出席/父は大久保利通
→牧野伸顕

大津事件で外務大臣を辞任(1891)/陸奥宗光外務大臣の下で駐英公使/日英通商航海条約に調印(1894)/領事裁判権の撤廃に成功(1894)(自作問)(1894年に駐英公使として日英通商航海条約に調印し領事裁判権の撤廃に成功した明治時代の外交官は?(文字パネル)→青木周蔵)
→青木周蔵 (領事裁判権=在留外国人に対する裁判をその本国領事が行う権利)(第2次伊藤内閣の陸奥宗光外務大臣の下、駐英公使として陸奥宗光外務大臣とともに条約改正に尽力。青木周蔵により1894年の日清戦争開戦直前に日英通商航海条約が結ばれて領事裁判権撤廃が実現)
第2時伊藤博文内閣の外相/「かみそり大臣」のニックネーム/輸入関税の引き上げに成功/治外法権の撤廃に成功(1894)
→陸奥宗光 (治外法権=元首や外交官など特定の外国人が滞在国の管轄権に服することを免れる権利)(明治時代の政治家・陸奥宗光が自らの外交を回想した著書は○○○?(タイピング)→蹇々録(けんけんろく))
宮崎県出身の外交官/ハーバード大学の第1回留学生/ポーツマス条約に調印/関税自主権を回復(1911)
→小村寿太郎 (関税自主権=関税を自由に決められる権利)(1911年に日米通商航海条約を調印し関税自主権の回復)

薩摩藩出身の武士/英国公使パークスを襲撃から守る/滋賀県知事、京都知事を歴任/鹿鳴館の名付け親
→中井桜洲(中井弘,なかいひろし)
妻は山川捨松/西郷隆盛のいとこ/日清・日露戦争で活躍/初代陸軍大臣
→大山巌
海軍大将として活躍/白洲正子の祖父/初代台湾総督/「蛮勇演説」で有名
→樺山資紀
松山生まれ/『坂の上の雲』/日本海海戦の参謀/「天気晴朗なれども波高し」
→秋山真之

日本初の女子留学生の一人/日本YWCAの初代会長/華族女学校で英語教師/津田塾大学の創立者
→津田梅子
会津戦争では若松城に籠城/日清・日露戦争では戦場で看護/「幕末のジャンヌダルク」/夫は同志社大学の創立者
→新島八重
戊辰戦争で敵味方区別なく看護/孤児救済のため福島救育所を開設/日本のナイチンゲール/女性初の藍綬褒章を受賞(1896)
→瓜生岩(うりゅういわ)(藍綬褒章=公衆の利益,公共の事業で事績著明な人に授与される褒章)
本名は「小林正子」/文芸協会演劇研究会第1期生/「人形の家」のノラ役で注目/師・島村抱月の後を追い自殺
→松井須磨子 (島村抱月,しまむらほうげつ)

獄中で大逆事件を免れる/サンディカリズムを唱える/月刊『平民新聞』を創刊/憲兵大尉・甘粕正彦により暗殺(甘粕事件1923)
→大杉栄(おおすぎさかえ)

海難事故に遭い漂流/オークランド号が救出/リンカーン大統領に謁見/日本最初の新聞を作った
→ジョセフ彦(浜田彦蔵)
明治の教育家/東京大学総長/『真政大意』/『人権新説』
→加藤弘之
明治・大正期の仏教哲学者/実家は浄土真宗のお寺/別名「妖怪博士」/東洋大学の創立者
→井上円了
近代日本の哲学者/ベルグソン、ハイデッガーに師事/京都大学文学部哲学科教授に就任/著書『「いき」の構造』(1930)
→九鬼周造
哲学の一派・京都学派の創始者/第2回の文化勲章受章者/「加賀の三太郎」の1人/『善の研究』
→西田幾多郎 (藤岡作太郎,鈴木大拙(だいせつ))

--------------------

幕末・明治期の技術者/広瀬淡窓の咸宜園で学ぶ/日本写真界の先駆者/日本初の天体写真を撮影
→上野彦馬
幕末・明治期の技術者/狩野派の画家/ヒュースケンに写真技術を学ぶ/日本初の営業写真館を開業
→下岡蓮杖
幕末・明治期の技術者/幕府の通詞としても活躍/日本初の鉄橋を長崎に建設/日本活版印刷の先駆者
→本木昌造
幕末・明治期の実業家/『和英語林集成』刊行に尽力/楽善堂を創業し売薬業で成功/息子の劉生は洋画家
→岸田吟香
幕末・明治期の蘭学者/著書『化学新書』/日本で初めてマッチ製造に成功/日本で初めてビール醸造に成功
→川本幸民(かわもとこうみん)

埼玉県出身の実業家/東京瓦斯、王子製紙の設立に尽力/ノーベル平和賞の候補にも/第一国立銀行を設立
→渋沢栄一
埼玉県出身の実業家/大道電力、東邦電力を設立/「日本の電力王」/福沢諭吉の婿養子
→福澤桃介(ふくざわとうすけ)(福沢諭吉の婿養子となった相場師で、現・関西電力の大岡電力、現・中部電力の東邦電力を設立し「電力王」と呼ばれたのは誰?(スロット)→福沢桃介)
新潟県出身の実業家/東京経済大学の創立者//日清・日露戦争で軍御用達/鹿鳴館、帝国ホテルを設立
→大倉喜八郎 (大倉喜八郎(1873)>長男:大倉喜七郎(=ホテルオークラ1958))
富山県出身の実業家/臨海工業地帯開発の父/現在の太平洋セメントを創業/明治のセメント王
→浅野総一郎
富山県出身の実業家/多くの破綻した銀行を救済/朝日平吾に暗殺される/競馬のG1レースに名を残す
→安田善次郎
京都府出身の実業家/明治時代に財閥を形成/足尾銅山の経営で成功/「日本の鉱山王」
→古河市兵衛(ふるかわいちべえ)
大分県出身の実業家/山陽鉄道の初代社長/三井財閥中興の祖/福沢諭吉の甥
→中上川彦次郎
鹿児島県出身の実業家/明治政府で参与兼外国事務掛/初代大阪税関長/大阪商法会議所を設立
→五代友厚
製鉄・造船の分野で財閥化/深川セメント製造所の払い下げ/安田財閥の協力を受ける/○○総一郎が創始者
→浅野財閥

--------------------
[事件]
自由民権運動の激化事件/鯉沼九八郎の誤爆で発覚/三島通庸らの暗殺を計画/1884年に現在の茨城県で蜂起
→加波山事件(1884)
自由民権運動の激化事件/首謀者は清水永三郎/警察分署を襲撃/1884年に妙義山で蜂起
→群馬事件(1884)
自由民権運動の激化事件/首謀者は桜井平吉/愛国正理社が中心/1884年に長野県で蜂起
→飯田事件(1884)
自由民権運動最大の激化事件/首謀者は田代栄助/「困民党」を結成/1884年に現在の埼玉県で発生
→秩父事件(1884)(田代栄助/井上伝蔵/困民党/舞台は埼玉県→秩父事件)

国際的な氷彫刻大会/聖ソフィア大聖堂,極楽寺/黒竜江省の州都/伊藤博文が安重根に暗殺された(1909)
→哈爾浜 (安重根義士記念館やソウルタワーがある韓国、ソウル市内の公園は?→南山公園)

1891年に起きた事件/外相の青木周蔵が辞職/犯人は津田三蔵/ロシアの皇太子暗殺未遂事件
→大津事件
1908年に起きた事件/西園寺内閣総辞職を誘発/山口孤剣の出獄歓迎会/社会主義者が大勢弾圧
→赤旗事件 (社会主義者と警官隊との衝突事件,「無政府共産」と書いた赤旗,別名「錦輝館事件」)
1910年に起きた事件/第2次桂内閣が総辞職/幸徳秋水らが天皇暗殺計画/社会主義者が大勢弾圧
→大逆事件
1914年に起きた事件/日本海軍高官へ贈賄事件/山本内閣が内閣総辞職/巡洋戦艦「金剛」
→シーメンス事件
1918年に起きた事件/寺内正毅内閣への批判/村山龍平,長谷川如是閑/大阪朝日新聞の記事が問題に
→白虹事件
1920年に起きた事件/東京帝国大学/クロポトキンに関する研究/森戸辰男の論文が問題に
→森戸事件
1931年に起きた事件/中心になったのは桜会/別名「錦旗革命事件」(きんき)/日本陸軍のクーデター未遂事件
→十月事件
1934年に起きた事件/文部大臣・鳩山一郎が辞任/株に関する増収賄疑惑/斎藤実内閣が総辞職
→帝人事件

大審院・児島惟謙が判決/犯人・津田三蔵は無期徒刑/外相・青木周蔵は辞職/ロシア皇太子が負傷
→大津事件(1891)
1918年の出来事/シベリア出兵が原因のひとつ/富山県の主婦が蜂起/これにより原敬内閣が成立
→米騒動

大逆事件のひとつ/1910年/処刑者は12名/初めて刑法73条を適用
→幸徳事件
大逆事件のひとつ/1923年/山本権兵衛内閣が総辞職/難波大助
→虎ノ門事件
大逆事件のひとつ/1923年/怪写真の流布/金子文子
→朴烈事件
大逆事件のひとつ/1932年/天皇の馬車に手榴弾/李奉昌(りほうしょう,イボンチャン)
→桜田門事件

1928年/田中義一内閣/共産党員らを一斉に検挙/小林多喜二の小説 (第1次共産党事件)
→三・一五事件 (1928年3月15日,田中義一内閣の下で全国一斉に行われた最初の日本共産党弾圧事件。日本共産党などの関係者千数百名を治安維持法違反の容疑で一斉検挙した)
1929年/田中義一内閣/佐野学と鍋山貞親が検挙/第2次共産党事件 (鍋山貞親,なべやまさだちか)
→四・一六事件 (1929年4月16日,三・一五事件の一斉検挙から逃れた幹部を追跡した当局が4月16日に全国一斉に約700名を検挙,鍋山貞親,佐野学ら幹部を逮捕,共産党は壊滅的打撃を受けた)

陸軍将校によるクーデター計画/政治結社・桜会が中心/浜口雄幸内閣の転覆を計画/宇垣一成も事件に関与
→三月事件(1931)(1937年に広田弘毅内閣が総辞職した際、総理大臣に推挙されたが陸軍の反対で頓挫し、いわゆる「流産内閣」となったのは?(スロット)→宇垣一成(うがきかずしげ))
陸軍将校によるクーデター計画/政治結社・桜会が中心/若槻禮次郎内閣の転覆を計画/別名「錦旗革命事件」
→十月事件(1931)

1932年/右翼団体・愛郷塾/政党政治が終結/犬養毅を射殺
→五・一五事件
松尾伝蔵/斉藤実/岡田啓介/高橋是清
→二・二六事件(1936)(死亡者:松尾伝蔵,高橋是清,斎藤実,渡辺錠太郎)(負傷者:鈴木貫太郎)

1931年///満州事変の発端(自作問)
→柳条湖事件
1937年/7月7/北京の郊外/日中戦争の発端
→盧溝橋事件
1939年/ハルハ河戦争/満州とモンゴルの国境/日本軍がソ連軍に敗退
→ノモンハン事件

--------------------
[首相]
初代枢密院議長/初代政友会総裁/初代韓国総監/初代内閣総理大臣
→伊藤博文
韓国統監として韓国を併合/1918年シベリア出兵を宣言/初代朝鮮総督/愛称は「ビリケン宰相」
→寺内正毅
立憲政友会の創立に参加/1921年に東京駅で暗殺される/日本初の本格的政党内閣を組織/愛称は「平民宰相」
→原敬
拓殖大学を創立/第2代台湾総督/首相在職日数では歴代1位/西園寺公望と交代で首相を務める
→桂太郎
薩摩藩出身の首相/海軍大将/虎ノ門事件で総辞職/シーメンス事件で総辞職
→山本権兵衛
岩崎弥太郎の長女と結婚/首相としてソ連と国交回復/治安維持法を制定/普通選挙法を制定
→加藤高明
アメリカに奴隷として売られる/大蔵大臣を8度も務める/愛称は「だるま宰相」/二・二六事件で暗殺
→高橋是清
岩手県生まれ/昭和7年に挙国一致内閣を組閣/帝人事件により総辞職/二・二六事件で殺害
→斎藤実
大日本帝国海軍軍人/日露戦争では駆逐艦隊を指揮/二・二六事件で襲撃される/終戦当時の総理大臣
→鈴木貫太郎
1945年8月に組閣/「一億総懺悔」を提唱/終戦処理内閣を組織/皇族出身
→東久邇稔彦
1947年6月に組閣/民主党・国民協同党と連立/クリスチャン/日本社会党委員長
→片山哲

--------------------
[文学美術]
1925年に発表/日本近代資本主義の実態/紡績工場の女子工員/細井和喜蔵
→『女工哀史』

岡山県生まれの画家・詩人/本名は「茂次郎(もじろう)」/明治から大正にかけ美人画で人気/流行歌『宵待草』の作詞
→竹久夢二
『雲中天壇』/『浅間噴煙』/『紫禁城』/ルノワールに師事
→梅原龍三郎(うめはらりゅうざぶろう)(洋画家)
フォンタネージに師事/『グレーの秋』/『春畝』/『収穫』
→浅井忠(あさいちゅう)(洋画家)

明治・大正期の画家/点描画を取り入れる/『近江八景』/『熱国之巻』
→今村紫紅(いまむらしこう)
明治・大正期の画家/文人画で有名/『旧蝦夷風俗図』/『二神会舞図』
→富岡鉄斎(とみおかてっさい)
大正・昭和期の画家/1935年に40歳で早世/『炎舞』/『名樹散椿』
→速水御舟(はやみぎょしゅう)
大正・昭和期の画家/西洋画の技法を取り入れる/『湯女図』(ゆなず)/『舞妓林泉』(ぶぎりんせん)
→土田麦僊(つちだばくせん)

大正期の洋画家/1919年に20歳で死去/『三星』/『信仰の悲しみ』
→関根正二(せきねしょうじ)
大正期の洋画家/1919年に22歳で死去/『尿する裸僧』(いばりするらそう)/『バラと少女』
→村山槐多(むらやまかいた)
大正、昭和期の洋画家/梅原龍三郎と並ぶ洋画の巨匠/『深井英五氏像』『孔雀と女』/『玉蟲先生像』『金蓉』(たまむし)(きんよう)
→安井曾太郎(やすいそうたろう)
大正、昭和期の洋画家/1928年にパリで客死/『郵便配達夫』/『広告”ヴェルダン”』
→佐伯祐三(さえきゆうぞう)
--------------------
[その他]
1880年に開業/特殊銀行になったのは1887年/海外貿易金融が目的/1946年に東京銀行に改組
→横浜正金銀行
欽定憲法/プロイセンの憲法を手本/1889年発布/明治憲法
→大日本帝国憲法(1889/2/11,1890/11/29)
戦後の保守政党/初代総裁は町田忠治/旧立憲民政党系/1947年に民主党となる
→日本進歩党(1945-1947)(町田忠治,まちだちゅうじ)

中村正直/西周/福沢諭吉/森有礼
→明六社(1873)(中村正直,なかむらまさなお)
自由民権運動の組織/1875年に誕生/立志社が中心となって結成/国会期成同盟と改称
→愛国社(1875)
国家主義団体の一つ/1901年に設立/玄洋社の内田良平らが結成/ロシアと清の間にある川
→黒竜会(1901)(国家主義右翼団体)
国家主義団体/機関紙は『雄叫』/大川周明/北一輝(きたいっき)
→猶存社(1919)

第120代天皇/名は恵仁(あやひと)/学習所を設立/和宮の父
→仁孝天皇(120:1817-1846)
第121代天皇/名は統仁(おさひと)/平安神宮の祭神/妹和宮の降嫁に同意
→孝明天皇(121:1846-1867)
第122代天皇///
→明治天皇(122:1867-1912)
第123代天皇///
→大正天皇(123:1912-1926)
第124代天皇///
→昭和天皇(124:1926-1989)
第125代天皇///
→今上天皇(125:1989-)

日本テニス界黎明期の選手/三菱銀行ニューヨーク支社に勤務/アントワープ五輪ダブルスで銀/アントワープ五輪シングルスで銀
→熊谷一弥(くまがいいちや)
日本テニス界黎明期の選手/三井物産カルカッタ支店に勤務/世界テニスランキング最高4位/ビル・チルデンとの名勝負
→清水善造(しみずぜんぞう)

チャールズ1世誕生/細川ガラシャ死去/イギリス東インド会社設立/関ヶ原の戦い
→1600年
義和団の乱/パリ万博が開催/パリ五輪が開催/19世紀最後の年
→1900年
マッキンリー米大統領暗殺/オーストラリア連邦の成立/八幡製鉄所の開業/20世紀最初の年
→1901年

著名人の墓/山東京伝/吉田松陰/鼠小僧次郎吉
→回向院(東京都墨田区)
著名人の墓/浅沼稲次郎/内村鑑三/三島由紀夫
→多磨霊園(東京都)
著名人の墓/柳宗悦(やなぎむねよし)/宮本百合子/野口雨情
→小平霊園(東京都)(こだいられいえん)
著名人の墓/志賀直哉/内藤鳴雪/大久保利通
→青山霊園(東京都港区南青山)(ないとうめいせつ俳句ホトトギス)
著名人の墓/西田幾太郎/岩波茂雄/織田幹雄(おだみきお)
→東慶寺(神奈川県鎌倉市)
--------------------
[まとめ]
中村正直/西周/福沢諭吉/森有礼
→明六社(1873)(中村正直,なかむらまさなお)
自由民権運動の組織/1875年に誕生/立志社が中心となって結成/国会期成同盟と改称
→愛国社(1875)
国家主義団体の一つ/1901年に設立/玄洋社の内田良平らが結成/ロシアと清の間にある川
→黒竜会(1901)(国家主義右翼団体)
国家主義団体/機関紙は『雄叫』/大川周明/北一輝(きたいっき)
→猶存社(1919)
(神武会 - 戦前の右翼団体)
(東亜会 - 東京都に本拠を置く日本の暴力団)
(同文会(どうぶんかい) - 「東亜同文会」とはかつて日本に存在した民間外交団体及びアジア主義団体。同文会と東亜会が合併して結成)
(平民社 - 日露戦争開戦反対を唱えて「万朝報(よろずちょうほう)」を退社した幸徳秋水・堺利彦らが1903年に結成。「平民新聞」を発行。幸徳秋水と堺利彦が、開戦論に転じた「万朝報(よろずちょうほう)」を退社して立ち上げた)
(玄洋社 - 頭山満(とうやまみつる)ら旧福岡藩士を中心によって、1881年に結成されたアジア主義を抱く政治団体。右翼の思想的源流ともいわれる団体で、のちに玄洋社から黒龍会、浪人会、大日本生産党、大東塾など、日本の右翼運動が生まれた)
(硯友社 - 1885年に尾崎紅葉・山田美妙・石橋思案・丸岡九華(まるおかきゅうか)が結成した文学結社。機関紙「我楽多文庫」を発行。巌谷小波・広津柳浪・川上眉山・泉鏡花・小栗風葉(おぐりふうよう)らが前後して加わり、明治20年代の文壇の主流となった)
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:46:00|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 四択

--------------------
[明治大正]
1871年、日本で初めて作られた缶詰の中身は?
→イワシ(鰯)
1871年に行われた廃藩置県によって置かれたのは3府と何県?
→3府302県
1872年、新橋・横浜間に日本最初の鉄道が開通した時の横浜駅は、現在の何という駅?
→桜木町駅
1872年に日本最初の鉄道が開通した時、新橋駅で行われた式典に集まった2万人の観衆に振舞われたのは?
→赤飯
1872年に設立された日本最初の国立銀行「国立第一銀行」は現在の何銀行?
→みずほ銀行 (「国法によって立てられた銀行」という意味で国立ではなく民間経営の日本初の銀行である)(みずほ銀行=第一勧業銀行+富士銀行+日本興業銀行)(第一国立銀行→帝国銀行→第一銀行→第一勧業銀行→みずほ銀行)
1872年に兵部省の御用商人だった野村三千三が、陸軍省から無担保で借りた15万ドルを返せずに自殺した、明治時代の汚職事件は?
→山城屋事件 (野村三千三,のむらみちぞう)
1875年に日本で最初のビアガーデンが誕生した都市はどこ?
→横浜市
1877年に第1回内国勧業博覧会が開かれたのはどこ?
→上野公園
1879年にアメリカ大統領経験者として初めて日本を訪れ明治天皇にも会見したのは?
→ユリシーズ・グラント
1879年にコレラの流行を防ぐために検疫場に回航させようとするのを拒否し、強行に横浜に入港して問題となったドイツの船は?
→ヘスペリア号
1880年に北海道で初めて開通した鉄道で走った、アメリカのポーター社から輸入された蒸気機関車1号機の名前は?
→義経
1881年に伊藤博文が大隈重信らを政府から追放した事件を何という?
→明治十四年の政変
1882年4月に板垣退助が遊説中に暴漢に襲われ「板垣死すとも自由は死せず」と叫んだとされる都市は?
→岐阜
1883年にフランスのパリで日本人で初めてルイ・ヴィトンで買ったことが、顧客リストに残されている人物は?
→後藤象二郎
1883年に日本で初めて国葬となった人物は?
→岩倉具視
1886年10月にフランスのル・アーヴルから日本へ向けて出港したが、南シナ海洋上で行方不明となった防護巡洋艦は?
→畝傍(うねび)(大日本帝国海軍の防護巡洋艦。フランスで建造され日本に回航される途中に南シナ海で行方不明となった)
1867年、日本が初めて参加した万国博覧会はどこの国で開催された?
→パリ
1890年に浅草に完成した12階建ての建造物「凌雲閣」にあった日本初のエレベーターは1階から8階までを何分で移動した?
→1分
1890年に和歌山県串本町沖で遭難したオスマン帝国の軍艦で、その際に地元民により69名が救助され日土有効の礎となったのは?
→エルトゥールル号
1891年に帝国議会で樺山資紀がいわゆる蛮勇演説で擁護したのは誰の内閣?
→松方正義
1891年に日本で初めて機械掘削が成功したことから「石油産業発祥の地」とされる、かつて新潟県出雲崎町に存在した油田は?
→尼瀬油田(あませ)
1895年に瀬木博尚によって創立された日本最初の広告代理店は?
→博報堂 (瀬木博尚,せきひろなお)
1901年に代議士の田中正造が足尾鉱毒事件のことを明治天皇に直訴した際にその直訴状を書いた人は?
→幸徳秋水 (直訴状は幸徳秋水が書いたものに田中が加筆修正したと伝えられる)
1903年に長岡半太郎が発表した原子模型は何型と呼ばれる?
→土星型
1905年に起きた戦艦ポチョムキンの反乱の舞台となった海は?
→黒海
1905年に日露戦争の講和条約ポーツマス条約が結ばれたポーツマスがある国は?
→アメリカ(メイン州,州都オーガスタ,最大都市ポートランド)
1905年に日露戦争の日本海海戦で損傷を受けて航行不能となり、島根県で投降した、ロシア軍、バルチック艦隊の特務艦は?
→イルティッシュ号
1908年、日本の駐米大使とアメリカの国務長官が交わした太平洋地域の現状維持を確認した協定は?
→高平・ルート協定
1909年にアゾレス諸島沖で難破した際に、世界で初めてSOSのモールス信号を打電した船の名前は?
→スラボニア号
1909年に世界で初めて北極点に到達した冒険家は?
→ロバート・ピアリー(Robert Peary,米)(北極点1909)
1910年の大逆事件で刑死となった唯一の女性は誰?
→菅野スガ(『青鞜』=平塚らいてうらが編集しのち伊藤野枝が引き継いだ)
1911年に世界で初めて南極点に到達した冒険家は?
→ロアール・アムンセン(Roald Amundsen,諾威)(南極点1911)
1912年、日本最初と言われる「女性専用車両」を導入した鉄道路線は?
→中央本線(JR東日本)(東京駅-新宿駅-塩尻駅(長野県塩尻市)-名古屋駅)
1913年に笹木幸子が考案した「家庭用仕事着」として割烹着が初めて紹介された雑誌は
→「婦人之友」(割烹着は日本で考案された主に着物にかけるエプロンの一種)
1914年に東京六大学野球リーグの前身となる三大学野球リーグを結成した大学は、慶応大学、早稲田大学とあと一つはどこ?
→明治大学 (早稲田大学,慶應義塾大学,明治大学,法政大学,東京大学,立教大学)
1917年に全焼するまで大相撲の興行施設である国技館が、その境内にあった東京都のお寺はどこ?
→回向院 (明暦の大火の死者を弔うため建立された東京の寺で、鼠小僧次郎吉の墓があるのは○○○?(タイピング)→回向院)
1921年にニューヨークで時の世界王者ウィリー・ホッペを破って話題になった山田浩二は何の選手?
→ビリヤード
1921年に皇太子・裕仁親王が初のヨーロッパ訪問をなされた際に、親王を乗せて横浜港を出港した軍艦の名前は?
→香取 (昭和天皇=裕仁親王(ひろひと))
1921年から1923年まで現在の最高裁判所にあたる大審院の院長を務めた後の総理大臣は?
→平沼騏一郎(1939-1939)
1923年にタイヤメーカーのブリヂストンが開発・発売した現在も使われている商品は?
→地下足袋(じかたび)(足の裏にゴム底がつき、足の指が親指と残りの二股に分かれている作業労働用の足袋で、足のつま先に力が入りやすい)
1923年に関東大震災の混乱に乗じて、平沢計七ら10名の労働運動活動家が警察に捕らえられ刺殺された事件を何という?
→亀戸事件 (平沢計七,ひらさわけいしち)
1924年に現在のサントリーである寿屋が、日本初のウイスキー工場を作った都道府県は?
→大阪府
5階建て・70室という規模のものだった、1910年に完成した日本初の木造アパートの名称は?
→上野倶楽部
シーメンス事件の責任を取り総辞職した山本権兵衛内閣の後に組閣されたのは?
→第2次大隈重信内閣 (1914年,ドイツのシーメンスによる日本海軍高官への贈賄事件)
ファーブルの『昆虫記』を初めて邦訳した人物である明治・大正期の思想家は?
→大杉栄
岩崎弥太郎が1873年に設立した三菱商会の前身となった土佐藩が作った商会の名前は?
→九十九商会(つくもしょうかい)
実際に使われたのは一部だけだった、日露戦争の日本海海戦の際に日本海軍の秋山真之が事前に立てていた作戦は?
→七段構えの戦法
西南戦争の際に熊本鎮台の司令長官を務めていた政治家で籠城戦で西郷軍から熊本城を守り抜いて勝利に貢献したのは?
→谷干城
第一次世界大戦が起きた時、日本は何時代だった?
→大正時代(1912-1926)(第一次世界大戦,1914-1918)
大正時代のベストセラー『成吉思汗ハ源義経也』の中で有名な義経=ジンギスカン説を唱えた作家は?
→小谷部全一郎(おやべぜんいちろう)(1924)
探検家ロバート・スコットが1912年にアムンゼンにわずか一ヶ月遅れて南極点に到達した時に乗っていた船の名前は?
→テラ・ノバ号 (ロバート・スコット(Robert Scott,英)(南極点1912))
中国にいわゆる「対華21ヶ条の要求」を突きつけたときの日本の首相は?
→大隈重信 (1915)
次の大学のうち創立者が首相経験者なのは?
→早稲田大学(大隈重信)
土葬されていたため1977年に死後76年経ってから茶毘に付された日本の文豪は?
→福沢諭吉 (荼毘に付す=火葬にする)
日本で太陽暦が採用されたのはいつから?
→明治6年(1873年)
日本で電話事業が開始された当初 現在は天気予報に当てられている「177」が自宅の番号になっていた政治家は?
→大隈重信
日本の鉄道開業の際にイギリスから輸入した蒸気機関車5形式のうち、最初に到着したことから1号車と呼ばれたのは?
→150形
日本の馬匹改良に貢献した、日露戦争においてロシアのステッセルから乃木希典に贈られた名馬は?
→寿号
日清戦争が始まった時の日本の首相は?
→伊藤博文
日露戦争において第3軍司令官として旅順攻囲戦を指揮してこれを陥落させ、ステッセルと水師営で会見した軍人は?
→乃木希典
福沢諭吉の甥にあたる中上川彦次郎が基礎を築いた財閥は?
→三井財閥 (三菱財閥の創業者は岩崎弥太郎)
明治、大正、昭和にかけて採掘が行われていた銅山で現在の栃木県にあったのは?
→足尾銅山 (阿仁銅山(秋田県),日立銅山(茨城県),別子銅山(愛媛県))
明治9年に、上野恩賜公園に設置された日本最初の自動販売機は何を測る機械だった?
→体重 (日本に初めて登場した自動販売機は1876年に上野公園に設置された自動体重測定機)
明治22年に、日本最初の公衆電話が設置されたのは東京とどこの間?
→横浜 (1890年(明治23年)12月に東京及び横浜)
明治維新後に徳川宗家16代を継ぎ、貴族院議長などを務めた政治家は?
→徳川家達(とくがわいえさと)(貴族院議長,第4-8代:1903-1933)
明治時代、岡倉天心とともに東京美術大学の設立に尽力したアーネスト・フェノロサはどこの国の東洋美術史家?
→アメリカ
明治時代に、ナショナリズムの高揚の中、『大日本膨張論』や『将来之日本』を著したのは誰?
→徳富蘇峰
明治時代に『怪談』などの作品を書いた日本研究家のラフカディオ・ハーンが生まれた国は?
→ギリシャ
明治時代に創刊された次の新聞のうち、創刊が最も早かったのは?
→横浜毎日新聞(1870)(×時事新報(福澤諭吉1882))
明治時代初期に起こった「開拓使官有物払下げ事件」で開拓使の官有物払下げを決定した当時の北海道開拓使長官は?
→黒田清隆 (1881,世論の厳しい批判を浴び払下げ中止となった)
明治新政府が示した「五箇条の御誓文」で最初の一文は?
→「広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ」(広く会議を興し、万機公論に決すべし。)
1882年に、日本最初の鉄道連絡船が運行された湖は?(画像)
→琵琶湖
次のうち、1918年に富山県で起こった事件はどれ?(画像)
→米騒動
次のうち、明治時代に高層ビル「凌雲閣」が建設された町はどれ?(動画)
→浅草

「野球」という訳語を作った人物は?ですが、
→中馬庚(ちゅうまかのえ)
「野球」という号を持っていた明治時代の文学者は誰?
→正岡子規
第1次伊藤博文内閣で初代文部大臣を務めた人物は?ですが、
→森有礼 (第1次伊藤博文内閣,1885-1888)
第1次伊藤博文内閣で初代外務大臣を務めた人物は?
→井上馨
第1次伊藤博文内閣で初代陸軍大臣を務めた人物は?
→大山巖
第1次伊藤博文内閣で初代海軍大臣を務めた人物は?
→西郷従道
第1次伊藤博文内閣で初代司法大臣を務めた人物は?
→山田顕義(やまだあきよし)
第1次伊藤博文内閣で初代内務大臣を務めた人物は?(自作問)
→山縣有朋
第1次伊藤博文内閣で初代大蔵大臣を務めた人物は?(自作問)
→松方正義
第1次伊藤博文内閣で初代農商務大臣を務めた人物は?(自作問)
→谷干城
日清戦争が始まった時の日本の首相は?ですが、
→伊藤博文
日露戦争が始まった時の日本の首相は?
→桂太郎
物理学者・アインシュタインが1922年に来日した際に乗ってきた日本郵船の客船は?ですが、
→北野丸
物理学者・アインシュタインが1922年に離日する際に乗った日本郵船の客船は?
→榛名丸
明治時代に設立された「東京専門学校」を前身とする大学は?ですが、
→早稲田大学
明治時代に設立された「東京法学社」を前身とする大学は?
→法政大学
明治時代に設立された「英吉利法律学校」を前身とする大学は?
→中央大学
明治時代に設立された官営工場で、富岡製糸場があったのは?ですが、
→群馬県
明治時代に設立された官営工場で、八幡製鉄所があったのは?
→福岡県
1874年に日本で最初にアンパンを売り出した銀座の有名店は?ですが、
→木村屋(アンパン)(木村屋が初めて売り出したもの→アンパンとジャムパンのみ)
1904年に日本で最初にクリームパンを売り出した新宿の有名店は?
→中村屋(クリームパン)

--------------------
[明治大正 文学]
1911年に創刊した日本初の助成による文芸誌で、平塚らいてうらが編集し、のち伊藤野枝が引き継いだこの雑誌のタイトルは何?(自作問)
→青鞜
1917年に刊行されて世論に大きな影響を与えた河上肇の経済評論は?
→『貧乏物語』
1918年に発表された倉田百三の戯曲『出家とその弟子』に描かれている宗教家は?
→親鸞(浄土真宗)
「生きたいわ!千年も万年も生きたいわ!」という名言で有名な、明治時代に刊行されたベストセラー小説は?
→『不如帰』(徳富蘆花,1898)(「ああつらい!つらい!もう女なんぞに生まれはしませんよ」も有名)
歌人の与謝野鉄幹が1900年に創刊した詩歌雑誌で与謝野晶子や正岡子規の作品が掲載されたのは?
→明星
関東大震災の際の「甘粕事件」で、夫の大杉栄と共に殺害された婦人解放運動家・伊藤野枝の生涯を描いた伝記小説『美は乱調にあり』の作者は誰?(自作問)
→瀬戸内寂聴 (甘粕事件=関東大震災直後の1923年、アナキストの大杉栄・伊藤野枝と大杉の甥・橘宗一の3名が憲兵隊に連行・殺害されたとされる事件。主犯は憲兵大尉・甘粕正彦らとされる。大杉事件ともいう)
小説『風流仏』『五重塔』で有名な明治期に活躍した作家で第1回文化勲章も受賞しているのは誰?
→幸田露伴
小説『武蔵野』を書いた明治の作家は?
→国木田独歩
大正末期から昭和初期にかけて頭角を現した横光利一、川端康成らの作家のことを「新感覚派」と命名した評論家は?
→千葉亀雄(ちばかめお)
土葬されていたため1977年に死後76年経ってから茶毘に付された日本の文豪は?
→福沢諭吉 (荼毘に付す=火葬にする)
明治時代にナショナリズムの高揚の中『大日本膨張論』や『将来之日本』を著したのは誰?
→徳富蘇峰
明治の作家・夏目漱石が1896年に英語教師として赴任したのは何県の学校?
→熊本県
明治の作家・樋口一葉が亡くなった時の年齢は?
→24歳
明治時代の1885年に評論『小説神髄』を書いた作家は?
→坪内逍遥 (二葉亭四迷『小説総論』)

瀬戸内寂聴の小説『美は乱調にあり』に描かれている人物は?ですが、
→伊藤野枝(いとうのえ)(社会主義者・大杉栄の妻)
瀬戸内寂聴の小説『遠い声』に描かれている人物は?
→菅野スガ(『青鞜』=平塚らいてうらが編集しのち伊藤野枝が引き継いだ)(1910年の大逆事件で刑死となった唯一の女性は誰?→菅野スガ)
--------------------
[明治大正 美術]
明治時代に東京美術学校の校長を務めた思想家の岡倉天心が1910年に東洋部長に就任したアメリカの美術館は?
→ボストン美術館
--------------------
[明治大正 その他]
1871年にお雇い外国人として来日し、日本に初めて野球を伝えた人物で、その功績により日本で野球殿堂入りしているのは?
→ホーレス・ウィルソン(Horace Wilson)(米)
1905年ポーツマス条約が調印された9月5日を「ポーツマス条約の日」と定めているアメリカの州は?
→ニューハンプシャー州
1925年アメリカ初の女性知事ネリー・ロスが誕生したのは何州?
→ワイオミング州
日本に野球を伝えた功績により野球殿堂入りを果たしているアメリカ人教育者は?
→ホーレス・ウィルソン(Horace Wilson)(米)
--------------------
[まとめ]
1911年に創刊した日本初の助成による文芸誌で、平塚らいてうらが編集し、のち伊藤野枝が引き継いだこの雑誌のタイトルは何?(自作問)
→青鞜
関東大震災の際の「甘粕事件」で、夫の大杉栄と共に殺害された婦人解放運動家・伊藤野枝の生涯を描いた伝記小説『美は乱調にあり』の作者は誰?(自作問)
→瀬戸内寂聴 (甘粕事件=関東大震災直後の1923年、アナキストの大杉栄・伊藤野枝と大杉の甥・橘宗一の3名が憲兵隊に連行・殺害されたとされる事件。主犯は憲兵大尉・甘粕正彦らとされる。大杉事件ともいう)
瀬戸内寂聴の小説『美は乱調にあり』に描かれている人物は?ですが、
→伊藤野枝(いとうのえ)(社会主義者・大杉栄の妻)(『青鞜』=平塚らいてうらが編集しのち伊藤野枝が引き継いだ)
瀬戸内寂聴の小説『遠い声』に描かれている人物は?
→菅野スガ(1910年の大逆事件で刑死となった唯一の女性は誰?→菅野スガ)

1874年に日本で最初にアンパンを売り出した銀座の有名店は?ですが、
→木村屋(アンパン)(木村屋が初めて売り出したもの→アンパンとジャムパンのみ)
1904年に日本で最初にクリームパンを売り出した新宿の有名店は?
→中村屋(クリームパン)
現在は「カトレア」と改名した昭和初期、「洋食パン」の名前でカレーパンを考案した店は?
→名花堂 (東京都江東区森下にあるパン屋で「名花堂」という名称であった、1927年に日本で始めてカレーパンを発売したのはどこ?(文字パネル)→カトレア)

1909年に世界で初めて北極点に到達した冒険家は?
→ロバート・ピアリー(Robert Peary,米)(北極点1909)
1911年に世界で初めて南極点に到達した冒険家は?
→ロアール・アムンセン(Roald Amundsen,諾威)(南極点1911)
探検家ロバート・スコットが1912年にアムンゼンにわずか一ヶ月遅れて南極点に到達した時に乗っていた船の名前は?
→テラ・ノバ号 (ロバート・スコット(Robert Scott,英)(南極点1912))

1881年に伊藤博文が大隈重信らを政府から追放した事件を何という?
→明治十四年の政変
明治時代初期に起こった「開拓使官有物払下げ事件」で開拓使の官有物払下げを決定した当時の北海道開拓使長官は?
→黒田清隆 (1881,世論の厳しい批判を浴び払下げ中止となった)
(1881年(明治14年)、開拓使官有物払下げ事件が明るみに出たことに対し、
参議の大隈重信は新聞も用いて開拓使長官の黒田清隆を鋭く批判、早期の国会開設を主張した。
イギリス流議院内閣制にもとづく憲法の制定と国会の一刻も早い開設を主張する大隈と、
ドイツ流の君主大権をのこしたビスマルク憲法を範とすべきと主張し、
国会開設は時期尚早であり立憲政体の整備は漸進的に進めるべきだとする伊藤が対立し、
伊藤が大隈を政府から追放する事件(明治十四年の政変)に発展した)
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:45:31|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明治大正検定 ○×

--------------------
[明治大正]
1886年に日本最初のストライキが起こったのは雨宮製糸場である,○ (山梨県甲府市)(×富岡製糸場=群馬県富岡市)
1890年に日本で電話制度が始まった時、電話番号1番は東京府庁だった,○ (×内閣総理大臣)
1901年に創立された日本最初の社会主義政党は社会民主党である,○ (×社会民衆党)
1903年に初めて行われた野球の早慶戦に勝ったのは慶應義塾大学である,○
1904年に日本初の百貨店である三越がオープンしたのは東京の日本橋である,○
1905年に韓国統監府の初代総督に就任した人物は伊藤博文である,○ (韓国統監府(1905-1910):伊藤博文(1),曾禰荒助(2)(そねあらすけ),寺内正毅(3),のみ)(自作問)
1910年に朝鮮総督府の初代総督に就任した人物は寺内正毅である,○ (朝鮮総督府(1910-1945):寺内正毅(1),,阿部信行(9),など)
1913年の大正政変で倒れた内閣は桂太郎内閣である,○ (大正政変=1913年の憲政擁護の民衆運動で第3次桂太郎内閣が倒された政変)(×山本権兵衛内閣)
1914年に中国に対し対華21ヶ条要求を訓令した大隈内閣の外務大臣は加藤高明である,○ (×加藤友三郎)
1915年に日本が出した対華21ヵ条の要求を中華民国は全て受け入れた,○
1916年に吉野作造が民本主義を説く論文を発表した雑誌は「中央公論」である,○
1918年に米騒動が最初に起こったのは米どころの富山県である,○
1919年にカルピスが初めて発売された時、箱に描かれていた像はミロのビーナスである,○
1920年に日本初のメーデーが行われた東京都の公園は上野公園である,○
「明治憲法」とも呼ばれる大日本帝国憲法は欽定憲法である,○
V音を表すのに始めて「ヴ」を用いたのは福沢諭吉である,○
ラグビーの早慶戦が始まったのは大正時代である,○
足尾銅山鉱毒事件で天皇への直訴状を起草したのは幸徳秋水である,○ (直訴状は幸徳秋水が書いたものに田中が加筆修正したと伝えられる)
関東大震災が発生したのは大正時代である,○ (1923年9月1日)
現在使われているグレゴリオ暦をアジアで最初に採用した独立国は日本である,◯ (1873年,明治6年)
西郷隆盛から「三井の番頭さん」と呼ばれた明治時代の政治家は井上馨である,○ (初代外務大臣)
死んでもラッパを離さなかったとして英雄視された木口小平が活躍したのは日清戦争である,○ (木口小平,きぐちこへい)
正露丸は日露戦争の最中「征露丸」の名前で実際に戦場の兵士に配られた,○
第一次世界大戦が勃発したとき日本の年号は大正だった,○ (大正,1912-1926)
第一次世界大戦において日本は地中海にも海軍を派遣した,○
第一次世界大戦には日本も参戦している,○
第一次世界大戦に日本は連合国側として参戦した,○ (連合国⇔同盟国(ドイツ,オーストリア,オスマン帝国,ブルガリア王国))
第一次世界大戦の頃から高まった民主主義の風潮を大正デモクラシーという,○
大正元年に人気浪曲師の吉田奈良丸が流行らせた言葉は「あした待たるる宝船」である,○
大正時代末期に「白襟嬢」と呼ばれたのはバスの女性車掌である,○
大日本帝国憲法が発布された日は2月11日である,○ (1889年2月11日公布,1890年11月29日施行)
東京にある明治神宮は明治天皇を祀るために作られたものである,○ (明治神宮=東京都渋谷区にある神社)
東京駅が開業したのは大正時代である,○ (1914)
日露戦争で先に攻撃して戦いの火蓋を切ったのは日本である,○
日露戦争の開戦までにシベリア鉄道は完成していた,○ (1901年バイカル湖の区間を除いてシベリア鉄道は一応完成、日露戦争の最中1904年9月にようやく全線開通した)
日露戦争後、ロシアは日本に賠償金を支払わなかった,○
日本で初めてランドセルを使ったといわれる大正天皇に入学祝いにランドセルを送った人物は伊藤博文である,○
日本で初めて野球の「始球式」を始めたのは大隈重信である,○
日本とアメリカによる桂・タフト協定が結ばれたのは日露戦争の最中である,○ (桂・タフト協定=1905年,米国のフィリピン統治と日本の韓国に対する優越支配を相互に承認した秘密協定)
日本の大手建設会社の1つ、大成建設を創業した実業家は大倉喜八郎である,○ (大倉喜八郎(1873)>長男:大倉喜七郎)
日本銀行が開業したのは明治時代である,○ (1881年)
明治時代の学生の隠語で「アイスクリーム」といえば「高利貸し」のことである,○
明治時代の郵便局員は郵便物を守るため鉄砲を携帯していた,○
明治時代初期に東京は「とうけい」と呼ばれていた,○
郵便配達員や新聞配達員はかつて「走りのプロ」という理由で、陸上競技の参加が禁止されていた,○
歴代天皇のうち東京都に陵墓が作られたのは大正天皇が最初である,○

1872年、新橋・横浜間に日本初の鉄道が開通した時に機関車を運転したのは日本人の機関士だった,×
1924年の流行語「三越ね」とは「とても賢い」という意味である,× (三越百貨店の食料品売場で売られていた味噌が表示より少なかったことから、脳みそが少ない者を「三越ね」といって馬鹿にした)
板垣退助の『自由党』と大隈重信の『立憲改進党』は同じ年に結成された,×(自由党1881,立憲改進党1882)
歌人の与謝野晶子が代表作『君死にたまうことなかれ』でその身を案じた弟は日露戦争で戦死している,×
日露戦争で連合艦隊の旗艦を務めた戦艦三笠は日本海海戦で沈没した,×
日露戦争の日本海海戦を指揮したロジェストウェンスキーはロシア帰国後に処刑された,×
日露戦争の日本海海戦はわずか2時間あまりで終了した,×
明治製菓が創業されたのは明治時代のことである,× (1916年(大正5年))

1884年に自由民権運動を弾圧する夷隅事件が起きた都道府県は?(画像タッチ)→千葉県(千葉県夷隅郡(いすみ))
1895年に日本初の一般営業用路面電車が開通した都道府県は?(画像タッチ)→京都府
1918年、細菌学者の野口英世が黄熱病研究のために派遣された南米の国は?(画像タッチ)→エクアドル
大正期の詩人・金子みすゞが生まれた都道府県は?(大意)(画像タッチ)→山口県(長門市)
次のうち、三菱マークの元にもなった岩崎家の家紋はどっち?(画像)→三階菱紋(三菱財閥の創業者は岩崎弥太郎)
次のうち、三菱マークの元にもなった土佐山内家の家紋はどっち?(画像)→三葉柏紋(土佐藩主山内家の三葉柏紋と、岩崎家の三階菱紋の家紋を合わせ、三菱のマーク「スリーダイヤ」を作った)
--------------------
[明治大正 文学]
1870年に創刊された日本初の日本語による日刊新聞、横浜毎日新聞は両面刷りだった,○
1906年に島村抱月とともに文芸協会を開設した作家は坪内逍遥である,○
1916年に吉野作造が民本主義を説く論文を発表した雑誌は「中央公論」である,○
1924年に発表された金子みすゞの詩『大漁』で大漁だった魚はイワシである,○
『道程』『智恵子抄』で有名な明治生まれの詩人は高村光太郎である,○ (1914,1941)
三面記事という言葉を生んだ明治時代に創刊された新聞は万朝報である,○ (黒岩涙香「万朝報」)
大正時代の詩人・金子みすゞの『博多人形』に登場する昆虫はこおろぎである,○
坪内逍遥が評論『小説神髄』で、小説でまず描くべきだとしたのは人情である,○
徳富蘆花の小説『不如帰』でヒロインの夫・川島武男が出征する戦争は日清戦争である,○ (川島武男と片岡浪子(namiko))
夏目漱石のデビュー作『吾輩は猫である』が連載された雑誌は「ホトトギス」である,○
正岡子規が『歌よみに与ふる書』で高い評価を与えた和歌集は『万葉集』である,○
明治時代に日本の日刊新聞で初めて漫画を掲載したのは時事新報である,○ (福澤諭吉「時事新報」)
明治時代の歌人・石川啄木が務めていた新聞社は朝日新聞社である,○
明治の作家・夏目漱石が務めていた新聞社は朝日新聞である,○
明治の作家・仮名垣魯文の小説『西洋道中膝栗毛』は『東海道中膝栗毛』の主人公の孫の活躍を描いたものである,○ (十返舎一九『東海道中膝栗毛』(1802))(仮名垣魯文『西洋道中膝栗毛』(1870))
--------------------
[明治大正 美術]
明治時代の画家・高橋由一の代表作は『鮭』である,○
--------------------
[明治大正 理系]
1918年、細菌学者の野口英世が黄熱病研究のために派遣された南米の国は?(画像タッチ)→エクアドル
昭和46年、原宿にある地下鉄「明治神宮前駅」の工事では偶然にナウマンゾウの化石が発見されている,○
黄熱病の研究で知られる野口英世の母親の名前はどっち?(画像)→野口シカ
--------------------
[明治大正 その他]
1898年にファショダ事件が起こったアフリカの国はスーダンである,○
1907年のハーグ密使事件でハーグで開催中の万国平和会議に密使を出した国は韓国である,○ (第2回万国平和会議に韓国皇帝の全権委任状をもった密使を派遣,主権の回復を訴えようとした事件)
1912年1月1日に中華民国の初代臨時大統領となった人物は孫文である,○
1915年に中華民国を中華帝国と改め初代皇帝となった人物は袁世凱である,○
1916年1月1日から83日間だけ使用された、中華帝国の建国者・袁世凱が定めた元号は洪憲である,○ (洪憲,こうけん)(×天命)
1921年に史上初の軍縮会議であるワシントン会議の開催を提唱したアメリカの大統領はウォレン・ハーディングである,○ (Warren Harding,29:1921-1923)
--------------------
[まとめ]
1905年に韓国統監府の初代総督に就任した人物は伊藤博文である,○ (韓国統監府(1905-1910):伊藤博文(1),曾禰荒助(2)(そねあらすけ),寺内正毅(3),のみ)(自作問)
1910年に朝鮮総督府の初代総督に就任した人物は寺内正毅である,○ (朝鮮総督府(1910-1945):寺内正毅(1),,阿部信行(9),など)

日本の大手建設会社の1つ、大成建設を創業した実業家は大倉喜八郎である,○ (大倉喜八郎(1873)>長男:大倉喜七郎)
ホテルオークラの設立や大倉山ジャンプ台の建設などで知られる実業家は大倉喜七郎である,○ (ホテルオークラ1958)
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:45:02|
  2. 明治大正検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 グループ分け

問題提供お待ちしています(´・ω・`)
  1. 2014/01/28(火) 22:42:21|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 一問多答

--------------------
次のうち「土佐三伯」と呼ばれた土佐藩の人物を全て選びなさい
○板垣退助、佐々木高行、後藤象二郎、のみ
×福岡孝悌、吉田東洋、谷干城、吉村虎太郎

次のうち幕末に土佐藩で組織された土佐勤王党のメンバーだった人物を全て選びなさい
○武市瑞山、坂本龍馬、中岡慎太郎、(土方久元,那須信吾,吉村虎太郎,などなど)
×真木和泉、清河八郎、後藤象二郎
(幕末における福岡県出身の尊皇攘夷の志士で、1864年に禁門の変を起こすも失敗し、天王山で自害したのは?(スロット)→真木和泉(まきいずみ)(=真木保臣(まきやすおみ)))
(幕末の尊皇攘夷運動の中心人物で浪士組を結成し倒幕をもくろむも近藤勇ら反対派によって新選組が誕生するきっかけとなったのは?(文字パネル)→清河八郎)

次のうち、松下村塾に学び「村塾の三秀」と呼ばれた人物を全て選びなさい
○高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿、のみ
×山県有朋

次のうち幕末に岡田以蔵が暗殺した人物を全て選びなさい(岡田以蔵,土佐藩)
○本間精一郎、井上佐一郎、池内大学(いけうちだいがく)、多田帯刀
×武市瑞山、姉小路公知、吉田東洋

次のうち、1853年にペリーが来航した際に、幕府代表として親書を受け取った人物を全て選びなさい
○戸田氏栄(とだうじよし)、井戸弘道(いどひろみち)、のみ
×勝海舟、阿部正弘(あべまさひろ)、水野忠徳(みずのただのり)

次のうち、1853年に来航した黒船の名前を全て選びなさい
○サスケハナ号、ミシシッピ号、サラトガ号、プリマス号、のみ
×ポウハタン号(1854)、サザンプトン号
(ペリーの乗る旗艦サスケハナ、ミシシッピ、サラトガ、プリマスの4隻であった。
この四隻のうち、サスケハナ、ミシシッピの二隻 は蒸気船で、プリマス、サラトガは帆船であった。四隻ともに黒塗りされた巨船であった。
1854年1月16日ポウハタン号を旗艦として再来航。1854年に来航したのは9隻で、
ポウハタン号、サスケハナ号、ミシシッピ号、(蒸気外輪フリゲート)
サラトガ号、マセドニアン号、ヴァンダリア号、(帆走スループ)
サザンプトン号、レキシントン号、サプライ号、(帆走補給艦))

次のうちペリーの艦隊が日本へ来航する際に立ち寄った島を全て選びなさい
○セントヘレナ島(africa南西)、モーリシャス島(africa南東,Madagascarの東)、セイロン島、シンガポール
×グリーンランド、マダガスカル島、ハワイ島、イスパニョーラ島(西側3分の1をハイチ共和国,東側3分の2をドミニカ共和国)

次のうち、日米和親条約によって開港された港を全て選びなさい(1854)
○下田、箱館、のみ
×兵庫、長崎
次のうち、1858年に結ばれた日米修好通商条約によって開港された港を全て選びなさい(1858)
○新潟、神奈川、兵庫、長崎、のみ
×下田、箱館、根室、下関、鹿児島

次のうち、1860年に遣米使節団として咸臨丸に乗りアメリカに渡った人物を全て選びなさい
○木村芥舟、ジョン万次郎、福沢諭吉、勝海舟、のみ
×大久保利通、ジョセフ彦、坂本龍馬、木戸孝允
(1860年に勝海舟が渡欧した際に咸臨丸の司令官を務めた軍艦奉行「木村芥舟」→木村芥舟(きむらかいしゅう))
(1860年に太平洋横断を果たした咸臨丸が到着した都市は?(四択)→サンフランシスコ)
(幕末にオランダで作られた幕末の船、咸臨丸には大砲も付けられていた,○)

1863年の下関戦争で長州藩と戦った連合国を全て選びなさい
○イギリス、フランス、オランダ、アメリカ、のみ
×ポルトガル、ロシア

次のうち、幕末に起きた会津戦争における戦いを全て選びなさい
○白河口の戦い、二本松の戦い、母成峠の戦い(ぼなりとうげ)、会津城籠城戦
×木古内の戦い(箱館戦争)

次のうち、幕末の函館戦争における宮古湾海戦に参加した旧幕府軍の戦艦を全て選びなさい
○回天丸、蟠竜丸、高雄丸のみ
×翔凰丸(阿波沖海戦)
次の箱館戦争の宮古湾海戦に参加した旧幕府軍の戦艦とその時に艦長を務めた人物の正しい組み合わせを選びなさい
回天丸(かいてんまる) - 甲賀源吾(こうがげんご)
蟠竜丸(ばんりゅうまる) - 松岡磐吉(まつおかばんきち)
高雄丸(たかおまる) - 古川節蔵(ふるかわせつぞう)
(掛川藩出身の幕末の幕臣/下関戦争に朝陽丸艦長で参加/箱館戦争に旧幕府軍として参加/回天丸の艦長として戦死→甲賀源吾(こうがげんご))
(幕末の戊辰戦争での阿波沖海戦で旧幕府軍の攻撃を受け自焼した薩摩藩の運送船は○○丸?(タイピング)→翔凰丸(しょうおうまる)(阿波沖海戦=旧幕府の軍艦開陽丸と鹿児島藩の軍艦春日丸の間で行われた海戦))

次のうち、戊辰戦争において旧幕府軍として函館の五稜郭に立てこもった人物を全て選びなさい
○榎本武揚(総裁)、大鳥圭介(陸軍奉行)、土方歳三
×前原一誠、入江九一、斎藤一
(幕末の長州藩士/奇兵隊の参謀として活躍/松門四天王の一人/禁門の変で戦死→入江九一)
(1876年に前原一誠らが起こした明治政府に対する反乱は萩の乱である,○)

次のうち、1876年に起きた萩の乱に加わった人物を全て選びなさい
○前原一誠、奥平謙輔、小倉信一
×江藤新平(佐賀の乱)、太田黒伴雄(神風連の乱)、加屋霽堅(神風連の乱)、上野堅五(神風連の乱)、宮崎車之助(秋月の乱)、今村百八郎(秋月の乱)

次の江戸時代の藩のうち弘道館という名前の藩校を持ったところを全て選びなさい
○水戸藩、佐賀藩
×会津藩、米沢藩
[佐賀藩、出石藩(兵庫県いずし)、備後福山藩(広島県)、谷田部藩(茨城県やたべ)、茂木藩(栃木県もてぎ)、彦根藩、水戸藩、黒川藩(新潟県)]
代表的な藩校としては、会津藩の日新館、米沢藩の興譲館、水戸藩の弘道館、長州藩の明倫館、中津藩の進脩館(しんしゅうかん)、
佐賀藩の弘道館、熊本藩の藩校時習館、鹿児島藩(薩摩藩)の造士館などが有名である。

次の第一次伊藤内閣の大臣のうち長州藩の出身者を全て選びなさい
○伊藤博文、井上馨、山県有朋、山田顕義、のみ
×榎本武揚(東京都)、松方正義(薩摩藩)、森有礼(薩摩藩)、大山巖(薩摩藩)、西郷従道(薩摩藩)、大隈重信(肥前藩)、谷干城(土佐藩)
第1次伊藤博文内閣の大臣はすべて薩摩藩と長州藩の出身者だった, ×
次の政治家と、第一次伊藤博文内閣で務めた役職の正しい組み合わせを選びなさい
井上馨 - 外務大臣
山県有朋 - 内務大臣
松方正義 - 大蔵大臣
森有礼 - 文部大臣
大山巌 - 陸軍大臣
西郷従道 - 海軍大臣
山田顕義 - 司法大臣
谷干城(たにたてき) - 農商務大臣
榎本武揚 - 逓信大臣(ていしん)

--------------------
[出身]
次の幕末の人物のうち水戸藩出身の人物を全て選びなさい
○会沢正志斎(あいざわせいしさい)、安島帯刀(あじまたてわき)、戸田忠太夫(とだちゅうだゆう)、武田耕雲斎、藤田東湖、藤田小四郎
×有村次左衛門(薩摩藩)、武市瑞山(土佐藩)、三浦休太郎(紀州藩)

次の幕末の人物のうち長州藩出身の人物を全て選びなさい
○高杉晋作、木戸孝允、大村益次郎、吉田松陰、玉木文之進、久坂玄瑞、
村田清風、前原一誠、白石正一郎(しょういちろう)、杉孫七郎(すぎ まごしちろう)、三浦梧楼(ごろう)、
×安島帯刀(水戸藩)、橋本左内(福井藩士)、武市瑞山(土佐藩)、
平野国臣(くにおみ福岡藩)、調所広郷(薩摩藩)、田中新兵衛(薩摩藩)

次の幕末の人物のうち土佐藩出身の人物を全て選びなさい
○岩崎弥太郎、後藤象二郎、板垣退助、吉田東洋、武市瑞山、坂本龍馬、中岡慎太郎、吉村寅太郎(とらたろう)、岡田以蔵
×西郷隆盛(薩摩藩)、吉田松陰(長州藩)、安島帯刀(水戸藩)、橋本左内(福井藩)、横井小楠(熊本藩)、武田耕雲斎(水戸藩)

次の幕末の人物のうち薩摩藩出身の人物を全て選びなさい
○桐野利秋、田中新兵衛、小松帯刀、伊牟田尚平、有村次左衛門(ありむらじざえもん)、調所広郷(ずしょひろさと)、
奈良原喜左衛門(ならはらきざえもん)、益満休之助(ますみつきゅうのすけ)、有馬新七(ありましんしち)、西郷隆盛、大久保利通
×安島帯刀(水戸藩)、吉田東洋(水戸藩)、橋本左内(福井藩士)、三浦休太郎(きゅうたろう紀州藩)、村田清風(長州藩)、平野国臣(福岡藩)

次の幕末の人物のうち熊本藩出身の人物を全て選びなさい
○太田黒伴雄、横井小楠、河上彦斎、宮部鼎蔵
×岡田以蔵(土佐藩)、橋本左内(福井藩)

--------------------
[剣豪]
次のうち、北辰一刀流の使い手だった幕末・明治期の人物を全て選びなさい
○坂本龍馬(北辰一刀流)、山南敬助(北辰一刀流)、清河八郎(北辰一刀流)
×木戸孝允(神道無念流)、武市半平太(鏡心明智流)

次のうち、天然理心流の使い手だった幕末・明治期の人物を全て選びなさい
○近藤勇(天然理心流)、土方歳三(天然理心流)、沖田総司(天然理心流)
×坂本龍馬(北辰一刀流)

次のうち、鏡心明智流の使い手だった幕末・明治期の人物を全て選びなさい
○武市半平太(鏡心明智流)、岡田以蔵(鏡心明智流)、上田馬之助(鏡心明智流)
×河上彦斎(玄斎流)、坂本龍馬(北辰一刀流)

次のうち、神道無念流の使い手だった幕末・明治期の人物を全て選びなさい
○芹沢鴨、木戸孝允、渡邉昇(わたなべのぼる)
×河上彦斎(玄斎流)

次のうち、直心影流の使い手だった幕末・明治期の人物を全て選べ
○勝海舟、島田虎之助、男谷信友(おたにのぶとも)
×沖田総司(天然理心流)、河上彦斎(玄斎流)

坂本龍馬が使った剣の流派は北辰一刀流である,◯
坂本龍馬の剣の流派は北辰一刀流ですが新選組局長・近藤勇の剣の流派は○○○○流?(文字パネル)→天然理心流
次の幕末の人物と剣の流派の正しい組み合わせを選びなさい
坂本龍馬 - 北辰一刀流
近藤勇 - 天然理心流
木戸孝允 - 神道無念流
高杉晋作 - 柳生新陰流
次の幕末の人物と剣の流派の正しい組み合わせを選びなさい
山南敬助 - 北辰一刀流
沖田総司 - 天然理心流
芹沢鴨 - 神道無念流
次の幕末の人物と剣の流派の正しい組み合わせを選びなさい
土方歳三 - 天然理心流
永倉新八 - 神道無念流
岡田以蔵 - 鏡心明智流
清河八郎 - 北辰一刀流

--------------------
[お雇い外国人]
明治初期に来日した次の外国人のうちアメリカ人を全て選びなさい
○ヘボン(米)、アーネスト・フェノロサ(米)、ウィリアム・スミス・クラーク(米)
×ジョサイア・コンドル(英)、ギュスターヴ・ボアソナード(仏)、ヘルマン・ロエスエル(独)、エドムント・ナウマン(独)

明治初期に来日した「お雇い外国人」といわれた次の人物のうちドイツ人を全て選びなさい
○ヘルマン・ロエスエル(独)、エドムント・ナウマン(独)、エルヴィン・フォン・ベルツ(独)
×アーネスト・フェノロサ(米)

次の幕末・明治初期に日本を訪れた外国人のうち日本で亡くなった人物を全て選びなさい
○ラフカディオ・ハーン、エドウィン・ダン(米)、ジョサイア・コンドル(英)
×アーネスト・フェノロサ(米)、ヘルマン・ロエスレル(独)、ファン・ドールン(蘭)
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:41:58|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 順番当て

--------------------
次の明治維新に関係する絵を開始されたのが早い順に選びなさい(画像)
郵便(1871)(前島密)→鉄道(1872)→馬車鉄道(1882)→電話(1890)
(新橋-横浜間開業(新橋-品川駅-川崎駅-鶴見駅-神奈川駅-横浜))

次の幕末の事件を起こった順に選びなさい
桜田門外の変(1860)→坂下門外の変(1862)→朔平門外の変(1863)(さくべいもんがいのへん)
(1863年に尊皇攘夷を唱える姉小路公知が暗殺された事件を「○○門外の変」という?(タイピング)→朔平門外の変(さくべい)(姉小路公知,あねがこうじきんとも))

次の戊辰戦争での戦いを起こったのが早い順に選びなさい
鳥羽・伏見の戦い→甲州勝沼の戦い→上野戦争→北越長岡戦争→会津戦争→東北戦争→函館戦争

次の井伊直弼に関する出来事を早く起こった順に選びなさい
彦根藩主に就任(1850)→幕府の大老に就任(1858/4/23)→日米修好通商条約に調印(1858/6/19)→安政の大獄(1858-1859)→桜田門外の変(1860)

次の高杉晋作に関する出来事を早く起こった順に選びなさい
松下村塾に入塾(1857)→奇兵隊を結成(1863)→四ヶ国国連合艦隊が下関を砲撃(1864/7)→第一次長州征討(1864/7~12)

次の名前を「維新の三傑」の1人である長州藩出身の人物が名乗った順に選びなさい
和田小五郎(わだこごろう)→桂小五郎(かつらこごろう)→木戸準一郎(きどじゅんいちろう)→木戸孝允(きどたかよし)

次の新選組の隊員を亡くなったのが早い順に選びなさい
武田観柳斎(1864)→山南敬助(1865)→伊東甲子太郎(1867)→沖田総司(1868)→土方歳三(1869)

次の幕末・明治期の人物を暗殺されたのが早い順に選びなさい
島田左近(1862)→姉小路公知(1863)→佐久間象山(1864)→坂本龍馬(1867)→大村益次郎(1869)

次の都市を1871年に横浜を出発した岩倉使節団が訪れた順に選びなさい
サンフランシスコ→シカゴ→ワシントン→ロンドン(英)→ベルリン(独)

次の文字列を順に選んで幕末の思想家・吉田松陰の辞世の句にしなさい
吉田松陰「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」

次の文字列を順に選んで幕末に活躍した福岡藩士・平野国臣の和歌にしなさい
平野国臣「我が胸の 燃ゆる思ひに くらぶれば 煙はうすし 桜島山」(ひらのくにおみ)
(江戸後期の1863年に但馬国で平野国臣らの尊王攘夷派が挙兵した事件は「○○の変」?(タイピング)→生野の変(兵庫県生野町,いくのちょう))
(1863年に起きた事件/尊皇攘夷派が挙兵/八月十八日の政変/首謀者は平野国臣→生野の変)

次の幕末・明治の出来事を早く起きた順に選びなさい
廃藩置県(1871)→西南戦争(1877)→内閣制度発足(1885)

明治初期に九州で起こった次の「士族の反乱」を早く起こった順に選びなさい
佐賀の乱 (1874/2/1)(佐賀県)(江藤新平)
神風連の乱 (1876/10/24)(熊本県)(太田黒伴雄)
秋月の乱 (1876/10/27)(福岡県)(宮崎車之助)
萩の乱 (1876/10/28)(山口県)(前原一誠)
西南戦争 (1877/2/15)(西郷隆盛)
(1876年に萩の乱に影響を受けた旧会津藩士の永岡久茂らが千葉県庁を襲撃しようとした士族反乱未遂事件は○○○事件?→思案橋(しあんばしじけん)(1876/10/28後))

--------------------

鎖国下の日本を訪れた次の列強を、やってきたのが早い順に選びなさい
ロシアのラクスマン (1792)(アダム・ラクスマン露(根室)(ロシアの来日大使/大黒屋光太夫らと同行/エカテリーナ2世の親書を携える/根室に来航→アダム・ラクスマン)
ロシアのレザノフ (1804)(ニコライ・レザノフ露(長崎))
イギリスのフェートン号 (1808)(1808年の事件/ナポレオン戦争の影響/イギリスの軍艦が長崎に侵入/オランダ商館員が拿捕(だほ)された→フェートン号事件)
アメリカのモリソン号 (1837)(1837年の事件/アメリカ・オリファント社の商船/漂流民・音吉らが乗船/「蛮社の獄」をもたらす→モリソン号事件)
イギリスのサマラン号 (1845)
イギリスのマリナー号 (1849)
ロシアのプチャーチン (1853)(エフィム・プチャーチン露(1853))(マシュー・ペリー(1853))
アメリカのハリス (1856)(安政3年、下田に来日/米初代駐日総領事/恋人お吉との恋物語/日米修好通商条約締結→タウンゼント・ハリス英)
(プチャーチン初来航時の軍艦/遣唐使の通常の編成/ミッドウェー海戦で失った空母/ペリー初来航時の黒船→4隻)

次の江戸時代末期に日本を訪れたロシア人とその最初の来航地の正しい組み合わせを選びなさい
アダム・ラクスマン - 根室
ニコライ・レザノフ - 長崎
ヴァシリー・ゴローニン - 千島列島 - (ヴァシリー・ゴローニン露1811)
(ロシアの軍人ゴローニンが1811年に千島列島を調査したときに乗っていた軍艦の名前は○○○○号?(タイピング)→ディアナ号)

次の外国人を日本に早く来航した順に選びなさい
アダム・ラクスマン (1792)
ニコライ・レザノフ (1804)
マシュー・ペリー (1853)
(幕末の1853年にアメリカのペリー提督が初来日した時に搭乗していた軍艦の名前は○○○○○号?→サスケハナ号)
(幕末の1958年に日米修好通商条約をその船上で結んだペリーが再来日した時の船名は○○○○○号?→ポウハタン号)

--------------------
[新選組]
次の新選組に関する幕末・明治期の出来事を早く起きた順に選びなさい
池田屋事件(1864)(新撰組が長州藩の尊皇攘夷過激派を襲撃した事件)
油小路事件(1867)(新選組参謀・伊東甲子太郎らが暗殺された事件。新選組最後の内部抗争)(あぶらのこうじじけん)
鳥羽・伏見の戦い(1868/1/27)
宇都宮城の戦い(1868/4/19)
第一次二股口の戦い(1869/4/13)(箱館戦争における戦闘のひとつである。北海道)


[会津藩]
次の幕末に起きた会津藩に関する出来事を早く起こった順に選びなさい
松平容保が京都守護職に(1862)
八月十八日の政変(1863/9/30)
池田屋事件(1864/7/8)(新撰組が長州藩の尊皇攘夷過激派を襲撃した事件)
禁門の変(1864/8/20)
戊辰戦争(1868-1869)


[水戸藩]
次の幕末に起きた水戸藩に関する出来事を早く起こった順に選びなさい
安政の大地震(1855)
家定の将軍継嗣問題で敗北(1858)(継嗣(けいし)=相続人,後継ぎ)
戊午の密勅(1858/9/14)(孝明天皇が水戸藩に対して正式な手続きを踏まない勅書(密勅)を下賜(かし)した。)
安政の大獄(1858-1859)(大老の井伊直弼が将軍継嗣問題の反対派と幕政批判志士に加えた弾圧)
桜田門外の変 (1860)(大老 井伊直弼を暗殺した事件)
坂下門外の変 (1862)(老中 安藤信正を襲撃し負傷させた事件)
天狗党の乱 (1864)(筑波山で挙兵した水戸藩内外の尊皇攘夷派(天狗党)によって起こされた一連の争乱)
弘道館戦争 (1868)(水戸城三の丸内にあった水戸藩藩校・弘道館において行われた、水戸藩内の保守派(諸生党)と改革派(天狗党)の戦い)
(戊午の密勅)
勅許なく日米修好通商条約(安政五カ国条約)に調印したことへの呵責と、詳細な説明の要求。
(安政の大獄)
御三家および諸藩は幕府に協力して公武合体の実を成し、幕府は攘夷推進の幕政改革を遂行せよとの命令。上記2つの内容を諸藩に廻達せよという副書。
江戸幕府の大老井伊直弼や老中間部詮勝らは、勅許を得ないまま日米修好通商条約に調印し、また将軍継嗣を徳川家茂に決定した。
安政の大獄とは、これらの諸策に反対する者たちを弾圧した事件である。弾圧されたのは尊皇攘夷や一橋派の大名・公卿・志士(活動家)らで、連座した者は100人以上にのぼった。


[長州藩]
次の幕末に起きた長州藩に関する出来事を早く起こった順に選びなさい
八月十八日の政変 (1863)
池田屋事件 (1864/7/8) - 新撰組が長州藩の尊皇攘夷過激派を襲撃した事件
禁門の変 (1864/8/20) - 蛤御門の変。1863年の「8月18日の政変」により京都を追放されていた長州藩勢力が、会津藩主・京都守護職松平容保らの排除を目指して挙兵し、京都市中において市街戦を繰り広げた事件である。
第一次長州征討 (1864/12/6)
高杉晋作が功山寺で挙兵 (1865/1/12) - 1865年に高杉晋作が長州藩俗論派打倒のために功山寺(下関市長府)で起こしたクーデター。
第二次長州征討 (1865-1866)
薩長同盟を締結 (1866)
(長州征伐は、1860年代に、江戸幕府と毛利氏長州藩の間で2次にわたって行われた戦いである。
第二次の長州征討は第二次幕長戦争とも、また幕府軍が小倉口、石州口、芸州口、大島口の4方から攻めたため、長州側では四境戦争と呼ばれる。
第二次征伐の失敗によって、幕府の武力が張子の虎であることが知れわたると同時に、長州藩と薩摩藩への干渉能力がほぼ無くなる結果を招いた。
そのため、この敗戦が徳川幕府滅亡をほぼ決定付けたとする資料も見られる)


[土佐藩]
次の幕末に起きた土佐藩に関する出来事を早く起こった順に選びなさい
土佐勤王党結成(1861)
吉田東洋暗殺(1862)
天誅組の変(1863)
明保野亭事件(1864)
寺田屋事件(1866)
薩土盟約(1867)
近江屋事件(1867/12/10)
(1864年に会津藩士・柴司が長州藩浪士と誤って土佐藩士を斬りつけ、切腹する結果となった事件は「○○○亭事件」?(スロット)→明保野亭事件(あけぼのてい)(柴司,しばつかさ))


[薩摩藩]
次の幕末に起きた薩摩藩に関する出来事を早く起こった順に選びなさい
寺田屋事件 (1862/1/23)(坂本龍馬襲撃事件)
生麦事件 (1862/8/21)
薩英戦争 (1863/8/15-8/17)
八月十八日の政変 (1863/9/30)
薩長同盟締結 (1866/3/7)
(生麦事件)
1862年8月、生麦村で島津久光の行列を乱したイギリス人を薩摩藩士が殺傷した事件。
イギリスは幕府・薩摩藩に犯人引き渡しと賠償金を要求し、幕府は償金を支払ったが薩摩藩は拒否し、薩英戦争の原因となった。
(薩英戦争)
生麦事件の解決を迫るイギリスと薩摩藩の間で戦われた鹿児島湾における戦闘である。
薩英戦争後の交渉が、英国が薩摩藩に接近する契機となった。勝敗については諸説あり。
(八月十八日の政変)
会津藩・薩摩藩を中心とした公武合体派が、長州藩を主とする尊皇攘夷派を京都から追放したクーデター事件である。文久の政変。
(禁門の変,蛤御門の変)(1864年8月20日)
前年の八月十八日の政変により京都を追放されていた長州藩勢力が、会津藩主・京都守護職松平容保らの排除を目指して挙兵し、
京都市中において市街戦を繰り広げた事件である。
畿内における大名勢力同士の交戦は大坂夏の陣(1615年)以来であり、京都市中も戦火により約3万戸が焼失するなど、大平の世を揺るがす大事件であった。


[幕末]
次の幕末の出来事を早く起こった順に選びなさい
廷臣八十八卿列参事件 (1858/4/25)(1858年に日米修好通商条約締結の勅許打診を巡って発生した公家による抗議行動事件である)(ていしん88きょうれっさんじけん)
日米通商修好条約を締結 (1858/7/29)
安政の大獄 (1858-1859)
桜田門外の変 (1860)
生麦事件 (1862)
天狗党の乱 (1864)(1864年に筑波山で挙兵した水戸藩内外の尊皇攘夷派(天狗党)によって起こされた一連の争乱)
次の幕末の出来事を起きたのが早い順に選びなさい
日米和親条約締結 (1854)
坂下門外の変 (1862)
戊辰戦争 (1858-1859)

--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:41:31|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 線結び

--------------------
次の幕末に組織された部隊とその創設者の正しい組み合わせを選びなさい
彰義隊 - 渋沢成一郎
忠憤隊 - 大楽源太郎
遊撃隊 - 来島又兵衛
衝鋒隊 - 古屋佐久左衛門

次の文字列を組み合わせて幕末に組織された彰義隊の隊員の名前にしなさい
渋沢成一郎
天野八郎
小田井蔵太
本多敏三郎
菅沼三五郎(すがぬまさんごろう)
須永於菟之輔(すながおとのすけ)

次の文字列を組み合わせて幕末の「八月十八日の政変」で京都を追放された公卿の名前にしなさい
澤宣嘉(さわのぶよし)
壬生基修(みぶもとおさ)
四条隆謌(しじょうたかうた)
三条西季知(さんじょうにしすえとも)
錦小路頼徳(にしきのこうじよりのり)
東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)

次の箱館戦争の宮古湾海戦に参加した旧幕府軍の戦艦とその時に艦長を務めた人物の正しい組み合わせを選びなさい
回天丸(かいてんまる) - 甲賀源吾(こうがげんご)
蟠竜丸(ばんりゅうまる) - 松岡磐吉(まつおかばんきち)
高雄丸(たかおまる) - 古川節蔵(ふるかわせつぞう)
(掛川藩出身の幕末の幕臣/下関戦争に朝陽丸艦長で参加/箱館戦争に旧幕府軍として参加/回天丸の艦長として戦死→甲賀源吾(こうがげんご))

次の幕末の人物とその人物が戊辰戦争で函館に築かれた蝦夷共和国で就いた役職の正しい組み合わせを選びなさい
榎本武揚 - 総裁
松平太郎 - 副総裁
荒井郁之助 - 海軍奉行
大鳥圭介 - 陸軍奉行
永井尚志 - 箱館奉行

次の「幕末の四賢侯」とその人物が藩主だった藩の正しい組み合わせを選びなさい
松平春嶽 - 福井藩
伊達宗城 - 宇和島藩
山内容堂 - 土佐藩
島津斉彬 - 薩摩藩

次の文字列を組み合わせて幕末に設けられた江戸幕府の役職「三役」の名前にしなさい
将軍 - 後見職
政事 - 総裁職
京都 - 守護職

次の私塾とそこで教えた人物の正しい組み合わせを選びなさい 
心学講舎 - 石田梅岩
春林軒塾 - 華岡青洲
天真楼 - 杉田玄白
芝蘭堂 - 大槻玄沢
洗心洞 - 大塩平八郎
適塾 - 緒方洪庵
古義堂 - 伊藤仁斎
松下村塾 - 吉田松陰
咸宜園 - 広瀬淡窓
鳴滝塾 - シーボルト

次の歴史上の人物と、その幼名の正しい組み合わせを選びなさい
岩倉具視 - 周丸 (岩倉周丸かねまる)
吉田松陰 - 大次郎 (吉田大次郎だいじろう)
勝海舟 - 麟太郎 (勝麟太郎)
板垣退助 - 猪之助 (板垣猪之助いのすけ)
新島襄 - 七五三太 (新島七五三太しめた)

--------------------
[出身]
次の幕末の人物と出身である藩の正しい組み合わせを選びなさい
吉田稔麿 - 長州藩
小松帯刀 - 薩摩藩
藤田東湖 - 水戸藩
宮部鼎蔵 - 熊本藩
由利公正 - 越前藩
吉村虎太郎 - 土佐藩
陸奥宗光 - 紀州藩
次の幕末の人物と所属していた藩の正しい組み合わせを選びなさい
河上彦斎 - 熊本藩
久坂玄瑞 - 長州藩
桐野利秋 - 薩摩藩
会沢正志斎 - 水戸藩
次の幕末の人物と所属していた藩の正しい組み合わせを選びなさい
前原一誠 - 長州藩
藤田東湖 - 水戸藩
平野国臣 - 福岡藩
西郷従道 - 薩摩藩
次の幕末の人物と所属していた藩の正しい組み合わせを選びなさい
武田耕雲斎 - 水戸藩
河井継之助 - 長岡藩
大村益次郎 - 長州藩
有村次左衛門 - 薩摩藩
次の幕末の人物と所属していた藩の正しい組み合わせを選びなさい
横井小楠 - 熊本藩
戸田忠太夫 - 水戸藩
白石正一郎 - 長州藩
益満休之助 - 薩摩藩
次の幕末の人物と所属していた藩の正しい組み合わせを選びなさい
橋本左内 - 越前藩
調所広郷 - 薩摩藩
村田清風 - 長州藩
西郷頼母 - 会津藩
次の幕末の志士と出身の藩の正しい組み合わせを選びなさい
坂本龍馬 - 土佐藩
西郷隆盛 - 薩摩藩
高杉晋作 - 長州藩

--------------------
[新撰組]
次の新選組の隊員と愛用していた太刀の正しい組み合わせを選びなさい
近藤勇 - 長曽祢虎徹 (ながそねこてつ)
土方歳三 - 和泉守兼定 (いずみのかみかねさだ)
沖田総司 - 大和守安定 (やまとのかみやすさだ)
(大 和 長 やまとなが)

次の文字列を組み合わせて新撰組の隊長の名前にしなさい(1~10)
沖田総司
永倉新八
斎藤一
松原忠司(まつばらちゅうじ)
武田観柳斎
井上源三郎
谷三十郎
藤堂平助
鈴木三樹三郎
原田左之助

次の新選組にあった隊と結成当時にその組長を務めた人物の正しい組み合わせを選びなさい
一番隊 - 沖田総司
二番隊 - 永倉新八
三番組 - 斎藤一
四番組 - 松原忠司(まつばらちゅうじ)
五番隊 - 武田観柳斎
六番隊 - 井上源三郎
七番隊 - 谷三十郎
八番隊 - 藤堂平助
九番組 - 鈴木三樹三郎
十番組 - 原田左之助

--------------------
[剣豪]
次の江戸時代の剣豪とその門下生の正しい組み合わせを選びなさい
斎藤弥九郎 - 桂小五郎(神道無念流) - (斎藤弥九郎 練兵館 神道無念流)
千葉周作 - 清河八郎(北辰一刀流) - (千葉周作 玄武館 北辰一刀流)
桃井春蔵 - 武市半平太(鏡心明智流) - (桃井春蔵 士学館 鏡新明智流)

次の文字列を組み合わせて幕末に「桃井門下の四天王」と呼ばれた鏡新明智流の剣豪の名前にしなさい
久保田晋蔵(くぼたしんぞう)
兼松直廉(かねまつなおかど)
坂部大作(さかべだいさく)
上田馬之助(うえだうまのすけ)

次の幕末の人物と剣の流派の正しい組み合わせを選びなさい
近藤勇 - 天然理心流
高杉晋作 - 柳生新陰流
木戸孝允 - 神道無念流
坂本龍馬 - 北辰一刀流
勝海舟 - 直心影流
次の幕末の人物と剣の流派の正しい組み合わせを選びなさい
山南敬助 - 北辰一刀流
沖田総司 - 天然理心流
芹沢鴨 - 神道無念流
武市半平太 - 鏡心明智流
次の幕末の人物と剣の流派の正しい組み合わせを選びなさい
土方歳三 - 天然理心流
永倉新八 - 神道無念流
岡田以蔵 - 鏡心明智流
清河八郎 - 北辰一刀流

--------------------
[明治]
次の文字列を組み合わせて1868年に明治新政府が出した五箇条の御誓文になるようにしなさい
「広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ」(広く会議を興し、万機公論に決すべし。)
「上下心ヲ一ニシテ盛ニ経綸ヲ行フヘシ」(上下心を一にして、さかんに経綸を行うべし。)
「官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ケ人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス」(官武一途庶民にいたるまで、おのおのその志を遂げ、人心をして倦まざらしめんことを要す。)(倦む,あぐむ)
「旧来ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クヘシ」(旧来の陋習を破り、天地の公道に基づくべし。)
「智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スヘシ」(智識を世界に求め、大いに皇基を振起すべし。)

明治時代、日本文化に関して調査・研究を行った次のイギリス人とその著作物の正しい組み合わせを選びなさい
アーネスト・サトウ:『一外交官の見た明治維新』(Ernest Satow)
B・H・チェンバレン:『英訳古事記』(Basil Hall Chamberlain,英,古事記712)
ウィリアム・G・アストン:『英訳日本書紀』(William George Aston,英,日本書紀720)

次の明治初期に起こった「士族の反乱」とその中心人物の正しい組み合わせを選びなさい
佐賀の乱 - 江藤新平
神風連の乱 - 太田黒伴雄
秋月の乱 - 宮崎車之助
萩の乱 - 前原一誠
西南戦争 - 西郷隆盛
明治初期に九州で起こった次の「士族の反乱」を早く起こった順に選びなさい
佐賀の乱 (1874/2/1)(佐賀県)(江藤新平)
神風連の乱 (1876/10/24)(熊本県)(太田黒伴雄)
秋月の乱 (1876/10/27)(福岡県)(宮崎車之助)
萩の乱 (1876/10/28)(山口県)(前原一誠)
西南戦争 (1877/2/15)(西郷隆盛)
(1876年に萩の乱に影響を受けた旧会津藩士の永岡久茂らが千葉県庁を襲撃しようとした士族反乱未遂事件は○○○事件?→思案橋(しあんばしじけん)(1876/10/28後))

次の明治政府における太政官制と役職を担った人物の正しい組み合わせを選びなさい
右大臣 - 岩倉具視
左大臣 - 島津久光
太政大臣 - 三条実美

次の政治家と、第一次伊藤博文内閣で務めた役職の正しい組み合わせを選びなさい(第一次伊藤内閣1885-1888)
井上馨 - 外務大臣
山県有朋 - 内務大臣
松方正義 - 大蔵大臣
森有礼 - 文部大臣
大山巌 - 陸軍大臣
西郷従道 - 海軍大臣
山田顕義 - 司法大臣
谷干城(たにたてき) - 農商務大臣
榎本武揚 - 逓信大臣(ていしん)

次の幕末・明治期に日本を訪れた外国人とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
エドウィン・ダン - アメリカ - (開拓使に雇用され北海道における畜産業の発展に大きく貢献)
ジョサイア・コンドル - イギリス - (建築家)
ヘンリー・パーマー - イギリス - (横浜水道)
アルバート・モッセ - ドイツ - (法律家)
アントニオ・フォンタネージ - イタリア - (画家)
ヨハニス・デ・レーケ - オランダ - (土木事業 砂防の父)
ヘンリー・デニソン - アメリカ - (外交官)
エドアルド・キヨッソーネ - イタリア - (版画家・画家)
次の幕末・明治期に日本を訪れた外国人とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
アーネスト・フェノロサ - アメリカ
エドワード・モース - アメリカ
エドモンド・モレル - イギリス
G・ボアソナード - フランス
ヘルマン・ロエスエル - ドイツ - (法学者)
エルウィン・ベルツ - ドイツ - (医学)
ラフカディオ・ハーン - ギリシャ
ファン・ドールン - オランダ - (土木技術者)
グイド・フルベッキ - オランダ - (法学者 神学者 宣教師)

--------------------
[その他]
次の司馬遼太郎の小説と主人公となっている人物の正しい組み合わせを選びなさい
『歳月』 - 江藤新平
『坂の上の雲』 - 秋山好古
『燃えよ剣』 - 土方歳三
『翔ぶが如く』 - 西郷隆盛

次の新選組を描いた歴史小説とその作者の正しい組み合わせを選びなさい
『黒龍の柩』(ひつぎ) - 北方謙三
『新選組血風録』 - 司馬遼太郎
『新選組始末記』 - 子母沢寛
『壬生義士伝』 - 浅田次郎
『幕末新撰組』 - 池波正太郎
幕末における新選組を描いた司馬遼太郎の連作短編集は『新選組○○○』?(タイピング)
→新選組血風録(けっぷうろく)

--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:40:51|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 キューブ

--------------------
幕末にフランス軍事顧問団の一員として来日した士官です
→アンドレ・カズヌーヴ(Andre Cazeneuve,仏)
幕末に初代駐日フランス公使を務めた外交官です
→ギュスターヴ・ベルクール(Gustave Bellecourt,仏)
幕末に来日し、紀州藩で革靴製造を指導した人物
→ゲオルグ・ハイトケンペル(Georg Heidkaemper,独)
明治初期に日本陸軍が主力装備としていたのは○○○○○銃?
→スナイドル銃
明治初期に来日し、政府の法律顧問となったオランダ人
→グイド・フルベッキ(Guido Verbeck,蘭)
明治初期に来日し、東京帝国大学で物理教師を務めたアメリカ人
→トマス・メンデンホール(Thomas Mendenhall,米)
ペリーが2度目の来日のときに乗ってきた戦艦は「?号」
→ポウハタン号
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:40:14|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 エフェクト

--------------------
1853年にペリーが来航した時に浦賀奉行を務めていた人物「戸田氏栄」
→戸田氏栄(とだうじよし)
1860年に勝海舟が渡米した際に咸臨丸の司令官を務めた軍艦奉行「木村芥舟」
→木村芥舟(きむらかいしゅう)
1860年に咸臨丸が渡米した時に蒸気方見習として乗船しました「岡田井蔵」
→岡田井蔵(おかだせいぞう)
1861年に武市半平太によって結成された政治組織です「土佐勤王党」
→土佐勤王党(とさきんのうとう)
1863年の八月十八日の政変で京都より追放された公卿です「四条隆謌」
→四条隆謌(しじょうたかうた)
1863年の八月十八日の政変で京都より追放された公卿です「壬生基修」
→壬生基修(みぶもとおさ)
1866年に高杉晋作が購入し第二次長州征伐で率いた軍艦「丙辰丸」
→丙辰丸(へいしんまる)
1866年に高杉晋作が購入し第二次長州征伐で率いた軍艦「丙寅丸」
→丙寅丸(へいいんまる)
1869年に大村益次郎を暗殺した長州藩士です「神代直人」
→神代直人(こうじろなおと)
「博覧会」という訳語を考案したとされる幕末・明治期の人物です「栗本鋤雲」
→栗本鋤雲(くりもとじょうん)
『皇典翼』や『神典翼』を著した幕末・明治期の国学者「矢野玄道」
→矢野玄道(やのはるみち)
『大日本史』の編纂に尽力した江戸時代後期の水戸藩士です「立原翠軒」
→立原翠軒(たちはらすいけん)
ペリー率いる軍艦が来航したときの元号「嘉永」
→嘉永(かえい)
麻布中学校の設立者でもある戊辰戦争で活躍した人物「江原素六」
→江原素六(えばらそろく)
市河米庵、貫名菘翁と共に「幕末の三筆」と呼ばれました「巻菱湖」
→巻菱湖(まきりょうこ)
市河米庵、巻菱湖と共に「幕末の三筆」と呼ばれました「貫名菘翁」
→貫名菘翁(ぬきなすうおう)
岩倉具視の幼名です「周丸」
→周丸(かねまる)
江戸幕府第13代将軍 徳川家定の正室です「篤姫」
→篤姫(あつひめ)
江戸幕府の初代外国奉行に就任した人物のひとりです「岩瀬忠震」
→岩瀬忠震(いわせただなり)
歌集『独楽吟』で知られる幕末の歌人です「橘曙覧」
→橘曙覧(たちばなのあけみ)
甲子殉難十一烈士の一人である幕末の長州藩士です「渡辺内蔵太」
→渡辺内蔵太(わたなべくらた)
勝海舟が艦長を務めました「咸臨丸」
→咸臨丸(かんりんまる)
禁門の変で戦死した幕末の長州藩士です「入江九一」
→入江九一(いりえくいち)
久坂玄瑞、高杉晋作と並び賞された長州藩士「吉田稔麿」
→吉田稔麿(よしだとしまろ)
公武合体のため和宮と結婚した江戸幕府の将軍「徳川家茂」
→徳川家茂(とくがわいえもち)
西郷隆盛と大久保利通を主人公としたNHK大河ドラマです「翔ぶが如く」
→翔ぶが如く(とぶがごとく)
坂本龍馬が最期を遂げた京都の醤油屋「近江屋」
→近江屋(おうみや)
佐久間象山を暗殺したことで有名な幕末の武士です「河上彦斎」
→河上彦斎(かわかみげんさい)
薩英戦争や戊辰戦争で活躍した幕末の薩摩藩士「伊地知正治」
→伊地知正治(いぢちまさはる)
私塾「日新塾」で藤田小四郎らを指導した水戸藩の教育者「加倉井砂山」
→加倉井砂山(かくらいさざん)
新選組局長・芹沢鴨が酔って大暴れしたことで有名な揚屋「角屋」
→角屋(すみや)
新選組による池田屋事件で亡くなった熊本藩士です「宮部鼎蔵」
→宮部鼎蔵(みやべていぞう)
新選組による池田屋事件で亡くなった土佐出身の人物「望月亀弥太」
→望月亀弥太(もちづきかめやた)
新選組による池田屋事件で亡くなった土佐出身の人物「北添佶摩」
→北添佶摩(きたぞえきちま)
尊皇攘夷派と対立した幕末の長州藩直目付「長井雅楽」
→長井雅楽(ながいうた)
大河ドラマ『新選組!』で堺雅人が演じました「山南敬助」
→山南敬助(やまなみけいすけ/さんなんけいすけ)
大河ドラマ『龍馬伝』の題字を手がけた女流書道家です「紫舟」
→紫舟(ししゅう)
第一次伊藤博文内閣で初代文部大臣になりました「森有礼」
→森有礼(もりありのり)
第一次長州征伐後、責任を取って切腹した長州藩家老「益田親施」
→益田親施(ますだちかのぶ)
第一次長州征伐後、責任を取って切腹した長州藩家老「国司信濃」
→国司信濃(くにししなの)
第一次長州征伐で幕府軍の総督を務めた紀州藩主「徳川茂承」
→徳川茂承(とくがわもちつぐ)
鳥羽・伏見の戦いの口火を切った戦いで敗走した幕府軍の指揮官「滝川具挙」
→滝川具挙(たきがわともあき)
鳥羽伏見の戦いで受けた傷が元で亡くなった新選組の隊員「山崎蒸」
→山崎蒸(やまざきすすむ)
日露戦争で威力を発揮した下瀬火薬を生んだ海軍技師「下瀬雅允」
→下瀬雅允(しもせまさちか)
日本で初めて国葬となった明治初期の右大臣です「岩倉具視」
→岩倉具視(いわむらともみ)
日本テレビ年末時代劇のタイトルにもなった西南戦争の激戦地「田原坂」
→田原坂(たばるざか)
幕末に「王政復古の大号令」実現に尽力した公家です「中山忠能」
→中山忠能(なかやまただやす)
幕末に江戸幕府最後の海軍総裁を務めた人物です「矢田堀鴻」
→矢田堀鴻(やたぼりこう)
幕末に起きた会津戦争の戦いの一つは○○○戦争?「野辺地」
→野辺地戦争(のへじ)
幕末に革新派の志士を支援した長州藩の家老「浦靭負」
→浦靭負(うらゆきえ)
幕末に活躍した熊本藩士 横井小楠の著書です「国是三論」
→国是三論(こくぜさんろん)
幕末に京都で岡田以蔵に殺害された岡っ引です「猿の文吉」
→猿の文吉(ましらのぶんきち)
幕末に桑名藩第四代藩主を務めたのは松平○○?「定敬」
→松平定敬(さだあき)
幕末に自害して果てた土佐新田藩の第5代藩主「山内豊福」
→山内豊福(やまうちとよよし)
幕末に攘夷派の急先鋒として活躍した公家は姉小路○○?「公知」
→姉小路公知(きんとも)
幕末に新選組の参謀を務めた人物は伊東○○○○?「甲子太郎」
→伊東甲子太郎(かしたろう)
幕末に長州藩の大楽源太郎らによって殺害された画家「冷泉為恭」
→冷泉為恭(れいぜいためちか)
幕末に富国強兵策を推進した名君と謳われた肥前佐賀藩主「鍋島閑叟」
→鍋島閑叟(なべしまかんそう)
幕末に北海道で起きた箱館戦争の別名です「己巳の役」
→己巳の役(きしのえき)
幕末に土佐藩士の中岡慎太郎が結成した軍隊「陸援隊」
→陸援隊(りくえんたい)
幕末に大和国で挙兵した天誅組の総裁を務めた人物「松本奎堂」
→松本奎堂(まつもとけいどう)
幕末の禁門の変で戦死した長州藩の尊皇攘夷派志士「来島又兵衛」
→来島又兵衛(きじままたべえ)
幕末の志士に影響を与えた著書『靖献遺言』で有名な儒学者「浅見絅斎」
→浅見絅斎(あさみけいさい)
幕末の戊辰戦争で活躍した初代鳥取県権令です「河田景与」
→河田景与(かわたかげとも)
函館戦争で戦死した新選組の副長です「土方歳三」
→土方歳三(ひじかたとしぞう)
箱館戦争では蝦夷共和国の海陸裁判所頭取に就任しました「竹中重固」
→竹中重固(たけなかしげかた)
箱館戦争では蝦夷共和国の箱館奉行に就任しました「永井尚志」
→永井尚志(ながいなおゆき)
土方歳三の死後、新選組の最後の隊長を務めました「相馬主計」
→相馬主計(そうまかずえ)
福岡県筑後市にある、幕末に真木和泉が謹慎させられた家「山梔窩」
→山梔窩(さんしか)
戊辰戦争で新政府軍に寝返った陸奥三春藩最後の藩主「秋田映季」
→秋田映季(あきたあきすえ)
戊辰戦争で函館まで戦い抜いた江戸幕府の老中は小笠原○○?「長行」
→小笠原長行(ながみち)
戊辰戦争の際の会津藩の家老「西郷頼母」
→西郷頼母(さいごうたのも)
吉田松陰の間部詮勝襲撃計画に荷担して捕らえられた長州藩士「生田良佐」
→生田良佐(いくたりょうすけ)
浪士組の取締役を務めた幕末期の幕臣です「鵜殿鳩翁」
→鵜殿鳩翁(うどのきゅうおう)

--------------------
[明治時代]
1871年にクーデター未遂事件 二卿事件を起こした公卿「愛宕通旭」
→愛宕通旭(おたぎみちてる)
1871年にクーデター未遂事件 二卿事件を起こした公卿「外山光輔」
→外山光輔(とやまみつすけ)
1874年に江藤新平と共に佐賀の乱を起こした人物「島義勇」
→島義勇(しまよしたけ)
1876年に神風連の乱を起こした中心人物です「太田黒伴雄」
→太田黒伴雄(おおたぐろともお)
1876年に神風連の乱を起こした中心人物です「加屋霽堅」
→加屋霽堅(かやはるかた)
「フィロソフィー」という英語を「哲学」と訳した日本の哲学者「西周」
→西周(にしあまね)(philosophy)
伊藤博文と山尾庸三の2人に暗殺された幕末の国学者「塙忠宝」
→塙忠宝(はなわただとみ)(塙保己一の息子)(失明のハンデを乗り越えて『群書類従』を編集した江戸時代の国学者は○保己一?(タイピング)→塙保己一)
西郷隆盛、板垣退助、江藤新平らが主張しました「征韓論」
→征韓論(せいかんろん)
西郷隆盛が月照との入水自殺で助かった際に看病を務めた人物「税所篤」
→税所篤(さいしょあつし)
明治維新後、大阪の商業の発展に尽力した人物です「五代友厚」
→五代友厚(ごだいともあつ)
明治維新後に徳川宗家16代を継いだ人物は徳川○○?「家達」
→徳川家達(いえさと)
明治維新後の新政府で初代大蔵次官を務めた人物「郷純造」
→郷純造(ごうじゅんぞう)
明治維新で活躍するも暗殺された長州藩出身の人物「広沢真臣」
→広沢真臣(ひろさわさねおみ)
明治初期に元老院議長や枢密院議長を務めた政治家「大木喬任」
→大木喬任(おおきたかとう)
明治政府によって廃止された江戸時代の身分制度「士農工商」
→士農工商(しのうこうしょう)
明治政府の神道国教化政策により起こった仏教排斥運動「廃仏毀釈」
→廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)
明治天皇の幼少時における称号です「祐宮」
→祐宮(さちのみや)
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:39:45|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 タイピング

--------------------
1841年に遭難してアメリカ船に助けられた中浜万次郎の別名は○○○万次郎?
→ジョン万次郎
1853年にアメリカのペリーが来航した時の江戸幕府将軍は徳川○○?
→徳川家慶(いえよし)
1854年に日米和親条約の付属条約である下田条約が締結された静岡県下田市のお寺は○○寺?
→了仙寺(りょうせんじ)
1856年に大村益次郎が江戸で開いた塾で、門下生に久坂玄瑞らがいたのは○○堂?
→鳩居堂(きゅうきょどう)
1860年に清河八郎を盟主として山岡鉄舟ら尊皇攘夷の志士が結成したのは「○○の会」?
→虎尾の会(こびのかい)
1861年に土佐藩で起こった刃傷事件で、坂本龍馬が郷士の長を務めたのは○○村刃傷事件?
→井口村刃傷事件(いぐちむらにんじょうじけん)
1861年に土佐藩の武市半平太が尊皇攘夷を掲げて結成した政治組織は「土佐○○党」?
→土佐勤王党
1863年に薩摩藩・会津藩が長州藩を京都から追放したクーデターをその日付から「8月○○日の政変」という?
→8月18日の政変
1863年に長州藩から密かにイギリスへ留学し「長州五傑」と呼ばれた人物をフルネームで1人答えなさい
→井上馨、井上勝、伊藤博文、遠藤謹助、山尾庸三
1863年に清河八郎を中心に結成された組織で、後の新選組の母体となったのは「○○組」?
→浪士組
1864年に浜田彦蔵が創刊した日本最初の日本語による新聞の名前は『○○新聞』?
→海外新聞 (ジョセフ彦)(英字新聞を訳出した海外新聞を発行)
1866年に薩長同盟を実現させた幕末の志士は○○○○?
→坂本龍馬
1867年坂本龍馬が後藤象二郎に新国家の構想「船中八策」を示した船の名前は○○丸?
→夕顔丸
1867年に伊東甲子太郎が新選組によって暗殺された内部抗争を○○○事件という?
→油小路事件(あぶらのこうじ)
1867年のいろは丸沈没事件で海援隊のいろは丸と衝突した紀州藩の軍艦は○○?
→明光丸(めいこう)
1868年に天狗党が諸生党を壊滅させた、水戸藩の内部抗争をその村の名前から○○戦争という?
→松山戦争
1868年に長岡藩の河井継之助が新政府軍の軍監・岩村精一郎と行った会談を○○○談判という?
→小千谷談判(おぢや)
1868年に船橋の戦いで敗走した旧幕府軍を新政府軍が打ち破った房総半島最後の戦闘は○○戦争?
→五井戦争(ごい)
1868年の「王政復古の大号令」当日に開かれ、徳川慶喜の官職辞職を決定したのは○○○会議?
→小御所会議(こごしょ)
「嘉永朋党事件」ともいう幕末に薩摩藩で起きたお家騒動は「お○○騒動」?
→お由羅騒動
NHK大河ドラマにもなった大村益次郎を主人公とした司馬遼太郎の小説は『○○』?
→花神(かしん)
安政の大獄の時の老中で、赤鬼と呼ばれた大老・井伊直弼に対し赤鬼と呼ばれたのは間部○○?
→間部詮勝(あきかつ)
安政の大獄で釈放後、幕府との内通を疑われ、1863年に岡田以蔵に暗殺された儒学者は○○大学?
→池内大学(いけうちだいがく)
井伊直弼と恋仲だった芸者で安政の大獄では京都でスパイ活動に従事したのは○○たか女?
→村山たか女(むらやまたかじょ)
江戸後期の1863年に但馬国で平野国臣らの尊王攘夷派が挙兵した事件は「○○の変」?
→生野の変(兵庫県生野町,いくのちょう)
江戸時代末期の1866年に「薩長同盟」を結んだ藩は薩摩藩と○○藩?
→長州藩
岡山県にあるJR西日本伯備線の駅、方谷駅にその名を残す幕末の陽明学者は○○方谷?
→山田方谷(やまだほうこく)
奇兵隊を指導した、幕末の長州藩の兵学者で、明治新政府では幹部を務めたのは○○益次郎?
→大村益次郎
小泉元首相も演説で引用した「米百俵」の逸話で有名な幕末の長岡藩士は○○虎三郎?
→小林虎三郎
近藤勇一派と対立したために1863年就寝中に粛清された新選組の筆頭局長は○○○?
→芹沢鴨
坂本龍馬が結成した海援隊と中岡慎太郎が結成した陸援隊を合わせて「○○隊」と呼んだ?
→翔天隊(しょうてん)
桜田門外の変で暗殺された江戸幕府の大老・井伊直弼が藩主を務めたのは○○藩?
→彦根藩
実際には偽物であったという時代劇などで新選組の近藤勇が愛用する刀の名前は「○○」?
→虎鉄(こてつ)(長曽禰虎徹)
司馬遼太郎の時代小説『奇妙なり八郎』の主人公である人物は○○八郎?
→清河八郎
初代アメリカ総領事ハリスの看護婦を努め、「唐人お吉」と呼ばれた芸者は○○きち?
→斉藤きち
関ヶ原の戦いから幕末までの著名人の人生を描くみなもと太郎の歴史漫画は『○○○たち』?
→風雲児たち
高杉晋作の功山寺挙兵に始まる幕末に長州藩内で起きた紛争をその元号から○○の内乱という?
→元治の内乱(げんじ)(功山寺挙兵 こうざんじきょへい 1865年)
千葉周作の弟・千葉定吉の二女で幕末の志士・坂本龍馬と恋仲であったとされるのは千葉○○子?
→千葉さな子
ドラマ『龍馬伝』では広末涼子が演じている、坂本龍馬の初恋の人とされる土佐藩士・平井収二郎の妹は平井○○?
→平井加尾
後に第1次松方内閣の内務大臣に就任している、薩長同盟の成立に尽力した長州藩士は○○弥二郎?
→品川弥二郎
幕末・明治初期の発明家、田中久重の通称は「○○○○儀右衛門」?
→からくり儀右衛門(からくりぎえもん)
幕末から明治初期にかけてのイギリス人外交官アーネスト・サトウの日本名は佐藤○○○?
→佐藤愛之助
幕末に「人斬り半次郎」という異名で恐れられた薩摩藩士は○○○○?
→桐野利秋
幕末に15歳から17歳の男子で構成される「白虎隊」を組織した藩は○○藩?
→会津藩
幕末における孝明天皇在位時の元号を1つ答えなさい(孝明天皇 1846-1867)
→弘化(こうか,1844-1847)、嘉永(1848-1854)、安政(1854-1859)、万延(1860)、文久(1861-1863)、元治(1864-1865)、慶応(1865-1868)
幕末に起きた、公家と幕府が協力して幕藩体制を維持しようという考えを○○合体論という?
→公武合体論
幕末に起きた会津戦争終了後にその責任を取って切腹した、会津藩の家老は○○権兵衛?
→萱野権兵衛(かやのごんべえ)
幕末に起きた戊辰戦争で官軍の東征大総督を務めた人物は有栖川宮○○親王?
→有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみや たるひとしんのう)
幕末における新選組を描いた司馬遼太郎の連作短編集は『新選組○○○』?
→新選組血風録(けっぷうろく)
幕末に坂本龍馬が組織したのは海援隊ですが、高杉晋作が組織したのは○○隊?
→奇兵隊 (陸援隊=中岡慎太郎)
幕末に新撰組と共に京都の治安を守った、佐々木只三郎らが所属した組織は京都○○組?
→京都見廻組
幕末に新選組を脱退した永倉新八、原田左之助らが結成した組織は○○隊?
→靖兵隊(せいへいたい)
幕末に高杉晋作が結成した奇兵隊が本拠地としていた下関にあったお寺は○○○寺?
→阿弥陀寺(あみだじ)(赤間神宮 山口県下関市)
幕末に土佐藩改革に尽力したが武市瑞山と対立し、土佐勤皇党に暗殺された人物は○○東洋?
→吉田東洋
幕末に幕府が組織したフランス式の訓練を施した陸軍部隊を「○○隊」という?
→伝習隊(でんしゅうたい)
幕末に幕府陸軍の古屋佐久左衛門が結成した組織で、戊辰戦争では各地を転戦したのは○○隊?
→衝鋒隊(しょうほうたい) (古屋佐久左衛門,ふるやさくざえもん)
幕末に水戸藩内部で、家老の市川三左衛門を中心に結成された保守派の派閥は○○党?
→諸生党(しょせいとう)
幕末に明治新政府の中心となり「薩長土肥」と呼ばれた4つの藩は薩摩、長州、土佐と○○藩?
→肥前藩
幕末の1866年に結ばれた「薩長同盟」は、全部で○ヶ条から成るものだった?
→6ヶ条
幕末の1868年に徳川家達を藩主として立藩されるが、3年後に廃藩置県で廃藩となったのは○○藩?
→静岡藩
幕末のペリー来航の際に幕府が最初に派遣した浦賀奉行所与力の名前は○○三郎助?
→中島三郎助(なかじまさぶろうすけ)
幕末の会津戦争で、仙台藩士細谷直英が率いて新政府軍と戦ったのは「○○隊」?
→衝撃隊(しょうげきたい)(細谷直英,ほそやなおひで)
幕末の学者・藤田東湖の四男で1864年に起きた天狗党の乱の中心人物だったのは藤田○○○?
→藤田小四郎
幕末の貴重な史料である『京都守護職始末』を書いた幕末の会津藩士は○○○?
→山川浩(やまかわひろし)
幕末の志士・高杉晋作の辞世の句は「おもしろきこともなき世を○○○○○」?
→おもしろき こともなき世を おもしろく
幕末の土佐藩士・平井収二郎の妹で、坂本龍馬の初恋の相手という説もあるのは平井○○?
→平井加尾
幕末の戊辰戦争での阿波沖海戦で旧幕府軍の攻撃を受け自焼した薩摩藩の運送船は○○丸?
→翔凰丸(しょうおうまる)(阿波沖海戦=旧幕府の軍艦開陽丸と鹿児島藩の軍艦春日丸の間で行われた海戦)
藤田東湖と共に水戸藩を支え「水戸の両田」と呼ばれた水戸藩家老は○○忠太夫?
→戸田忠太夫(とだちゅうだゆう)
ペリー来航を詠んだ有名な狂歌は「太平の眠りをさます上喜撰たった○○で夜も眠れず」?
→太平の眠りを覚ます上喜撰たった四杯で夜も眠れず (しはい)
北辰一刀流の創始者・千葉周作の弟で、江戸の道場で坂本龍馬を指導したのは千葉○○?
→千葉定吉
戊辰戦争で、徳川慶喜が大阪城から脱出して江戸に退却した時に乗った幕府の軍艦は○○丸?
→開陽丸(かいようまる)
戊辰戦争において飯盛山で集団自決した白虎隊20名のうち唯一の生き残りは○○○○?
→飯沼貞吉(いいぬまさだきち)
戊辰戦争の際に会津藩の白虎隊が自害した、福島県会津若松市の山は○○山?
→飯盛山(いいもりやま)
松平義建の子である徳川慶勝、一橋茂栄、松平容保、松平定敬の兄弟を一般に○○四兄弟という?
→高須四兄弟(たかす)(徳川慶勝よしかつ 一橋茂栄もちはる 松平容保 松平定敬さだあき)
水戸藩の浪士による1860年の桜田門外の変で、唯一の薩摩藩士だったのは○○次左衛門?
→有村次左衛門
明治維新期に活躍し「維新の三傑」と呼ばれた人物をフルネームで1人答えなさい
→木戸孝允(長州藩)、西郷隆盛、大久保利通
吉田松陰、高杉晋作といった幕末の志士を多く輩出した長州藩の藩校は○○館?
→明倫館
吉田松陰終焉の地として有名な東京都中央区の地下鉄小伝馬町駅近くにある公園は○○公園?
→十思公園
吉田松陰の叔父で、長州藩に松下村塾を創立したことで知られるのは○○文之進?
→玉木文之進

1860年に江戸幕府の大老井伊直弼が暗殺された事件を「桜田門外の変」という?ですが、
→桜田門外の変
1862年に江戸幕府の老中安藤信正が襲撃された事件を「○○門外の変」という?
→坂下門外の変
1860年の桜田門外の変で襲われた幕府の大老といえば○○○○?ですが、
→井伊直弼
1862年の坂下門外の変で襲われた幕府の老中といえば○○○○?
→安藤信正
1863年に尊皇攘夷を唱える姉小路公知が暗殺された事件を「○○門外の変」という?
→朔平門外の変(さくべい)
1868年に海援隊と陸援隊が紀州藩の三浦休太郎を襲い、新撰組と争った事件を○○屋事件という?
→天満屋事件
1866年に坂本龍馬が伏見奉行所に襲撃されて負傷した事件を○○屋事件という?ですが、
→寺田屋事件
1867年に坂本龍馬と中岡慎太郎が京都で暗殺された事件を○○屋事件という?
→近江屋事件
1864年に新選組が、吉田稔麿ら尊皇攘夷派の志士を襲撃した事件を○○屋事件という?
→池田屋事件
幕末に組織された彰義隊で頭取を務めた人物は○○成一郎?ですが、
→渋沢成一郎
幕末に組織された彰義隊で副頭取を務めたのは○○八郎?
→天野八郎
幕末の1853年にアメリカのペリー提督が初来日した時に搭乗していた軍艦の名前は○○○○○号?ですが、
→サスケハナ号
幕末の1958年に日米修好通商条約をその船上で結んだペリーが再来日した時の船名は○○○○○号?
→ポウハタン号
幕末の日本で活躍した人物・ジョン万次郎の本名は○○万次郎?ですが、
→中浜万次郎
幕末の日本で活躍した人物・ジョセフ彦の本名は○○彦蔵?
→浜田彦蔵
戊辰戦争で旧幕府軍が函館に築いた蝦夷共和国において総裁を務めたのは○○○○?ですが、
→榎本武揚
戊辰戦争で旧幕府軍が函館に築いた蝦夷共和国において副総裁を務めたのは○○○○?
→松平太郎(まつだいらたろう)
1864年の水戸天狗党の乱で挙兵時に主将を務めた水戸町奉行は○○稲之衛門?ですが、
→田丸稲之衛門(たまるいなのえもん)
その兄であった水戸藩目付役で説得するも逆に諭されて乱に加わったのは○○兵部?
→山国兵部(やまぐにひょうぶ)
坂本龍馬を主人公とした司馬遼太郎の歴史小説は『竜馬が○○』?ですが、
→竜馬がゆく
土方歳三を主人公とした司馬遼太郎の歴史小説は『燃えよ○』?
→燃えよ剣
1854年に日露和新条約締結交渉のためプチャーチンが下田を訪れた際に乗っていた軍艦の名前は○○○○号?ですが、
→ディアナ号
ディアナ号が安政東海地震による津波で沈没後、帰国のため日本で作った船の名前は○○号?
→ヘダ号 (安政東海地震1854)
幕末に漂流中のジョン万次郎を救助したアメリカの捕鯨船はジョン・○○○○○号?ですが、
→ジョン・ハウランド号
漂流中の浜田彦蔵を救助したアメリカの商船は○○○○○○号?
→オークランド号
1851年に万次郎が日本に帰国する際に沖縄まで乗せたアメリカの茶積船はサラ・○○○号?
→サラ・ボイド号

--------------------
[明治]
1871年に攘夷派の公卿である愛宕通旭、外山光輔らが起こしたクーデター未遂事件は○○事件?
→二卿事件 (愛宕通旭,おたぎみちてる)(外山光輔,とやまみつすけ)(明治政府の転覆を謀った(はかった)クーデター未遂事件)
1873年から実施された地租改正で地租の税率は、当初、地価の○%だった?
→3%
1874年に東京の赤坂で起きた岩倉具視暗殺未遂事件のことを「赤坂○○の変」という?
→赤坂喰違の変(くいちがいのへん)
1876年に神風連の乱を起こした敬神党とは、林桜園の私塾・○○館の門下生が作った組織?
→原道館(げんどうかん)(林桜園,はやしおうえん,熊本出身)
1876年に政府から出された士族が刀を携帯することを禁止した法律は○○令?
→廃刀令
1876年に李氏朝鮮と締結した日朝修好条規を、その前年に起きた事件から「○○島条約」という?
→江華島条約
1877年に西南戦争の混乱に乗じて林有造や大江卓が高知県で反乱を企てた事件は「○○○の獄」?
→立志社の獄 (大江卓,おおえたく)(発覚して逮捕)
1882年に福沢諭吉によって創刊された日刊新聞の名前は「○○新報」?
→時事新報(じじしんぽう)
1928年に刊行された子母沢寛のベストセラーは『新選組○○記』?
→新選組始末記(新選組しまつき)(子母澤寛,しもざわかん)
「時事新報」に掲載されたものをまとめて1899年に刊行された福沢諭吉の自伝は『○○自伝』?
→福翁自伝(ふくおうじでん)
福沢諭吉の甥にあたる明治初期の実業家で、「三井財閥中興の祖」と呼ばれるのは○○○彦次郎?
→中上川彦次郎(なかみがわひこじろう)
明治維新後の新政府で最初に設けられた官職「三職」を1つ答えなさい
→総裁、参与、議定
明治初めに西郷隆盛らが主張した、武力で朝鮮を開国させようという考えを「○○論」という?
→征韓論
明治時代、郵便制度の創設に尽力した人物といえば○○○?
→前島密
明治時代に北海道の開拓しに従事した兵士のことを「○○兵」という?
→屯田兵村

1874年に佐賀の乱を起こした江藤新平が当時所属していた政党は○○党?ですが、
→征韓党 (江藤新平,佐賀の七賢人の一人)
1874年に佐賀の乱を起こした島義勇が当時所属していた政党は○○党?
→憂国党 (島義勇,しまよしたけ,佐賀の七賢人の一人)
明治時代の身分制度改革により旧武士階級は「○○」と呼ばれるようになった?ですが、
→士族
明治時代の身分制度改革により旧公家や大名は「○○」と呼ばれるようになった?
→華族

--------------------
[意味まとめ]
1867年のいろは丸沈没事件で海援隊のいろは丸と衝突した紀州藩の軍艦は○○丸?
→明光丸
幕末の戊辰戦争での阿波沖海戦で旧幕府軍の攻撃を受け自焼した薩摩藩の運送船は○○丸?
→翔凰丸(しょうおうまる)(阿波沖海戦=旧幕府の軍艦開陽丸と鹿児島藩の軍艦春日丸の間で行われた海戦)
戊辰戦争で、徳川慶喜が大阪城から脱出して江戸に退却した時に乗った幕府の軍艦は○○丸?
→開陽丸(かいようまる)

坂本龍馬が結成した海援隊と中岡慎太郎が結成した陸援隊を合わせて「○○隊」と呼んだ?
→翔天隊(しょうてんたい)
幕末に坂本龍馬が組織したのは海援隊ですが、高杉晋作が組織したのは○○隊?
→奇兵隊 (陸援隊=中岡慎太郎)
幕末に新選組を脱退した永倉新八、原田左之助らが結成した組織は○○隊?
→靖兵隊(せいへいたい)
幕末に幕府が組織したフランス式の訓練を施した陸軍部隊を「○○隊」という?
→伝習隊(でんしゅうたい)
幕末に幕府陸軍の古屋佐久左衛門が結成した組織で、戊辰戦争では各地を転戦したのは○○隊?
→衝鋒隊(しょうほうたい) (古屋佐久左衛門,ふるやさくざえもん)
幕末の会津戦争で、仙台藩士細谷直英が率いて新政府軍と戦ったのは「○○隊」?
→衝撃隊(しょうげきたい)(細谷直英,ほそやなおひで)
幕末に水戸藩内部で、家老の市川三左衛門を中心に結成された保守派の派閥は○○党?
→諸生党(しょせいとう)
1865年に高杉晋作が下関で挙兵すると、それに呼応して長州藩の大楽源太郎が現在の防府市で組織した部隊の名前は?(スロット)
→忠憤隊(ちゅうふんたい)
幕末に長崎奉行が治安維持のために組織した遊撃隊を前身とする、明治初期に長崎裁判所に所属した官軍の部隊は?(スロット)
→振遠隊(しんえんたい)
明治元年に久留米藩の正規の軍隊として編成された組織で長州藩を脱走した大楽源太郎暗殺に関与して解隊されたのは?(スロット)
→応変隊(おうへんたい)

--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:39:16|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 スロット

--------------------
1854年にペリーが来航した際にオランダ語通詞を務めた人物で日本初の英和辞書『英和対訳袖珍辞書』を刊行したのは?
→堀達之助 (英和対訳袖珍辞書 えいわいたいやく しゅうちんじしょ)
1858年にペリーが再来日した時に乗ってきた軍艦で、その船上で日米修好通商条約が結ばれたのは○○○○○号?
→ポウハタン号
1861年に攘夷派の水戸浪士有賀半弥らが、イギリス公使オールコックらを襲撃した事件は「○○○事件」?
→東禅寺事件
1862年に有馬新七ら薩摩藩の尊皇派が、藩主・島津久光の命により多数粛清された事件を「○○屋事件」という?
→寺田屋事件
1863年に「生野の変」を起こした尊皇攘夷派の福岡藩士で、禁門の変の混乱に乗じて処刑されたのは?
→平野国臣(ひらのくにおみ)
1863年に長州藩の久坂玄瑞が長州に亡命していた公家の中山忠光を擁して、下関で結成した組織の名前は○○○党?
→光明寺党
1864年に会津藩士・柴司が長州藩浪士と誤って土佐藩士を斬りつけ、切腹する結果となった事件は「○○○亭事件」?
→明保野亭事件 (柴司,しばつかさ)
1865年に高杉晋作が下関で挙兵すると、それに呼応して長州藩の大楽源太郎が現在の防府市で組織した部隊の名前は?
→忠憤隊(ちゅうふんたい)
1866年の寺田屋事件で伏見の薩摩藩邸に救援を求め坂本龍馬を救った槍の名手である長州藩士は?
→三吉慎蔵(みよししんぞう)
1867年、坂本竜馬が夕顔丸の船上で後藤象二郎に示した新国家の構想を何という?
→船中八策
1867年10月3日に「大政奉還の建白書」を第15代将軍・徳川慶喜に提出した前土佐藩主は?
→山内容堂
1867年のいろは丸沈没事件では紀州藩代表として坂本龍馬と交渉した人物で、明治維新後は東京府知事も務めたのは?
→三浦休太郎(みうらきゅうたろう)(三浦安,やすし)
1868年に尾張藩内で起きた佐幕派14名が斬首されるという大量弾圧事件のことを「○○○事件」という?
→青松葉事件
1868年に長岡藩の河井継之助と新政府軍の軍監・岩村精一郎による小千谷談判が行われたお寺の名前は○○寺?
→慈眼寺(じげんじ)
1868年に幕府の天領である甲府を守るために赴いた新選組が改称した名前は?
→甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)
1869年、箱根五稜郭での戦いで戦死した新選組のメンバーで身内にたいへん厳しかった事から「鬼の副長」と怖れられたのは?
→土方歳三
「人間到る処青山有り」という言葉で有名な漢詩『将東遊題壁』の作者である、幕末に周防国で活躍した尊皇攘夷派の僧侶は?(まさにとうゆうせんとしてへきにだいす)
→月性(げっしょう)(じんかんいたるところせいざんあり=世の中その気になれば何処ででも死ねるということ。また、そうであるから故郷を離れ世界に雄飛するのに躊躇してはいけないということ)
レザノフや漂流民の津太夫を乗せて、ネヴァ号とともにロシアで最初の世界一周を果たした船は○○○○○号?
→ナジェジダ号 (1803-1806)
浅田次郎の小説『壬生義士伝』では主人公として描かれている新選組で諸士取扱役兼監察・撃剣師範を務めた人物は?
→吉村貫一郎(よしむらかんいちろう)
安政の大獄以後、尊皇攘夷の急進派として活躍した越後国出身の志士で、1862年に田中新兵衛、岡田以蔵らに暗殺されたのは?
→本間精一郎(ほんませいいちろう)
安政の大獄では多くの尊皇攘夷派の志士を検挙した九条家に仕えた侍で、1862年に田中新兵衛らによって暗殺されたのは?
→島田左近(しまださこん)
禁門の変で活躍した会津藩士で同志社大学の創立者・新島襄に協力し、同大学の敷地を譲ったことで知られるのは?
→山本覚馬(やまもとかくま)
久坂玄瑞、高杉晋作と共に「松陰門下の三秀」と呼ばれた長州藩の人物で、1864年の池田屋事件で亡くなったのは?
→吉田稔麿(よしだとしまろ)
国の重要文化財に指定されている「万年自鳴鐘」を製作した幕末・明治の発明家で、「からくり儀右衛門」と呼ばれたのは?
→田中久重
西郷隆盛、木戸孝允と共に「明治維新の三傑」と呼ばれた薩摩藩士は?
→大久保利通
坂本龍馬の21歳上の兄で両親の死後は龍馬の父代わりとなったのは坂本○○?
→坂本権平(さかもとごんぺい)
佐久間象山から洋式兵術を学び日本初の洋式城郭として函館の「五稜郭」を設定した人物は?
→武田斐三郎(たけだあやさぶろう)
桜島丸条約に基づいて亀山社中が運用していた軍艦ユニオン号が長州藩海軍局の所属となった時に付けられた名前は○○丸?
→乙丑丸(いっちゅうまる)(薩摩藩は「桜島丸」と名付けたが、長州藩では「乙丑丸」と呼んだ)
新選組で暗殺任務を任され「人斬り鍬次郎」と呼ばれた人物で、油小路事件では伊東甲子太郎を暗殺したのは?
→大石鍬次郎(おおいしくわじろう)
高橋景保の『万国全図』を『重訂万国全図』として改訂した幕末の天文学者で、江戸幕府最後の天文方を務めたのは?
→山路彰常(やまじあきつね)
長州藩の高杉晋作を資金面で援助し、自宅には三条実美や坂本龍馬らも滞在したという幕末期における下関の豪商は?
→白石正一郎(しらいししょういちろう)
倒幕の機運が高まった1867年に江戸幕府第15代将軍・徳川慶喜が朝廷に政権を返上したことを何という?
→大政奉還
幕府の海岸防備掛・真田幸貫に『海防八策』を提出し、海防の重要性を説いた思想家で河上彦斎に暗殺されたのは?
→佐久間象山(さくましょうざん)
幕末にアメリカ総領事館としてハリスが使用したことで有名な静岡県下田市のお寺は○○寺?
→玉泉寺(ぎょくせんじ)
幕末における福岡県出身の尊皇攘夷の志士で、1864年に禁門の変を起こすも失敗し、天王山で自害したのは?
→真木和泉(まきいずみ)(=真木保臣(まきやすおみ))
幕末に越前福井藩主を務めた「幕末四賢候」の一人で、「明治」という元号の命名者という説もあるのは?
→松平春嶽
幕末に活躍したイギリス商人トーマス・グラバーの妻でプッチーニのオペラ『蝶々夫人』の主人公のモデル説もあるのは?
→ツル
幕末に黒船を率いて来日し1854年に日米和親条約を調印したアメリカの軍人はマシュー・○○○?
→マシュー・ペリー
幕末に京都清水寺成就院の住職を務めていた僧侶で、安政の大獄で危険が迫ったことから京を逃れ西郷隆盛と入水自殺したのは?
→月照(げっしょう)
幕末に新選組の五番隊組長を務めた軍学者で、新選組が洋式の訓練を取り入れると影響力を失い、最後は暗殺されたのは?
→武田観柳斎
幕末に新選組の六番隊組長を務めた人物で、1868年1月に鳥羽・伏見の戦いにおいて戦死したのは?
→井上源三郎
幕末に天狗党の首領として反乱を起こして処刑された幕末に水戸藩家老を務めた尊皇攘夷派の政治家は?
→武田耕雲斎
幕末に高杉晋作、久坂玄瑞ら11人の長州藩士が結成した結社で英国公使館の焼き討ち事件を起こしたことで知られるのは?
→御楯組(みたてぐみ)
幕末に長崎奉行が治安維持のために組織した遊撃隊を前身とする、明治初期に長崎裁判所に所属した官軍の部隊は?
→振遠隊(しんえんたい)
幕末の1853年にアメリカのペリー提督が初来日した時に搭乗していた軍艦の名前は○○○○○号?
→サスケハナ号
幕末の1863年に奇兵隊と撰鋒隊が衝突し、責任を取って高杉晋作が奇兵隊総督を罷免された長州藩の内部抗争は「○○○事件」?
→教法寺事件(きょうほうじ)
幕末の1864年に禁門の変がきっかけで京都で発生した火災を○○○○焼けという?
→どんどん焼け
幕末の京都清水寺成就院の住職を務めていた僧侶で、安政の大獄で危険が迫ったことから京を逃れ西郷隆盛と入水自殺したのは?
→月照(げっしょう)
幕末の京都守護職・松平容保の兄である尾張藩主で、1864年の第一次長州征討では幕府軍の総督を務めたのは徳川○○?
→徳川慶勝(よしかつ)
幕末の箱館戦争に参加し、敵味方の区別なく治療したという医師で後に民間救護団体の先駆けである同愛社を創設したのは?
→高松凌雲(たかまつりょううん)
戊辰戦争では衝撃隊を結成して明治新政府軍に夜襲を仕掛けた仙台藩士で、日清戦争では陸軍少尉として活躍したのは?
→細谷直英(ほそやなおひで)
戊辰戦争の発端となった1868年に薩摩・長州軍と幕府軍が激突した戦いは「○○○○の戦い」?
→鳥羽伏見の戦い
松山藩の藩政改革に尽力し備中聖人と呼ばれた幕末の陽明学者で、JR西日本伯備線の駅にその名を残すのは?
→山田方谷(やまだほうこく)
明治期の日本の近代化を指した有名な言葉「散切り頭を叩いてみれば○○○○の音がする」?
→散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする
明治元年に久留米藩の正規の軍隊として編成された組織で長州藩を脱走した大楽源太郎暗殺に関与して解隊されたのは?
→応変隊(おうへんたい)
明治新政府で奥羽鎮撫総督府の参謀となった幕末の長州藩士で会津藩主松平容保の嘆願を拒否したことから暗殺されたのは?
→世良修蔵(せらしゅうぞう)
吉田松陰、橋本佐内らが処刑された、江戸時代後期の1858年に幕府が行った弾圧事件は「○○の大獄」?
→安政の大獄

1858年の日米修好通商条約でアメリカ側の全権として調印した在日総領事の名前はタウンゼント・○○○?
→タウンゼント・ハリス(Townsend Harris)(米)
1864年に駐日フランス公使として来日し、軍事顧問団を招聘するなど江戸幕府を支援した人物はレオン・○○○○?
→レオン・ロッシュ(Leon Roches)(仏)
幕末にオールコックの後任として駐日イギリス全権公使に就任した人物で、薩摩藩、長州藩の支援をしたのはハリー・○○○○?
→ハリー・パークス(Harry Parkes)(英)

--------------------
[明治時代]
1868年に明治政府が出した民衆が守るべき事柄を示した高札のことを何という?
→五榜の掲示
1869年に日本初の洋式灯台が建てられたことで知られる神奈川県横須賀市の岬は?
→観音崎
1871年に台湾に漂着した宮古島の住民54名が原住民に殺害された事件で、日本の台湾出兵の原因となったのは「○○○事件」?
→牡丹社事件(ぼたんしゃじけん)
1871年の廃藩置県で全国に置かれたのは3府と○○○県?
→3府302県
1876年に鹿児島市の私学校を偵察した際に拷問され、明治政府の西郷暗殺計画を自白し、西南戦争勃発のきっかけを作ったのは?
→中原尚雄(なかはらなおお)
1876年に萩の乱に影響を受けた旧会津藩士の永岡久茂らが千葉県庁を襲撃しようとした士族反乱未遂事件は○○○事件?
→思案橋事件 (永岡久茂,ながおかひさしげ)
1877年に西郷隆盛を中心とする鹿児島士族が起こした反乱を○○戦争という?
→西南戦争
1878年に島田一郎らによって大久保利通が暗殺された事件をその場所から「○○○坂の変」という?
→紀尾井坂の変
1882年に起きた「福島事件」で福島県令・三島通庸の圧政に対して行われた反対運動の中心となった県会議長は?
→河野広中(こうのひろなか)(三島通庸,みしまみちつね)
1883年に新潟県で起きた「高田事件」で、天誅党を結成して政府高官の暗殺を企てたとされる民権運動家は?
→赤井景韶(あかいかげあき)
1889年には史学会初代会長に就任している幕末から明治初期に活躍した漢学者で、日本最初の文学博士の一人であったのは?
→重野安繹(しげのやすつぐ)
1889年に帝国博物館が創設されると初代総長に就任した人物で1897年には古社寺保存法の制定に尽力したのは?
→九鬼隆一(くきりゅういち)
1889年に日本最初の理学博士に選ばれた人物で、後に東京帝国大学総長、九州帝国大学の初代総長を務めたのは?
→山川健次郎
1890年に白熱舎を設立し、白熱電球の国産化に成功したことから「日本のエジソン」と呼ばれる明治に活躍した実業家は?
→藤岡市助(ふじおかいちすけ)
1891年の大津事件において大逆罪の適用を主張する政府の要求を避け、司法権の独立を守った大審院の院長は誰?
→児島惟謙(こじまこれかた)
1894年には衆議院議員に当選している経済学者で大蔵省時代に描いた経済書『日本開化小史』で有名なのは?
→田口卯吉(たぐちうきち)
1895年の日本運送を皮切りに日本鋼管、王子製紙などの社長として会社再建を成功させた人物で財界の指導者的存在だったのは?
→郷誠之助(ごうせいのすけ)
1904年に、三越呉服店が創業した際に専務取締役に就任した実業家でデパートメントストア宣言を行い日本初の百貨店を作ったのは?
→日比翁助(ひびおうすけ)
「佐賀の七賢人」の1人に数えられる幕末・明治の人物で1877年に日本赤十字社の前身である博愛社を創設したのは?
→佐野常民
「佐賀の七賢人」の1人に数えられる幕末・明治の人物でアームストロング砲の製造や北海道の開拓に貢献したのは?
→鍋島閑叟(なべしまかんそう)=鍋島直正(なべしまなおまさ)
「佐賀の七賢人」の1人に数えられる幕末・明治の人物で外務卿としてマリア・ルース号事件の対応に奔走したのは?
→副島種臣(そえじまたねおみ)(1872年に横浜港に停泊中のマリア・ルス号(ペルー船籍)内の清国人苦力を奴隷であるとして日本政府が解放した事件)
「太郎左衛門」という名前でも知られる、西洋砲術の普及に努め韮山の反射炉やお台場を作った江戸幕府の代官は?
→江川英龍
西南戦争の平定に活躍した人物で日本の近代警察制度の基礎を築いたことから「日本警察の父」と呼ばれるのは?
→川路利良(かわじとしよし)
履物を探す芸者のために百円札を燃やして明るくする成金を描いた風刺画『成金栄華時代』で有名な明治生まれの日本画家は?
→和田邦坊(わだくにぼう)(1928)
孫に作家の宮本百合子がいる漢字廃止論者としても知られた明治時代の文学博士で、教育制度の確立にも尽力したのは?
→西村茂樹(にしむらしげき)(宮本百合子『伸子』(1928))
明治時代、郵便制度の創設に尽力した人物で、1円切手の肖像にも描かれているのは?
→前島密
明治新政府で近代的法制度の整備に尽力した法学者で、「権利」や「義務」といった訳語を考案したことでも知られるのは?
→箕作麟祥(みつくりりんしょう)
明治新政府において1871年から1888年まで置かれた、日本陸軍の編成単位で、後に「師団」へ取って代わられたのは?
→鎮台(ちんだい)
明治新政府における第一次伊藤博文内閣で初代・文部大臣を務めた政治家は?
→森有礼
明治初期に外務卿を務めた人物で神奈川県知事時代に国営電信建設の一切を任されるなど「日本電気通信の父」と呼ばれるのは誰?
→寺島宗則(てらしまむねのり)
明治時代に脚気の原因が栄養素の欠乏であると考え、海軍兵に麦飯を与えて成果を上げたことから麦飯男爵と呼ばれた海軍軍人は?
→高木兼寛(たかきかねひろ)

--------------------
[お雇い外国人]
1866年に来日し、機械の注文など富岡製糸工場の設立に携わったフランス人技術者はポール・○○○○○?
→ポール・ブリューナ(Paul Brunat)(仏)
1871年に開拓使御雇教師頭取兼開拓顧問として来日し、工業や農業の分野で北海道の発展に貢献したのはホーレス・○○○○?
→ホーレス・ケプロン(Horace Capron)(米)
1872年に来日し、大阪造幣寮の化学兼治金技師に着任したイギリス人で、「日本アルプス」の命名者としても知られるのは?
→ウィリアム・ゴーランド(William Gowland)(英)
1873年に明治政府に招かれ、木曽三川完全分流工事などの業績を残したオランダ人技師はヨハニス・デ・○○○?
→ヨハニス・デ・レーケ(Johannis de Rijke)(蘭)
1874年に日本による台湾出兵が起きた際に、日本と中国の仲介役を務めたイギリスの外交官はトーマス・○○○○?
→トーマス・ウェード(Thomas Wade)(英)
1877年に来日し、札幌農学校で教鞭を取ったアメリカの農学者で、日本に初めてスケート靴を持ち込んだことで知られるのは?
→ウィリアム・ブルックス(William Penn Brooks)(米)
1878年3月25日に日本で始めてアーク灯を点灯させたイギリスの物理学者で、この日は日本で電気記念日になっているのは?
→ウィリアム・エアトン(William Ayrton)(英)(放電灯(discharge lamp)は、アーク放電またはグロー放電を利用した光源の総称。主な発光体によりガス放電灯と炭素アーク灯に分類できる)
1879年に来日し、音楽取調掛、宮内省式部職を務めた人物で『君が代』の編曲を担当したことで知られるのは?
→フランツ・エッケルト(Franz Eckert)(独)
1885年に陸軍大学校の教官として来日し、日本陸軍兵制の近代化に尽力したドイツ帝国の軍人はクレメンス・○○○○?
→クレメンス・メッケル(Klemens Meckel)(独)
明治初めにお雇い外国人として来日し、大森貝塚の発掘調査をおこなったアメリカの動物学者はエドワード・○○○?
→エドワード・モース(Edward Morse)(米)
明治時代に東京帝国大学で哲学を教えたロシア人で、夏目漱石の小説の題名にもなっているのはラファエル・フォン・○○○○?
→ラファエル・フォン・ケーベル(Raphael von Koeber)(露)(夏目漱石『ケーベル先生』)
明治初期、岡倉天心とともに東京美術学校の設立に尽力したアメリカのお雇い外国人はアーネスト・○○○○○?
→アーネスト・フェノロサ(Ernest Fenollosa)(米)
明治初期に日本初の鉄道建設を指導した「日本の鉄道の父」と呼ばれるイギリス人技師はエドモンド・○○○?
→エドモンド・モレル(Edmund Morel)(英)
明治初期に来日し、犬吠埼燈台、御前崎灯台など多くの灯台を設計した「日本の灯台の父」と呼ばれるイギリス人は誰?
→リチャード・ブラントン(Richard Brunton)(英)(犬吠埼,いぬぼうさき,千葉県銚子市)(御前埼,おまえざき,静岡県御前崎市)
明治初期に来日し、刑法や民法の基礎を築くなど、日本の国内法の整備に尽力したフランスの法学者はギュスターヴ・○○○○○○?
→ギュスターヴ・ボアソナード(Gustave Boissonade)(仏)
明治初期に来日し、全国の河川を整備したオランダの土木技術者で特に安積疏水の建設指導で有名なのはファン・○○○○?
→ファン・ドールン(Johannes van Doorn)(蘭)
明治初期に来日し、帝国ホテルの総支配人として西洋式ホテル経営の基礎を築いたドイツ人はカール・○○○○?
→カール・フライク(Karl Flaig)(独)
明治初期に来日し、東京医学校の教師や宮内庁侍医を務めたドイツ人医師で、草津温泉の再発見や蒙古斑の命名で知られるのは?
→エルヴィン・フォン・ベルツ(Erwin von Balz)(独)
明治初期に来日し、東京帝国大学地質学教室の初代教授に就任したフォッサマグナの発見で有名なドイツの地質学者は?
→エドムント・ナウマン(Edmund Naumann)(独)
明治初期に来日し、内閣顧問として大日本帝国憲法の作成に尽力したドイツの法学者はヘルマン・○○○○○?
→ヘルマン・ロエスエル(Hermann Roesler)(独)
明治初期に来日し、鹿鳴館やニコライ堂の設計を手がけたイギリス生まれの建築家はジョサイア・○○○○?
→ジョサイア・コンドル(Josiah Conder)(英)
日露戦争では対露宣戦布告文を起草している、明治初期に来日し政府の法律顧問に就任した人物はヘンリー・○○○○?
→ヘンリー・デニソン(Henry Denison)(米)
幕末に来日し日本初の鉄道である新橋駅と横浜駅や、築地ホテルを設計したアメリカ人建築家はリチャード・○○○○○○?
→リチャード・ブリジェンス(Richard Bridgens)(米)
幕末に日本を訪れ、横須賀造兵廠や観音崎灯台の建設を指導し近代化に尽力したフランス人技師はフランソワ・○○○○○?
→フランソワ・ヴェルニー(Francois Verny)(仏)
幕末に日本を訪れ、会津藩や米沢藩の軍事顧問を務めた兄ヘンリー、弟エドワルドの外国人商人は○○○兄弟?
→スネル兄弟 (ヘンリー・スネル,Henry Schnell)(エドワルド・スネル,Edward Schnell)
横浜の野毛山公園にはブロンズ像が立つ、1883年に来日し、日本初の近代的水道、横浜水道を完成させたイギリス人は誰?
→ヘンリー・パーマー(Henry Palmer)(英)

1871年に来日し開拓使御雇教師頭取兼開拓顧問として、北海道の開発に尽力したアメリカ人はホーレス・○○○○?(文字パネル)
→ホーレス・ケプロン(Horace Capron)
明治初めに北海道開拓使として来日し、北海道の酪農加工業や競走馬育成に尽力した人物で、後に駐日米国公使となったのは?(並べ替え)
→エドウィン・ダン(Edwin Dun)
幕末にフランス軍事顧問団の一員として来日した士官です(キューブ)
→アンドレ・カズヌーヴ(Andre Cazeneuve,仏)
幕末に初代駐日フランス公使を務めた外交官です(キューブ)
→ギュスターヴ・ベルクール(Gustave Bellecourt,仏)
幕末に来日し、紀州藩で革靴製造を指導した人物(キューブ)
→ゲオルグ・ハイトケンペル(Georg Heidkaemper,独)
明治初期に来日し、政府の法律顧問となったオランダ人(キューブ)
→グイド・フルベッキ(Guido Verbeck,蘭)
明治初期に来日し、東京帝国大学で物理教師を務めたアメリカ人(キューブ)
→トマス・メンデンホール(Thomas Mendenhall,米)

--------------------
[まとめ]
「佐賀の七賢人」の1人に数えられる幕末・明治の人物で1877年に日本赤十字社の前身である博愛社を創設したのは?
→佐野常民
「佐賀の七賢人」の1人に数えられる幕末・明治の人物でアームストロング砲の製造や北海道の開拓に貢献したのは?
→鍋島閑叟(なべしまかんそう)=鍋島直正(なべしまなおまさ)
「佐賀の七賢人」の1人に数えられる幕末・明治の人物で外務卿としてマリア・ルース号事件の対応に奔走したのは?
→副島種臣(そえじまたねおみ)(1872年に横浜港に停泊中のマリア・ルス号(ペルー船籍)内の清国人苦力を奴隷であるとして日本政府が解放した事件)
「太郎左衛門」という名前でも知られる、西洋砲術の普及に努め韮山の反射炉やお台場を作った江戸幕府の代官は?
→江川英龍

幕末の1853年にアメリカのペリー提督が初来日した時に搭乗していた軍艦の名前は○○○○○号?
→サスケハナ号
1858年にペリーが再来日した時に乗ってきた軍艦で、その船上で日米修好通商条約が結ばれたのは○○○○○号?
→ポウハタン号

幕末の京都清水寺成就院の住職を務めていた僧侶で、安政の大獄で危険が迫ったことから京を逃れ西郷隆盛と入水自殺したのは?
→月照(げっしょう)
「人間到る処青山有り」という言葉で有名な漢詩『将東遊題壁』の作者である、幕末に周防国で活躍した尊皇攘夷派の僧侶は?(まさにとうゆうせんとしてへきにだいす)
→月性(げっしょう)(じんかんいたるところせいざんあり=世の中その気になれば何処ででも死ねるということ。また、そうであるから故郷を離れ世界に雄飛するのに躊躇してはいけないということ)

1865年に高杉晋作が下関で挙兵すると、それに呼応して長州藩の大楽源太郎が現在の防府市で組織した部隊の名前は?
→忠憤隊(ちゅうふんたい)
幕末に高杉晋作、久坂玄瑞ら11人の長州藩士が結成した結社で英国公使館の焼き討ち事件を起こしたことで知られるのは?
→御楯組(みたてぐみ)
幕末に長崎奉行が治安維持のために組織した遊撃隊を前身とする、明治初期に長崎裁判所に所属した官軍の部隊は?
→振遠隊(しんえんたい)
明治元年に久留米藩の正規の軍隊として編成された組織で長州藩を脱走した大楽源太郎暗殺に関与して解隊されたのは?
→応変隊(おうへんたい)

--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:38:50|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 文字パネル

--------------------
1842年に佐久間象山が出した海防の重要性を説いた意見書は?
→海防八策
1852年にアメリカから帰国したジョン万次郎を幕府が取り調べた際に、その報告書『漂巽紀略』を記した画家は?
→河田小龍(かわだしょうりょう)(漂巽紀略,ひょうそんきりゃく)
1853年にペリーが来航した時に通詞を務めた人物で、後に日本初の英和辞典『英和対訳袖珍辞書』を編纂したのは誰?
→堀達之助
1858年に江戸の中津藩中屋敷で福沢諭吉が開いた、慶応義塾の前身とされている蘭学塾の名は「○○○塾」?
→一小家塾
1860年に咸臨丸がアメリカへ渡る際に司令官を務めたのは?
→木村芥舟
1867年にイギリス軍艦の乗組員2人が殺害され、海援隊士に容疑がかかった事件のことを○○○○号事件という?
→イカルス号事件
1867年に坂本龍馬が起草した8ヶ条からなる国家構想を何という?
→船中八策
1868年から翌年まで行われた新政府軍と旧幕府側の戦いを総称して何という?
→戊辰戦争
アメリカのペリー提督が黒船を率いて浦賀に来航したのは西暦何年のこと?
→1853年
ドラマ『龍馬伝』は岩崎弥太郎がこの人物の取材に応える構成になっている、坂本龍馬の伝記『汗血千里駒』を著した記者は?
→坂崎紫瀾(さかざきしらん)
ペリー来航の7年前の1846年に2隻の軍艦を率いて浦賀に来航し通商を求めるも失敗した米国東インド艦隊司令長官は?
→ジェームズ・ビッドル(米)
安政の改革を断行した幕末の老中首座で、アメリカの軍人ペリーの要求を飲んで日米和親条約を締結し、鎖国政策を終わらせたのは?
→阿部正弘(あべまさひろ)
安政の大獄で処刑された松下村塾で多くの幕末の志士を育てた思想家は?
→吉田松陰
越前福井藩主・松平春嶽に招かれ福井藩の藩政改革をおこなった熊本藩士で、幕政改革に関わるも1868年に暗殺されたのは?
→横井小楠
江戸時代に新選組の副長として活躍した土方歳三の生家が販売していた薬で、若い頃土方歳三自身も行商していたのは何?
→石田散薬
江戸時代末期に福沢諭吉が開いた蘭学塾を始まりとする、日本の私立大学は○○○○大学?
→慶應義塾大学
江戸幕府の第15代将軍徳川慶喜が政権を朝廷に返す「大政奉還」が行われたのは西暦何年?
→1867年
鹿児島の城山で西郷隆盛が自刃した時、介錯を務めた薩摩藩の軍人は?
→別府晋介(べっぷしんすけ)
勝海舟、山岡鉄舟とともに「幕末の三舟」と呼ばれた江戸幕府の幕臣は?
→高橋泥舟
京都見廻組を率いた会津藩出身の武士で、坂本龍馬・中岡慎太郎暗殺の実行犯とされているのは?
→佐々木只三郎(ささきたださぶろう)
現在の高知県で漁師をしていた1841年に遭難してアメリカに渡り、帰国後は幕府の通訳を務めた人物はジョン○○○?
→ジョン万次郎
皇女・和宮と結婚した江戸幕府第14代将軍は?
→徳川家茂(いえもち)
近藤勇の養子となった谷周平と結婚した医者の娘で、小説などで沖田総司への恋が描かれている人物は?
→岩田コウ
坂本龍馬が14歳で入門した現在の高知市にあった剣術の道場は○○○道場?
→日根野道場
桜田門外で井伊大老を斬った有村次左衛門の実の兄である幕末の薩摩藩士で、生麦事件の当事者でもあったのは?
→海江田信義(かいえだのぶよし)(落馬後にリチャードソンに止めをさした)
自分の山荘の勤皇の志士を度々匿っていた幕末の女流歌人で、高杉晋作の辞世の句に下の句を付け足したといわれるのは?
→野村望東尼(のむらもとに)
新撰組幹部の生き残り永倉新八による口述を記録した新撰組を知る上で貴重な資料は『新撰組○○○』?
→新撰組顛末記(てんまつき)
新選組の前身となったグループは○○○○組?
→壬生浪士組
新選組の黎明期に芹沢鴨、近藤勇と共に局長を務めた人物で、副長に降格した後1863年に切腹させられたのは?
→新見錦
西南戦争では熊本鎮台司令長官として熊本城を死守した人物で明治新政府では第1次伊藤内閣の初代農商務大臣を務めたのは?
→谷干城(たにたてき)
造船・橋梁などの分野で活躍した幕末・明治初期の長崎県出身の実業家で、日本における活版印刷の先駆者として有名なのは?
→本木昌造
高村光雲に師事した彫刻家で高知県高知市の桂浜にある坂本竜馬の像を制作したことで有名なのは誰?
→本山白雲
手塚治虫の漫画『陽だまりの樹』に登場する作者自身の祖先にあたる幕末の医者は?
→手塚良仙(てづかりょうせん)
日米修好通商条約の批准書交換のため、勝海舟を艦長として1860年に渡米した江戸幕府の軍艦の名前は?
→咸臨丸
日米和親条約が締結されたのは西暦1854年ですが、日米修好通商条約が締結されたのは西暦何年?
→1858年
後の海援隊の前身である坂本龍馬が長崎で結成した貿易結社は?
→亀山社中
幕末に会津藩の柴司が、長州系浪士と間違えて土佐藩士・麻田時太郎に傷を負わせ、双方が切腹した事件を○○○亭事件という?
→明保野亭事件 (柴司しばつかさ)(1864年に会津藩士・柴司が長州藩浪士と誤って土佐藩士を斬りつけ、切腹する結果となった事件は「○○○亭事件」?(スロット)→明保野亭事件(あけぼのていじけん))
幕末に薩長同盟を結ぶなど大規模な藩政改革を行い倒幕を果たした、長州藩の第14代藩主は?
→毛利敬親(もうりたかちか)
幕末に武市半平太が結成したのは○○○○党?
→土佐勤王党
幕末に日本で商会を設立して薩長に船舶や武器を売り、倒幕の黒幕となった人物はトーマス・○○○○?
→トーマス・グラバー
幕末に長崎に設立されたグラバー商会は、香港のジャーディン・○○○○商会の代理店という扱いだった?
→ジャーディン・マセソン商会
幕末の1861年に対馬の芋崎を不法に占拠した、ロシア帝国海軍中尉ビリリョフが率いた軍艦は○○○○○○号?
→ポサドニック号
幕末の1862年に下岡蓮杖が横浜野毛町に開業した日本最初の営業写真館の名前は?
→全楽堂(ぜんらくどう)
幕末の1864年に藩の俗論派によって萩の野山獄で処刑された長州藩士11人のことを総称して「○○○○十一烈士」という?
→甲子殉難十一烈士(きのえねじゅんなん11れっし)
幕末のお由羅騒動の末に薩摩藩の第11代藩主となった人物で西郷隆盛や大久保利通を見出し藩の近代化に務めたのは?
→島津斉彬
幕末の熊本藩士・横井小楠が1860年に福井藩の藩政改革を目指して執筆した著書は?
→国是三論
幕末の尊皇攘夷運動の中心人物で浪士組を結成し倒幕をもくろむも近藤勇ら反対派によって新選組が誕生するきっかけとなったのは?
→清河八郎
幕末の長州藩で、村田清風や桂小五郎らと対立した保守派の中心人物で、1865年に改革派に捕らえられ処刑されたのは?
→椋梨藤太(むくなしとうた)
福島県会津若松市神指町には石像がある、戊辰戦争で会津藩娘子軍の一員として奮闘するも戦死した薙刀の名手は?
→中野竹子
戊辰戦争では蝦夷共和国の陸軍奉行に就任している人物で明治以降は駐清特命全権公使や枢密顧問官を務めたのは?
→大鳥圭介
戊辰戦争において、上野寛永寺に立てこもり、新政府軍と戦った旧幕府軍の組織は?
→彰義隊
戊辰戦争において、新政府軍と戦い、飯盛山で集団自決した会津藩士の10代の男子のみで結成された組織は?
→白虎隊
明治維新後の1868年に慶応義塾を創立した啓蒙思想家は?
→福沢諭吉
明治維新史の貴重な史料である明治初期の駐日イギリス公使アーネスト・サトウの著書は『○○○○の見た明治維新』?
→一外交官の見た明治維新
明治維新の政策で土地と人民を朝廷に返すのを版籍奉還といいましたが、藩を廃止し府県を置いたのは何と呼んだ?
→廃藩置県
明治時代初期に流行し文明開化の象徴とされた髪型は○○○○頭?
→ざんぎり頭
明治初期の1874年に発行された吉田松陰、久坂玄瑞ら、幕末に活躍した志士たちの歌を集めた和歌集は「○○○○百首」?
→義烈回天百首(ぎれつかいてん100しゅ)
山内豊信に登用されて藩政改革を推進したものの、勤皇党に暗殺された幕末の土佐藩士は?
→吉田東洋
吉田松陰が安政の大獄で投獄された時、弟子たちに向けた遺書として獄中で書いた書物のタイトルは?
→留魂録
吉村貫太郎ら尊皇攘夷派が1863年に起こした天誅組の変に主将として参加した江戸時代末期の公家は?
→中山忠光(なかやまただみつ)
幕末の実在の人物となって明治維新を成し遂げるコーエーの歴史ゲームは?
→維新の嵐
ここの地名の由来にもなった幕末の砲術家は?(画像)
→高島秋帆(たかしましゅうはん)
坂本龍馬も隠れ住んだ、長崎にあるこの建物は○○○○邸?(画像)
→グラバー邸
東京の松陰神社に再現されたこの建物は「○○○塾」?(画像)
→松下村塾
幕末にこの砲台を造った幕臣は?(画像)
→江川英龍

幕末に新撰組が甲陽鎮撫隊と名前を変えた時に、局長の近藤勇が名乗った名前は?ですが、
→大久保剛(おおくぼつよし)(甲陽鎮撫隊 こうようちんぶたい)
幕末に新撰組が甲陽鎮撫隊と名前を変えた時に、土方歳三が名乗った名前は?
→内藤隼人(ないとうはやと)
1867年に坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺された京都の醤油屋は?ですが、
→近江屋(1867)
1864年に新選組が尊皇攘夷派を襲撃した京都・三条にあった旅館は?
→池田屋(1864)
その前年の1866年に坂本龍馬が奉行所の襲撃を受け、命からがら逃げ延びた京都・伏見の旅館は?
→寺田屋(1866)
1862年に長崎に写真館を開いて西南戦争や坂本龍馬の写真を撮影した「日本の写真の祖」といえば?ですが、
→上野彦馬
ハリスの通訳であるヒュースケンから写真の基礎を学び、横浜に写真館を開いたのは?
→下岡蓮杖
坂本龍馬の剣の流派は○○○○流?ですが、
→北辰一刀流
新選組局長・近藤勇の剣の流派は○○○○流?
→天然理心流
--------------------
[明治]
1870年に明治新政府が出した天皇を神格化し、神道を国教と定めた詔は○○○○の詔?
→大教宣布の詔
1871年に来日し開拓使御雇教師頭取兼開拓顧問として、北海道の開発に尽力したアメリカ人はホーレス・○○○○?
→ホーレス・ケプロン(Horace Capron)
1876年に長州藩で明治政府に対する「萩の乱」を起こし、首謀者として奥平謙輔と共に処刑された人物は?
→前原一誠 (奥平謙輔 おくだいらけんすけ)
1883年から高知県の土陽新聞に連載された坂崎紫瀾の小説で、坂本龍馬の生涯が世に知られるきっかけとなったのは?
→汗血千里駒(かんけつせんりのこま)
アメリカ独立宣言の全文を翻訳したものも収録されている福沢諭吉が欧米諸国の様子を記した著書のタイトルは?
→西洋事情
明治維新後、第1次伊藤内閣で初代司法大臣を務めた長州藩出身の人物で、日本大学の創設でも知られるのは?
→山田顕義
明治新政府で参与職外国事務掛を務めた後、初代大阪税関長となり、大阪の商業発展に尽力した幕末・明治期の実業家は?
→五代友厚

--------------------
[意味まとめ]
幕末に会津藩の柴司が、長州系浪士と間違えて土佐藩士・麻田時太郎に傷を負わせ、双方が切腹した事件を○○○亭事件という?
→明保野亭事件(あけぼのていじけん)(柴司 しばつかさ)
1864年に会津藩士・柴司が長州藩浪士と誤って土佐藩士を斬りつけ、切腹する結果となった事件は「○○○亭事件」?(スロット)
→明保野亭事件(あけぼのていじけん)
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:38:10|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 並べ替え

--------------------
1854年に江戸幕府がアメリカのペリーと結んだ条約は?
→日米和親条約
1858年に日米修好通商条約締結の勅許打診を巡り、岩倉具視らが起こした公家による抗議行動を○○○○○○○○事件という?
→廷臣八十八卿列参(ていしん88きょうれっさん)
1868年1月3日に発せられた政権を朝廷に移すことを述べた宣言といえば何?
→王政復古の大号令
1868年に京都で行われた戊辰戦争の口火を切った戦いは?
→鳥羽伏見の戦い
「村田蔵六」と名乗っていたこともある戊辰戦争では彰義隊を討った幕末の兵学者といえば?
→大村益次郎
ペリーを日本に派遣したアメリカの第13代大統領は?
→フィルモア (ミラード・フィルモア)
浅田次郎の小説にも描かれた新選組・芹沢鴨と愛人・お梅の暗殺現場に居合わせたといわれている芸者は?
→輪違屋糸里
新選組の二番隊隊長を務めた永倉新八が愛用していた太刀の名前は?
→播州住手柄山氏繁 (ばんしゅうじゅう てがらやま うじしげ)
新橋-横浜間の蒸気機関車より7年も先がけて、1865年にグラバーが長崎の大浦海岸に走らせた蒸気機関車は?
→アイアンデューク号
後に咸臨丸となる軍艦ヤパン号を率いて来日したオランダの海軍軍人は?
→カッテンダイケ
幕末、東海道筋で発生した熱狂的な民衆の乱舞を何という?
→ええじゃないか
幕末に伊藤博文た長州五傑が横浜を出航をする際に乗ったジャーディン・マセソン社の船は○○○○○○○○号?
→チェルスウィック号
幕末にジョン万次郎を助けたジョン・ハウランド号の船長で万次郎を養子に迎えたのは?
→ホイットフィールド
幕末に土佐藩の亀山社中が有していた薩摩名義の帆船で1866年に暴風雨のため長崎沖で座礁して沈没したのは?
→ワイルウェフ号
幕末の思想家・吉田松陰の辞世の句は「身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも○○○○○○○○○」?
→留め置かまし大和魂
幕末の戊辰戦争において明治天皇から錦旗を与えられ奥羽征討総督として官軍の指揮を執った、後の陸軍大将は?
→仁和寺宮嘉彰親王(にんなじみや よしあきしんのう)
幕末の戊辰戦争の最中に奥羽諸藩が結成した同盟 奥羽越列藩同盟の盟主に祀り上げられた人物は?
→輪王寺宮公現法親王(りんのうじのみや くげんほっしんのう)
戊辰戦争のとき新政府軍に対抗して結成された東北・越後諸藩の軍事同盟は?
→奥羽越列藩同盟
明治元年に箱館府知事に就任した公家で、戊辰戦争で榎本武揚が函館に蝦夷共和国を建国すると撤退し、青森に逃げたのは誰?
→清水谷公考(しみずだにきんなる)
--------------------
[明治]
1868年に明治天皇が発布した新政府の基本方針を何という?
→五箇条の御誓文
1875年に開かれた大阪会議の結果出された、明治政府が立憲政治を人民に約束した最初の文書は○○○○○○○○の詔?
→漸次立憲政体樹立の詔(ぜんじりっけんせいたいじゅりつ)
1876年に来日し、工部美術学校の教師として洋画を指導し、浅井忠らを育てたイタリアの画家はアントニオ・○○○○○○○?
→アントニオ・フォンタネージ(Antonio Fontanesi)
福澤諭吉が、個人と国家の独立自立を説いた著書の題名は?
→文明論之概略(ぶんめいろんのがいりゃく)(1875)
明治初期に起こった不平士族の反乱のうち、1876年に熊本で起こったものを何という?
→敬神党の乱
明治初めに北海道開拓使として来日し、北海道の酪農加工業や競走馬育成に尽力した人物で、後に駐日米国公使となったのは?
→エドウィン・ダン(Edwin Dun)
--------------------
2010年放送のNHK大河ドラマ『龍馬伝』のオープニングテーマを歌うオーストラリア出身の女性アーティストは?
→リサ・ジェラルド
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:37:45|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 連想

--------------------
[未分類]
幕末に衝鋒隊を結成/1869年に五稜郭の戦闘で死去/蝦夷共和国では歩兵頭を担当/高松凌雲の実兄
→古屋佐久左衛門(ふるやさくざえもん)(幕末の箱館戦争に参加し、敵味方の区別なく治療したという医師で後に民間救護団体の先駆けである同愛社を創設したのは?(スロット)→高松凌雲)
衝鋒隊の副隊長として活躍/蝦夷共和国では陸海軍裁判頭取/幕末に京都見廻組に参加/坂本竜馬暗殺実行犯の説あり
→今井信郎(いまいのぶお)
掛川藩出身の幕末の幕臣/下関戦争に朝陽丸艦長で参加/箱館戦争に旧幕府軍として参加/回天丸の艦長として戦死
→甲賀源吾(こうがげんご)
「土佐の三奇童」の一人/土佐勤王党の中心人物/私塾で中岡慎太郎らを指導/平井収二郎、弘瀬健太と共に切腹
→間崎哲馬 (土佐の三奇童=間崎哲馬,岩崎馬之助,細川潤次郎)
海援隊の中心人物として活躍/天誅組の変に参加/維新後は千葉県知事に/下関海戦でユニオン号の指揮
→石田英吉(いしだえいきち)
幕末の尊皇攘夷派志士/別名・本山七郎/蝦夷地・北方開拓を計画/池田屋事件で新選組により殺害
→北添佶摩
坂本龍馬の海援隊に参加/別名・関雄之助/土佐藩を脱藩し勝海舟の門下へ/薩摩藩士・川端平助を殺害し切腹
→沢村惣之丞(さわむらそうのじょう)
ユニオン号購入斡旋に尽力/実家は饅頭屋/坂本龍馬と亀山社中を設立/イギリス留学計画が露見し切腹
→近藤長次郎
新政府で民部大輔、参議を歴任(みんぶだいゆう)/長州藩の中心人物として活躍/旧名は波多野金吾/1871年何者かによって暗殺
→広沢真臣(ひろさわさねおみ)
司馬遼太郎の小説『峠』/戊辰戦争で負傷し死去/小千谷裁判/長岡藩の藩政改革に尽力
→河井継之助
プチャーチン初来航時の軍艦/遣唐使の通常の編成/ミッドウェー海戦で失った空母/ペリー初来航時の黒船
→4隻

--------------------
[水戸藩士]
幕末の水戸藩士/尊皇攘夷派/兄は山国兵部/天狗党挙兵時の主将
→田丸稲之衛門(たまるいなのえもん)
幕末の水戸藩士/尊皇攘夷の指導者的存在/安藤信正暗殺を計画/山本旗郎らによって暗殺
→住谷寅之介(すみやとらのすけ)
幕末の水戸藩士/別名・磯辺三郎兵衛/桜田門外の変の首謀者/1860年潜伏先の大阪で自害
→高橋多一郎
幕末の水戸藩士/別名・三好貫太郎/尊皇攘夷の過激派/桜田門外の変の実行隊長
→関鉄之介
幕末の水戸藩士/尊皇攘夷派/徳川斉昭に仕える/天狗党の首領
→武田耕雲斎
幕末の水戸藩士/尊皇攘夷の過激派/天狗党の乱を挙兵/父・東湖は学者
→藤田小四郎
幕末の水戸藩家老/天狗党の乱を平定/1869年に捕縛され処刑/保守派の諸生党を結成
→市川三左衛門
幕末の水戸藩家老/藩内の尊皇攘夷派を統率/天狗党の乱で幕府により捕縛/1865年古河藩内で切腹
→榊原新左衛門
幕末の水戸藩の学者/『大日本史』編纂に尽力/著書『中興新書』『仏事志』/彰考館の総裁
→豊田天功(とよだてんこう)
水戸藩で活躍/江戸時代末期の教育家/門人に香川敬三、飯田軍蔵/私塾「日新塾」を経営
→加倉井砂山
--------------------
[長州藩士]
幕末の長州藩士/吉田松陰の叔父/萩の乱の責任をとって自刃/松下村塾を開設
→玉木文之進
幕末の長州藩士/妻は京都の芸妓・幾松/変装の名人/「桂小五郎」として知られる
→木戸孝允
幕末の長州藩士/松下村塾に学ぶ/愛人「おうの」が肺結核を看病/奇兵隊を結成
→高杉晋作
幕末の長州藩士/松下村塾に学ぶ/吉田松陰の妹婿/禁門の変で破れて自刃
→久坂玄瑞
幕末の長州藩士/私塾・敬神党を開設/宮廷絵師・冷泉為恭を暗殺/応変隊により久留米で斬殺
→大楽源太郎
幕末の長州藩士/遊撃隊を組織/急進派として京都進撃を主張/禁門の変で戦死
→来島又兵衛
幕末の長州藩士/1863年に遊撃隊を組織/別名・森鬼太郎/禁門の変で戦死
→来島又兵衛
幕末の長州藩士/甲子殉難十一烈士の一人/1863年イギリス公使館を襲撃/長州藩の初代海軍総督
→松島剛蔵(まつしまごうぞう)
幕末の長州藩士/奇兵隊の参謀として活躍/松門四天王の一人/禁門の変で戦死
→入江九一
幕末の長州藩士/能美隆庵らと嚶鳴社を結成(のうみりゅうあん)(おうめいしゃ政治結社)/高杉晋作らの活動を支援/藩内の権力争いに敗れ切腹
→周布政之助(すふまさのすけ)
幕末の長州藩士/第二次長州征討で活躍/龍馬の死後お龍を高知に送る/寺田屋事件で龍馬を救う(1866,近江屋事件1867)
→三吉慎蔵(みよししんぞう)
幕末の長州藩家老/尊皇攘夷運動を推進/禁門の変に参加/長州征伐の責任を取って自害
→福原越後(ふくはらえちご)
幕末の長州藩直目付/権力争いに敗れ1863年に切腹/尊皇攘夷派と対立/藩主に「航海遠略策」を建白
→長井雅楽(ながいうた)
幕末の長州藩家老/著書『海防糸口』『病翁寝言』/下関に越荷方を設置/長州藩の財政再建に尽力
→村田清風
--------------------
[土佐藩士]
幕末期の土佐藩士/別名・今井純正/船中八策を起草/海援隊の二番隊隊長
→長岡謙吉
幕末期の土佐藩士/別名・石川誠之助/近江屋事件で暗殺/陸援隊の創設者
→中岡慎太郎
幕末期の土佐藩士/土佐藩を脱藩し長州藩へ/坂本龍馬の亀山社中に参加/ワイルウェフ号の沈没で死去
→池内蔵太(いけくらた)
幕末期の土佐藩士/土佐勤王党の創設者/行友李風の戯曲で有名/通称は半平太
→武市瑞山
幕末期の土佐藩士/土佐勤王党に参加/三条実美に仕える/第1次伊藤内閣の農商務大臣
→土方久元(ひじかたひさもと)(第1次伊藤内閣農商務大臣=谷干城→土方久元→黒田清隆)
幕末期の土佐藩士/土佐勤王党に参加/寺田屋事件で投獄/天誅組の変の首謀者
→吉村虎太郎
幕末期の土佐藩士/土佐勤王党に参加/天誅組の乱で戦死/吉田東洋暗殺の実行犯
→那須信吾
幕末期の土佐藩士/戊辰戦争で長崎奉行所を占領/維新後は参議、枢密顧問官に/「土佐三伯」の一人
→佐々木高行 (土佐三伯=板垣退助,後藤象二郎,佐々木高行)
幕末期の土佐藩家老/那須信吾の甥/陸援隊の副隊長として活躍/明治では警視総監、宮内大臣
→田中光顕
幕末の土佐藩家老/改革派「新おこぜ組」の一員/薩土盟約を締結/五箇条の御誓文草案作成に関与
→福岡孝悌(ふくおかたかちか)(五箇条の御誓文は、由利公正が起草し,福岡孝悌が修正を加え,木戸孝允が訂正)
幕末の土佐藩家老/明治新政府で刑部大輔に/坂本龍馬と共に武器調達に尽力/旧名は渡辺弥久馬
→斎藤利行
--------------------

幕末の儒学者/勤王の志士として活躍/安政の大獄で処刑/父は山陽
→頼三樹三郎(らいみきさぶろう)
幕末の儒学者/安政の大獄により獄中で病死/大津で湖南塾を開校/小浜藩出身
→梅田雲浜(うめだうんぴん)
幕末の儒学者/京都の町人出身/安政の大獄で処分/岡田以蔵に暗殺される
→池内大学(いけうちだいがく)
幕末の長岡藩士/1868年長岡藩大参事に就任/「象門の二虎」の一人/「米百俵」の逸話で有名
→小林虎三郎(こばやしとらさぶろう)
美濃赤坂出身の幕末の志士/1863年長州藩邸内の医院総督に/京都で医者として開業/1864年重傷の井上馨を手術で救う
→所郁太郎(ところいくたろう)

日本で初めてパンを製造/名は英竜/品川に台場を築造/韮山に反射炉を築造
→江川太郎左衛門
大阪城から徳川慶喜を江戸へ運ぶ/蝦夷共和国では開拓奉行を担当/オランダから軍艦開陽丸で帰国/西洋式火薬製造法を日本に導入
→澤太郎左衛門(さわたろうざえもん)
幕末の技術者/長崎県出身/鳥居耀蔵の陰謀で10年獄中に/日本の洋式砲術の先駆者
→高島秋帆
江戸時代末期の幕臣/西洋流砲術の普及に尽力/高島秋帆の弟子/1863年歩兵奉行に就任
→下曽根信敦(しもそねのぶあつ)

明治新政府で初代逓信大臣(ていしん)/樺太・千島交換条約を締結/1888年電気学会初代会長に就任/箱館戦争で蝦夷共和国総裁に就任
→榎本武揚
日本初の合金製金属活版を作成/明治後は駐清国特命全権公使に/函館の四稜郭を設計/箱館戦争で蝦夷共和国の陸軍奉行
→大鳥圭介
箱館戦争において活躍/箱館政権では海軍奉行を担当/幕末に海軍で活躍/初代中央気象台長
→荒井郁之助

「佐賀の七賢人」の一人/1867年のパリ万博に参加/第1次松方内閣で農商務大臣/1877年に博愛社を創設
→佐野常民
「佐賀の七賢人」の一人/西洋の軍事技術を積極的に導入/別名「そろばん大名」/幕末期の佐賀藩主
→鍋島閑叟(なべしまかんそう,鍋島直正)

福井藩士/前名は三岡八郎/民撰議院設立建白に連署/五箇条の御誓文を起草
→由利公正
豊前中津藩出身/「ヴ」の表記を考案/慶應義塾を創立/『学問のすゝめ』
→福沢諭吉
明六社を設立した政治家/国粋主義者・西野文太郎に暗殺(にしのぶんたろう)/港区三田の坂の名前になっている/初代文部大臣
→森有礼
第2代学習院院長/死の直前の中岡慎太郎に会う/初代農商務大臣/西南戦争で熊本城を死守
→谷干城(たにたてき)
土佐勤王党に参加/維新後は自由党の副総理に/海援隊や陸援隊で活躍/初代衆議院議長
→中島信行
幕末・明治期の政治家/海水浴を奨励して定着に尽力/弟は外務大臣・林董(はやしただす)/初代陸軍軍医総監
→松本良順(まつもとりょうじゅん)

--------------------
[侠客]
江戸時代の侠客/行友李風の新国劇で有名/本名は長岡忠次郎/「赤木の山も今宵限り」
→国定忠治(くにさだちゅうじ)
江戸時代の侠客/国定忠治は弟分/現在の群馬県出身/本姓は田島(田島栄五郎)
→大前田英五郎(おおまえだえいごろう)
幕末の侠客/本姓は小池/尊皇攘夷運動に参加/甲州博徒の大親分
→黒駒勝蔵(くろこまのかつぞう)
幕末・明治の侠客/本名は上坂仙吉/新撰組の密偵として活躍/松平容保に協力
→会津小鉄(あいづこてつ)
(侠客(きょうかく)=強きを挫き、弱きを助ける事を旨とした「任侠を建前とした渡世人」の総称)
----------------------
兄は土佐勤王党の志士/土佐藩の西山志澄と結婚/坂本龍馬の初恋の人物/『龍馬伝』では広末涼子が演じる
→平井加尾(ひらいかお)(平井収二郎)(西山志澄,にしやまゆきずみ)
寺田屋に奉公する/坂本龍馬と結婚/晩年は横須賀で酒びたりの生活に/『龍馬伝』で真木よう子が演じる
→楢崎龍(ならさきりょう)
坂本龍馬と婚約を交わしたとも/生涯独身を貫いた/北辰一刀流の使い手「鬼小町」/『龍馬伝』での役は貫地谷しほり
→千葉佐那子(ちばさなこ)
--------------------
新選組の隊士/武蔵国で生まれる/愛刀の名前は「虎徹」/新選組局長
→近藤勇
新選組の隊士/武蔵国で生まれる/箱館の五稜郭で戦死/副長として活躍
→土方歳三
新選組の隊士/武蔵国で生まれる/一番隊隊長を務めた天才剣士/肺を患い死去
→沖田総司
--------------------
幕末の四賢侯/井伊直弼と対立/号は「春嶽」/福井藩士
→松平慶永
幕末の四賢侯/安政の大獄で隠居処分/日清修好条規を締結/宇和島藩主
→伊達宗城
幕末の四賢侯/自称「鯨海酔候」/徳川慶喜に大政奉還を建白/土佐藩主
→山内容堂
幕末の四賢侯/藩営工場集成館を設立/日本初の写真のモデル/薩摩藩主
→島津斉彬
--------------------
幕末の長州藩士/長州五傑の一人/ハルビンで暗殺/日本の初代総理大臣
→伊藤博文 (黒竜江省の哈爾浜で1909年に安重根により暗殺)
幕末の長州藩士/長州五傑の一人/黒田内閣で農商務大臣/伊藤内閣で初代外務大臣
→井上馨(いのうえかおる)
幕末の長州藩士/長州五傑の一人/日本における鉄道の父/小岩井農場を設立
→井上勝(いのうえまさる)
幕末の長州藩士/長州五傑の一人/大阪の造幣局長に就任/「桜の通り抜け」を発案
→遠藤謹助(えんどうきんすけ)(造幣局=大阪の桜ノ宮駅周辺。桜の観光名所)
幕末の長州藩士/長州五傑の一人/塙忠宝を暗殺/法制局の初代長官
→山尾庸三(やまおようぞう)(伊藤博文と山尾庸三の2人に暗殺された幕末の国学者「塙忠宝」→塙忠宝(はなわただとみ))
--------------------
幕末の人斬り/薩摩藩士/示現流の達人/姉小路公知暗殺の嫌疑で自刃
→田中新兵衛
幕末の人斬り/薩摩藩士/前名は中村半次郎/西南戦争で自刃
→桐野利秋
幕末の人斬り/土佐藩士/武市瑞山に師事/勝海舟の護衛をしたことも
→岡田以蔵 (鏡心明智流)
幕末の人斬り/肥後藩士/高田源兵衛と改名/佐久間象山を暗殺
→河上彦斎(かわかみげんさい)(我流)
----------------------
幕末・明治期の技術者/広瀬淡窓の咸宜園で学ぶ/日本写真界の先駆者/日本初の天体写真を撮影
→上野彦馬
幕末・明治期の技術者/狩野派の画家/ヒュースケンに写真技術を学ぶ/日本初の営業写真館を開業
→下岡蓮杖
幕末・明治期の技術者/幕府の通詞としても活躍/日本初の鉄橋を長崎に建設/日本活版印刷の先駆者
→本木昌造
幕末・明治期の蘭学者/著書『化学新書』/日本で初めてマッチ製造に成功/日本で初めてビール醸造に成功
→川本幸民(かわもとこうみん)
幕末・明治期の実業家/『和英語林集成』刊行に尽力/楽善堂を創業し売薬業で成功/息子の劉生は洋画家
→岸田吟香
----------------------
安政3年、下田に来日/アメリカの初代駐日総領事/唐人お吉との恋物語が有名/日米修好通商条約を締結
→タウンゼント・ハリス(Townsend Harris)
イギリスの外交官/駐日公使パークスの部下/四国艦隊の下関砲撃に立ち会った/『一外交官の見た明治維新』
→アーネスト・サトウ(Ernest Satow)
スコットランド生まれ/明治以降は高島炭鉱を経営/薩長に船舶や武器を売った商人/邸宅跡は長崎の観光名所
→トーマス・グラバー(Thomas Glover)
--------------------
[事件]
1860年に起きた事件/有村次左衛門/尊皇派の水戸浪士が実行/大老・井伊直弼を襲撃
→桜田門外の変(1860)
1862年に起きた事件/公武合体運動/尊攘派の水戸浪士が実行/老中・安藤信正を襲撃
→坂下門外の変(1862)
公家の中山忠光が大将/大和五條の代官所を焼討ち/土佐の吉村寅太郎が活躍/江戸幕府に対する幕末最初の反乱
→天誅組の変(1863)
1864年/水戸藩/武田耕雲斎や藤田小四郎/筑波山事件
→天狗党の乱(1864)
1864年/舞台は京都/長州藩対諸藩/別名「禁門の変」
→蛤御門の変(1864)

1872年の事件/娼妓解放令のきっかけ/日本が苦力の開放を命じた/横浜に寄港したペルー船
→マリア・ルース号事件(1872)(娼妓(しょうぎ)=遊女)(横浜港に停泊中のマリア・ルス号(ペルー船籍)内の清国人苦力を奴隷であるとして日本政府が解放した事件)
京都の河原町通り/営んでいたのは井口新助/醤油屋/坂本龍馬が暗殺された場所
→近江屋 (近江屋=1867,坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺された事件)(池田屋=1864,長州藩土佐藩などの尊王攘夷派志士を新選組が襲撃した)

---------------------
[長州征討(1次1864年,2次1866年)]
第二次長州征討の戦い/幕府軍が山陰道から侵攻/長州軍は大村益次郎が指揮/福山藩、浜田藩、紀州藩が参加
→石州口の戦い(せきしゅうぐち)(山陰)(島根方面)(島根県浜田市)
第二次長州征討の戦い/幕府軍が山陽道から侵攻/紀州藩と長州・岩国藩が激突/小瀬川口の戦いで開始
→芸州口の戦い(げいしゅうぐち)(山陽)(広島方面)(こせがわぐち)
第二次長州征討の戦い/幕府軍の主力は松山藩/長州藩を率いたのは世良修蔵/高杉晋作の奇襲作戦が成功
→大島口の戦い(おおしまぐち)(愛媛方面,南東)(防予諸島,周防大島,山口県南東)
第二次長州征討の戦い/幕府軍の総督は小笠原長行(ながみち)/長州藩の主力は奇兵隊と報国隊/高杉晋作、山縣有朋が参加
→小倉口の戦い(こくらぐち)(関門海峡)

長州征伐は、1860年代に、江戸幕府と毛利氏長州藩の間で2次にわたって行われた戦いである。
第二次の長州征討は第二次幕長戦争とも、また幕府軍が小倉口、石州口、芸州口、大島口の4方から攻めたため、長州側では四境戦争と呼ばれる。
第二次征伐の失敗によって、幕府の武力が張子の虎であることが知れわたると同時に、長州藩と薩摩藩への干渉能力がほぼ無くなる結果を招いた。
そのため、この敗戦が徳川幕府滅亡をほぼ決定付けたとする資料も見られる。

---------------------
[戊辰戦争]
鳥羽・伏見の戦いにおける戦闘/稲葉正邦が旧幕府軍の入城を拒否/新選組の井上源三郎が戦死/旧幕府軍は新政府軍に惨敗
→淀の戦い (京都府)
鳥羽・伏見の戦いにおける戦闘/吉村貫一郎が行方不明に/佐々木只三郎、山崎烝(すすむ)が重傷/津藩の裏切りで新政府軍が勝利
→橋本の戦い (京都府)
戊辰戦争における戦闘/旧幕府軍側が薩摩藩に勝利/春日丸、翔凰丸、平運丸/旧幕府軍の開陽丸が活躍
→阿波沖海戦 (徳島県)
戊辰戦争における戦闘/新政府軍の指揮官は板垣退助/甲陽鎮撫隊と新政府軍の戦闘(こうようちんぶたい)/旧幕府軍の指揮官は近藤勇
→甲州勝沼の戦い (山梨県甲州市)
戊辰戦争における戦闘/旧幕府軍の中心は伝習隊/新選組の土方歳三が参加/二荒山神社が消失
→宇都宮城の戦い (栃木県宇都宮市)
戊辰戦争における戦闘/旧幕府軍の主力は撤兵隊/旧幕府軍の指揮官は榎本武揚/江戸城無血開城後初の本格的戦闘
→船橋の戦い (千葉県船橋市ふなばしし)
会津戦争における戦闘/城を巡る攻防戦/新政府軍の参謀は伊地知正治(いぢちまさはる)/列藩同盟軍の総督は西郷頼母(さいごうたのも)
→白河口の戦い (福島県白河市)
会津戦争における戦闘/城を巡る攻防戦/少年兵が戦死する悲劇/三春藩の裏切り
→二本松の戦い (福島県二本松市)
会津戦争における戦闘/新政府軍の主力は薩摩藩と土佐藩/旧政府軍の指揮官は大鳥圭介/十六橋を制圧され勝負有り(じゅうろっきょう)
→母成峠の戦い(ぼなりとうげ)(福島県郡山市)
箱館戦争における戦闘/旧幕府軍の指揮官は荒井郁之助/甲賀源吾、野村利三郎が戦死/旧幕府軍による奇襲攻撃
→宮古湾海戦 (岩手県宮古市)
箱館戦争における戦闘/新政府軍の指揮官は駒井政五郎/旧幕府軍の指揮官は土方歳三/旧幕府軍が敗れ五稜郭へ撤退
→二股口の戦い (北海道)
鳥羽・伏見 - 淀 - 橋本 - 阿波沖 - 甲州勝沼 - 宇都宮城 - 今市 - 市川・船橋 - 五井戦争 -
上野 - 北越戦争 - 八丁沖 - 会津戦争 - 白河口 - 磐城 - 二本松 - 母成峠 - 旗巻峠 - 秋田戦争 - 宮古湾 - 箱館戦争 - 二股口 - 箱館湾

---------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:37:21|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 四択

--------------------
[幕末]
1854年の日米和親条約で開かれた港は下田とどこ?
→箱館
1860年に太平洋横断を果たした咸臨丸が到着した都市は?
→サンフランシスコ
1860年の桜田門外の変で井伊直弼を襲ったのは主に何藩の浪士?
→水戸藩
1864年の池田屋事件に参加した新選組の隊員のうち当日戦死した唯一の人物は?
→奥沢栄助(おくざわえいすけ)(池田屋事件1864=長州藩土佐藩などの尊王攘夷派志士を新選組が襲撃した事件)
1865年に高杉晋作が長州藩内で起こしたクーデター事件「回天義拳」で、挙兵した場所である山口県下関市の寺は?
→功山寺(こうざんじ)
1865年の水戸天狗党の乱で天狗党が最終的に投降した場所は現在の何県?
→福井県
1866年に薩摩藩と長州藩の薩長同盟が結ばれたのは誰の屋敷?
→小松帯刀
2010年放送の大河ドラマ『龍馬伝』は、誰の回想という視点で描かれている?
→岩崎弥太郎
「高知龍馬空港」という愛称を持つ高知空港があるのは高知県何市?
→高知県南国市
ジョン万次郎を助けたジョン・ハウランド号はどんな船?
→捕鯨船
江戸幕府第13代将軍・徳川家定の正室・篤姫が家定の死後に出家して名乗った名前は?
→天璋院
江戸幕府の14代将軍・徳川家茂は御三家・御三卿のうちの何家の出身?
→紀伊徳川家
坂本龍馬が暗殺された京都の近江屋跡地に現在建てられているコンビニチェーンは?
→サークルKサンクス (近江屋事件1867=坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺された事件)
松下村塾で多くの幕末の志士を育てた、長州藩士の思想家は?
→吉田松陰
新撰組が討幕派を襲撃した「池田屋事件」の舞台となった旅館の跡地に、2009年にオープンした「池田屋」はどんな店?
→居酒屋 (池田屋事件1864=長州藩土佐藩などの尊王攘夷派志士を新選組が襲撃した事件)
新撰組の副長・土方歳三が子供の頃に初めて奉公した奉公先は?
→上野の松坂屋
新撰組を配下に置いた京都守護職・松平容保(かたもり)は何藩の藩主?
→会津藩
次の新撰組の隊員のうち最後に亡くなったのは?
→土方歳三(1869/6/20)(次の新選組の隊員を亡くなったのが早い順に選びなさい 武田観柳斎(1864)→山南敬助(1865)→伊東甲子太郎(1867)→沖田総司(1868)→土方歳三(1869))(×/近藤勇(1868/5/17)/)
幕末・明治初期に活躍した大木喬任、江藤新平といえば何藩の出身?
→佐賀藩
幕末に活躍した儒学者・佐久間象山の妻は誰の妹?
→勝海舟 (勝順子,かつじゅんこ)
幕末に日米修好通商条約の批准書を交換するため日本からアメリカに渡った咸臨丸はどこの国で造られた軍艦?
→オランダ
幕末の1863年に長州藩で起きた教法寺事件で、責任を取って切腹させられた奇兵隊の隊員は?
→宮城彦輔(みやぎひこすけ)
幕末の1866年に反乱を起こして倉敷の代官陣屋を焼払い、総社の浅尾藩陣屋を襲撃したのは何藩の藩士?
→長州藩
幕末の日本が、初めて「和親条約」を結んだ相手国はどこ?
→アメリカ
戊辰戦争時に函館に作られた蝦夷共和国において新撰組の副局長・土方歳三が就任した役職は?
→陸軍奉行並
漫画『るろうに剣心』の主人公のモデルになった人斬りは?
→河上彦斎
本宮ひろ志の漫画『猛き黄金の国』は誰の生涯を描いた伝記?
→岩崎弥太郎
養子になる前は「島崎勝太」という名前だった新選組のメンバーは?
→近藤勇 (島崎勝太,しまざきかつた)

1853年アメリカのペリーは何隻の軍艦を率いて日本に来航した?ですが、
→4隻
1854年アメリカのペリーは何隻の軍艦を率いて日本に来航した?
→7隻
幕末に活躍した人物で号を「海舟」といったのは?ですが、
→勝麟太郎
幕末に活躍した人物で号を「南洲」といったのは?
→西郷隆盛
幕末の日本を支援した駐日公使でロッシュはどこの国の人だった?ですが、
→フランス
幕末の日本を支援した駐日公使でオールコックはどこの国の人だった?
→イギリス

--------------------
[明治]
1871年に行われた廃藩置県によって置かれたのは3府と何県?
→3府302県
1881年に伊藤博文が大隈重信らを政府から追放した事件を何という?
→明治十四年の政変
日本で太陽暦が採用されたのはいつから?
→明治6年(1873年)
明治期に活躍した福澤諭吉は江戸時代何藩の藩士だった?
→中津藩
明治時代にナショナリズムの高揚の中『大日本膨張論』や『将来之日本』を著したのは誰?
→徳富蘇峰
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:36:45|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幕末明治維新検定 ○×

--------------------
[幕末]
1858年の戊午の密勅で孝明天皇が勅書を与えた藩は水戸藩である,○
1864年に京都で禁門の変を起こしたのは長州藩の藩士である,○
1868年、戊辰戦争が火蓋を切ったときの干支は戊辰(つちのえたつ)だった,○
1876年に太田黒伴雄らが起こした明治政府に対する反乱は神風連の乱である,○
1876年に士族の反乱である「神風連の乱」が起こったのは熊本県である,○
1876年に前原一誠らが起こした明治政府に対する反乱は萩の乱である,○
アメリカのペリーが黒船を率いて日本を訪れたのは南北戦争が起こる前である,○ (ペリー来航1853&1854)(南北戦争 The Civil War 1861-1865)
ソフトバンクのロゴは坂本龍馬が結成した海援隊の旗をモチーフにしている,○
安政の大獄が起きた時の江戸幕府将軍は徳川家定である,○ (安政の大獄1858-1859)(徳川家定,13:1853-1858)(×徳川家慶,12:1837-1853)
犬に金玉を噛まれ死にそうになったというエピソードがある幕末の人物は勝海舟である,○
江戸幕府第14代将軍・徳川家茂が亡くなったお城は大阪城である,○ (×二条城)
江戸幕府第14代将軍・徳川家茂は13代将軍・家定のいとこである,○ (徳川家定,13:1853-1858)(徳川家茂(いえもち),14:1858-1866)
坂本龍馬が最後を遂げた京都の近江屋は醤油屋である,○
坂本龍馬が最後を遂げた京都の醤油屋の名前は近江屋である,○ (近江屋事件1867=坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺された事件)(×池田屋事件1864=長州藩土佐藩などの尊王攘夷派志士を新選組が襲撃した)
坂本龍馬の命日は彼の誕生日だった,○ (1867年11月15日)
佐久間象山を暗殺した幕末の人斬りは河上彦斎である,○ (幕末の人斬り/肥後藩士/高田源兵衛と改名/佐久間象山を暗殺→河上彦斎(我流))
桜田門外の変と坂下門外の変。舞台となった「門」は同じ城にあった,○
将軍・徳川慶喜による大政奉還が行われたのは坂本龍馬の死後である,○
日本で最初にネクタイを着用したのはジョン万次郎である,○
日本初の軍歌『宮さん宮さん』を作曲した長州藩士は大村益次郎である,○
日本初の軍歌『宮さん宮さん』を作詞した長州藩士は品川弥二郎である,○
幕末にオランダで作られた幕末の船、咸臨丸には大砲も付けられていた,○
幕末に活躍した人斬り岡田以蔵の剣の流派は鏡心明智流である,○ (幕末の人斬り/土佐藩士/武市瑞山に師事/勝海舟の護衛をしたことも→岡田以蔵)
幕末に高杉晋作が組織した奇兵隊の隊員には農民や町民も含まれていた,○
幕末に吉田松陰が教えた松下村塾があった都市は現在の山口県萩市である,○
幕末の1863年に英国公使館焼き討ち事件を起こしたのは長州藩士である,○
幕末の志士・高杉晋作は明治になる前に亡くなった,○
幕末の政治家・西郷隆盛の幼名は小吉である,○ (×大吉)
吉田松陰の妹・美和子を妻に持った幕末の長州藩士は久坂玄瑞である,○

ペリーが2度目の来日の際に徳川家定の正室・篤姫に贈ったものはどっち?(画像)→ミシン
次のうち、幕末の思想家・佐久間象山が開発したといわれるのは何の予知器?(画像)→地震

江戸時代、アメリカ船を黒船と呼んだのに対してオランダ船を赤船と呼んだ,×
江戸時代に長州藩にあった藩校の明倫館は町民も受け入れていた,×
徳川家定の正室・篤姫は江戸幕府最後の将軍徳川慶喜の母である,× (徳川慶喜の母=吉子女王,よしこじょおう)
幕末に日本を訪れた初代駐日公使ハリスは日本で暗殺された,×
幕末に漂流してアメリカに渡ったジョン万次郎は二度と日本に戻ってくることはなかった,×
幕末の志士・勝海舟は戊辰戦争で戦死した,×
戊辰戦争において会津藩の白虎隊は一人を残して全て死んだ,×

--------------------
[明治]
1881年に、明治天皇が出した「国会開設の詔」の起草者は井上毅である,○ (井上毅が起草し、太政大臣の三条実美が奉詔)
--------------------
[その他]
司馬遼太郎の歴史小説『竜馬がゆく』が連載されたのは産経新聞の夕刊である,○
映画化もされた小説『竜馬を斬った男』の作者は早乙女貢である,○
小山ゆう原作の漫画『おれは直角』の舞台は幕末の長州藩である,○
--------------------
  1. 2014/01/28(火) 22:36:16|
  2. 幕末明治維新検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界文学検定 グループ分け

--------------------
[世界文学]
次のイギリス文学を作者ごとにグループ分けしなさい
ジェフリー・チョーサー(Geoffrey Chaucer):『カンタベリー物語』(1390年代)
ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare):『ハムレット』『オセロ』『リア王』『マクベス』,『ロミオとジュリエット』『ベニスの商人』『じゃじゃ馬ならし』
ジョン・ミルトン(John Milton):『失楽園』(1667)
ジョン・バニヤン(John Bunyan):『天路歴程』(1678)
ダニエル・デフォー(Daniel Defoe):『ロビンソン・クルーソー』(1719)
ジョナサン・スウィフト(Jonathan Swift):『ガリバー旅行記』(1726)
ロレンス・スターン(Laurence Sterne):『トリストラム・シャンディ』(1759)
ウォルター・スコット(Walter Scott):『湖上の美人』『アイヴァンホー』(1810,1820)
シャーロット・ブロンテ(Charlotte Bronte):『ジェーン・エア』(1847)
エミリー・ブロンテ(Emily Bronte):『嵐が丘』(1847)
アン・ブロンテ(Anne Bronte):『アグネス・グレイ』(1847)
チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens):『ピクウィック・クラブ』『オリバー・ツイスト』『骨董屋』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』『エドウィン・ドルードの謎』(1836,1837,1840,1843,1849,1859,1860,1870)
ウィリアム・サッカレー(William Thackeray):『バリー・リンドン』『虚栄の市』(1844,1847)
ジョージ・エリオット(George Eliot):『エイモス・バートン』『アダム・ビード』『サイラス・マーナー』『ミドルマーチ』(1857,1859,1861,1871)
ウィーダ(Ouida)(Marie Louise de la Ramee):『フランダースの犬』(1872)(本名:マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー)
ロバート・ルイス・スティーブンソン(Robert Louis Stevenson):『宝島』『ジキル博士とハイド氏』(1883,1886)
トマス・ハーディ(Thomas Hardy):『帰郷』『テス』『日陰者ジュード』『狂乱の群れを離れて』(1878,1891,1896,)
オスカー・ワイルド(Oscar Wilde):『幸福な王子』『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』(1888,1890,1893)
サマセット・モーム(Somerset Maugham):『人間の絆』『月と六ペンス』『アシェンデン』『お菓子とビール』(1915,1919,1928,1930)
ジェイムズ・ジョイス(James Joyce):『ダブリン市民』『若き芸術家の肖像』『ユリシーズ』『フィネガンズ・ウェイク』(1914,1916,1922,1939)
ヴァージニア・ウルフ(Virginia Woolf):『船出』『ジェイコブの部屋』『ダロウェイ夫人』『灯台へ』(1915,1922,1925,1927)
バーナード・ショー(George Bernard Shaw)(文学賞1925):『人と超人』『ピグマリオン』『メトセラへ還れ』(1903,1913,1920)
ジョージ・オーウェル(George Orwell):『カタロニア讃歌』『動物農場』『1984年』(1938,1945,1949)
アラン・シリトー(Alan Sillitoe):『長距離走者の孤独』『土曜の夜と日曜の朝』(1958,1958)
ウィリアム・ゴールディング(William Golding)(文学賞1983):『蝿の王』

次のフランス文学を作者ごとにグループ分けしなさい
フランソワ・ラブレー(Francois Rabelais):『パンタグリュエル物語』『ガルガンチュワ物語』(1532,1534)
モリエール(Moliere)(Jean-Baptiste Poquelin):『タルチュフ』『人間嫌い』『守銭奴』(1664,1666,1668)
シャトーブリアン(Francois-Rene de Chateaubriand):『アタラ』『ルネ』(1801,1802)
プロスペル・メリメ(Prosper Merimee):『コロンバ』『カルメン』(1830,1847)
アレクサンドル・デュマ・ペール(Alexandre Dumas pere):『三銃士』(1844)『二十年後』(1845)『ブラジュロンヌ子爵』(1850),『モンテ・クリスト伯』(1845),『王妃マルゴ』(1845)
スタンダール(Stendhal):『恋愛論』『赤と黒』『パルムの僧院』(1822,1830,1839)
オノレ・ド・バルザック(Honore de Balzac):『ゴリオ爺さん』『谷間の百合』『従妹ベット』(1835,1835,1846)
ヴィクトル・ユーゴー(Victor Hugo):『ノートルダム・ド・パリ』『レ・ミゼラブル』『93年』(1831,1862,1874)
ギ・ド・モーパッサン(Guy de Maupassant):『脂肪の塊』『女の一生』『ベラミ』(1880,1883,1885)
ギュスターヴ・フローベール(Gustave Flaubert):『ボヴァリー夫人』『サランボー』『感情教育』『聖アントワーヌの誘惑』『ブヴァールとペキュシェ』(1857,1862,1869,1874,1881)
ジュール・ヴェルヌ(Jules Verne):『月世界旅行』『海底二万里』『八十日間世界一周』『十五少年漂流記』(1865,1870,1873,1888)
エミール・ゾラ(Emile Zola):『居酒屋』『ナナ』(1876,1879)
エクトル・マロ(Hector Malot):『家なき子』『家なき娘』(1878,1893)
ガブリエル・コレット(Gabrielle Colette):『クロディーヌ』『青い麦』『ジジ』(1900,1922,1945)
マルセル・プルースト(Marcel Proust):『ジャン・サントゥイユ』『アミアンの聖書』『失われた時を求めて』(1895,1904,1913-1927)
アンリ・バルビュス(Henri Barbusse):『地獄』『砲火』『クラルテ』(1908,1916,1919)
シャルル・ヴィルドラック(Charles Vildrac):『商船テナシティ』(1920)
レイモン・ラディゲ(Raymond Radiguet):『肉体の悪魔』『ドルジェル伯の舞踏会』(1923,1923)
ロマン・ロラン(Romain Rolland)(文学賞1915):『ジャン・クリストフ』『クレランボー』『魅せられたる魂』
アナトール・フランス(Anatole France)(文学賞1921):『エピクロスの園』『タイス』『神々は渇く』
ジュリアン・グラック(Julien Gracq):『アルゴールの城にて』『シルトの海岸』(1938,1951)
アンドレ・ジッド(Andre Gide)(文学賞1947):『狭き門』『法王庁の抜け穴』『贋金づくり』『背徳者』『田園交響楽』
アルベール・カミュ(Albert Camus)(文学賞1957):『異邦人』『カリギュラ』『ペスト』
サン・テグジュペリ(Saint Exupery):『南方郵便機』『夜間飛行』『人間の土地』『星の王子さま』(1929,1931,1939,1943)
フランソワーズ・サガン(Francoise Sagan):『悲しみよこんにちは』『ブラムスはお好き』(1954,1959)
サミュエル・ベケット(Samuel Beckett):『ゴドーを待ちながら』

次のドイツ文学を作者ごとにグループ分けしなさい
ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe):『若きウェルテルの悩み』『エグモント』『ウィルヘルム・マイスター』『ファウスト』(1774,1788,1796,1806)
フリードリヒ・ヘルダーリン(Friedrich Holderlin):『ヒュペーリオン』『ゲルマーニエン』『ディオティーマ』『エンペドクレスの死』(1797,,,)
ライナー・マリア・リルケ(Rainer Maria Rilke):『マルテの手記』『ドゥイノの悲歌』(1910,1923)
エーリッヒ・ケストナー(Erich Kastner):『エーミールと探偵たち』『点子ちゃんとアントン』『飛ぶ教室』『ふたりのロッテ』(1929,1931,1933,1949)
エーリッヒ・レマルク(Erich Remarque):『西部戦線異状なし』『凱旋門』『生命の火花』『愛する時と死する時』(1929,1946,1952,1954)
ベルトルト・ブレヒト(Bertolt Brecht):『三文オペラ』(1928)
トマス・マン(Thomas Mann)(文学賞1929):『ブッデンブローク家の人々』『ベニスに死す』『魔の山』『トニオ・クレーゲル』
ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)(文学賞1946):『車輪の下』『デミアン』『春の嵐』
ギュンター・グラス(Gunter Grass)(文学賞1999):『ブリキの太鼓』『猫と鼠』『犬の年』,『女ねずみ』

次のイタリア文学を作者ごとにグループ分けしなさい(自作問)
ジョヴァンニ・ボッカチオ:『デカメロン』(1349)
アレッサンドロ・マンゾーニ(Alessandro Manzoni):『婚約者』(1825)
カルロ・コッローディ(Carlo Collodi):『ピノキオの冒険』(1883)
デ・アミーチス(Edmondo De Amicis):『母をたずねて三千里』(1886)
ガブリエーレ・ダンヌンツィオ(Gabriele D'Annunzio):『死の勝利』(1894)
イタロ・ズヴェーヴォ(Italo Svevo):『ゼーノの意識』(1923)
アルベルト・モラヴィア(Alberto Moravia):『無関心な人びと』(1929)
ルイジ・ピランデルロ(Luigi Pirandello)(文学賞1934):『故マッティーア・パスカル』『作者を探す六人の登場人物』(1904,1921)
エリオ・ヴィットリーニ(Elio Vittorini):『シチリアでの会話』(1941)
チェーザレ・パヴェーゼ(Cesare Pavese):『美しい夏』『月とかがり火』(1949,1950)
プリモ・レーヴィ(Primo Levi):『これが人間か』『休戦』『星型のスパナ』(1947,1963,)
ガヴィーノ・レッダ(Gavino Ledda):『パードレ・パドローネ』(1975)
ウンベルト・エーコ(Umberto Eco):『薔薇の名前』『フーコーの振り子』(1980,1988)
アントニオ・タブッキ(Antonio Tabucchi):『インド夜想曲』『供述によるとペレイラは…』(1984,1994)

次のオーストリア文学を作者ごとにグループ分けしなさい(自作問)
ザッヘル・マゾッホ(Sacher Masoch):『毛皮を着たヴィーナス』『性の心理学』(1871,1886)
フェリックス・ザルテン(Felix Salten):『バンビ』(1926)
ローベルト・ムージル(Robert Musil):『三人の女』『特性のない男』『若いテルレスの惑い』(1924,1930,)
ヘルマン・ブロッホ(Hermann Broch,墺):『夢遊の人々』『ヴェルギリウスの死』(1931,1945)
シュテファン・ツヴァイク(Stefan Zweig):『マリー・アントワネット』『メアリー・スチュアート』(1933,1935)

次のアメリカ文学を作者ごとにグループ分けしなさい
エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe):『アッシャー家の崩壊』『モルグ街の殺人』『黒猫』『ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語』(1839,1841,1843,)
ハーマン・メルヴィル(Herman Melville):『タイピー』『オム』『白鯨』『イスラエル・ポッター』(1846,1847,1851,1855)
ハリエット・ビーチャー・ストウ(Harriet Beecher Stowe):『アンクル・トムの小屋』(1852)
ルイーザ・メイ・オルコット(Louisa May Alcott):『若草物語』(1868)
マーク・トウェイン(Mark Twain):『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』(1876,1885)
フランシス・バーネット(Frances Hodgson Burnett):『小公子』『小公女』『秘密の花園』(1886,1905,1909)
O・ヘンリー(William Sydney Porter):『賢者の贈り物』『最後の一葉』(1905,1907)
ジーン・ウェブスター(Jean Webster)(women):『あしながおじさん』(1912)
セオドア・ドライサー(Theodore Dreiser):『シスター・キャリー』『ジェニー・ゲルハート』『アメリカの悲劇』(1900,1911,1925)
スコット・フィッツジェラルド(Scott Fitzgerald):『楽園のこちら側』『偉大なるギャツビー』『夜はやさし』『ラスト・タイクーン』(1920,1925,1934,1941)
ユージン・オニール(Eugene O'Neill)(文学賞1936):○『カーディフ指して東へ』『地平線の彼方』『皇帝ジョーンズ』『アナ・クリスティ』『楡の木陰の欲望』『偉大なる神ブラウン』『奇妙な幕間狂言』『喪服の似合うエレクトラ』『夜への長い航路』(1916,1920,1920,1921,1924,1926,1928,1931,1956)
マーガレット・ミッチェル(Margaret Mitchell):『風と共に去りぬ』『ロスト・レイセン』(1936,)
リチャード・ライト(Richard Wright):『アメリカの息子』(1940)
ウィリアム・フォークナー(William Faulkner)(文学賞1949):『響きと怒り』『サンクチュアリ』『八月の光』『アブサロム、アブサロム!』(1929,1931,1932,1936)
アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Hemingway)(文学賞1954):『日はまた昇る』『武器よさらば』『誰が為に鐘は鳴る』『老人と海』『エデンの園』(1926,1929,1940,1952,1986)
ジョン・スタインベック(John Steinbeck)(文学賞1962):『二十日鼠と人間』『怒りの葡萄』『エデンの東』『われらが不満の冬』(1937,1939,1952,1961)
テネシー・ウィリアムズ(Tennessee Williams):『ガラスの動物園』『欲望という名の電車』『熱いトタン屋根の猫』((1945,1947,1955)
トルーマン・カポーティ(Truman Capote):『遠い声 遠い部屋』『夜の樹』『草の竪琴』『ティファニーで朝食を』『冷血』(1948,1949,1951,1958,1966)
ウィリアム・スタイロン(William Styron):『闇の中に横たわりて』『ロングマーチ(長い行進)』『ナット・ターナーの告白』『ソフィーの選択』(1951,1952,1967,1979)

次のロシア文学を作者ごとにグループ分けしなさい
アレクサンドル・プーシキン(Aleksandr Pushkin):『エヴゲニー・オネーギン』『スペードの女王』『大尉の娘』(1825,1833,1836)
ミハイル・レールモントフ(Mikhail Lermontov):『現代の英雄』(1840)
イワン・ツルゲーネフ(Ivan Turgenev):『猟人日記』『初恋』『父と子』『ムムー』『ルージン』(1852,1860,1862,1854,1856)
ニコライ・ゴーゴリ(Nikola Gogoli):『狂人日記』『鼻』『検察官』『死せる魂』(1835,1836,1836,1842)
フョードル・ドストエフスキー(Feodor Dostoyevsky):『貧しき人びと』『虐げられた人びと』『罪と罰』『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』(1846,1861,1866,1868,1871,1875,1880)
レフ・トルストイ(Lev Tolstoy):『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『イワンのばか』『クロイツェル・ソナタ』『復活』(1864,1873,1885,1889,1889)
アントン・チェーホフ(Anton Chekhov):『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』(1896,1899,1901,1904)
マクシム・ゴーリキー(Maksim Gorky):『どん底』『母』『幼年時代』(1902,1907,)
アンドレイ・ベールイ(Andrey Bely):『銀の鳩』(1902)
ロープシン(Boris Savinkov):『蒼ざめた馬』(1909)
ウラジーミル・マヤコフスキー(Vladimir Mayakovsky):『ズボンをはいた雲』『150000000』(1915,)
サムイル・マルシャーク(Samuil Marshak):『森は生きている』(1943)
ボリス・パステルナーク(Boris Pasternak)(文学賞1958):『ドクトル・ジバゴ』(1958)
ミハイル・ショーロホフ(Mikhail Sholokhov)(文学賞1965):『静かなるドン』『開かれた処女地』(1926,1932)

--------------------
[世界文学 主人公 登場人物]
次のイギリス文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい
エミリー・ブロンテ(Emily Bronte):ヒースクリフ(嵐が丘)
チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens):シドニー・カートン(二都物語)、スクルージ(クリスマス・キャロル)
ロバート・ルイス・スティーブンソン(Robert Louis Stevenson):ジム・ホーキンス(宝島)、ジキル博士(ジキル博士とハイド氏)
オスカー・ワイルド(Oscar Wilde):ドリアン・グレイ(ドリアン・グレイの肖像)
サマセット・モーム(Somerset Maugham):フィリップ・ケアリ(人間の絆)、チャールズ・ストリックランド(月と六ペンス)

次のフランス文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい
モリエール(Moliere):アルセスト(人間嫌い)、アルバゴン(守銭奴)
アレクサンドル・デュマ・ペール(Alexandre Dumas pere):ダルタニャン(ダルタニャン物語)、エドモン・ダンテス(モンテ・クリスト伯)
スタンダール(Stendhal):ジュリアン・ソレル(赤と黒)、ファブリス(パルムの僧院)
ヴィクトル・ユーゴー(Victor Hugo):ジャン・バルジャン(レ・ミゼラブル)、カジモド(ノートルダム・ド・パリ)
ギ・ド・モーパッサン(Guy de Maupassant):ジョルジュ・デュロア(ベラミ)
ジュール・ヴェルヌ(Jules Verne):ネモ船長(海底二万里)、フィリアス・フォッグ(八十日間世界一周)
アンドレ・ジッド(Andre Gide):ジェローム(狭き門)、ジェルトリュード(田園交響楽)

次のドイツ文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい
ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe):ウェルテル(若きウェルテルの悩み)
リルケ(Rainer Maria Rilke):マルテ(マルテの手記)
トマス・マン(Thomas Mann):アシェンバッハ(ベニスに死す)
ギュンター・グラス(Gunter Grass):オスカル・マツェラート(ブリキの太鼓)

次のアメリカ文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい
フランシス・バーネット(Frances Hodgson Burnett):セーラ・クルー(小公女)、セドリック・エロル(小公子)、メアリー・レノックス(秘密の花園)
マーガレット・ミッチェル(Margaret Mitchell):スカーレット・オハラ(風と共に去りぬ)
セオドア・ドライサー(Theodore Dreiser):クライド・グリフィス(アメリカの悲劇)
アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Hemingway):ジェイク・バーンズ(日はまた昇る)、フレデリック・ヘンリー(武器よさらば)、ロバート・ジョーダン(誰がために鐘は鳴る)、サンチャゴ(老人と海)
ジョン・スタインベック(John Steinbeck):トム・ジョード(怒りの葡萄)、キャル・トラスク(エデンの東)
テネシー・ウィリアムズ(Tennessee Williams):ブランチ(欲望という名の電車)
トルーマン・カポーティ(Truman Capote):ホリー・ゴライトリー(ティファニーで朝食を)
ウィリアム・スタイロン(William Styron):ペイトン・ロフティス(闇の中に横たわりて)

次のロシア文学の主人公をその作品の作者ごとにグループ分けしなさい
ミハイル・レールモントフ(Mikhail Lermontov):ペチョーリン(現代の英雄)
イワン・ツルゲーネフ(Ivan Turgenev):バザーロフ(父と子)
フョードル・ドストエフスキー(Feodor Dostoyevsky):ラスコリニコフ(罪と罰)、ムイシュキン公爵(白痴)
レフ・トルストイ(Lev Tolstoy):カチューシャ(復活)、アンナ・カレーニナ(アンナ・カレーニナ)
アントン・チェーホフ(Anton Chekhov):ラネーフスカヤ夫人(桜の園)、プローゾロフ姉妹(三人姉妹)
マクシム・ゴーリキー(Maksim Gorky):ワシリーサ(どん底)

次の文学の登場人物を登場する作品ごとにグループ分けしなさい
『ドン・キホーテ』:サンチョ・パンサ、ドゥルシネア、アロンソ・キハーノ
『レ・ミゼラブル』:ジャン・バルジャン、ジャベール警部、コゼット、マリウス・ポンメルシー
『赤と黒』:ジュリアン・ソレル
『パルムの僧院』:ファブリス
『海底二万里』:ネモ船長
『復活』:カチューシャ
『三人姉妹』:ゴネリル、リーガン、コーデリア
『変身』:グレゴール・ザムザ
『風と共に去りぬ』:レット・バトラー、スカーレット・オハラ
『日はまた昇る』:ジェイク・バーンズ
『武器よさらば』:フレデリック・ヘンリー、キャサリン・バークレイ
『誰がために鐘は鳴る』:ロバート・ジョーダン、マリア
『ロリータ』:ハンバート・ハンバート、ドロレス・ヘイズ(Lolita)

次の人物をそれが登場するシェークスピアの戯曲ごとにグループ分けしなさい
『ハムレット』:ガートルード(母)、クローディアス(叔父)、オーフィリア(恋人)、ポローニアス(宰相,王の右腕)
『オセロ』:デズデモーナ(オセロの妻)、ブラバンショー(デズデモーナの父)、キャシオ(オセロの副官)、イアーゴ(悪人)、エミリア(イアーゴの妻)
『リア王』:ゴネリル、リーガン、コーデリア
『マクベス』:ダンカン(王)、マルカム(ダンカンの長男)、バンクォー(マクベスの友人)、マクダフ(ファイフの領主)
『ベニスの商人』:ポーシャ、バッサニオ(主人公アントーニオの友人でポーシャと結婚)、シャイロック(強欲な金貸し)
『ロミオとジュリエット』:ティボルト(決闘)、マキューシオ(ロミオの親友)、パリス(結婚話)
『真夏の夜の夢』:パック、ティタニア、オベロン

次の文学作品をその背景となっている出来事ごとにグループ分けしなさい
三十年戦争:『阿呆物語』(グリンメルスハウゼン独1668)
フランス革命:『二都物語』(チャールズ・ディケンズ)、『神々は渇く』(アナトール・フランス)
第一次世界大戦:『武器よさらば』(ヘミングウェイ)
スペイン内乱(1936-1939):『カタロニア讃歌』(ジョージ・オーウェル英1938)、『誰がために鐘は鳴る』(ヘミングウェイ)
第二次世界大戦:『イギリス人の患者』(マイケル・オンダーチェ加)、『ブリキの太鼓』(ギュンター・グラス)

--------------------

次の作家を国籍ごとにグループ分けしなさい
イギリス:ジョン・ミルトン(John Milton)、ジョン・バニヤン(John Bunyan)、ダニエル・デフォー(Daniel Defoe)、ジョナサン・スウィフト(Jonathan Swift)、シャーロット・ブロンテ(Charlotte Bronte)、チャールズ・ディケンズ(Charles Dickens)、オスカー・ワイルド(Oscar Wilde)、サマセット・モーム(Somerset Maugham)、アラン・シリトー(Alan Sillitoe)
フランス:シャトーブリアン(Francois-Rene de Chateaubriand)、アレクサンドル・デュマ・ペール(Alexandre Dumas pere)、ギュスターヴ・フローベール(Gustave Flaubert)、エミール・ゾラ(Emile Zola)、エクトル・マロ(Hector Malot)、レイモン・ラディゲ(Raymond Radiguet)、、アンドレ・ジッド(Andre Gide)
ドイツ:ノヴァーリス(Novalis)、エーリッヒ・レマルク(Erich Remarque)、トマス・マン(Thomas Mann)、ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)
イタリア:ダンテ・アリギエーリ(Dante Alighieri)、ウンベルト・エーコ(Umberto Eco)
スウェーデン:ストリンドベリ(Johan August Strindberg)、アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren)、セルマ・ラーゲルレーヴ(Selma Lagerlof)
アメリカ:O・ヘンリー(O. Henry)、J・D・サリンジャー、ウィリアム・フォークナー(William Faulkner)
ロシア:イワン・ツルゲーネフ(Ivan Turgenev)、ニコライ・ゴーゴリ(Nikola Gogoli)、フョードル・ドストエフスキー(Feodor Dostoyevsky)、レフ・トルストイ(Lev Tolstoy)、アントン・チェーホフ(Anton Chekhov)、マクシム・ゴーリキー(Maksim Gorky)、ミハイル・ショーロホフ(Mikhail Sholokhov)

次の作家を出身国ごとにグループ分けしなさい
アイルランド:ロレンス・スターン(Laurence Sterne)、ジェイムズ・ジョイス(James Joyce)、バーナード・ショー(George Bernard Shaw)
イギリス:アラン・シリトー(Alan Sillitoe)
フランス:アンリ・バルビュス(Henri Barbusse)
イタリア:デ・アミーチス(Edmondo De Amicis)、カルロ・コッローディ(Carlo Collodi)、グラツィア・デレッダ(Grazia Deledda)、アルベルト・モラヴィア(Alberto Moravia)、ウンベルト・エーコ(Umberto Eco)
スペイン;ガルシア・ロルカ(Garcia Lorca)
ポルトガル:フェルナンド・ペソア(Fernando Pessoa)、ジョゼ・サラマーゴ(Jose Saramago)
ポーランド:ブルーノ・シュルツ(Bruno Schulz)
チェコ:カレル・チャペック(Karel Capek)
メキシコ:カルロス・フエンテス(Carlos Fuentes)、オクタビオ・パス(Octavio Paz)
コロンビア:ガルシア・マルケス(Garcia Marquez)
アルゼンチン:マヌエル・プイグ(Manuel Puig)、フリオ・コルタサル(Julio Cortazar)
エジプト:ナギブ・マフフーズ(Naguib Mahfouz)
ナイジェリア:ウォーレ・ショインカ(Wole Soyinka)、ベン・オクリ(Ben Okri)
南アフリカ共和国:J・M・クッツェー(John Maxwell Coetzee)
(18世紀のイギリスの作家ロレンス・スターンの代表作は『○○○○○○・シャンディ』?(並べ替え)→トリストラム・シャンディ(Tristram Shandy,1759)(Laurence Sterne))
(1926年に女性として2人目のノーベル文学賞受賞者となったイタリアの作家はグラツィア・○○○○?(スロット)→グラツィア・デレッダ(Grazia Deledda))
(戯曲『血の婚礼』『イェルマ』『ベルナルダ・アルバの家』で有名なスペインの作家は?(並べ替え)→ガルシア・ロルカ(Garcia Lorca)(1933,1934,1936))
(20世紀スペインの劇作家ガルシア・ロルカの代表作は『○○○○○○○○○の家』?(並べ替え)→ベルナルダ・アルバの家 (Garcia Lorca,1936))
(ユーラシア大陸の最西端・ロカ岬にある石碑に刻まれた「ここに地果て海始まる」という詩で知られるポルトガルの詩人は?(並べ替え)→カモンイシュ (Luis de Camoes,ルイス・デ・カモンイス))
(『白の闇』『修道院回想録』などの作品で知られる1998年にノーベル文学賞を受賞したポルトガルの作家は?(並べ替え)→ジョゼ・サラマーゴ(Jose Saramago))
(短篇集『砂時計サナトリウム』と『肉桂色の店』で知られる1942年にゲシュタポに殺されたポーランドのユダヤ系作家は?(並べ替え)→ブルーノ・シュルツ(Bruno Schulz))
(『アルテミオ・クルスの死』『聖域』などの作品で知られるメキシコの作家はカルロス・○○○○○?(並べ替え)→カルロス・フエンテス(Carlos Fuentes)(1962,1967))
(1990年ノーベル文学賞受賞/『弓と竪琴』『孤独の迷宮』/『奥の細道』のスペイン語訳/メキシコの詩人→オクタビオ・パス(Octavio Paz))
(1988年ノーベル文学賞受賞/小説『バイナル・カスライン』/アラブ人初のノーベル賞作家/エジプトの作家→ナギブ・マフフーズ(Naguib Mahfouz))
(アルゼンチンの作家/『リタ・ヘイワースの背信』/『南国に日は落ちて』/『蜘蛛女のキス』→マヌエル・プイグ(Manuel Puig)(1968,1988,1976))
(アルゼンチンの作家/『マヌエルの教科書』/『石蹴り遊び』/『悪魔の涎』→フリオ・コルタサル(Julio Cortazar)(1973,,))
(1986年ノーベル文学賞受賞/『ライオンと宝石』/ビアフラ戦争で投獄される/ナイジェリアの作家→ウォーレ・ショインカ(Wole Soyinka)(『死と王の先導者』))
(2003年にノーベル文学賞を受賞した南アフリカの作家→J・M・クッツェー(John Maxwell Coetzee)(『マイケル・K』))

--------------------
[世界文学 時代]
次の文学作品を書かれた時代ごとにグループ分けしなさい
紀元前:プラトン『ソクラテスの弁明』、アリストファネス『女の平和』、ホメロス『イリアス』、ガイウス・ユリウス・カエサル『ガリア戦記』
14世紀:ダンテ・アリギエーリ『神曲』、ジョバンニ・ボッカッチオ『デカメロン』、ジェフリー・チョーサー『カンタベリー物語』
15世紀:
16世紀:デジデリウス・エラスムス蘭『愚神礼賛』(1511)、トマス・モア『ユートピア』(1516)、ニッコロ・マキャヴェッリ伊『君主論』(1532)、フランソワ・ラブレー『ガルガンチュワ物語』(1534)、
17世紀:ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』(1601)、セルバンテス『ドン・キホーテ』(1605)、
18世紀:ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』(1719)、ジョナサン・スウィフト『ガリバー旅行記』(1726)、アベ・プレボー『マノン・レスコー』(1731)、ヘンリー・フィールディング『トム・ジョーンズ』(1749)、ゴットホルト・レッシング『賢者ナータン』(1779)
19世紀:スタンダール『赤と黒』(1830)、オノレ・ド・バルザック『谷間の百合』(1835)、ウィリアム・サッカレー英『虚栄の市』(1847)レフ・トルストイ『戦争と平和』(1865)、ドストエフスキー『罪と罰』(1866)、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(1879)、アルチュール・ランボー『地獄の季節』(1873)、ギ・ド・モーパッサン『脂肪の塊』(1880)、
Harriet Beecher Stowe『アンクル・トムの小屋』(1851)、Mark Twain『トム・ソーヤーの冒険』(1876)、
20世紀:Margaret Mitchell『風と共に去りぬ』(1936)、エーリッヒ・レマルク『西部戦線異状なし』(1929)、ヘルマン・ヘッセ『車輪の下』(文学賞1946)、J・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』(1951)、フランソワーズ・サガン『悲しみよこんにちは』(1954)、
ヘミングウェイ『日はまた昇る』(文学賞1954)、ヘミングウェイ『武器よさらば』(文学賞1954)、アルベール・カミュ仏『異邦人』(文学賞1957)、ボリス・パステルナーク『ドクトル・ジバゴ』(文学賞1958)、ギュンター・グラス『ブリキの太鼓』(文学賞1999)

--------------------
[その他]
次の文学作品を作者の性別ごとにグループ分けしなさい
男性:『赤と黒』(Stendhal)、『レ・ミゼラブル』(Victor Hugo)、『トム・ソーヤーの冒険』(Mark Twain)、『幸福な王子』(Oscar Wilde)、『エデンの東』(John Steinbeck)
女性:『フランダースの犬』(ウィーダOuida英)、『ダロウェイ夫人』(Virginia Woolf)、『若草物語』(Louisa May Alcott)、『アンクル・トムの小屋』(Stowe)、『あしながおじさん』(Jean Webster)、『小公女』(Frances Hodgson Burnett)、『風と共に去りぬ』(Margaret Mitchell)、『青い麦』(Gabrielle Colette)、『ニルスのふしぎな旅』(Selma Lagerlof)

--------------------
  1. 2014/01/05(日) 20:42:00|
  2. 世界文学検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界文学検定 一問多答

--------------------
[世界文学 作者]
次のうち、古代ギリシャの作家アイスキュロスの「オレステイア三部作」を全て選びなさい
○『アガメムノン』『コエーポロイ(供養する女たち)』『エウメニデス(慈しみの女神たち)』
×『ライオス』『サテュリコン』『パシファエ』『イオカステ』、
『オイディプス』(ソフォクレス)、『アエネイス』(ヴェルギリウス)、『イリアス』(ホメロス)、『女の平和』(アリストファネス)

次のうち、シェークスピアの戯曲を全て選びなさい
○『ハムレット』『オセロ』『リア王』『マクベス』,『ロミオとジュリエット』『ベニスの商人』『じゃじゃ馬ならし』
×『デカメロン』(ボッカチオ)、『サロメ』(オスカー・ワイルド)、『ピグマリオン』(バーナード・ショー)
『セビリアの理髪師』(Caron de Beaumarchais,仏1775)、『フィガロの結婚』(Caron de Beaumarchais,仏1784)、『シラノ・ド・ベルジュラック』(Edmond Rostand,仏1897)

次のうち、イギリスの作家チャールズ・ディケンズの小説を全て選びなさい(Charles Dickens)
○(『ピクウィック・クラブ』)『オリバー・ツイスト』(『骨董屋』)『クリスマス・キャロル』(『デイヴィッド・コパフィールド』)
『二都物語』『大いなる遺産』(『エドウィン・ドルードの謎』)(1836,1837,1840,1843,1849,1859,1860,1870)

次のうち、アイルランドの作家オスカー・ワイルドの小説を全て選びなさい(Oscar Wilde)
○『幸福な王子』『ドリアン・グレイの肖像』(『サロメ』)(1888,1890,1893)
×『嵐が丘』(エミリー・ブロンテ)、『秘密の花園』(Frances Hodgson Burnett)、『ブリキの太鼓』(ギュンター・グラス)

次のうち、アイルランドの作家ジェイムズ・ジョイスの小説を全て選びなさい(James Joyce)
○『ダブリン市民』『ユリシーズ』『フィネガンズ・ウェイク』(1914,1922,1939)
×

次のうち、フランスの作家ジュール・ヴェルヌの小説を全て選びなさい(Jules Verne)
○(『月世界旅行』)『海底二万里』『八十日間世界一周』『十五少年漂流記』(1865,1870,1873,1888)
×『宝島』(Robert Louis Stevenson)、『蝿の王』(William Golding,文学賞1983)

次のうち、フランスの作家フランソワ・ラブレーの小説を全て選びなさい(Francois Rabelais)
○『パンタグリュエル物語』『ガルガンチュワ物語』(1532,1534)
×『プリンプリン物語』(石山透)、『子鹿物語』(Marjorie Kinnan Rawlings,1938)、『カンタベリー物語』(Geoffrey Chaucer)

次のうち、フランスの作家モリエールの小説を全て選びなさい(Moliere)(Jean-Baptiste Poquelin)
○『タルチュフ』『人間嫌い』『守銭奴』(1664,1666,1668)
×

次のうち、フランスの作家シャトーブリアンの小説を全て選びなさい(Francois-Rene de Chateaubriand)
○『アタラ』『ルネ』(1801,1802)
×『アドルフ』(バンジャマン・コンスタン仏1816)、『アンドロマック』(ジャン・ラシーヌ仏の悲劇1667)、『フェードル』(ジャン・ラシーヌ仏の悲劇1667)

次のうち、フランスの作家アレクサンドル・デュマ・ペールの小説を全て選びなさい(Alexandre Dumas pere)
○『三銃士』(1844)『二十年後』(1845)『ブラジュロンヌ子爵』(1850),『モンテ・クリスト伯』(1845),『王妃マルゴ』(1845)
×

次のうち、フランスの作家スタンダールの小説を全て選びなさい(Stendhal)
○『恋愛論』『赤と黒』『パルムの僧院』(1822,1830,1839)
×

次のうち、フランスの作家オノレ・ド・バルザックの小説を全て選びなさい(Honore de Balzac)
○『ゴリオ爺さん』『谷間の百合』『従妹ベット』(1835,1835,1846)
×

次のうち、フランスの作家ヴィクトル・ユーゴーの小説を全て選びなさい(Victor Hugo)(自作問)
○『ノートルダム・ド・パリ』『レ・ミゼラブル』(1831,1862,1874)(『93年』)
×

次のうち、フランスの作家ギ・ド・モーパッサンの小説を全て選びなさい(Guy de Maupassant)
○『脂肪の塊』『女の一生』『ベラミ』(1880,1883,1885)
×

次のうち、フランスの作家ギュスターヴ・フローベールの小説を全て選びなさい(Gustave Flaubert)
○『ボヴァリー夫人』『サランボー』『感情教育』『聖アントワーヌの誘惑』(1857,1862,1869,1874)
×『ダロウェイ夫人』(Virginia Woolf)、『クレーヴの奥方』(La Fayette)

次のうち、フランスの作家エミール・ゾラの小説を全て選びなさい(Emile Zola)
○『居酒屋』『ナナ』(『テレーズ・ラカン』)(1876,1879,1867)
×『モモ』(ミヒャエル・エンデ独,1973)

次のうち、フランスの作家エクトル・マロの小説を全て選びなさい(Hector Malot)
○『家なき子』『家なき娘』(1878,1893)
×

次のうち、フランスの作家レイモン・ラディゲの小説を全て選びなさい(Raymond Radiguet)
○『肉体の悪魔』『ドルジェル伯の舞踏会』(1923,1923)
×『泥棒日記』(ジャン・ジュネ)、『ゴドーを待ちながら』(Samuel Beckett)、『裸のランチ』(ウィリアム・バロウズ)

次のうち、フランスの作家アンドレ・ジッドの小説を全て選びなさい(Andre Gide)(文学賞1947)(自作問)
○『狭き門』『法王庁の抜け穴』『贋金づくり』『背徳者』『田園交響楽』
×

次のうちドイツの作家トマス・マンの小説を全て選びなさい
○『ブッデンブローク家の人々』『ベニスに死す』『魔の山』(『トニオ・クレーゲル』)
×

次のうち、ドイツの作家ヘルマン・ヘッセの小説を全て選びなさい
○『車輪の下』『デミアン』『春の嵐』
×

次のうち、スウェーデンの作家ストリンドベリの作品を全て選びなさい(Johan August Strindberg)
○『赤い部屋』『令嬢ジュリー』『死の舞踏』(『痴人の告白』)(1879,1888,1901,1893)
×『雷雨』(Nikolay Ostrovskiy)、『死の勝利』(ガブリエーレ・ダンヌンツィオ伊)、
『無関心な人々』(アルベルト・モラヴィア伊)、『銀の鳩』(アンドレイ・ベールイ露)、
『特性のない男』(ロベルト・ムージル墺)、『婚約者』(アレッサンドロ・マンゾーニ伊)


次のうち、アメリカの作家フランシス・バーネットの小説を全て選びなさい(Frances Hodgson Burnett)
○『小公子』『小公女』『秘密の花園』(1886,1905,1909)
×

次のうち、アメリカの作家スコット・フィッツジェラルドの小説を全て選びなさい(Scott Fitzgerald)
○『楽園のこちら側』『偉大なるギャツビー』『夜はやさし』『ラスト・タイクーン』(1920,1925,1934,1941)
×『楡の木陰の欲望』(Eugene O'Neill)、『ガラスの動物園』(Tennessee Williams)、『冷血』(Truman Capote)

次のうち、アメリカの作家ユージン・オニールの小説を全て選びなさい(Eugene O'Neill)(文学賞1936)(自作問)
○『カーディフ指して東へ』『地平線の彼方』『皇帝ジョーンズ』『アナ・クリスティ』
『楡の木陰の欲望』『偉大なる神ブラウン』『奇妙な幕間狂言』『喪服の似合うエレクトラ』『夜への長い航路』(1916,1920,1920,1921,1924,1926,1928,1931,1956)

次のうち、アメリカの作家ウィリアム・フォークナーの作品を全て選びなさい(William Faulkner)(文学賞1949)
○『響きと怒り』『サンクチュアリ』『八月の光』『アブサロム、アブサロム!』(1929,1931,1932,1936)
×『重力の虹』(トマス・ピンチョン)、『ロング・マーチ(長い行進)』(ウィリアム・スタイロン)

次のうち、アメリカの作家アーネスト・ヘミングウェイの小説を全て選びなさい(Ernest Hemingway)(文学賞1954)
○『日はまた昇る』『武器よさらば』『誰が為に鐘は鳴る』『老人と海』『エデンの園』(1926,1929,1940,1952,1986)
×『ライ麦畑でつかまえて』(J・D・サリンジャー)

次のうち、アメリカの作家ジョン・スタインベックの小説を全て選びなさい(John Steinbeck)(文学賞1962)
○『二十日鼠と人間』『怒りの葡萄』『エデンの東』『われらが不満の冬』(1937,1939,1952,1961)
×『最後の一葉』(O・ヘンリー)

次のうち、アメリカの劇作家テネシー・ウィリアムズの作品を全て選びなさい(Tennessee Williams)
○『ガラスの動物園』『欲望という名の電車』『熱いトタン屋根の猫』(1945,1947,1955)
×『ソフィーの選択』(ウィリアム・スタイロン)

次のうち、アメリカの作家トルーマン・カポーティの作品を全て選びなさい(Truman Capote)
○『遠い声 遠い部屋』『夜の樹』『草の竪琴』『ティファニーで朝食を』『冷血』(1948,1949,1951,1958,1966)
×『天使よ故郷を見よ』(トマス・ウルフ米)、『夜の軍隊』(ノーマン・メイラー『裸者と死者』等)、『大予言者カルキ』(ゴア・ヴィダル米)
(カンザス州の一家惨殺事件を取材した、トルーマン・カポーティの代表作は『○○』?(タイピング)→冷血(れいけつ))

次のうち、ロシアの作家イワン・ツルゲーネフの小説を全て選びなさい(Ivan Turgenev)
○『猟人日記』『初恋』『父と子』(『ムムー』『ルージン』)(1852,1860,1862,1854,1856)
×

次のうち、ロシアの作家ニコライ・ゴーゴリの小説を全て選びなさい(Nikola Gogoli)
○『狂人日記』『鼻』『検察官』『死せる魂』(1835,1836,1836,1842)
×

次のうち、ロシアの作家フョードル・ドストエフスキーの小説を全て選びなさい(Feodor Dostoyevsky)
○『貧しき人びと』『虐げられた人びと』『罪と罰』『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』(1846,1861,1866,1868,1871,1875,1880)
×

次のうち、ロシアの作家レフ・トルストイの小説を全て選びなさい(Lev Tolstoy)
○『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『イワンのばか』『クロイツェル・ソナタ』『復活』(1864,1873,1885,1889,1889)(『幼年時代』)
×『ドクトル・ジバゴ』(Boris Pasternak)

次のうち、ロシアの作家アントン・チェーホフの小説を全て選びなさい(Anton Chekhov)
○『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』(1896,1899,1901,1904)
×

次のうち、ロシアの作家マクシム・ゴーリキーの小説を全て選びなさい(Maksim Gorky)
○『どん底』『母』『幼年時代』(1902,1907,)
×

次のうち、ロシアの作家が書いた文学作品を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
『現代の英雄』(ミハイル・レールモントフ露)
『銀の鳩』(アンドレイ・ベールイ露)
『ズボンをはいた雲』(ウラジーミル・マヤコフスキー露)
『死せる魂』(ニコライ・ゴーゴリ露)
×
『賢者ナータン』(ゴットホルト・レッシング独)
『ゴドーを待ちながら』(サミュエル・ベケット仏)
『魔の山』(トマス・マン独)
『ヒュペーリオン』(フリードリヒ・ヘルダーリン独)


--------------------

次のうち古代ギリシャの「三大悲劇詩人」を全て選びなさい
○エウリピデス『メディア』、ソフォクレス『オイディプス王』、アイスキュロス『アガメムノン』
×ヴェルギリウス、エンコルピウス、アリストファネス

次のうち、「中国四大奇書」の1つに数えられる文学作品を全て選びなさい
○『三国志演義』(羅貫中)、『水滸伝』、『西遊記』、『金瓶梅』(蘭陵笑笑生)
×『紅楼夢』(曹雪芹),『論語』『大学』『中庸』『孟子』,『易経』『書経』『詩経』『礼記』『春秋』

次のうち、儒学の「四書」に含まれるものを全て選びなさい
○『論語』『大学』『中庸』『孟子』
次のうち、儒学の「五経」に含まれるものを全て選びなさい
○『易経』『書経』『詩経』『礼記』『春秋』
(四書のひとつ/もともとは『礼記』の一編/朱熹の注釈書/四書の最初に位置づけられる(自作問)→『大学』)
(四書のひとつ/もともとは『礼記』の一編/朱熹の注釈書/四書の最後に位置づけられる→『中庸』)

次のうち劇作家シェイクスピアのいわゆる「四大悲劇」を全て選びなさい
○『ハムレット』『オセロ』『リア王』『マクベス』(1600,1604,1605,1606)
×『真夏の夜の夢』『お気に召すまま』『ロミオとジュリエット』

次のうち、アレクサンドル・デュマの「ダルタニャン三部作」と呼ばれる小説を全て選びなさい(1つ選びなさい)(全てAlexandre Dumas pereの作品)
○『三銃士』(1844),『二十年後』(1845),『ブラジュロンヌ子爵』(1850)
×『モンテ・クリスト伯』(1845),『赤い館の騎士』(1845),『モンソローの奥方』(1846),『王妃マルゴ』(1845),『四十五人』(1848),『黒いチューリップ』(1850)

次のうち「孤独の三部作」と呼ばれるフランツ・カフカの小説を全て選びなさい(Franz Kafka)
○『失踪者』『審判』『城』(1912,1914,1922)
×『変身』(1912),『拒絶』『観察』『プロメテウス』

次のうち、『U.S.A.』三部作と呼ばれるドス・パソスの小説を全て選びなさい
○『北緯42度線』『1919年』『ビッグ・マネー』(1930,1932,1936)
×『コロンビア地区』『マンハッタン乗換駅』『世界戦線を往く』,『1984年』(George Orwell)

次のうち、「大地の家三部作」と呼ばれるパール・バックの小説を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○『大地』『息子たち』『分裂せる家』 (Pearl Sydenstricker Buck,文学賞1938)(1931,1932,1935)
×『若き革命家』『母』『この心の誇り』『支那の空』『神の人々』『日陰の花』(1932,1933,1938,1941,1951,)

次の小説のうちドイツの作家ギュンター・グラスの「ダンツィヒ三部作」を全て選びなさい(ノーベル文学賞1999)
○『ブリキの太鼓』『猫と鼠』『犬の年』
×『女ねずみ』

--------------------
[登場人物]
次のうちシェークスピアの戯曲『リア王』に登場するリア王の娘を全て選びなさい
○ゴネリル、リーガン、コーデリア

次のうち、チェーホフの作品『三人姉妹』に登場する三人姉妹を全て選びなさい
○オリガ、マーシャ、イリーナ、のみ

次のうち、ウラジーミル・ナボコフの小説『ロリータ』の登場人物を全て選びなさい(1つ選びなさい)(Vladimir Nabokov,1955)
○ハンバート・ハンバート、ドロレス・ヘイズ(Lolita)
×クライド・グリフィス(アメリカの悲劇)、ホリー・ゴライトリー(ティファニーで朝食を)、テンプル・ドレイク(サンクチュアリの登場人物)

次のうち、スウィフトの小説『ガリバー旅行記』でガリバーが訪れた国を全て選びなさい(Jonathan Swift,1726)
○リリパット,ブロブティンナグ,ラピュタ,バルニバービ,ラグナグ,グラブダブドリブ,日本,フウイヌム
×ユートピア、フォーセリア(水野良『ロードス島戦記』)、トルメキア(『風の谷のナウシカ』)、フェナリナーサ(『魔法のプリンセス ミンキーモモ』)

次のうち、無人島を舞台にした小説を全て選びなさい
○『ロビンソン・クルーソー』(Daniel Defoe,1719)、『十五少年漂流記』(Jules Verne,1888)、『蝿の王』(William Golding,1954,文学賞1983)
×

次のうち小説『ドン・キホーテ』の登場人物を全て選びなさい
○サンチョ・パンサ、ドゥルシネア、アロンソ・キハーノ
×
エドモン・ダンテス(アレクサンドル・デュマ・ペール『モンテ・クリスト伯』)
レオポルド・ブルーム(ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』)
エヴァリスト・ガムラン(アナトール・フランス『神々は渇く』)
フレデリック・ヘンリー(アーネスト・ヘミングウェイ『武器よさらば』)
チャーリー・ゴードン(ダニエル・キイス米『アルジャーノンに花束を』)
[『ドン・キホーテ』登場人物]
ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ - 本編の主人公。本名アロンソ・キハーノ。
サンチョ・パンサ - 「パンサ」は「太鼓腹」の意。ドン・キホーテの約束に魅かれ、彼の従士として旅に同行する。
ドゥルシネア・デル・トボーソ - ドン・キホーテは彼女に妄想上の虚像を重ね合わせて貴婦人ドゥルシネーアとし、自身の思い姫としている。


次のうち小説『レ・ミゼラブル』の登場人物を全て選びなさい
○ジャン・バルジャン、ジャベール警部、コゼット、マリウス・ポンメルシー
×
サンチョ・パンサ(ミゲル・デ・セルバンテス『ドン=キホーテ』主人公ドン=キホーテの従者で彼の旅に同行する)
アンリエット・ド・モルソフ(オノレ・ド・バルザック『谷間の百合』)
ジュリアン・ソレル(スタンダール『赤と黒』)
ガニマール警部(モーリス・ルブラン アルセーヌ・ルパン シリーズ)
スカーレット・オハラ(マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』)
エヴァリスト・ガムラン(アナトール・フランス『神々は渇く』)

次のうち、アメリカの作家ヘミングウェイの小説の主人公を全て選びなさい
〇ジェイク・バーンズ(日はまた昇る)、フレデリック・ヘンリー(武器よさらば)、ロバート・ジョーダン(誰がために鐘は鳴る)、サンチャゴ(老人と海)
×エドモン・ダンテス(Alexandre Dumas pere『モンテクリスト伯』)、エヴァリスト・ガムラン(アナトール・フランス『神々は渇く』)、ハンス・カストルプ(トマス・マン『魔の山』)
(パンプローナの牛追い祭/主人公はジェイク・バーンズ/ロストジェネレーションの始まり/ヘミングウェイの処女小説→『日はまた昇る』)
(ヘミングウェイの小説/第一次世界大戦が舞台/看護婦キャサリン(キャサリン・バークレイ)/アメリカ兵ヘンリー(フレデリック・ヘンリー)→『武器よさらば』)
(ヘミングウェイの小説/主人公はロバート・ジョーダン/マリアとの恋愛/スペイン内乱が舞台→『誰がために鐘は鳴る』)

次のうちシェークスピアの戯曲『リア王』に登場するリア王の娘を全て選びなさい
○ゴネリル、リーガン、コーデリア、のみ
次のうちシェークスピアの戯曲『真夏の夜の夢』に登場する妖精を全て選びなさい
○パック、ティタニア、オベロン、のみ


次のうちシェークスピアの戯曲『ハムレット』の登場人物を全て選びなさい
○ガートルード(母)、クローディアス(叔父)、オーフィリア(恋人)、ポローニアス(宰相,王の右腕)
×ブラバンショー(オセロ)、イアーゴ(オセロ)、バンクオー(マクベス)
パリス(ロミオとジュリエット)、ティボルト(ロミオとジュリエット)、マキューシオ(ロミオとジュリエット)
[あらすじ]
クローディアスと王妃が結婚
ハムレットが父の亡霊に会う
ハムレットがポローニアスを殺害(侍従長)
オフィーリアが溺死(恋人)
ガートルードが死亡(母)
レイアティーズが死亡
クローディアスが死亡(叔父)
ハムレットが死亡


次のうちシェークスピアの戯曲『オセロ』の登場人物を全て選びなさい
○デズデモーナ(オセロの妻)、ブラバンショー(デズデモーナの父)、キャシオ(オセロの副官)、イアーゴ(悪人)、エミリア(イアーゴの妻)
×クローディアス(ハムレット)、ティボルト(ロミオとジュリエット)
[あらすじ]
オセロとデズデモーナが結婚
トルコ軍による襲撃
キャシオが酔って醜態(しゅうたい)を晒す
キャシオがロダリーゴを殺す(負傷)
オセロがデズデモーナを殺す
イアーゴが自分の妻を殺す
イアーゴが捕らえられる
オセロが自殺する

次のうちシェークスピアの戯曲『マクベス』の登場人物を全て選びなさい
○ダンカン(王)、マルカム(ダンカンの長男)、バンクォー(マクベスの友人)、マクダフ(ファイフの領主)
×ブラバンショー(オセロ)、ティボルト(ロミオとジュリエット)、パリス(ロミオとジュリエット)
マクベス:ダンカンの臣下、スコットランドの将軍
ダンカン:スコットランド王。マクベスを重用していたが、魔女の予言を信じたマクベスに殺害される
マルカム:ダンカンの長男
バンクォー:スコットランドの将軍で、マクベスの友人
マクダフ:スコットランドの貴族、ファイフの領主
[あらすじ]
マクベスがダンカン国王を殺害
王子マルカムが逃亡する
マクベスが王位につく
マクベスがバンクォーを殺害
王子マルカムが蜂起する
マクダフがマクベスを殺害
マルカムが王位につく


次のうちシェークスピアの戯曲『ロミオとジュリエット』の登場人物を全て選びなさい
○ティボルト(決闘)、マキューシオ(ロミオの親友)、パリス(結婚話)
×クローディアス(ハムレット)、オフィーリア(ハムレット)、バンクォー(マクベス)
[あらすじ]
舞踏会で2人が出会う
2人で結婚式を挙げる
ロミオがティボルトと決闘
ロミオ、マンチュアへ旅立つ
ジュリエット仮死状態になる
ロミオ、パリスを殺す
ロミオが毒を飲んで死ぬ
ジュリエットが自殺する

次のうちシェークスピアの戯曲『ベニスの商人』の登場人物を全て選びなさい
○ポーシャ、バッサニオ(主人公アントーニオの友人でポーシャと結婚)、シャイロック(強欲な金貸し)
×ポローニアス(ハムレット)、キャシオ(オセロ)、イアーゴ(オセロ)
アントーニオ:貿易商人。正義感が強く情に厚い。
バサーニオ:高等遊民。ポーシャと結婚する。
ポーシャ:莫大な財産を相続した美貌の貴婦人。
シャイロック:強欲なユダヤ人金貸し。

--------------------
[その他]
イギリスの哲学者ベーコンがその著書の中で挙げた4つのイドラを全て選びなさい(フランシス・ベーコン,Francis Bacon,英,1561-1626)
種族のイドラ(感覚における錯覚であり、人類一般に共通してある誤り)
洞窟のイドラ(狭い洞窟の中から世界を見ているかのように、個人の性癖、習慣、教育によって生じる誤り。世間知らずの意もある)
市場のイドラ(言葉が思考に及ぼす影響から生じる偏見。言葉や言語が引き起こす偏見。口コミなどが挙げられる)
劇場のイドラ(思想家たちの思想や学説によって生じる誤り。思想家たちの舞台の上のドラマに眩惑され、事実を見誤ってしまうこと)
×恋愛のイドラ、歓喜のイドラ、戦闘のイドラ

次のうち、中国唐の詩人・白居易の作品を全て選びなさい
○『長恨歌』『琵琶行』『白氏文集』(,,845)
×『桃花源記』(陶淵明)、『赤壁賦』(蘇軾)、『漁父辞』(楚辞,そじ)
(役人を辞める際の心境を詠った、古代中国・東晋時代の詩人・陶淵明の代表作は?(文字パネル)→帰去来辞)
次の中国の詩人とその代表作の正しい組み合わせを選びなさい
杜甫(詩聖)『春望』
李白(詩仙)『静夜思』
蘇軾『赤壁賦』(そしょく,せきへきのふ)
孟浩然『春暁』(もうこうぜん,しゅんぎょう)
(白居易『長恨歌』『琵琶行』『白氏文集』(,,845))
(陶淵明『桃花源記』)
(蘇軾『赤壁賦』)
(楚辞『漁父辞』)

次のうち女性の作家を全て選びなさい
アストリッド・リンドグレーン(Astrid Lindgren『長くつ下のピッピ』瑞典)
ジョージ・エリオット(George Eliot)
バージニア・ウルフ(Virginia Woolf)
パール・バック(Pearl Sydenstricker Buck,文学賞1938)
アーシュラ・ル=グウィン(Ursula Le Guin『ゲド戦記』米)、
ナディン・ゴーディマ(Nadine Gordimer,南アフリカ,文学賞1991)
×
トーマス・エリオット(T・S・エリオット英,文学賞1948)
スタニスワフ・レム(Stanistaw Lem『ソラリスの陽のもとに』ポーランドSF(1961))
ミゲル・アストゥリアス(Miguel Asturias,グアテマラ,文学賞1967)
ガルシア・マルケス(Gabriel Marquez『百年の孤独』コロンビア,文学賞1982)
ウォーレ・ショインカ(Wole Soyinka,ナイジェリア,文学賞1986)
サルマン・ラシュディ(Salman Rushdie印『悪魔の詩』(1989))
ロムロ・ガリェゴス(ベネズエラ)


次の外国文学のうち女性が書いた作品を全て選びなさい
『高慢と偏見』(Jane Austen,1813)
『嵐が丘』(Emily Bronte,1847)
『アンクル・トムの小屋』(Harriet Beecher Stowe,1852)
『サイラス・マーナー』(George Eliot,1861)
『ダロウェイ夫人』(Virginia Woolf,1925)
『メアリー・ポピンズ』(Pamela Travers,英1934)
『風と共に去りぬ』(Margaret Mitchell,1936)
×
『ボヴァリー夫人』(Gustave Flaubert,1857)
『アメリカの悲劇』(Theodore Dreiser,1925)


次のうちノーベル文学賞を受賞した作家を全て選びなさい
ジョゼフ・キップリング(Joseph Rudyard Kipling)(1907)
セルマ・ラーゲルレーヴ(Selma Lagerlof)(1909)
モーリス・メーテルリンク(Maurice Maeterlinck)(1911)
ゲアハルト・ハウプトマン(Gerhart Hauptmann)(1912)
ロマン・ロラン(Romain Rolland)(1915)
アナトール・フランス(Anatole France)(1921)
バーナード・ショー(George Bernard Shaw)(1925)
トマス・マン(Thomas Mann)(1929)
ユージン・オニール(Eugene O'Neill)(1936)
マルタン・デュ・ガール(Martin du Gard)(1937)
パール・バック(Pearl Sydenstricker Buck)(1938)
ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)(1946)
アンドレ・ジッド(Andre Gide)(1947)
ウィリアム・フォークナー(William Faulkner)(1949)
アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Hemingway)(1954)
アルベール・カミュ(Albert Camus)(1957)
ジョン・スタインベック(John Steinbeck)(1962)
ミハイル・ショーロホフ(Mikhail Sholokhov)(1965)(『静かなるドン』『開かれた処女地』)
サミュエル・ベケット(Samuel Beckett)(1969)
アレクサンドル・ソルジェニーツィン(Alexandr Solzhenitsyn)(1970)
ウィリアム・ゴールディング(William Golding)(1983)
ウォーレ・ショインカ(Wole Soyinka)(ナイジェリア)(1986)
×ジョン・キーツ(John Keats英『ハイペリオン』(1818))、
ストリンドベリ、ジャン・コクトー、サン・テグジュペリ、バージニア・ウルフ、J・D・サリンジャー、トルーマン・カポーティ
(ジャン=ポール・サルトル(1964辞退))

--------------------

次のうち17世紀以前に書かれた文学作品を全て選びなさい
『デカメロン』(ジョヴァンニ・ボッカチオ『デカメロン』(1350))
『カンタベリー物語』(ジェフリー・チョーサー『カンタベリー物語』(14世紀))
『ドン・キホーテ』(ミゲル・デ・セルバンテス(1605))
×
『若きウェルテルの悩み』(Johann Wolfgang von Goethe『若きウェルテルの悩み』(1774))
『アンナ・カレーニナ』(レフ・トルストイ『アンナ・カレーニナ』(1877))『戦争と平和』『復活』『アンナ・カレーニナ』『イワンのばか』『クロイツェル・ソナタ』)
『失われた時を求めて』(マルセル・プルース『失われた時を求めて』(1913))

次のうち18世紀に書かれた小説を全て選びなさい
『ロビンソン・クルーソー』(ダニエル・デフォー『ロビンソン・クルーソー』(1719))
『ガリバー旅行記』(ジョナサン・スウィフト『ガリバー旅行記』(1726))
『若きウェルテルの悩み』(Johann Wolfgang von Goethe『若きウェルテルの悩み』(1774))
×
『デカメロン』(ジョヴァンニ・ボッカチオ『デカメロン』(1350))
『ドン・キホーテ』(ミゲル・デ・セルバンテス『ドン・キホーテ』(1605))
『赤と黒』(スタンダール『赤と黒』(1830))(『パルムの僧院』『恋愛論』)
『ゴリオ爺さん』(オノレ・ド・バルザック『ゴリオ爺さん』(1835))(『谷間のゆり』『人間喜劇』)
『トム・ソーヤーの冒険』(マーク・トウェイン『トム・ソーヤーの冒険』(1876))
『アンナ・カレーニナ』(レフ・トルストイ『アンナ・カレーニナ』(1877))『戦争と平和』『復活』『アンナ・カレーニナ』『イワンのばか』『クロイツェル・ソナタ』)
『カラマーゾフの兄弟』(フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(1880))(『罪と罰』『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』『貧しき人びと』)
『ライ麦畑でつかまえて』(J・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』(1951))

次のうち19世紀に書かれた小説を全て選びなさい
『赤と黒』(スタンダール『赤と黒』(1830))(『パルムの僧院』『恋愛論』)
『トム・ソーヤーの冒険』(マーク・トウェイン『トム・ソーヤーの冒険』(1876))
『カラマーゾフの兄弟』(フョードル・ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』(1880))(『罪と罰』『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』『貧しき人びと』)
×
『月と六ペンス』(サマセット・モーム『月と六ペンス』(1919))
『魔の山』(トマス・マン『魔の山』(1924)(文学賞1929))
『風と共に去りぬ』(マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』(1936))
『ドクトル・ジバゴ』(ボリス・パステルナーク『ドクトル・ジバゴ』(1957)(文学賞1958))
『静かなるドン』(ミハイル・ショーロホフ『静かなるドン』(1926)(文学賞1965))(『静かなるドン』『開かれた処女地』)

次のうち20世紀に書かれた小説を全て選びなさい
『西部戦線異状なし』(エーリッヒ・レマルク『西部戦線異状なし』(1929))
『風と共に去りぬ』(マーガレット・ミッチェル『風と共に去りぬ』(1936))
『老人と海』(アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』(1951)(文学賞1954))
『悲しみよこんにちは』(フランソワーズ・サガン『悲しみよこんにちは』(1954))
×
『デカメロン』(ジョヴァンニ・ボッカチオ(1350))
『ドン・キホーテ』(ミゲル・デ・セルバンテス(1605))
『ガリバー旅行記』(ジョナサン・スウィフト(1726))
『トム・ソーヤーの冒険』(マーク・トウェイン『トム・ソーヤーの冒険』(1876))

--------------------

次のうち、イギリスの作家を全て選びなさい
○ウィリアム・シェイクスピア(英)、チャールズ・ディケンズ(英)、サマセット・モーム(英)、バーナード・ショー(英)
×
次のうち、フランスの作家を全て選びなさい
○モリエール(仏)、スタンダール(仏)、レイモン・ラディゲ(仏)、アンドレ・マルロー(仏)、マルタン・デュ・ガール(仏)、ウジェーヌ・イヨネスコ(仏)
×バージニア・ウルフ(英)、バーナード・ショー(英)、J・D・サリンジャー(米)、マクシム・ゴーリキー(露)
次のうち、ドイツの作家を全て選びなさい
○ノヴァーリス(独)、ゲーテ(独)、ゴットホルト・レッシング(独)、ヘルマン・ヘッセ(独)、トマス・マン(独)
×モーリス・メーテルリンク(ベルギー)
次のうち、イタリアの作家を全て選びなさい
○ダンテ・アリギエーリ(伊)、ジョヴァンニ・ボッカチオ(伊)、
アレッサンドロ・マンゾーニ(伊)、ガブリエーレ・ダンヌンツィオ(伊)、ルイジ・ピランデルロ(伊ノーベル文学賞1934)、
×ウジェーヌ・イヨネスコ(仏)、ゴットホルト・レッシング(独)、アンリ・バルビュス(仏)、フランツ・カフカ(czech)
次のうち、スウェーデンの作家を全て選びなさい
○ストリンドベリ(瑞典)、アストリッド・リンドグレーン(瑞典)、セルマ・ラーゲルレーヴ(瑞典)
×ヘンリック・イプセン(諾威)、エーリッヒ・ケストナー(独)、モーリス・メーテルリンク(ベルギー)
次のうち、アメリカの作家を全て選びなさい
○ハーマン・メルビル、マーク・トウェイン、パール・バック、セオドア・ドライサー、ウィリアム・スタイロン
×ジェームズ・ジョイス(Ireland)、オスカー・ワイルド(Ireland)、チャールズ・ディケンズ(英)、サマセット・モーム(英)、バーナード・ショー(英)
次のうちロシアの作家を全て選びなさい
○イワン・ツルゲーネフ(露)、ニコライ・ゴーゴリ、フョードル・ドストエフスキー、レフ・トルストイ、アントン・チェーホフ
×
次のうちイギリスの作家が書いた文学作品を全て選びなさい
○『ロミオとジュリエット』、『ロビンソン・クルーソー』(ダニエル・デフォー)、
『ジキル博士とハイド氏』(ロバート・ルイス・スティーブンソン)、『不思議の国のアリス』(ルイス・キャロル)
×『ドン・キホーテ』(セルバンテス)、『風と共に去りぬ』(マーガレット・ミッチェル)、アンナ・カレーニナ』(レフ・トルストイ)
次のうちフランスの作家が書いた文学作品を全て選びなさい
○『ガルガンチュワ物語』(フランソワ・ラブレー)、『モンテ・クリスト伯』(アレクサンドル・デュマ)、
『赤と黒』(スタンダール)、『パルムの僧院』(スタンダール)、『レ・ミゼラブル』(ヴィクトル・ユーゴー)
×『ドン・キホーテ』(セルバンテス)、『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー)
次のうちアメリカの作家が書いた文学作品を全て選びなさい
○『アンクル・トムの小屋』(Harriet Beecher Stowe,1852)、『トム・ソーヤーの冒険』(Mark Twain,1876)、『風と共に去りぬ』(Margaret Mitchell,1936)、
『武器よさらば』(ヘミングウェイ)、『誰がために鐘は鳴る』(ヘミングウェイ)、『欲望という名の電車』(テネシー・ウィリアムズ)
×『ドン・キホーテ』『ロミオとジュリエット』
次のうちロシアの作家が書いた文学作品を全て選びなさい
○『カラマーゾフの兄弟』(ドストエフスキー)、『ワーニャ伯父さん』(チェーホフ)、『ドクトル・ジバゴ』(ボリス・パステルナーク)
×『星の王子さま』(サン=テグジュペリ,1943)

--------------------
  1. 2014/01/05(日) 20:41:28|
  2. 世界文学検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界文学検定 順番当て

--------------------
[世界文学 作品順]
次のアメリカの作家ジョン・アップダイクの小説を発表されたのが古い順に選びなさい(John Updike)
『走れウサギ』(1960)→『帰ってきたウサギ』(1972)→『金持ちになったウサギ』(1981)→『さようならウサギ』(1990)

次のアメリカの作家ジェイムズ・フェニモア・クーパーの歴史小説シリーズを刊行された順に選びなさい(James Fenimore Cooper)
『開拓者』(1823)→『モヒカン族の最後』(1826)→『大草原』(1827)→『道を拓くもの』探検者(1840)→『鹿狩り人』(1841)
(『レザーストッキング物語』=主人公はNatty Bumppoであり神話的なヒーローで猟師で主人公は白人であるがデラウェア族の鉄砲の名手。『開拓者』『モヒカン族の最後』『大平原』『道を拓く者』『シカ狩り人』からなる5部作)

次のフランスの文学作品を発表されたのが古い順に選びなさい
『ガルガンチュワ物語』(フランソワ・ラブレー『ガルガンチュワ物語』(1534))
『タルチュフ』(モリエール『タルチュフ』(1664))
『ジャン・クリストフ』(ロマン・ロラン『ジャン・クリストフ』(1904)(文学賞1915))
『肉体の悪魔』(レイモン・ラディゲ『肉体の悪魔』(1923))

次のアメリカの文学作品を発表されたのが古い順に選びなさい
『緋文字』(ナサニエル・ホーソーン『緋文字』(1850))
『最後の一葉』(O・ヘンリー『最後の一葉』(1907))
『本町通り』(シンクレア・ルイス『本町通り』(1920)(文学賞1930))
『大地』(パール・バック『大地』(1931)(文学賞1938))
『裸者と死者』(ノーマン・メイラー『裸者と死者』(1948))
『ティファニーで朝食を』(トルーマン・カポーティ『ティファニーで朝食を』(1958))
『ナット・ターナーの告白』(ウィリアム・スタイロン『ナット・ターナーの告白』(1967))
『ルーツ』(アレックス・ヘイリー『ルーツ』(1976))

次の文学作品を書かれたのが早い順に選びなさい
『カンタベリー物語』(ジェフリー・チョーサー『カンタベリー物語』(14世紀))
『ガリバー旅行記』(ジョナサン・スウィフト『ガリバー旅行記』(1735))
『ゴリオ爺さん』(オノレ・ド・バルザック『ゴリオ爺さん』(1835))
『ジャン・クリストフ』(ロマン・ロラン『ジャン・クリストフ』(1904)(文学賞1915))
『月と六ペンス』(サマセット・モーム『月と六ペンス』(1919))
『静かなるドン』(ミハイル・ショーロホフ『静かなるドン』(1926)(文学賞1965))
『百年の孤独』(ガルシア・マルケス『百年の孤独』(1967)(文学賞1982))
次の文学作品を書かれたのが早い順に選びなさい
『ラーマーヤナ』(印BC3世紀)
『アラビアンナイト』(9世紀)
『ローランの歌』(仏11世紀)
『神曲』(ダンテ・アリギエーリ『神曲』(1307頃))
『ロミオとジュリエット』(ウィリアム・シェイクスピア『ロミオとジュリエット』(1595))
『ファウスト』(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ『ファウスト』(1833))
『マルテの手記』(ライナー・マリア・リルケ墺『マルテの手記』(1910))
次の文学作品を書かれたのが早い順に選びなさい
『縛られたプロメテウス』(アイスキュロス『縛られたプロメテウス』(BC500頃))
『アエネイス』(ウェルギリウス『アエネイス』(BC30頃))
『デカメロン』(ジョヴァンニ・ボッカチオ『デカメロン』(1349))
『罪と罰』(フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』(1866))
『星の王子さま』(サン=テグジュペリ『星の王子さま』(1943))
次の文学作品を書かれたのが早い順に選びなさい(未分類)
『ハムレット』(ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』(1600))
『異邦人』(アルベール・カミュ『異邦人』(1942)(文学賞1957))

--------------------
[世界文学 登場人物]
次のイギリスの作家ブロンテ三姉妹を長女から順に選びなさい
エミリー・シャーロット『ジェーン・エア』(1847)→エミリー・ブロンテ『嵐が丘』(1847)→エミリー・アン『アグネス・グレイ』(1847)『ワイルドフェル屋敷の人々』(1848)

次のチェーホフの戯曲『三人姉妹』に登場するプローゾロフ家の三人姉妹を長女から順に選びなさい
オリガ→マーシャ→イリーナ

次のアメリカの作家オルコットの小説『若草物語』に登場する四姉妹を年齢が高い順に選びなさい
メグ(Meg長女)→ジョー(Jo次女)→ベス(Beth三女)→エイミー(Amy四女)

次の人物を主人公とした小説を書かれたのが古い順に選びなさい
ヴァルモン子爵(ラクロ『危険な関係』(1782))
ラスコリニコフ(ドストエフスキー『罪と罰』(1866))
エヴァリスト・ガムラン(アナトール・フランス『神々は渇く』(1912))
フレデリック・ヘンリー(アーネスト・ヘミングウェイ『武器よさらば』(1929))
アントワーヌ・ロカンタン(サルトル『嘔吐』(1938))
ホールデン・コールフィールド(J・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』(1951))
ハリー・アングストローム(ジョン・アップダイク『走れウサギ』(1960))

次の文学作品を主人公の年齢が若い順に選びなさい
『ライ麦畑でつかまえて』(J・D・サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』(1951),ホールデン・コールフィールド=少年)
『赤と黒』(スタンダール『赤と黒』(1830),ジュリアン・ソレル=ナポレオンを崇拝する青年)
『ガープの世界』(ジョン・アーヴィング『ガープの世界』(1978),ガープ=)
『セールスマンの死』(アーサー・ミラー『セールスマンの死』(1949),ウイリー・ローマン63歳)

次の文学作品を主人公の年齢が若い順に選びなさい
『不思議の国のアリス』
『ロミオとジュリエット』
『武器よさらば』(アーネスト・ヘミングウェイ『武器よさらば』(1929),フレデリック・ヘンリー=第一次世界大戦でイタリア兵に志願したアメリカ人)
『老人と海』(アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』(1951),サンチャゴ)

--------------------
[世界文学 内容]
次の国を小説『ガリバー旅行記』でガリバーが訪れた順に選びなさい(Jonathan Swift,1726)
リリパット
ブロブティンナグ
ラピュタ
バルニバービ
ラグナグ
グラブダブドリブ
日本
フウイヌム
(リブラピュタ バラグニフ)
第一篇 リリパット国渡航記
第二篇 ブロブディンナグ国渡航記
第三篇 ラピュータ、バルニバービ、ラグナグ、グラブダブドリッブおよび日本への渡航記
第四篇 フウイヌム国渡航記
(スウィフトの小説『ガリバー旅行記』に登場する、魔法使いが住んでいる島の名前は?(並べ替え)→グラブダブドリブ)

--------------------
[ノーベル文学賞]
次の作家をノーベル文学賞を受賞したのが古い順に選びなさい
ジョゼフ・キップリング(Joseph Rudyard Kipling)(1907)
モーリス・メーテルリンク(Maurice Maeterlinck)(1911)
ロマン・ロラン(Romain Rolland)(1915)
アナトール・フランス(Anatole France)(1921)
バーナード・ショー(George Bernard Shaw)(1925)
トマス・マン(Thomas Mann)(1929)
マルタン・デュ・ガール(Martin du Gard)(1937)
パール・バック(Pearl Sydenstricker Buck)(1938)(『大地』)
ヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)(1946)
アンドレ・ジッド(Andre Gide)(1947)
ウィリアム・フォークナー(William Faulkner)(1949)(『響きと怒り』『サンクチュアリ』『八月の光』『アブサロム、アブサロム!』)
アーネスト・ヘミングウェイ(Ernest Hemingway)(1954)(『日はまた昇る』『武器よさらば』『誰がために鐘は鳴る』『老人と海』)
アルベール・カミュ(Albert Camus)(1957)
ジョン・スタインベック(John Steinbeck)(1962)(『二十日鼠と人間』『怒りの葡萄』『エデンの東』)
サミュエル・ベケット(Samuel Beckett)(1969)
アレクサンドル・ソルジェニーツィン(Alexandr Solzhenitsyn)(1970)
ウィリアム・ゴールディング(William Golding)(1983)
ウォーレ・ショインカ(Wole Soyinka)(ナイジェリア)(1986)

--------------------
[国際ペンクラブ]
次の作家を国際ペンクラブの会長を務めた順に選びなさい
ジョン・ゴールズワージー(01:1923-1933)(英)
H・G・ウェルズ (02:1933-1936)(英)
ジュール・ロマン (03:1936-1941)(仏)
モーリス・メーテルリンク(04:1947-1949)(ベルギー)
ベネデット・クローチェ (05:1949-1952)(伊)
次の作家を国際ペンクラブの会長を務めた順に選びなさい
アルベルト・モラヴィア (08:1959-1962)(伊)
アーサー・ミラー (10:1965-1969)(米)
ハインリヒ・ベル (12:1971-1974)(独)
バルガス・リョサ (14:1976-1979)(ペルー)
イジ・グルーサ (21:2003-2009)(チェコ)

[国際ペンクラブ 会長まとめ]
ジョン・ゴールズワージー(01:1923-1933)
H・G・ウェルズ(02:1933-1936)(Herbert George Wells,英)
ジュール・ロマン(03:1936-1941)(フランス)
モーリス・メーテルリンク(04:1947-1949)
ベネデット・クローチェ(05:1949-1952)(イタリア)
チャールズ・モーガン(06:1953-1956)
アンドレ・シャンソン(07:1956-1959)
アルベルト・モラヴィア(08:1959-1962)(イタリア)
ビクター・ファン・フリースランド(09:1962-1965)
アーサー・ミラー(10:1965-1969)
ピエール・エマニュエル(11:1969-1971)
ハインリヒ・ベル(12:1971-1974)(ドイツ)
ビクター・プリチェット(13:1974-1976)
マリオ・バルガス=リョサ(14:1976-1979)
ペール・ウェストベリ(15:1979-1986)
フランシス・キング(16:1986-1989)
ルネ・タベルニエ(17:1989-1990)(フランス)
ゲオルギー・コンラッド(18:1990-1993)(ハンガリー)
ロナルド・ハーウッド(19:1993-1997)
ホメロ・アリディス(20:1997-2003)(メキシコ)
イジ・グルーサ(21:2003-2009)(チェコ)
ジョン・ラルストン・ソウル(22:2009-)(カナダ)

--------------------
[語句作成]
次の文字列を順に選んでラージプート時代のインドで書かれた叙事詩の題名にしなさい
『プリトゥヴィーラージ・ラーソー』
次の文字列を順に選んで小説『ドン・キホーテ』に登場する田舎娘の名前にしなさい
ドゥルシネア・デル・トボーソ
次の文字列を順に選んでシェークスピアが生まれたイギリスの町の名前にしなさい
ストラトフォード・アポン・エイボン(Stratford-upon-Avon)
次の文字列を順に選んで小説『阿呆物語』で有名な17世紀ドイツの作家の名前にしなさい
グリンメルスハウゼン(Hans Jakob Christoffel von Grimmelshausen)(1668)
次の文字列を順に選んで1770年代にドイツで起こった文学運動の名前にしなさい
シュトゥルム・ウント・ドランク(Sturm und Drang)(疾風怒涛)
次の文字列を順に選んでアメリカの作家アーヴィングの小説の題名にしなさい
『リップ・ヴァン・ウィンクル』(Washington Irving,1820)
次の文字列を順に選んでロシアの作家プーシキンの小説のタイトルにしなさい
『エウゲニー・オネーギン』(Aleksander Pushikin)(1825)
次の文字列を順に選んでジョージ・エリオットの小説のタイトルにしなさい
『サイラス・マーナー』(George Eliot)(1861)
次の文字列を順に選んでドイツの作家ゲーテの代表作のタイトルにしなさい
『ヴィルヘルム・マイスター』(ohann Wolfgang von Goethe)(1876)
次の文字列を順に選んでマーク・トゥエインの小説のタイトルにしなさい
『ハックルベリー・フィンの冒険』(Mark Twain『トム・ソーヤーの冒険』(1876))(1885)
次の文字列を順に選んでフランスの作家エドモン・ロスタンの小説のタイトルにしなさい
『シラノ・ド・ベルジュラック』(Edmond Rostand)(1897)
次の文字列を順に選んで小説『ターザン』を書いたアメリカの作家の名前にしなさい
エドガー・ライス・バローズ(Edgar Rice Burroughs)(1914)
次の文字列を順に選んでノルウェーの作家シグリ・ウンセットの代表作のタイトルにしなさい
クリスティン・ラブランスダッテル(Kristin Lavransdatter)(Sigrid Undset,文学賞1928)
次の文字列を順に選んでフランスの哲学者サルトルが創刊した雑誌の名前にしなさい
『レ・タン・モデルヌ』(1945)
次の文字列を順に選んで小説『ライ麦畑で捕まえて』の主人公の名前にしなさい
ホールデン・コールフィールド (Jerome David Salinger)(1951)
次の文字列を順に選んで小説『ドクトル・ジバゴ』を書いたロシアの作家の名前にしなさい
ボリス・パステルナーク(Boris Pasternak)(ノーベル文学賞1958)
次の文字列を順に選んでフランスの作家フランツ・ファノンの作品のタイトルにしなさい(大意)
『黒い皮膚・白い仮面』(Frantz Fanon)(1952)(『地に呪われたる者』(1961))
次の文字列を順に選んでアメリカの作家・ジェイ・マキナニーの代表作の名前にしなさい
『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』(Bright Lights, Big City)(1984)
次の文字列を順に選んでエジプトの作家ナギブ・マフフーズの代表作のタイトルにしなさい
『バイナル・カスライン』(Naguib Mahfouz)(ノーベル文学賞1988)
次の文字列を順に選んで2009年5月にイギリス初の女性の桂冠詩人となった詩人の名前にしなさい
キャロル・アン・ダフィー(Carol Ann Daffy)
次の文字列を順に選んでフランス語で「つづり」という意味の単語にしなさい
orthographe(オルトグラフ)

--------------------

次の出来事を戯曲『オセロ』の作中で起こるのが早い順に選びなさい
オセロとデズデモーナが結婚
トルコ軍による襲撃
キャシオが酔って醜態(しゅうたい)を晒す
キャシオがロダリーゴを殺す(負傷)
オセロがデズデモーナを殺す
イアーゴが自分の妻を殺す
イアーゴが捕らえられる
オセロが自殺する

--------------------

次の出来事をシェークスピアの戯曲『ハムレット』の作中で起こるのが早い順に選びなさい
クローディアスと王妃が結婚
ハムレットが父の亡霊に会う
ハムレットがポローニアスを殺害(侍従長)
オフィーリアが溺死(恋人)
ガートルードが死亡(母)
レイアティーズが死亡
クローディアスが死亡(叔父)
ハムレットが死亡

--------------------

次の出来事をシェイクスピアの戯曲『マクベス』の作中で起こる順に選びなさい
マクベスがダンカン国王を殺害
王子マルカムが逃亡する
マクベスが王位につく
マクベスがバンクォーを殺害
王子マルカムが蜂起する
マクダフがマクベスを殺害
マルカムが王位につく

--------------------

次の出来事を戯曲『ロミオとジュリエット』の作中で起こるのが早い順に選びなさい
舞踏会で2人が出会う
2人で結婚式を挙げる
ロミオがティボルトと決闘
ロミオ、マンチュアへ旅立つ
ジュリエット仮死状態になる
ロミオ、パリスを殺す
ロミオが毒を飲んで死ぬ
ジュリエットが自殺する
--------------------

次の出来事をユーゴーの小説『レ・ミゼラブル』の作中で起こるのが早い順に選びなさい
バルジャンがパンを盗む
バルジャンが牢獄に入る
バルジャンが銀の食器を盗む
バルジャンが市長となる
共和派の反乱が起こる
ジャベールが自殺する
マリウスとコゼットが結婚

--------------------

次の出来事を小説『風と共に去りぬ』の作中で起こるのが早い順に選びなさい
アシュレーがメラニーと結婚
チャールズが戦死
スカーレットが男の子を出産
スカーレットがタラへ逃げる
南北戦争が終結
スカーレットがフランクと結婚
スカーレットがレットと結婚

次の人物を小説『風と共に去りぬ』でスカーレット・オハラが結婚する順に選びなさい
チャールズ・ハミルトン→フランク・ケネディ→レット・バトラー
(好きな相手アシュレー・ウィルクスの婚約者メラニーの兄)(妹の恋人)(主人公)

--------------------

次の出来事をブロンテの小説『嵐が丘』の作中で起こるのが早い順に選びなさい
ヒンドリーが結婚する
キャサリンがエドガーと結婚
ヒースクリフが姿を消す
ヒースクリフがイザベラと結婚
イザベラが家出をする
キャサリンが出産後に死去
エドガー死去
ヒースクリフ死去

(↑あらすじ読みましたがこうと思うのですが)

[他サイトの回答]
イザベラが家出をする
キャサリンがエドガーと結婚
ヒースクリフが姿を消す
ヒースクリフがイザベラと結婚
ヒンドリーが結婚する
キャサリンが出産後に死去
エドガー死去
ヒースクリフ死去

(シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』、エミリー・ブロンテ『嵐が丘』、アン・ブロンテ『アグネス・グレイ』)

[登場人物]
ヒースクリフ - 孤児。哀れに思った嵐が丘の主人に拾われる。
キャサリン - 嵐が丘の主人の娘。ヒースクリフと仲良くなる。
エドガー - リントン家の息子。キャサリンと結婚。
イザベラ - エドガーの妹。ヒースクリフと結婚。
ヒンドリー - キャサリンの兄。
キャサリン・リントン - キャサリンとエドガーの娘。ヒースクリフの子と結婚。
リントン・ヒースクリフ - ヒースクリフとイザベラの息子。
ヘアトン・アーンショー - ヒンドリーの息子。

[あらすじ]
1801年、都会の生活に疲れた自称人間嫌いの青年ロックウッドは、
人里離れた田舎にある「スラッシュクロス」と呼ばれる屋敷を借りて移り住むことにした。
挨拶のため「スラッシュクロス」唯一の近隣であり大家の住む「嵐が丘」を訪れ、
館の主人ヒースクリフ、一緒に暮らす若い婦人キャサリン・リントンや粗野な男ヘアトンといった奇妙な人々と面会する。
ヒースクリフは無愛想だし、キャサリン・リントンは彼の妻でもなさそうだ。
ヘアトンは召使の様な格好をしているが、食卓を一緒に囲んでいる。
しかもこの住人達の関係は冷え切っており、客前でも平気でののしり合っている。
彼らに興味を抱いたロックウッドは、事の全貌を知る古女中エレン(ネリー)に事情を尋ね、
ヒースクリフと館にまつわる憎愛と復讐の物語を聞かされることとなる。

昔、この「嵐が丘」では旧主人のアーンショーとアーンショー夫人、その子供であるヒンドリーとキャサリンが住んでいた。
ある日、主人は外出先で身寄りのない男児を哀れに思い、家に連れて帰ってきた。
主人は彼をヒースクリフと名づけ自分の子供以上に可愛がり、ヒースクリフはキャサリンと仲良くなった。
しかしアーンショー氏が亡くなり館の主人がヒンドリーになると、
今までヒースクリフを良く思っていなかったヒンドリーはヒースクリフを下働きにしてしまう。
それでもヒースクリフとキャサリンは仲が良く、お互いに恋心を抱くようになっていた。
そんなある日、二人は「スラッシュクロス」の住人と出会うことになる。
当時、「スラッシュクロス」には上流階級の主人リントンとリントン夫人、その子供のエドガーとイザベラが住んでいた。
彼らの優雅な生活に衝撃を受けたキャサリンは上流階級に憧れを持ち、
ヒースクリフを必要としながらも自分を下げることはできないとエドガーの求婚を受けてしまう。ショックを受けたヒースクリフは姿を消す。

(やがてキャサリンはエドガーと結婚し、「スラッシュクロス」に移り住む。
その後、ヒンドリーも結婚し、息子ヘアトンが生まれるが、ほどなく妻・フランシスが死ぬと、
彼は酒と賭博に溺れるようになる。そしてそこへ、ヒースクリフは復讐のために帰って来る)

やがてヒースクリフは裕福な紳士になって戻ってくるが、
それは自分を下働きにしたヒンドリー、キャサリンを奪ったエドガー、そして自分を捨てたキャサリンへ復讐を果たすためであった。
まずは、「嵐が丘」のヒンドリー。 彼は妻を早くに亡くし、その悲しみから息子ヘアトンと共に荒れた生活を送っていた。
そこへ賭博の申し出をして、「嵐が丘」と財産をそっくり奪い取ってしまった。
その次は、エドガーと結婚したキャサリンの住む「スラッシュクロス」に訪れ、
一緒に住んでいたエドガーの妹イザベラを言葉巧みに誘惑し、一緒に駆け落ちさせて結婚。
だがそこに愛はなく、あるのは冷たい言葉と虐待だけだった。
耐えきれなくなったイザベラは「嵐が丘」を出て、一人でリントンを出産した。
その合間にもエドガーに内緒でキャサリンにたびたび会い愛を語っていたが、そのせいでキャサリンは発狂してしまう。
二人の間で板挟みになったキャサリンは苦しみ、ついには亡くなってしまう。
その時お腹にいたキャサリン・リントンは助かり、キャサリンの忘れ形見になった。

こうして復讐を終えたヒースクリフだったが、その憎悪はとどまるところを知らなかった。
復讐はヒンドリーの息子であるヘアトンとエドガーの娘、キャサリン・リントンにも及んだ。
「嵐が丘」ではヒースクリフとヒンドリー、ヘアトンが住んでいたが、
ヒンドリーは亡くなり、ヒースクリフはヘアトンと二人で暮らすようになった。
ヘアトンは元の素質が良く、本来は頭も顔も悪くなかったのだが、ヒースクリフはあえて野良仕事をさせ、悪態を覚えさせた。
そうしてヒンドリーの嫌うような、教養のない人間に育てることに成功した。
イザベラが亡くなり、ヒースクリフの息子であるリントンはイザベラの遺言によりエドガーに引き取られるはずだったが、
ヒースクリフは無理やり引き取ってしまった。
しかしリントンは病弱で気弱、素質が悪いと見限ったヒースクリフは、彼を愛することはなかった。
「スラッシュクロス」ではエドガーとキャサリン・リントンが仲良く静かに暮らしていた。
ある日、キャサリン・リントンは「嵐が丘」に迷い込み、住人達と出会う。
過去の出来事を全く知らない彼女はヒースクリフ達に興味を持った。
特に前に少しだけあったリントンがいとこだとわかると、友達ができたと嬉しがる。
そこに目をつけたヒースクリフは、リントンとキャサリン・リントンを結婚させ、
「スラッシュクロス」とエドガーの財産を自分のものにしようと企む。
この頃エドガーは衰弱しており、亡くなれば財産はリントンのものなのだが、
リントンは病弱で、20まで生きられないのではないかと言われていたのだ。
どちらが先に亡くなるか分からないのだから結婚させてしまおうと考え、ヒースクリフはリントンに入れ知恵をする。
ヒースクリフの策により、キャサリン・リントンはリントンに恋したと錯覚し、エドガーに内緒で会いに行くようになる。
しかしリントンの死期は迫っており、まともに相手をすることはできなかった。
キャサリン・リントンは目を覚まし始めるが「嵐が丘」へ行き、そこでヒースクリフに閉じ込められてしまう。
リントンと結婚しなければここから出さないと脅され、エドガーの死に目に会いたかったキャサリン・リントンは、
リントンへの同情心も手伝って承諾する。 数日後、エドガーは亡くなり、しばらくしてリントンも亡くなった。
ヒースクリフは遂に、「スラッシュクロス」とエドガーの財産をも自分のものにしたのだった。

エレンの長い話に納得したロックウッド。
しばらくここで過ごしていたが、あまりの退屈さに一年の契約期間を待たず都会へと帰って行った。
そうして時間が過ぎ契約が切れるとき、たまたま「嵐が丘」の近くを通り過ぎ、契約終了の挨拶でもしようと思い立った。
すると「嵐が丘」は前に来たときとまるで変わっていた。
キャサリン・リントンはののしり合っていたヘアトンと仲良く勉強しており、幸せそうにしている。
エレンに問いただしたところ、ヒースクリフは亡くなったのだという。キャサリンに対する愛と憎しみにより、幻覚を見て発狂したと。
この「嵐が丘」と「スラッシュクロス」は本来の持ち主であるヘアトンとキャサリン・リントンに戻り、二人は和解し、愛し合い、いずれ一緒になるだろう。
ヒースクリフはキャサリンの墓の横で、静かに眠っているのだろうか。それとも二人で亡霊になって、今もまだ嵐が丘をさまよっているのだろうか。


[あらすじ]
ヨークシャーの荒野。ロンドン暮らしの若い紳士ロックウッドは「スラッシュクロス」という屋敷を借りて移り住むことになった。
彼は屋敷の大家であるヒースクリフが住む「嵐が丘」という屋敷へと足を運ぶ。
そこにはヒースクリフのほかに、未亡人のキャサリン、粗野な若者ヘアトンらが住んでいた。
だが、家の中の関係はとても冷え込み、他所者であるロックウッドにはとても奇妙なものであった。
彼はネリーという女中と知り合い、彼女から「嵐が丘」の住人たちが繰り広げた数奇な運命を聞くことになる。

昔、嵐が丘はアーンショーという一家が住んでいた。アーンショー家には長男のヒンドリーと長女のキャサリンという二人の子供がいた。
家長である老アーンショーは旅先で孤児をひろう。孤児の名前はヒースクリフ。
老アーンショーは彼を気に入り、自分の息子同然に育てる。
キャサリンはヒースクリフと打ち解けるが、ヒンドリーは家族の愛情を奪われたと思い嫉妬の念を抱くようになる。
老アーンショーが死に家督を継いだヒンドリーはフランセスという女性と結婚して「嵐が丘」に戻る。
彼は憎きヒースクリフを虐待し、彼から教育を奪う。
キャサリンを愛するヒースクリフはその虐待に耐えるが、
彼の感情を知るヒンドリーは、キャサリンを旧家リントン家の長男のエドガーと結婚させようとする。キャサリンはエドガーと結婚を決意する。
それはヒースクリフを養うためのものでもあったが、キャサリンの結婚を知ったヒースクリフは絶望し、「嵐が丘」から出て行き消息不明となる。

三年後。旅先で財を得たヒースクリフは「嵐が丘」に戻った。
屋敷の主であるヒンドリーは妻を失ったために精神が不安定で病弱な状態であった。
そんな彼にヒースクリフは賭博を仕掛け、賭博の勝利の代償として「嵐が丘」の権利とヒンドリーの財産を手に入れる。
さらに彼はヒンドリーの一人息子であるヘアトンを自分の都合のいいように教育し始める。
ヒースクリフの帰還にキャサリンは喜ぶが、やがて彼の深い復讐心を知るや、密会に精神を摩耗していく。
リントン家のエドガーは妻とヒースクリフの関係を快く思わないが、彼の怪力と富の前にろくな対処ができなかった。
そんな折、エドガーの妹イザベラがなんとヒースクリフに恋をする。
エドガーとキャサリンはヒースクリフの悪しき面を語り、恋が幻想であることを教え諭そうとするも、イザベラは聞き耳を持たない。
やがてイザベラはヒースクリフと駆け落ちを果たすが、彼女を待っていたのは愛のない冷たい生活であった。
「嵐が丘」の主となったヒースクリフはエドガーを苦しめるためにイザベラを奪ったのだ。

ヒースクリフとエドガー、二人の男性との関係に板挟みとなったキャサリンはついに発狂。
エドガーは妻と療養生活に入るが、ヒースクリフは自分と結ばれればキャサリンの精神が回復すると信じ、
強引な手段を用いてキャサリンと密会しようとしていた。
キャサリンの精神は完全に回復できなくなり、彼女は子供を産んだ後に亡くなってしまう。
愛する女性の死に嘆くヒースクリフ。そんな彼をイザベラは罵る。
彼女はヒースクリフの存在がキャサリンを死に至らしめたと叫ぶのだ。
その言葉を聞いたヒースクリフは激昂し、イザベラを屋敷から追い出す。
イザベラは兄エドガーのいる「スラッシュクロス」で生活する。

キャサリンが死の代償に生んだ娘の名前は母と同じくキャサリン。
キャシーの愛称で呼ばれる彼女の遊び相手は、イザベラの子供であるリントンだった。
リントンはヒースクリフとの間に生まれた子供で、リントンとキャシーはエドガーの庇護の下育っていった。
ところが十三年後、イザベラが病で死ぬとヒースクリフが「スラッシュクロス」の館に現れ、リントンを引き取ってしまう。
エドガーや屋敷の住人たちには為すすべもなく、ただ指をくわえて見るほかなかった。

リントンが連れ去られてから三年後。キャシーは成長したリントンと再会する。だが、それはヒースクリフの陰謀だった。
ヒースクリフはさらなる復讐のためにキャシーとリントンの二人を結婚させようと密かに画策していた。
キャシーはリントンと文通を重ね、ときどき二人で会うようになる。
そのたびに彼女はリントンの屈折した性格を知るようになる。
またリントンは病弱なために成人まで生きられない運命にあった。
リントンに対して複雑な心情を抱くようになるキャシー。
そんなキャシーに密かに恋心を抱くヘアトンであったが、リントンとヒースクリフによってたびたび虐待されていた
。ヒースクリフにとって、ヘアトンも復讐の対象だったのだ。

ついに彼女はヒースクリフの姦計によって「嵐が丘」に連れ去られ、無理やりリントンと結婚をすることになってしまう。
彼女の心の支えであったエドガーも病によって亡くなり、キャシーは「嵐が丘」で暮らすことになる。
だが、ほどなくしてリントンも病死し、キャシーは早くも未亡人になってしまう。
だが、屋敷で暮らす限り彼女には再婚の見込みがなかった。
「嵐が丘」のみならず「スラッシュクロス」とその財産までも手にしたヒースクリフ。

青年ロックウッドは「嵐が丘」をめぐる運命の物語に興奮するも、田舎屋敷での生活にやがて退屈し、一年間の契約期間を待たずして屋敷から出て行く。数カ月後、たまたま
ヨークシャーを通ることとなったロックウッドは、「嵐が丘」とその住人を訪ねる。
すると状況は何もかも一変していた。すべてはヒースクリフの死によって起きた変化であった。

「嵐が丘」と「スラッシュクロス」を手に入れたヒースクリフであったが、彼の心は満たされなかった。
彼はヘアトンとキャシーの姿に、若い頃の自分とキャサリンの姿を重ねるようになる。
さらにキャサリンの幻覚を見るように至り、やがて発狂する。
生きる意味を失ったヒースクリフは断食のすえに死亡する。残ったキャシーとヘアトンはやがて結ばれていく……。
--------------------
  1. 2014/01/05(日) 20:37:17|
  2. 世界文学検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世界文学検定 線結び

--------------------
[世界文学]
次の文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい(英)
『カンタベリー物語』:ジェフリー・チョーサー(Geoffrey Chaucer)
『アイバンホー』:ウォルター・スコット(Walter Scott,英)(1820)
『日陰者ジュード』:トマス・ハーディ(Thomas Hardy,英)(1896)(『テス』(1891))
『チャタレイ夫人の恋人』:D・H・ロレンス(David Herbert Lawrence,英)(1928)
『悪魔の詩』:サルマン・ラシュディ(Salman Rushdie,英)(1989)

次の文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい(仏)
『危険な関係』:コデルロス・ド・ラクロ(Choderlos de Laclos)(1782)
『アタラ』:シャトーブリアン(Francois-Rene de Chateaubriand)(1801)(『ルネ』(1802))
『カルメン』:プロスペル・メリメ(Prosper Merimee)(1845)
『ボヴァリー夫人』:ギュスターヴ・フローベール(Gustave Flaubert,仏)(1857)
『夜の果ての旅』:ルイ=フェルディナン・セリーヌ(Louis-Ferdinand Celine)(1932)
『人間の条件』:アンドレ・マルロー(Andre Malraux)(1934)
『チボ一家の人々』:マルタン・デュ・ガール(Martin du Gard)(ノーベル文学賞1937)
『嘔吐』:ジャン=ポール・サルトル(Jean-Paul Sartre)(1938)
『星の王子さま』:サン・テグジュペリ(Saint Exupery)(1943)
『泥棒日記』:ジャン・ジュネ(Jean Genet)(1949)
『嫉妬』:アラン・ロブ=グリエ(Alain Robbe-Grillet)(1957)(『消しゴム』(1953))
『ゴドーを待ちながら』:サミュエル・ベケット(Samuel Beckett)(ノーベル文学賞1969)
『インディア・ソング』:マルグリット・デュラス(Marguerite Duras)(1973)
『愛人/ラマン』:マルグリット・デュラス(Marguerite Duras)(1984)

次の文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい(独)
『賢者ナータン』:ゴトホルト・レッシング(Gotthold Lessing)(1779)
『ヒューペリオン』:フリードリヒ・ヘルダーリン(Friedrich Holderlin)(1797)
『青い花』:ノヴァーリス(Novalis)(1801)
『春の目ざめ』:フランク・ヴェーデキント(Frank Wedekind)(1891)
『三文オペラ』:ベルトルト・ブレヒト(Bertolt Brecht)(1928)
『ブリキの太鼓』:ギュンター・グラス(Gunter Grass)(ノーベル文学賞1999)

次の文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい(欧州)
『恋愛三昧』:アルトゥル・シュニッツラー(Arthur Schnitzler)(墺)(1896)
『無関心な人々』:アルベルト・モラヴィア(Alberto Moravia)(伊)(1929)
『特性のない男』:ロベルト・ムージル(Robert Musil)(墺)(1930)

次の文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい(米)
『スケッチブック』:ワシントン・アーヴィング(Washington Irving)(1819)
『小公女』:フランシス・ホジソン・バーネット(Frances Hodgson Burnett)(1886)(イギリス生まれのアメリカの作家)
『野生の呼び声』:ジャック・ロンドン(Jack London,米)(1903)
『悪魔の辞典』:アンブローズ・ビアス(Ambrose Bierce,米)(1911)
『U・S・A 』:ドス・パソス(John Dos Passos)(1938)
『タバコ・ロード』:アースキン・コールドウェル(Erskine Caldwell)(1932)
『欲望という名の電車』:テネシー・ウィリアムズ(Tennessee Williams)(1947)
『ガープの世界』:ジョン・アーヴィング(John Irving)(1978)

次の文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい(露)
『雷雨』:ニコライ・オストロフスキー(Nikolai Ostrovsky)(1932)(『鋼鉄はいかに鍛えられたか』)
『ガン病棟』:アレクサンドル・ソルジェニーツィン(Alexandr Solzhenitsyn)(ノーベル文学賞1970)

次の文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい(その他)
『大統領閣下』:ミゲル・アストゥリアス(Miguel Angel Asturias)(グアマテラ)(ノーベル文学賞1967年)
『バーガー家の娘』:ナディン・ゴーディマ(Nadine Gordimer)(南アフリカ)(ノーベル文学賞1991)
『百年の孤独』:ガルシア・マルケス(Garcia Marquez)(コロンビア)(ノーベル文学賞1982)
『死と王の先導者』:ウォーレ・ショインカ(Wole Soyinka)(ナイジェリア)(ノーベル文学賞1986)
『バイナル・カスライン』:ナギブ・マフフーズ(Naguib Mahfouz)(エジプト)(ノーベル文学賞1988)
『緑の家』:バルガス・リョサ(Mario Vargas Llosa)(ペルー)(ノーベル文学賞2010)

次のフランスの詩人とその詩集の正しい組み合わせを選びなさい
シャルル・ボードレール:『悪の華』
ギヨーム・アポリネール:『アルコール』
アルチュール・ランボー:『地獄の季節』
ポール・ヴェルレーヌ:『サテュルニアン詩集

次の文学作品とそれを書いたフランスの作家の正しい組み合わせを選びなさい
(『モンテ・クリスト伯』アレクサンドル・デュマ・ペール(Alexandre Dumas pere)(1845)(『ダルタニャン物語(三銃士,二十年後,ブラジュロンヌ子爵)』))
『椿姫』:アレクサンドル・デュマ・フィス(Alexandre Dumas fils)(1848)
『居酒屋』:エミール・ゾラ(Emile Zola)(1876)
『家なき子』:エクトル・マロ(Hector Malot)(1878)(『家なき娘』(1893))
『ベラミ』:ギ・ド・モーパッサン(Guy de Maupassant)(1885)(『脂肪の塊』(1880),『女の一生』(1883))
『パルムの僧院』:スタンダール(Stendhal)(1839)(『赤と黒』(1830),『恋愛論』(1822))
『狭き門』:アンドレ・ジッド(Andre Gide)(『背徳者』『法王庁の抜け穴』『田園交響楽』『贋金つくり』,ノーベル文学賞1947)
(『神々は渇く』:アナトール・フランス(Anatole France)(『シルヴェストル・ボナールの罪』『舞姫タイス』『エピクロスの園』,ノーベル文学賞1921))

次の文学作品とそれを書いたフランスの作家の正しい組み合わせを選びなさい
『シルトの岸辺』:ジュリアン・グラック(Julien Gracq)(1951)
『戦場にかける橋』:ピエール・ブール(Pierre Boulle)(1952)(『猿の惑星』(1963))
『ヒロシマ・モナムール』:マルグリット・デュラス(Marguerite Duras)(1960)(Hiroshima mon amour=ヒロシマ、私の恋人)
『パピヨン』:アンリ・シャリエール(Henri Charriere)(1969)(自らの脱獄体験を元にして書いた小説『パピヨン』で有名なフランスの作家はアンリ・○○○○○○?→アンリ・シャリエール(Henri Charriere))

次の文学作品とそれを書いたイタリアの作家の正しい組み合わせを選びなさい
『婚約者』:アレッサンドロ・マンゾーニ(Alessandro Manzoni)
『クオレ』:エドモンド・デ・アミーチス(Edmondo De Amicis)(母をたずねて三千里)
『ゼーノの意識』:イタロ・ズヴェーヴォ(Italo Svevo)
『無関心な人びと』:アルベルト・モラビア(Alberto Moravia)
『シチリアでの会話』:エリオ・ヴィットリーニ(Elio Vittorini)
『月とかがり火』:チェーザレ・パヴェーゼ(Cesare Pavese)
『これが人間か』:プリモ・レーヴィ(Primo Levi)
『薔薇の名前』:ウンベルト・エーコ(Umberto Eco)
『故マッティーア・パスカル』:ルイジ・ピランデルロ(Luigi Pirandello)
『作者を探す六人の登場人物』:ルイジ・ピランデルロ(Luigi Pirandello)

次のアメリカの文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい
『シスター・キャリー』:セオドア・ドライサー(Theodore Dreiser)(1900)
『三人の女』:ガートルード・スタイン(Gertrude Stein)(1909)
『シカゴ詩集』:カール・サンドバーグ(Carl Sandburg)(1916)
『マンハッタン乗換駅』:ドス・パソス(John Dos Passos)(1925)
『本町通り』:シンクレア・ルイス(Sinclair Lewis)(ノーベル文学賞1930)
『カラー・パープル』:アリス・ウォーカー(1982)
『ニュー・ロマンサー』:ウィリアム・ギブソン(William Gibson)(1984)

次の古代ギリシャの文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい
『メディア』:エウリピデス (古代ギリシャ三大悲劇詩人)
『アガメムノン』:アイスキュロス (古代ギリシャ三大悲劇詩人)
『オイディプス王』:ソフォクレス (古代ギリシャ三大悲劇詩人)
『女の平和』:アリストファネス
『アエネイス』:ヴェルギリウス
『イリアス』:ホメロス
『神統記』:ヘシオドス
『対比列伝』:プルタルコス

--------------------
[世界文学 主人公 登場人物]
次の小説とその主人公の正しい組み合わせを選びなさい
『走れウサギ』:ハリー・アングストローム (ジョン・アップダイク米『走れウサギ』『帰ってきたウサギ』『金持になったウサギ』『さようならウサギ』)
『スローターハウス5』:ビリー・ピルグリム (カート・ヴォネガット米『スローターハウス5』『タイタンの妖女』『猫のゆりかご』)
『長距離ランナーの孤独』:コリン・スミス (アラン・シリトー英『長距離ランナーの孤独』『土曜の夜と日曜の朝』)
『土曜の夜と日曜の朝』:アーサー・シートン (アラン・シリトー英『長距離ランナーの孤独』『土曜の夜と日曜の朝』)
次の小説と主人公の正しい組み合わせを選びなさい
『嵐が丘』:ヒースクリフ
『人間嫌い』:アルセスト
『守銭奴』:アルパゴン
『悪霊』:スタヴローキン (フョードル・ドストエフスキー)
『白痴』:ムイシュキン (フョードル・ドストエフスキー)
次の海外の小説とその主人公の正しい組み合わせを選びなさい
『二都物語』:シドニー・カートン(弁護士) (チャールズ・ディケンズ英『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』)
『ユリシーズ』:レオポルド・ブルーム (ジェイムズ・ジョイス『ダブリン市民』『ユリシーズ』『フィネガンズ・ウェイク』『若き芸術家の肖像』)
『現代の英雄』:ペチョーリン (ミハイル・レールモントフ露『現代の英雄』『仮面舞踏会』)
『車輪の下』:ハンス・ギーベンラート (ヘルマン・ヘッセ独『車輪の下』『デミアン』)ノーベル文学賞1946
『アルジャーノンに花束を』:チャーリー・ゴードン (ダニエル・キイス米『アルジャーノンに花束を』『24人のビリー・ミリガン』)
『タバコ・ロード』:ジーター・レスター (アースキン・コールドウェル米『タバコ・ロード』)

次のモーパッサンの小説と主人公の正しい組み合わせを選びなさい
『女の一生』:ジャンヌ
『脂肪の塊』:ブール・ド・シュイフ
『ベラミ』:ジョルジュ・デュロワ

次の天王星の衛星とその名前の由来となった人物が登場するシェークスピアの作品の正しい組み合わせを選びなさい
『オフィーリア』:ハムレット
『デスデモーナ』:オセロ
『コーディリア』:リア王
『オベロン』:真夏の夜の夢
『ポーシャ』:ベニスの商人
『ミランダ』:テンペスト

次のシェークスピアの作品とその登場人物の正しい組み合わせを選びなさい
『ハムレット』:オフィーリア
『オセロ』:デズデモーナ
『リア王』:ゴネリル
『ベニスの商人』:シャイロック
『ロミオとジュリエット』:ティボルト(ジュリエットの従兄弟)
(四大悲劇『ハムレット』『マクベス』『オセロ』『リア王』)

--------------------
[世界文学 出身国]
次の文字列を組み合わせてノーベル文学賞を受賞した女性作家の名前にしなさい
グラツィア・デレッダ(Grazia Deledda)(伊)(1926)
シグリ・ウンセット(Sigrid Undset)(諾威ノルウェー)(1928)
ネリー・ザックス(Nelly Sachs)(独)(1966)
ナディン・ゴーディマ(Nadine Gordimer)(南アフリカ)(1991)
トニ・モリスン(Toni Morrison)(米)(1993)
エルフリーデ・イェリネク(Elfriede Jelinek)(墺)(2004)
ドリス・メイ・レッシング(Doris Lessing)(英)(2007)

次のノーベル文学賞を受賞したラテンアメリカの文学者とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
ミゲル・アストゥリアス:グアテマラ(1967)
パブロ・ネルーダ:チリ(1971)
ガルシア・マルケス:コロンビア(1982)
ウォーレ・ショインカ:ナイジェリア(1986)
(ナギブ・マフフーズ:エジプト(1988))
オクタビオ・パス:メキシコ(1990)
(1967年ノーベル文学賞受賞/『緑の法王』『混血の女』/『大統領閣下』/グアマテラの作家→ミゲル・アンヘル・アストゥリアス(Miguel Angel Asturias))
(1971年ノーベル文学賞を受賞/『100の愛のソネット』/『我が心のスペイン』/チリの詩人→パブロ・ネルーダ(Pablo Neruda))
(1982年ノーベル文学賞を受賞/『コレラの時代の愛』/『百年の孤独』/コロンビアの作家(自作問)→ガルシア・マルケス(Garcia Marquez))
(1986年ノーベル文学賞受賞/『ライオンと宝石』/ビアフラ戦争で投獄される/ナイジェリアの作家→ウォーレ・ショインカ(Wole Soyinka)(『死と王の先導者』))
(1988年ノーベル文学賞受賞/小説『バイナル・カスライン』/アラブ人初のノーベル賞作家/エジプトの作家→ナギブ・マフフーズ(Naguib Mahfouz))
(1990年ノーベル文学賞受賞/『弓と竪琴』『孤独の迷宮』/『奥の細道』のスペイン語訳/メキシコの詩人→オクタビオ・パス(Octavio Paz))

次の歴代国際ペンクラブの会長とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
ジュール・ロマン(03:1936-1941):フランス
ベネデット・クローチェ(05:1949-1952):イタリア
アルベルト・モラヴィア(08:1959-1962):イタリア
アーサー・ミラー(10:1965-1969):アメリカ
ハインリヒ・ベル(12:1971-1974):ドイツ
バルガス・リョサ(14:1976-1979):ペルー
ルネ・タベルニエ(17:1989-1990):フランス
ゲオルギー・コンラッド(18:1990-1993):ハンガリー
ホメロ・アリディス(20:1997-2003):メキシコ
イジ・グルーサ(21:2003-2009):チェコ
ジョン・ラルストン・サウル(22:2009-):カナダ

次の作家とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
(省略)
次のノーベル文学賞を受賞した作家と、受賞当時の国籍の正しい組み合わせを選びなさい
シュリ・プリュドム(Sully Prudhomme):フランス(1901)
テオドール・モムゼン(Theodor Mommsen):ドイツ(1902)
ビョルンスティエルネ・ビョルンソン(Bjornstjerne Bjornson):ノルウェー(1903)
ホセ・エチェガライ(Jose Echegaray):スペイン
(フレデリック・ミストラル(Frederic Mistral):フランス(1904))
ヘンリク・シェンキェビッチ(Henryk Sienkiewicz):ポーランド(1905)
次のノーベル文学賞を受賞した作家と受賞当時の国籍の正しい組み合わせを選びなさい
ハシント・ベナベンテ(Jacinto Benavente):スペイン(1922)
ヘンリク・ポントピダン(Henrik Pontoppidan):デンマーク(1917)
クヌート・ハムスン(Knut Hamsun):ノルウェー(1920)

--------------------
[世界文学 文学賞]
次のフランスの文学賞と第1回受賞者の正しい組み合わせを選びなさい
ゴンクール賞:ジョン・アントワーヌ・ノー(John-Antoine Nau)(1903)
フェミナ賞:ミリアム・アリ(Myriam Harry)(1904)
ルノードー賞:アルマン・リュネル(Armand Lunel)(1926)
アンテラリエ賞:アンドレ・マルロー(Andre Malraux)(1930)
メディシス賞:クロード・オリエ(Claude Ollier)(1958)
(フランスの文学賞ゴンクール賞を受賞した日本人作家はいない,○)
(1903年に小説『敵なる力』で第1回ゴンクール賞を受賞したフランスの作家はジョン・○○○○○○○○○?(並べ替え)→ジョン・アントワーヌ・ノー(John-Antoine Nau))
(22人の女性審査員によって選ばれる、1904年に発足したフランスで最も権威のある文学賞の一つは○○○○賞?(文字パネル)→フェミナ賞)
(1930年の第1回はアンドレ・マルローの『王道』が受賞したフランス五大文学賞の1つは○○○○○○賞?(文字パネル)→アンテラリエ賞)

次の文学賞と第1回受賞者の正しい組み合わせを選びなさい
ストレーガ賞:エンニオ・フライアーノ(Ennio Flaiano)(1947)(イタリア作家による散文小説に対して贈られるイタリア文学界最高の賞)
セルバンテス賞:ホルヘ・ギジェン(Jorge Guillen)(1976)(スペイン語の文学賞)
カモンイシュ賞:ミゲル・トルガ(Miguel Torga)(1989)(ポルトガル語の文学賞)
(1947年の第1回はフライアーノが受賞した、イタリア文学界最高の賞は○○○○○賞?(文字パネル)→ストレーガ賞(Strega))
(ユーラシア大陸の最西端・ロカ岬にある石碑に刻まれた「ここに地果て海始まる」という詩で知られるポルトガルの詩人は?(並べ替え)→ルイス・デ・カモンイス(Luis de Camoes))

--------------------
[映画 原作者]
次の映画と原作者の正しい組み合わせを選びなさい
『ベン・ハー』:ルー・ウォーレス
『ナイル殺人事件』:アガサ・クリスティ
『猿の惑星』:ピエール・ブール
『エデンの東』:ジョン・スタインベック
『太陽がいっぱい』:パトリシア・ハイスミス
『カラー・パープル』:アリス・ウォーカー
『2001年宇宙の旅』:アーサー・C・クラーク
『羊たちの沈黙』:トマス・ハリス(Thomas Harris米)(『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』)
『マイノリティ・リポート』:フィリップ・K・ディック(Philip Kindred Dick,米)(『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(ブレードランナー)』『高い城の男』)
『薔薇の名前』:ウンベルト・エーコ
『ダ・ヴィンチ・コード』:ダン・ブラウン

『黙秘』:スティーブン・キング(Stephen King,米)
『スタンド・バイ・ミー』:スティーブン・キング(Stephen King,米)(『キャリー』『シャイニング』『黙秘』)
『相続人』:ジョン・グリシャム(John Grisham,米)
『依頼人』:ジョン・グリシャム(John Grisham,米)
『ペリカン文書』:ジョン・グリシャム(John Grisham,米)
『サイダーハウス・ルール』:ジョン・アーヴィング
『サイモン・バーチ』:ジョン・アーヴィング
『ガープの世界』:ジョン・アーヴィング

『ジョーズ』:ピーター・ベンチリー(Peter Benchley,米)
『激突!』:リチャード・マシスン(Richard Matheson,米)
『時計じかけのオレンジ』:アンソニー・バージェス(Anthony Burgess,英)
『サイコ』:ロバート・ブロック(Robert Bloch,米)
『L.A.コンフィデンシャル』:ジェームズ・エルロイ(James Ellroy,米)
『ゴッドファーザー』:マリオ・プーゾ(Mario Puzo,米)
『第三の男』:グレアム・グリーン(Graham Greene,英)

--------------------
[語句作成]
次の文字列を組み合わせてチャールズ・ディケンズの小説のタイトルにしなさい
『ピクウィック・クラブ』(1836)
『オリバー・ツイスト』(1837)
『クリスマス・キャロル』(1843)
『デビッド・コパフィールド』(1849)
『エドウィン・ドルードの謎』(1870)
(『骨董屋』(1840),『二都物語』(1859),『大いなる遺産』(1860))

次の文字列を組み合わせてロシアの作家チェーホフの作品のタイトルにしなさい
『桜の園』
『三人姉妹』
『ワーニャ伯父さん』

--------------------
[その他]
次の「かっこ」の記号とその呼び名の正しい組み合わせを選びなさい
( ) - パーレン(paren)
[ ] - ブラケット(bracket)
{ } - ブレース(brace)

--------------------
[格言]
次の古代ギリシャの哲学者とその人物が残した言葉の正しい組み合わせを選びなさい
ヘラクレイトス:万物は流転する (ヘラクレイトス:火)
タレス :万物の根源は水である
ピタゴラス :万物の根源は数である
デモクリトス:万物の根源は原子である(「万物の根源は原子である」と考え、原子論を唱えた古代ギリシアの哲学者は?(文字パネル)→デモクリトス)
プロタゴラス:人間は万物の尺度である

次の歴史上の人物とその人物が残したとされる有名な言葉の正しい組み合わせを選びなさい
ガイウス・ユリウス・カエサル:来た、見た、勝った
ユークリッド(エウクレイデス):学問に王道なし
ヒポクラテス :芸術は長く人生は短し
シェイクスピア(英) :終わり良ければ全て良し
アダム・スミス(英) :神の見えざる手
ロジャー・ベーコン(英) :知識は力なり
ジェレミ・ベンサム(英) :最大多数の最大幸福
パーシー・シェリー(英) :冬来たりなば春遠からじ
トーマス・グレシャム(英) :悪貨は良貨を駆逐する
トマス・カーライル(英) :雄弁は銀、沈黙は金
バーナード・ショウ(英) :人生は喜劇である
スタンダール(仏) :生きた、書いた、愛した
アンリ・ルソー(仏) :自然に帰れ
カール・マルクス(独) :宗教はアヘンである
トマス・ホッブス(独) :万人の万人に対する戦い
フリードリヒ・ニーチェ(独):神は死んだ
トーマス・エジソン(米) :失敗は成功の母
ヘンリー・ロングフェロー(米):春は人生にただ一度だけ
ウィリアム・スミス・クラーク(米):少年よ大志を抱け

次の歴史上の格言とそれを残した人物の正しい組み合わせを選びなさい
ローマは一日にしてならず:ミゲル・デ・セルバンテス
第三身分とは何か:アベ・シェイエス
朕は国家なり:ルイ14世
君主は国家第一の下僕:フリードリヒ2世
宗教はアヘンである:カール・マルクス
神の見えざる手:アダム・スミス
人は人に対して狼である:トマス・ホッブス
代表なくして課税なし:パトリック・ヘンリー(米)
栄光ある孤立:ウィリアム・グラッドストン
国家は血なり鉄なり:オットー・フォン・ビスマルク
革命いまだならず:孫文
一歩前進、二歩後退:ウラジーミル・レーニン
鉄のカーテン:ウィンストン・チャーチル
老兵は死なず、ただ消え去るのみ:ダグラス・マッカーサー
--------------------
  1. 2014/01/05(日) 19:31:19|
  2. 世界文学検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

紅葉ちゃん・ω・)

Author:紅葉ちゃん・ω・)
紅葉(こうよう)
理想は完成度の高い問題集を作ることです。
Wikipediaのように皆様からの新問や検定問題の情報提供お待ちしています。右辺専門サイトです。(PCモード閲覧推奨)
看護師してます。QMA弱体化しましたが、リアルを大切にしてマイペースにQMAやってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

問題情報交換 雑談等 (3)
PCmobile検定 (13)
北海道東北検定 (13)
東京関東検定 (13)
中部北陸検定 (13)
アジア検定 (13)
ヨーロッパ検定 (13)
世界情勢検定 (0)
経済ビジネス検定 (13)
百貨店コンビニ検定 (13)
ミリタリー検定 (13)
トレイン検定 (13)
オカルト検定 (13)
日本古代中世史検定 (13)
戦国時代検定 (13)
幕末明治維新検定 (13)
明治大正検定 (13)
西洋史検定 (13)
美術絵画検定 (13)
世界文学検定 (13)
雑誌書籍検定 (0)
ことわざ検定 (13)
漢字四字熟語検定 (13)
神話検定 (0)
化学検定 (13)
医療検定(人体検定) (13)
野菜フルーツ検定 (13)
アニマル検定 (13)
ムシ検定 (13)
海洋学検定 (0)
恐竜古代生物検定 (13)
宇宙天文検定 (13)
未分類メモ (1)
看護師勤務 自己学習 (4)
国家試験勉強 (5)
サイト概要 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
365位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。