紅葉のQMA問題ブログ・ω・)

Quiz Magic Academy 天の学舎 問題ブログ・ω・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

西洋史検定 グループ分け

問題提供お待ちしています(´・ω・`)
スポンサーサイト
  1. 2013/03/08(金) 02:02:35|
  2. 西洋史検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西洋史検定 一問多答

--------------------
[世界史]
次のうち、紀元前の出来事を全て選びなさい
○エジプトで太陽暦がおこる(BC2000年)、アルキメデスが浮力を発見(BC287-BC212)、「ピタゴラスの定理」発見(BC582-BC496)、
×トレミーが48星座を設定(クラウディオス・プトレマイオス83-168)

次のうち、西暦100年までに成立した国を全て選びなさい
○アケメネス朝ペルシア(BC550-BC330)、バクトリア王国(BC256-BC130)、ペルガモン王国(BC282-BC133トルコ)、マガダ王国(BCインド)、衛氏朝鮮(BC195-BC108)、パルティア王国(BC247-AD228)
×ササン朝ペルシア(226-651)、西ゴート王国(415-718)、李氏朝鮮(1392-1897)

次のうち、西暦1000年までに起こった出来事を全て選びなさい
○ムハンマド誕生(570-632)、ゲルマン民族の大移動(375-)、フランク王国の成立(481-987)
×カノッサの屈辱(1077)、オスマン帝国の成立(1299-1922)、第1回十字軍の遠征(1096)

次のうち、西暦1000年までに起こった出来事を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○煬帝が大運河を建設(610)、アッバース朝の建国(750-1258)、遣唐使の廃止(894)
×第1回十字軍の遠征(1096)、ワールシュタットの戦い(1241ポーランド)、チンギス・ハンが即位(初1206-1227)、ハンザ同盟が成立(13世紀-17世紀)、レパントの海戦(1571)

次のうち15世紀の出来事を全て選びなさい
○ジャンヌ・ダルクが活躍(1412-1431)、ばら戦争(1455-1485)、東ローマ帝国が滅亡(1453)、コロンブスが新大陸を発見(1492)
×イギリス東インド会社設立(1600)、三十年戦争(1618-1648)、アメリカ独立戦争(1775-1783)、フランス革命(1789)

次のうち16世紀の出来事を全て選びなさい
○ルターによる宗教改革(1517)、インカ帝国が滅亡(1533)、ユグノー戦争(1562)、フランスでナントの勅令発布(1598)
×デカブリストの乱(1825)、アヘン戦争(1840-1842)、

次のうち18世紀の出来事を全て選びなさい
〇オーストリア継承戦争(1740-1748)、ボストン茶会事件(1773)、アメリカ独立戦争(1775-1783)、フランス革命(1789-1794)、イギリスで産業革命(1760年代)
×東ローマ帝国が滅亡(395-1453)、インカ帝国が滅亡(1438-1533)、ばら戦争(1455-1485)、ユグノー戦争(1562-1598)(仏宗教戦争)、アヘン戦争(1840-1842)

次のうち19世紀の出来事を全て選びなさい
〇ワーテルローの戦い(1815)、デカブリストの乱(1825)、アヘン戦争(1840-1842)、アメリカで南北戦争(1861-1865)、パリ・コミューン(1871-1871)、第1回近代夏季五輪開催(1896ギリシャ)
×アメリカ独立戦争(1775-1783)、国際連合が誕生(1945)、キューバ危機(1962)、天安門事件(1976.4.5_1989.6.4) (国際連盟は1919-1946)

次のうち20世紀の出来事を全て選びなさい
○日露戦争(1904)、辛亥革命(1911)、サラエボ事件(1914)、サンフランシスコ講和会議(1951)、チェルノブイリ原発事故(1986)
×コロンブスが新大陸を発見(1492)、ナントの勅令(1598)、三十年戦争(1618-1648)、ウェストファリア条約(1648)、
イギリスで清教徒革命(1641-1649)、イギリスで名誉革命(1688)、イギリスで産業革命(1760年代)、ナポレオンが皇帝に即位(1804-1814,1815)、日清戦争(1894)

次のうち1600年代に東インド会社を設立した国を全て選びなさい
○イギリス(1600)、オランダ(1602)、フランス(1604)
×スペイン
(イギリス東インド会社(1600),オランダ東インド会社(1602),フランス東インド会社(1604),デンマーク東インド会社(1612),スウェーデン東インド会社(1731))

次のうち西暦1600年の出来事を全て選びなさい
○イギリス東インド会社設立、関ヶ原の戦い
×オランダ東インド会社設立(1602)、長篠の戦い(1575)

次のうちフランス東インド会社の拠点だった都市を全て選びなさい
○ポンディシェリ、シャンデルナゴル、のみ
次のうちイギリス東インド会社の拠点だった都市を全て選びなさい(自作問)
○カルカッタ、ボンベイ、マドラス、のみ

次の市民革命のうち17世紀に起こったものを全て選びなさい
○イギリス清教徒革命、イギリス名誉革命 (権利章典1689)
次の市民革命のうち18世紀に起こったものを全て選びなさい
○アメリカ独立革命(米独立宣言1776)、フランス革命(仏人権宣言1789)

次のうち、1802年にアミアンの和約を結んだ国を全て選びなさい
○イギリス、フランス、のみ (フランス革命戦争の講和条約=革命後のフランスと反革命を標榜する対仏大同盟との一連の戦争)
(1802年にイギリスとフランスが結んだ休戦条約は○○○○の和約?(タイピング)→アミアンの和約)

次のうち、1878年にサン・ステファノ条約を結んだ国を全て選びなさい
○ロシア、オスマン帝国、のみ (露土戦争1877-1878=サン・ステファノ条約で講和後、ベルリン条約で変更)

次のうち、1848年に『共産党宣言』を発表した人物を全て選びなさい
○カール・マルクス、フリードリヒ・エンゲルス、のみ

次のうち、1879年に南米で始まった太平洋戦争でチリと戦った国を全て選びなさい
○ペルー、ボリビア、のみ
×ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、

次のうち、1895年の下関条約で日本に割譲された土地を全て選びなさい
〇遼東半島(りょうとう)、台湾、澎湖諸島(ほうこ)、のみ
×山東半島、香港、上海

次のうち1898年にエジプトで起きた「ファショダ事件」で衝突した国を全て選びなさい
○イギリス、フランス、のみ

次のうち、1898年に勃発した米西戦争の舞台になった国を全て選びなさい
○フィリピン、キューバ、のみ (グアム島)
×メキシコ、インドネシア、カナダ、ポルトガル、ブラジル

次のうち、1900年に起きた義和団事件に対し、共同出兵した8カ国に含まれるものを全て選びなさい
○アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オーストリア、日本、(米露英仏独伊墺日)
×オランダ、スペイン、ポルトガル、ベルギー

次のうち、1921年に始まったワシントン会議で締結された条約を全て選びなさい(ワシントン会議1921-1922)
○四ヶ国条約、九ヶ国条約
×六ヶ国条約、八ヶ国条約

次の1921年に結ばれた四ヶ国条約の締結国を全て選びなさい
○アメリカ、イギリス、フランス、日本、のみ (米英仏日)
×ドイツ、イタリア、ソ連、中国

次の1922年に結ばれた九ヶ国条約の締結国を全て選びなさい(自作問)
○アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ポルトガル、オランダ、ベルギー、日本、中国、のみ (米英仏伊葡蘭白日中)
×ドイツ、ソ連

次のうち1920年に国際連盟が発足した当初、常任理事国だった国を全て選びなさい
○イギリス、フランス、イタリア、日本、のみ
×アメリカ、ロシア、ドイツ、オランダ

次のうち1925年にロカルノ条約を締結した国を全て選びなさい
○イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ベルギー、チェコスロバキア、ポーランド、のみ
×オランダ、スペイン、ポルトガル、ルーマニア

次の都市のうちドイツの「3B政策」の「B」が指すものを全て選びなさい
○ベルリン(Berlin),ビザンティウム(Byzantium),バグダード(Baghdad)
次の都市のうちイギリスの「3C政策」の「C」が指すものを全て選びなさい
○カイロ(Cairo),ケープタウン(Capetown),カルカッタ(Calcutta)
次のうち1882年に三国同盟を結成した国を全て選びなさい
○ドイツ、イタリア、オーストリア、(独墺伊三国同盟)
次のうち1895年に日本に対して三国干渉を行った国を全て選びなさい
○フランス、ドイツ帝国、ロシア帝国
次のうち1917年まで続いた「三国協商」の三国を全て選びなさい(画像)
○イギリス、フランス、ロシア、のみ
次のうち三国同盟に対抗して三国協商を結んだ国を全て選びなさい
○イギリス、フランス、ロシア、のみ
次のうち1940年に「三国同盟」と呼ばれる軍事同盟を結んだ国を全て選びなさい
○日本、ドイツ、イタリア、(日独伊三国同盟)

次のうち1943年のカサブランカ会談の出席者を全て選びなさい
○フランクリン・ルーズベルト、ウィンストン・チャーチル、(英米)のみ
次のうち1943年のカイロ会談の出席者を全て選びなさい
○フランクリン・ルーズベルト、ウィンストン・チャーチル、蒋介石、(米英中)のみ
次のうち1943年のテヘラン会談の出席者を全て選びなさい
○フランクリン・ルーズベルト、ウィンストン・チャーチル、ヨシフ・スターリン、(米英露)のみ
次のうち1945年のヤルタ会談の出席者を全て選びなさい (1945/2/4-2/11)
○フランクリン・ルーズベルト、ウィンストン・チャーチル、ヨシフ・スターリン、(米英露)のみ
次のうち1945年のポツダム会談の出席者を全て選びなさい (1945/7/17-8/2)
○ハリー・トルーマン、ウィンストン・チャーチル、クレメント・アトリー、ヨシフ・スターリン、のみ

次のうち、サンフランシスコ講和会議には出席したが講和条約の調印を拒否した国を全て選びなさい
○ソ連、ポーランド、チェコスロバキア、のみ (サンフランシスコ平和条約1951)
×ユーゴスラビア(不参加)、ビルマ(不参加)、インド(不参加)

次のうち、1955年のジュネーブ四巨頭会談に出席した首脳を全て選びなさい
○ドワイト・アイゼンハワー(米)、アンソニー・イーデン(英)、エドガール・フォール(仏)、ニコライ・ブルガーニン(露)
×J・F・ケネディ(米)、ウィンストン・チャーチル(英)、クレメント・アトリー(英)、ニキータ・フルシチョフ(露)

次のうち1901年に第1回ノーベル平和賞を受賞した人物を全て選びなさい
○フレデリック・パシー(仏)、アンリ・デュナン(瑞西)
次のうち1969年に第1回ノーベル経済学賞を受賞した人物を全て選びなさい
○ラグナル・フリッシュ(ノルウェー)、ヤン・ティンバーゲン(蘭)

--------------------
[古代]
--------------------
[古代ギリシャローマ]
次のうち、紀元前367年制定の「執政官の一人は平民から選出する」という古代ローマの法に名を残す人物を全て選びなさい
○リキニウス、セクスティウス、のみ (リキニウス・セクスティウス法)

次のうちギリシャ建築の柱の様式にあるものを全て選びなさい
○ドーリア式、イオニア式、コリント式
×スパルタ式

次のうち古代ギリシャの哲学者ソクラテスが結婚した女性を全て選びなさい
○ミュルト、クサンティッペ、のみ
×キュニスカ、ヒスティア、リュシストラテ

次のうち、「暴君」と呼ばれたローマ帝国の皇帝ネロの正妻になった女性を全て選びなさい
○オクタウィア、ポッパエア、スタティリア、のみ
×アグリッピナ(母)、リウィア、カエソニア、ドミティア、アグリッピナ

次のうち、第1回三頭政治を行った古代ローマの政治家を全て選びなさい
○カエサル、ポンペイウス、クラッスス
次のうち、第2回三頭政治を行った古代ローマの政治家を全て選びなさい
○オクタビアヌス、アントニウス、レピドゥス

次のうち、ローマ帝国時代に権威のある5つのキリスト教会「五大総司教座」が置かれた都市を全て選びなさい
○ローマ、アレクサンドリア、コンスタンティノープル(イスタンブール)、アンティオキア(シリア)、エルサレム、のみ
×アテネ、カルタゴ、パリ、ヴェネティア

次のうち、西ローマ帝国の首都を全て選びなさい
○ミラノ、ラヴェンナ、のみ (西ローマ帝国395-476)(東ローマ帝国395-1453=コンスタンティノープルのみ)
×トリノ、サレルノ、カリアリ、パルマ

次のうち、ドイツの考古学者シュリーマンによって遺跡が発掘された文明を全て選びなさい
○ミケーネ文明、トロイ文明
×クレタ文明、インダス文明

次のうち、ドイツの法学者イェーリングが挙げたローマの「三度の世界統一」に当たるものを全て選びなさい
○武力による統一、宗教による統一、法律による統一、のみ
×体力による統一、道徳による統一、芸術による統
ルドルフ・フォン・イェーリング(独)1872年に出版された『権利のための闘争(Der Kampf ums Recht)』の著者。著書『ローマ法の精神』の冒頭の言葉。
ローマは一度目は武力で、二度目はキリスト教で、 三度目はローマ法で世界を統一した。ローマは、三たび世界を統一に導いた。
その第一次は武力により国家を統一し、第二次にローマの没落後宗教により教会の統一をもたらし、
第三次には中世におけるローマ法継受により法の統一を生ぜしめたのであって、後二者は精神の力による世界の統一である。(ルドルフ・フォン・イェーリング)

次のうち古代ギリシャの「三大悲劇詩人」を全て選びなさい
○アイスキュロス、エウリピデス、ソフォクレス
×アリストファネス、ヴェルギリウス、ヘシオドス、エンコルピウス、プルタルコス
次のうち、古代ギリシャの作家アイスキュロスの「オレステイア三部作」を全て選びなさい
○『アガメムノン』『エウメニデス』『コエーポロイ』(『アガメムノン』『慈みの女神たち』『供養する女たち』)
×サテュリコン、オイディプス、イオカステ、パシファエ、ライオス
次の古代ギリシャの文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい
『オイディプス王』 - ソフォクレス
『アガメムノン』 - アイスキュロス
『女の平和』 - アリストファネス
(古代ギリシャの3大悲劇詩人/サラミスの海戦に参加/鷲が落とした亀で腰を打ち死亡/代表作『縛られたプロメテウス』→アイスキュロス)
(古代ギリシャの3大悲劇詩人/心理描写に優れる/『トロイアの女』/『メディア』→エウリピデス)
(古代ギリシャの3大悲劇詩人/『エレクトラ』/『アンティゴネ』/『オイディプス王』(自作問)→ソフォクレス)
(代表作にオレステイア三部作や『縛られたプロメテウス』がある、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人といえば?(文字パネル)(自作問)→アイスキュロス)
(代表作に『アンドロマケ』『メディア』『オレステス』がある、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人といえば?(文字パネル)→エウリピデス)
(代表作に『オイディプス王』『アンティゴネ』『エレクトラ』がある、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人といえば?(文字パネル)→ソフォクレス)

--------------------
[米]
次のうち、自由州と奴隷州に関する「ミズーリ協定」を否定した、1854年に発令した法律に名を残す準州を全て選びなさい
○カンザス準州、ネブラスカ準州、のみ (カンザス・ネブラスカ法)

次のうちアメリカのニューディール政策の目的で「3つのR」とされたものを全て選びなさい
○Recovery(復興)、Relief(救済)、Reform(改革)
×Rebirth

次のうち中央アメリカに栄えた文明を全て選びなさい
○マヤ文明、アステカ文明
×インカ文明(南米)、ナスカ文明(南米)
次のうちメソアメリカ地域に栄えた古代文明を全て選びなさい
○アステカ文明、テオティワカン文明、オルメカ文明、トルテカ文明
×クレタ文明(地中海)、インダス文明

次のうち有名なアメリカの先住民の名前を全て選びなさい
○ジェロニモ、ポカホンタス
×レオニダス、ホイジンガ、コメニウス、リョンロート

次のうち20世紀アメリカの出来事を全て選びなさい
○ライト兄弟が初の動力飛行(1903)、リンドバーグが大西洋を飛行(1926)、パナマ運河が開通(1914)、ニューディール政策(1933-1336)
×グラハム・ベルが電話を発明(1876)、ロシアからアラスカを購入(1867)、フロンティア消滅の宣言(1890)、米西戦争勃発(1898)

次のうち、1836年にアメリカテキサス州で起こった「アラモの戦い」で戦死を遂げた者を全て選びなさい
〇デイビー・クロケット、ウィリアム・トラビス、ジム・ボウイ
×サム・ヒューストン、ジェームズ・ファニン、ジョン・スミス
(1836年にアラモ砦で戦死したアメリカ西部開拓史の英雄はデービー・○○○○○?(タイピング)→デービー・クロケット)
アラモの戦いは、テキサス独立戦争中の1836年2月23日-3月6日の13日間に
メキシコ共和国軍とテキサス分離独立派(テクシャン反乱軍)の間で行われた戦闘。メキシコ軍の辛勝。
テキサス側の拠点とされ戦闘の舞台となったアラモ伝道所はテキサス州サンアントニオ中心街の一角に遺跡がある。

次のアメリカの州のうち独立13州に含まれるものを全て選びなさい
○(ニューハンプシャー州、マサチューセッツ州、ロードアイランド州、コネチカット州)(New England Coloniesニューイングランド)
(ニューヨーク州、ニュージャージー州、ペンシルベニア州、デラウェア州)(Middle Colonies)
(メリーランド州、バージニア州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、ジョージア州)(Southern Colonies)
×メイン州、バーモント州、ルイジアナ州(バトンルージュ)、テネシー州、ミシガン州、インディアナ州、ノースダコタ州、サウスダコタ州

次のアメリカ独立13州のうちイギリス人が最初の入植を始めた「ニューイングランド」に当たる州を全て選びなさい
○(ニューハンプシャー州、マサチューセッツ州、ロードアイランド州、コネチカット州)(New England Colonies ニューイングランド)
×マサチューセッツ州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州

--------------------
[英]
次のうち、8世紀にイングランド統一が成る前の七王国(ヘプターキー)を全て選びなさい
○ノーサンブリア,マーシア,イースト・アングリア,エセックス,ウェセックス,ケント,サセックス,のみ
×イングランド、スコットランド、ウェールズ、ノーサンアイルランド(北アイルランド)

次のうちイギリス、プランタジネット朝の国王を全て選びさない(1154-1399)
○ヘンリー2世(初代)、ヘンリー3世、エドワード1世(長脛王)、エドワード2世、エドワード3世、リチャード1世(獅子心王)、ジョン王(欠地王)
×ジェームズ1世(ステュアート朝)、チャールズ1世(ステュアート朝)、ウィリアム3世(ステュアート朝)、メアリー1世(テューダー朝)、エリザベス1世(テューダー朝)
[プランタジネット朝(1154-1399)国王一覧]
ヘンリー2世 (1154-1189)
若ヘンリー (1170-1183)
リチャード1世 (獅子心王1189-1199)
ジョン (欠地王1199-1216)
ヘンリー3世 (1216-1272)
エドワード1世 (1272-1307)
エドワード2世 (1307-1327)
エドワード3世 (1327-1377)
リチャード2世 (1377-1399)

次のうちイギリス、ステュアート朝の国王を全て選びなさい(1371-1603-1714)
○ジェームズ1世、チャールズ1世、チャールズ2世、ジェームズ2世、メアリー2世、ウィリアム3世、アン女王
×ヘンリー3世(プランタジネット朝)、リチャード1世(獅子心王プランタジネット朝)、エドワード1世(長脛王プランタジネット朝)、ジョージ1世(ハノーバー朝)、ウィリアム4世(ハノーバー朝)
[ステュアート朝 国王一覧](ステュアート朝(1371-1603-1714)→グレートブリテン王国(1707-1800))
ロバート2世 (1371-1390)(創始)
(1603年よりイングランド王国と同君連合)
ジェームズ1世(1603-1625)
チャールズ1世(1625-1649)
オリヴァー・クロムウェル(1653-1658)
リチャード・クロムウェル(1658-1659)
チャールズ2世 (1660-1685)
ジェームズ2世 (1685-1688)
メアリー2世 (1689-1694)(ジェームズ2世の長女)
ウィリアム3世 (1689-1702)(1694年までメアリー2世と共同統治)(メアリー2世の夫,オラニエ公ウィレム,オランダ総督)
アン女王 (1702-1707)(ジェームズ2世の次女,1707年スコットランド王国と合同,1714年アン女王死去,ステュアート朝断絶)

次のうちイギリス、テューダー朝の国王を全て選びなさい(1485-1603)
○ヘンリー7世(初代)、ヘンリー8世(離婚)、エドワード6世、メアリ1世(Bloody Mary)、エリザベス1世(Virgin Queen)
×エドワード1世(長脛王プランタジネット朝)、ジェームズ1世(ステュアート朝)、チャールズ1世(ステュアート朝)、ウィリアム3世(ステュアート朝)、ジョージ1世(ハノーバー朝)
テューダー朝(1485-1603)
[テューダー朝 国王一覧]
ヘンリー7世 (1485-1509)
ヘンリー8世 (1509-1547)
エドワード6世 (1547-1553)
ジェーン・グレイ (1553)
メアリー1世 (1553-1558)
エリザベス1世 (1558-1603)

次のうちイギリス、ハノーバー朝の国王を全て選びなさい(1714-1901)
○ジョージ1世、ジョージ2世、ジョージ3世、ジョージ4世、ウィリアム4世、ヴィクトリア女王
×リチャード1世(獅子心王プランタジネット朝)、エドワード1世(長脛王プランタジネット朝)、ジェームズ1世(ステュアート朝)、チャールズ1世(ステュアート朝)、アン女王(ステュアート朝)、エリザベス1世(テューダー朝)
ハノーバー朝(1714-1901)
[ハノーバー朝 国王一覧]
ジョージ1世 (1714-1727)
ジョージ2世 (1727-1760)
ジョージ3世 (1760-1800)
グレートブリテン及びアイルランド連合王国は、1801年にグレートブリテン王国とアイルランド王国が合同して成立した王国である。
ジョージ3世 (1801-1820)
ジョージ4世 (1820-1830)
ウィリアム4世 (1830-1837)
ヴィクトリア (1837-1901)

次のうちイギリス、ウィンザー朝の国王を全て選びなさい(1917-)
○ジョージ5世、ジョージ6世、エドワード8世、エリザベス2世
×ウィリアム4世(ハノーバー朝)、
ウィンザー朝(1917-)
[ウィンザー朝 国王一覧]
ジョージ5世 (1917-1936)
エドワード8世 (1936)
ジョージ6世 (1936-1952)
エリザベス2世 (1952- )

【イギリス国王まとめ】
[ノルマン朝(1066-1154)]
ウィリアム1世(1066-1087)、ウィリアム2世(1087-1100)、
ヘンリー1世(1100-1135)
[プランタジネット朝(1154-1399)]
ヘンリー2世(初代)、ヘンリー3世
エドワード1世(長脛王)、エドワード2世、エドワード3世、
リチャード1世(獅子心王)、
ジョン王(欠地王)
[ステュアート朝(1371-1714)]
○ロバート2世、ジェームズ1世、チャールズ1世、チャールズ2世、ジェームズ2世、メアリー2世、ウィリアム3世、アン女王、など
[テューダー朝(1485-1603)]
ヘンリー7世(初代)、ヘンリー8世(離婚)、
エドワード6世、
メアリー1世(Bloody Mary)、
エリザベス1世(Virgin Queen)
[ハノーバー朝(1714-1901)]
ジョージ1世、ジョージ2世、ジョージ3世、ジョージ4世、
ウィリアム4世、(ウィリアム3世はステュアート朝)
ヴィクトリア女王
[ウィンザー朝(1714-1901)]
ジョージ5世、ジョージ6世、
エドワード8世、(エド123はプランタ、エド6はテューダー朝)
エリザベス2世、(エリザベス1処女王はテューダー朝)


次のイギリスの歴代首相のうち保守党の人物を全て選びなさい
○マーガレット・サッチャー (1979-1990)、ジョン・メージャー (1990-1997)、のみ (サメ)
×ジェームズ・キャラハン(労働党)、トニー・ブレア(労働党)

次のイギリスの歴代首相のうち保守党の人物を全て選びなさい
ソールズベリー侯爵 (保守党)
ウィンストン・チャーチル (1940-1945/7/26)(1951-1955)(保守党)
エドワード・ヒース (1970-1974)(保守党)
マーガレット・サッチャー (1979-1990)(保守党)
ジョン・メージャー (1990-1997)(保守党)
×ウィリアム・グラッドストン(自由党)、ジェームズ・キャラハン(労働党)、トニー・ブレア(労働党)

次のイギリスの歴代首相のうち労働党の人物を全て選びなさい
クレメント・アトリー (1945/7/26-1951)(労働党)
ハロルド・ウィルソン (1964-1970)(1974-1976)(労働党)
ジェームズ・キャラハン (1976-1979)(労働党)
トニー・ブレア (1997-2007)(労働党)
ゴードン・ブラウン (2007-2010)(労働党)
×
ベンジャミン・ディズレーリ (1868-1868)(1874-1880)(保守党)
ソールズベリー侯爵 (保守党)
アーサー・バルフォア (1902-1905)(保守党)
アレック・ダグラス=ヒューム (1963-1964)(保守党)
エドワード・ヒース (1970-1974)(保守党)
マーガレット・サッチャー (1979-1990)(保守党)
ジョン・メージャー (1990-1997)(保守党)


次のうち第二次世界大戦中にイギリスの首相を務めた人物を全て選びなさい
○ネヴィル・チェンバレン(1937-1940)、ウィンストン・チャーチル(1940-1945)、クレメント・アトリー (1945/7/26-1951)
×ウィリアム・グラッドストン、ベンジャミン・ディズレーリ

[イギリス 歴代首相]
ロバート・ウォルポール卿 (1721-1742)(自由党ホイッグ党)
----------
ベンジャミン・ディズレーリ (1868-1868)(1874-1880)(保守党トーリー党)
ウィリアム・グラッドストン (1868-1874)(1880-1885)(1886-1886)(1892-1894)(自由党)
ソールズベリー侯爵 (1885-1886)(1886-1892)(1895-1902)(保守党)(ロバート・ガスコイン=セシル(第3代ソールズベリー侯))
----------
アーサー・バルフォア (1902-1905)(保守党)
----------
スタンリー・ボールドウィン (1923-1924)(1924-1929)(1935-1937)(保守党)
ラムゼイ・マクドナルド (1924-1924)(1929-1935)(労働党)
ネヴィル・チェンバレン (1937-1940)(保守党)
ウィンストン・チャーチル(1940-1945/7/26)(1951-1955)(保守党)
クレメント・アトリー (1945/7/26-1951)(労働党)
アンソニー・イーデン (1955-1957)(保守党)
ハロルド・マクミラン (1957-1963)(保守党)
アレック・ダグラス=ヒューム (1963-1964)(保守党)
ハロルド・ウィルソン (1964-1970)(1974-1976)労働党)
エドワード・ヒース (1970-1974)(保守党)
ジェームズ・キャラハン (1976-1979)(労働党)
マーガレット・サッチャー (1979-1990)(保守党)
ジョン・メージャー (1990-1997)(保守党)
トニー・ブレア (1997-2007)(労働党)
ゴードン・ブラウン (2007-2010)(労働党)
デーヴィッド・キャメロン (2010-)(保守党)


次のうち、19世紀に経済学のマンチェスター学派を代表した人物を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○ジョン・ブライト(英)、リチャード・コブデン(英)
×デヴィッド・リカード(英)、アルフレッド・マーシャル(英)、フランソワ・ケネー(仏)、ポール・サミュエルソン(米)

次のうち、19世紀前半にイギリス重商主義の柱だった「穀物法」の撤廃に貢献した政治家を全て選びなさい
○コブデン、ブライト、のみ (リチャード・コブデン ジョン・ブライト)
×アダム・スミス、テュルゴー、トマス・マン、
穀物法は、イギリスの穀物取引に関する法律。1815年から1846年に施行されていた穀物法が有名である。
穀物価格の高値維持を目的としており地主貴族層の利益を保護していたが、
安価な穀物の供給による労働者賃金の引き下げを期図した産業資本家を中心とする反穀物法同盟などの反対運動の結果、
撤廃され自由貿易体制が確立した。英国で穀物の輸出入を規制するために制定された法律。
起源は中世にあるが,1815年ナポレオン戦争後地主保護のため安価な外国産穀物の輸入を禁じたものが最も有名。
これに対して1839年以来コブデン,ブライトら自由貿易論者を中心とする反穀物法同盟が反対運動を展開し,1846年廃止された。
安価な穀物の供給により賃金の引き下げを狙う産業資本家と単純に安価なパンを求める労働者は、穀物法廃止という点について利害の一致をみていた。

--------------------
[仏]
次のうち、フランス皇帝ナポレオン1世の妻だった女性を全て選びなさい
○ジョゼフィーヌ、マリー・ルイズ、のみ
×エリザ・ボナパルト(妹)、レティシア、マリア・ヴァレフスカ(愛人)

次のうち、フランスの皇帝となった人物を全て選びなさい
○ナポレオン1世(1804-1814,1815-1815)、ナポレオン2世(1815-1815)、ナポレオン3世(仏第二共和政1848-1852,仏第二帝政1852-1870)
×ナポレオン4世

次のうち革命前のフランスで第三身分とされたものを全て選びなさい
○市民、農民
×僧侶(1)、貴族(2)

次のうち、フランス王ルイ14世の宰相を務めた人物を全て選びなさい
○マザラン(宰相)、コルベール(財務相)、(ジュール・マザラン,ジャン=バティスト・コルベール)
×リシュリュー(ルイ13世宰相)、シルエット(ルイ15世財務相)、ネッケル(ルイ16世財務相)

次のうちフランス七月革命の指導者を全て選びなさい(1830)
○ラファイエット(侯爵)、アドルフ・ティエール(仏大統領)
次のうちフランス二月革命の指導者を全て選びなさい(1848)
○ラマルティーヌ(詩人)、ルイ・ブラン(社会主義者政治家)(アルフォンス・ド・ラマルティーヌ)

次のうち、フランス革命で活躍したジャコバン派の政治家を全て選びなさい
○ジャン=ポール・マラー、ジョルジュ・ダントン、マクシミリアン・ロベスピエール、サン=ジュスト
×アベ・シェイエス(フイヤン派)、アントワーヌ・バルナーヴ(フイヤン派)
(政治家のアベ・シェイエスやラファイエットらが所属した革命期のフランスにおける立憲君主派は○○○○派?(スロット)→フイヤン派)

次のうちフランス初の憲法である1791年憲法の内容を全て選びなさい(仏人権宣言1789)
○国民主権、議院は一院制、女性に参政権はない
×国王に拒否権はない(議会の立法権に対して拒否権があった)、信教の自由を認める(米憲法修正第一条1791)

次のうち、第二次世界大戦末期のフランス、ヴィシー政権で首相を務めた政治家を全て選びなさい
○フィリップ・ペタン、ピエール・ラヴァル、のみ
(主席フィリップ・ペタン(1940-1944)、首相フィリップ・ペタン(1940-1942)ピエール・ラヴァル(1942-1944))

次のうちフランス第五共和政の大統領を全て選びなさい
○シャルル・ド・ゴール、ジョルジュ・ポンピドゥー、ヴァレリー・ジスカールデスタン、
フランソワ・ミッテラン、ジャック・シラク、ニコラ・サルコジ、フランソワ・オランド、のみ
×レーモン・ポアンカレ、ヴァンサン・オリオール、ルネ・コティ
[第三共和政(1870-1940)]
アドルフ・ティエール(第三共和政初)
レーモン・ポアンカレ(第三共和政)
アルベール・ルブラン(第三共和政最後)
[ヴィシー政権(1940-1944)]
フィリップ・ペタン(1940-1944)]
[第四共和政(1947-1959)(フランス国会によって大統領が選出される間接選挙)]
ヴァンサン・オリオール(1:1947-19564)
ルネ・コティ(2:1954-1959)
[第五共和政(1959-)(フランス国民有権者の直接投票で選出)]
シャルル・ド・ゴール(1:1959-1969)
ジョルジュ・ポンピドゥー(2:1969-1974)
ヴァレリー・ジスカールデスタン(3:1974-1981)
フランソワ・ミッテラン(4:1981-1995)
ジャック・シラク(5:1995-2007)
ニコラ・サルコジ(6:2007-2012)
フランソワ・オランド(7:2012-)

次のうちフランス革命当時に制定された共和暦にあるものを全て選びなさい
○ヴァンデミエール(葡萄月9月)、ブリュメール(霧月10月)、フリメール(霜月11月)、
ニヴォーズ(雪月12月)、プリュヴィオーズ(雨月1月)、ヴァントーズ(風月2月)、
ジェルミナール(芽月3月)、フロレアル(花月4月)、プレリアル(草月5月)、
メシドール(収穫月6月)、テルミドール(熱月7月)、フリュクティドール(果実月8月)、
×シュメール(地域)、ファランドール(仏舞曲)、
ルミナール(バルビツール酸誘導体 フェノバルビタールの商標名)、コンプラドール(長崎出島 オランダ貿易仲買人)、
フェルメール(蘭画家)、フラゴナール(ジャン・オノレ・フラゴナール仏画家)、ユルスナール(仏作家マルグリット・ユルスナール)、
[フランス革命暦]
フランス革命期にフランスとその衛星国家で使われた独自の暦法。原則として十進法を用いていて、各月を平等としたのが特徴。
[秋] Vendemiaire ヴァンデミエール(葡萄月):9月22,23,24日~
[秋] Brumaire ブリュメール(霧月):10月22,23,24日~
[秋] Frimaire フリメール(霜月):11月21,22,23日~
[冬] Nivose ニヴォーズ(雪月):12月21,22,23日~
[冬] Pluviose プリュヴィオーズ(雨月):1月20,21,22日~
[冬] Ventose ヴァントーズ(風月):2月19,20,21日~
[春] Germinal ジェルミナール(芽月):3月20,21日~
[春] Floreal フロレアル(花月):4月20,21日~
[春] Prairial プレリアル(草月):5月20,21日~
[夏] Messidor メシドール(収穫月):6月19,20日~
[夏] Thermidor テルミドール(熱月):7月19,20日~
[夏] Fructidor フリュクティドール(果実月):8月18,19日~

--------------------
[独]
次のうち、ゲルマン民族を全て選びなさい
○ブルグンド族、ロンバルド族、ヴァンダル族、フランク族、東ゴート族、西ゴート族
×フン族(テュルク系民族)、ツチ族(ルワンダ)、フツ族(ルワンダ)、キクユ族(ケニア)、スー族(米インディアン)、カナカ族(ミクロネシア,マーシャル諸島,パラオの代表的な先住民族)

次のうち、1871年に成立したドイツ帝国の皇帝を全て選びなさい(ドイツ皇帝1871-1918)
○ヴィルヘルム1世(1:1871-1888)、フリードリヒ3世(2:1888-1888)、ヴィルヘルム2世(3:1888-1918)
×フリードリヒ1世(1701-1713)、フリードリヒ・ヴィルヘルム1世(1713-1740)、ルートヴィヒ2世(1740-1772)
【プロイセン国王まとめ(1701-1918)】
[プロイセンの王]
フリードリヒ1世 (1701-1713)
フリードリヒ・ヴィルヘルム1世 (1713-1740)
フリードリヒ2世 (1740-1772)(君主は国家第一の下僕、啓蒙専制君主)
[プロイセン国王](「プロイセンにおける王」から「プロイセン国王」に変えた)
フリードリヒ2世(1:1772-1786)(君主は国家第一の下僕、啓蒙専制君主)
フリードリヒ・ヴィルヘルム2世(1786-1797)
フリードリヒ・ヴィルヘルム3世(1797-1840)
フリードリヒ・ヴィルヘルム4世(1840-1861)
[ドイツ帝国皇帝,プロイセン国王]
ヴィルヘルム1世(1861-1888)(普仏戦争に勝利したことで1871年にドイツ皇帝)
フリードリヒ3世(1888-1888)
ヴィルヘルム2世(1888-1918)(第一次世界大戦の敗北とドイツ革命により1918年11月28日に退位)

--------------------
[神聖ローマ帝国]
次のうち、ハプスブルク家出身の神聖ローマ帝国皇帝を全て選びなさい
○カール5世、カール6世、のみ
×カール4世、カール7世、カール8世
(1356年に金印勅書を出した神聖ローマ皇帝、カール4世はルクセンブルク家出身である,○)
[ハプスブルク家出身の神聖ローマ帝国皇帝wiki]
アルブレヒト1世(1255年 - 1308年):神聖ローマ皇帝(ドイツ王)
アルブレヒト2世(1397年 - 1439年):神聖ローマ皇帝、オーストリア公(アルブレヒト5世)
カール5世(1500年 - 1558年):神聖ローマ皇帝、スペイン王(カルロス1世)
カール6世(1685年 - 1740年):神聖ローマ皇帝
フェルディナント1世(1503年 - 1564年):神聖ローマ皇帝
フェルディナント2世(1578年 - 1637年):神聖ローマ皇帝
フェルディナント3世(1608年 - 1657年):神聖ローマ皇帝
フランツ1世(1708年 - 1765年):神聖ローマ皇帝、トスカーナ大公(フランチェスコ2世)
フランツ2世(1768年 - 1835年):神聖ローマ皇帝、オーストリア皇帝(フランツ1世)
フリードリヒ3世(1415年 - 1493年):神聖ローマ皇帝(ドイツ王としてはフリードリヒ4世)、オーストリア大公(フリードリヒ5世)
マクシミリアン1世(1459年 - 1519年):神聖ローマ皇帝
マクシミリアン2世(1527年 - 1576年):神聖ローマ皇帝
マティアス(1557年 - 1619年):神聖ローマ皇帝
ヨーゼフ1世(1678年 - 1711年):神聖ローマ皇帝
ヨーゼフ2世(1741年 - 1790年):神聖ローマ皇帝
ルドルフ1世(1218年 - 1291年):神聖ローマ皇帝「神君」
ルドルフ2世(1552年 - 1612年):神聖ローマ皇帝
レオポルト1世(1640年 - 1705年):神聖ローマ皇帝
レオポルト2世(1747年 - 1792年):神聖ローマ皇帝

--------------------
[伊]
次のうち1870年のイタリア統一後も残った「未回収のイタリア」にあたるものを全て選びなさい
○トレンティーノ、トリエステ、イストリア、フィウーメ、ダルマツィア、南チロル
×トスカーナ、パルマ、ロンバルディア、モデナ

--------------------
[スペイン]
次のうち、1479年に合併しスペイン王国を成した国を全て選びなさい
○アラゴン王国、カスティリャ王国、のみ
×カタルーニャ王国(カタルーニャ君主国)、グラナダ王国(1232-1492)
(アラゴン王国とカスティリャ王国の合併によりスペイン帝国が誕生し、
1492年にナスル朝グラナダ王国がスペイン帝国に征服されたことで、キリスト教勢力によるレコンキスタが完了した)

--------------------
[ポーランド]
次のうちポーランド出身の人物を全て選びなさい
○ニコラウス・コペルニクス、フレデリック・ショパン、ロマン・ポランスキー(映画監督)
ヨハネ・パウロ2世(ローマ教皇264:1978-2005)
ルドヴィコ・ザメンホフ(人工言語エスペラント)
ヤヌシュ・コルチャック(小児科医,孤児院院長,児童文学作家)
マリ・キュリー(物理学賞1903(放射能の研究),化学賞1911(84Poポロニウム,88Raラジウム))
×
ヴィルヘルム・レントゲン(独)
ロアール・アムンセン(諾威)(南極点到達1911)
セルマ・ラーゲルレーヴ(瑞典)(ノーベル文学賞1909『ニルスのふしぎな旅』)
カレル・チャペック(チェコ)(戯曲『ロボット(R.U.R.)』)
マザー・テレサ(マケドニア)(ノーベル平和賞1979)
[備考]
エコールド・パリで活躍したモイーズ・キスリングはポーランド出身の画家である,◯
ロバート・ピアリー(米)(北極点到達1909)
ロアール・アムンセン(諾威)(南極到達1911)
ロバート・スコット(英)(南極点到達1912)

次のうち1772年から1795年にかけてポーランドを分割した国を全て選びなさい
○プロイセン、オーストリア、ロシア、のみ
×オランダ、フランス
(ポーランド・リトアニア共和国の領土が3度にわたって周囲の3つの大国に奪われ最終的に完全に領土を失って滅亡した)
次のウィーン会議の結果ポーランドに誕生した国とそれを統制下においた国の正しい組み合わせを選びなさい(ウィーン会議1814-1815)
クラクフ共和国 - オーストリア
ポーランド立憲王国 - ロシア
ポズナン大公国 - プロイセン

--------------------
[露]
次のうち帝政ロシア「ロマノフ朝」のツァーリ(皇帝)を全て選びなさい
○ピョートル1世、エカチェリーナ1世、エカチェリーナ2世、アレクサンドル2世、
×ウラディミル1世(キエフ大公国882-1240)、イヴァン3世(モスクワ大公国1263-1547)、イヴァン4世(モスクワ大公国1263-1547)
[ロマノフ朝(1613-1917)]
ミハイル・ロマノフ(01:1613-1645)
アレクセイ(02:1645-1676)
フョードル3世(03:1676-1682)
イヴァン5世(04:1682-1689)
ピョートル1世(05:1682-1725)
エカチェリーナ1世(06:1725-1727)
ピョートル2世(07:1727-1730)
アンナ(08:1730-1740)
イヴァン6世(09:1740-1741)
エリザヴェータ(10:1741-1762)(ピョートル1世とエカチェリーナ1世の娘)
ピョートル3世(11:1762-1762)
エカチェリーナ2世(12:1762-1796)
パーヴェル1世(13:1796-1801)
アレクサンドル1世(14:1801-1825)
ニコライ1世(15:1825-1855)
アレクサンドル2世(16:1855-1881)
アレクサンドル3世(17:1881-1894)
ニコライ2世(18:1894-1917)

次のうち二度のイラン・ロシア戦争で結ばれた講和条約を全て選びなさい
○ゴレスターン条約(1813)、トルコマンチャーイ条約(1828)、のみ
×アイグン条約(1858)、イリ条約(1881)
(イラン・ロシア戦争の講和条約でロシアがアゼルバイジャンを獲得したのは○○○○○○条約?→ゴレスターン条約(1813))
(イラン・ロシア戦争の講和条約でアルメニアを獲得したのは○○○○○チャーイ条約?→トルコマンチャーイ条約(1828))

次のうち旧ソ連で最高指導者だった人物を全て選びなさい
○レーニン、スターリン、マレンコフ、フルシチョフ、ブレジネフ、アンドロポフ、チェルネンコ、ゴルバチョフ、のみ
×ボリス・エリツィン(露大統領1:1991-1999)
[旧ソ連 最高指導者]
ウラジーミル・レーニン(1:1917-1924)
ヨシフ・スターリン(2:1922-1953)
ゲオルギー・マレンコフ(3:1953-1953)
ニキータ・フルシチョフ(4:1953-1964)
レオニード・ブレジネフ(5:1964-1982)
ユーリ・アンドロポフ(6:1982-1984)
コンスタンティン・チェルネンコ(7:1984-1985)
ミハイル・ゴルバチョフ(8:1985-1991)

--------------------
[オスマン帝国]
次のうち、オスマン帝国で行われた制度を全て選びなさい
○デウシルメ制、ティマール制、イルティザーム制、(ミッレト制)
×イクター制(イスラム)、テマ制(東ローマ帝国)、プロノイア制(東ローマ帝国)、マンサブダール制(ムガル帝国)
(オスマン帝国のティマール制≒イスラム世界のイクター制≒ビザンツのプロノイア制)
デウシルメ制 - イニチェリ確保の教徒徴用
ティマール制 - 軍事封土制のイクター制(中世イスラム)を継承
ミッレト制 - 非イスラム宗教共同体を認め納税義務(帝国内に住むキリスト教徒やユダヤ教徒の共同体(ミッレト)には法に定められた自治を認めイスラム教徒との共存)
(オスマン帝国がキリスト教徒の子どもたちをイスラムに改宗させ再教育ののち官僚や兵士に用いた制度をデウシルメという,○ (×ミッレト))
(オスマン帝国においてキリスト教徒の少年を強制的に徴兵し改宗させた制度のことを何という?(文字パネル)→デウシルメ)
(オスマン帝国で実施されていたイェニチェリの要員確保のため支配下地域のキリスト教徒の少年を徴用した制度を何という?(スロット)→デウシルメ)
(キリスト教徒からの改宗者を中心としたオスマン帝国の常備歩兵(キューブ)→イェニチェリ)
(オスマン帝国内の騎士たちに分与された「軍事封土」の制度(キューブ)→ティマール制)
(16世紀末にオスマン帝国で制定された徴税請負制度です(キューブ)→イルティザーム)
(中世イスラム世界で君主が軍人に土地を与え、土地の管理と徴税権を委ねた制度は○○○○制?(文字パネル)→イクター制)
(ギリシャ語で「軍団」という意味がある、東ローマ帝国で6世紀頃から使用されていた地方行政制度を○○制という?(スロット)→セマ制)
(東ローマ帝国で、貴族に対して国家への軍事奉仕と引き換えに土地所有を認めた制度のことを○○○○○制という?(スロット)→プロノイア制)

--------------------
[宗教]
次のうち、宗教改革の時代に現れた「カルヴァン派」と同一視されるものを全て選びなさい
○プレスビテリアン(英)、ユグノー(仏)、ゴイセン(蘭)、ピューリタン
×アングリカン(anglican)、リパブリカン(共和主義者)、ユンカー(独地主貴族)、エイリアン

次のうち13世紀に創立されたカトリックの修道会を全て選びなさい
○フランチェスコ会(1209)、ドミニコ会(1216)、(ドフ)
×イエズス会(1534)、サレジオ会(1859)

次のうち馬小屋で生まれたと伝えられる人物を全て選びなさい
○聖徳太子、イエス・キリスト
×スパルタクス、アレキサンダー大王、牛若丸、仏陀ブッダ

次のイエズス会宣教師のうちポルトガル人を全て選びなさい
○ルイス・フロイス(葡)、ガスパル・ヴィレラ(葡)
×マテオ・リッチ(伊)、アレッサンドロ・バリニャーノ(伊)、フランシスコ・ザビエル(西)

次のうち、天正遣欧少年使節が謁見したローマ教皇を全て選びなさい
○グレゴリウス13世(1502-1585)、シクストゥス5世(1585-1590)、のみ
×ウルバヌス7世、インノケンティウス9世

次のうち、カトリック教会における最高会議「公会議」に実在したものを全て選びなさい
○ニケーア公会議(325)、エフェソス公会議(431)、カルケドン公会議(451)、ラテラン公会議(1123等)、コンスタンツ公会議(1414)
×ミュンヘン公会議、ウィーン公会議、オスマン公会議、ピュブロス公会議
「単性論」を否定しキリスト教の神性と人性を認めた451年に開かれた公会議はカルケドン公会議である,〇 (単性論:イエス・キリストの存在が神または人のどちらかの性質しか持たないという教義)
[カトリック教会 21の公会議 一部]
ニケーア公会議(325)(アタナシウス派(三位一体説)を正統、アリウス派を異端)
コンスタンティノポリス公会議(381)(三位一体論の定義)
エフェソス公会議(431)(ネストリウス派を異端)
カルケドン公会議(451)(単性説を否定。アリウス派・ネストリウス派の異端を再確認)
クレルモン公会議(1095)(ウルバヌス2世が十字軍を提唱)
ラテラン公会議(1123等)(第1-第4)
コンスタンツ公会議(1414-1418)(対立教皇を廃し教会大分裂(シスマ)終結。ジョン・ウィクリフ英,ヤン・フス(チェコ)を排斥)
[21の公会議]年代順
第1ニカイア公会議(325)、第1コンスタンティノポリス公会議、エフェソス公会議(431)、カルケドン公会議(451)、
第2コンスタンティノポリス公会議、第3コンスタンティノポリス公会議、第2ニカイア公会議、第4コンスタンティノポリス公会議、
第1ラテラン公会議(1123)、第2ラテラン公会議、第3ラテラン公会議、第4ラテラン公会議、第1リヨン公会議、第2リヨン公会議、
ヴィエンヌ公会議(1311)、コンスタンツ公会議(1414)、フィレンツェ公会議、第5ラテラン公会議、トリエント公会議、第1バチカン公会議、第2バチカン公会議(1962)。

--------------------
[大航海時代]
次の有名な航海者のうちポルトガル人を全て選びなさい
バーソロミュー・ディアス(葡) - アフリカ南端アガラス岬の発見(1488)
バスコ・ダ・ガマ(葡) - インドへの航路(出航1497-カリカット1498)(第1回インド遠征隊)
ペドロ・カブラル(葡) - 漂流しブラジルの発見(1500)→インド到着。(第2回インド遠征隊)
フェルディナンド・マゼラン(葡) - 世界一周航海(サンルカル・デ・バラメーダ港(西)出航1519-1522)
×
クリストファー・コロンブス(伊) - (1492)サンタマリア号、ピンタ号、ニーニャ号
アメリゴ・ベスプッチ(伊)
フランシス・ドレーク(英) - マゼランに続く史上二番目の世界一周を達成(1580)
ヴィトゥス・ベーリング(デンマーク丁抹)
アベル・タスマン(蘭)
カリカットは1498年ヴァスコ・ダ・ガマが訪れた港市でインドの西南岸にある。
カルカッタは1690年頃に東インド会社が貿易拠点としたとこでガンジス川下流にありカリカットより北東にあります。
フェルディナンド・マゼラン - 船団を構成した船は、旗艦トリニダッド号(110t)、サン・アントニオ号(120t)、コンセプシオン号(90t)、サンチアゴ号(74t)でビクトリア号(85t)を含めて総勢5隻である。

次の有名な航海者のうちイタリア人を全て選びなさい
○クリストファー・コロンブス(伊)、アメリゴ・ベスプッチ(伊)
×ヴィトゥス・ベーリング(露) アベル・タスマン(蘭)、フェルディナンド・マゼラン(葡萄牙)、バスコ・ダ・ガマ(葡萄牙)、フランシス・ドレーク(英)、ブーゲンビル(仏)

次のうち、コロンブスが新大陸を発見した航海に同行した船を全て選びなさい
○サンタマリア号、ニーニャ号、ピンタ号、のみ 
×ビクトリア号 サンアントニオ号
クリストファー・コロンブス(伊)(サンタマリア号,ピンタ号,ニーニャ号)
フェルディナンド・マゼラン(葡)(ビクトリア号,トリニダード号,サン・アントニオ号,コンセプシオン号,サンチアゴ号)

--------------------
[その他]
次のうち、1077年の「カノッサの屈辱」事件の当事者を全て選びなさい
○グレゴリウス7世(ローマ教皇)、ハインリッヒ4世(神聖ローマ皇帝)、のみ
×フィリップ4世、シャルル9世
(1077年のカノッサの屈辱で雪の中で立ち尽くして許しを得たのはハインリヒ4世である,○)


次のうち、1189年からの第3回十字軍に参加した人物を全て選びなさい
○リチャード1世(獅子心王)、フィリップ2世(尊厳王)、フリードリヒ1世(神聖ローマ皇帝Barbarossa赤髭王)
×ヘンリー2世(自ら行かず)、フィリップ4世、フリードリヒ2世(第5回十字軍1217-1221自ら行かず)、ルートヴィヒ1世(バイエルン王)
(父はヘンリー2世/プランタジネット朝の国王/第3回十字軍に参加/別名「獅子心王」→リチャード1世)
(フリードリヒ1世が溺死/フィリップ2世、リチャード1世/アッコンを奪回/サラディンの攻勢により失敗→第3回十字軍)


次のうち、1303年のアナーニ事件の当事者を全て選びなさい
○ボニファティウス8世(ローマ教皇)、フィリップ4世(仏国王)、のみ
×シャルル9世、クレメンス5世、インノケンティウス3世
(翌年のアナーニ事件の引き金となった、1302年にローマ教皇ボニファティウス8世が出した教皇権の至上性を唱えた回勅は?(並べ替え)→ウナム・サンクタム)
フランス国王フィリップ4世がローマ教皇ボニファティウス8世をイタリアの山間都市アナーニで捕らえた事件。
十字軍の遠征の失敗で、十字軍を提唱し推進したローマ教皇の権威は大きく揺らぎ始めていた。
最後の十字軍の撤退から4半世紀後に即位した教皇ボニファティウス8世は、教皇こそが最高の権力を持つという教皇至上主義の考え方の持ち主であった。
彼は1302年、教皇の回勅「ウナム・サンクタム」を発して、教皇が宗教上・世俗上の最高権の保持者であり、
すべての君主・皇帝も、すべて教皇に服従すべきであると宣言した。
しかし、十字軍時代を通じて国王の力も着実に伸張しており、時代は大きく変わっていた。
最後の十字軍の提唱者で聖王といわれたフランス王ルイ9世の孫フィリップ4世は、王権の拡張に執念を燃やした国王であった。
彼は即位したときから教会関係者を排除し、王権思想を主張する法律家をブレーンとした。
フィリップ4世はイギリスと争って豊かなフランドルの諸都市を支配下に収めようとし、その戦費捻出のため、教会財産への課税に踏み切った。
ボニファティウス8世は直ちにこれに反対し、課税を禁じる回勅を出し、教皇はフランス王に対して命令することができると主張した。
ここにいたってフィリップ4世は、国内の支持を得て教皇と戦おうとして、
1302年、パリのノートルダム寺院に聖職者・貴族・平民からなる三部会を召集した。三部会は一致して王の主張を支持した(これがフランスの身分制議会の始まりとなった)
これに力を得たフィリップ4世は、ボニファティウス8世に異端と買官と奢侈的生活があると非難し、教皇としての資格に欠けると断じた。
これに対して教皇は、フィリップ4世の破門をもって応え、両者の関係は決定的になった。
フィリップ4世の意を受けた宰相ギヨーム・ド・ノガレは、ローマ教皇庁から追放された教皇の反対派コロンナ家一族と共謀して、
イタリアに軍を派遣した。ボニファティウス8世は生まれ故郷の山間の小都市アナーニに逃げ込んだが、フランス軍とコロンナ一族のために捕らえられた。
アナーニ住民の頑強な抵抗で教皇は救出されたが、68歳の教皇はこの一連の事態に怒りと失望で傷心し、3週間後に死亡した。
一方フィリップ4世は、十字軍で活躍したテンプル騎士団を解散させてその財産を没収したり、ユダヤ人を追放してその資産を奪ったり、
貨幣改鋳によって財政を賄ったりして、王権の財政的基盤を強化した。ローマ教会にも圧力をかけ、
クレメンス5世をアヴィニョンへ移住させ、アヴィニョン捕囚(教皇のバビロン捕囚)を引き起こして教皇権に対する王権の優位を確立した。
この事件・結果は教皇権力の衰退と王権の伸張を印象づけ、近世絶対王政にいたる重大な一里塚となった。


次のうち、「教皇のバビロン捕囚」期の教皇を全て選びなさい(大意)
○クレメンス5世、ヨハネス22世、ベネディクトゥス12世、クレメンス6世、インノケンティウス6世、ウルバヌス5世、グレゴリウス11世、のみ
×ハドリアヌス5世
1308年に教皇庁をアヴィニョンに移転させ教皇のバビロン捕囚を余儀なくされたローマ教皇は○○○○○5世?(スロット)→クレメンス5世
1377年に「教皇のバビロン捕囚」を終結させたローマ教皇はグレゴリウス11世である,○ (クレメンス5世~グレゴリウス11世)(×ウルバヌス5世)
1309年から77年までの間教皇庁がアヴィニヨンに移りフランスの支配下にあったことを古代の事件になぞらえ何という?(並べ替え)→教皇のバビロン捕囚
[教皇のバビロン捕囚]
クレメンス5世(1305-1314)
ヨハネス22世(1316-1334)
ベネディクトゥス12世(1334-1342)
クレメンス6世(1342-1352)
インノケンティウス6世(1352-1362)
ウルバヌス5世(1362-1370)
グレゴリウス11世(1370-1378)


次のうち、七年戦争でプロイセンに対し「三枚のペチコート同盟」をなした歴史上の女性を全て選びなさい(七年戦争1756-1763)
○マリア・テレジア(墺)、ポンパドゥール夫人(仏)、エリザベータ女帝(露)
×マリー・アントワネット(仏)、モンテスパン夫人(仏)、エカチェリーナ女王(露)


次のうち、1791年にピルニッツ宣言を共同で出した国を全て選びなさい
○神聖ローマ帝国、プロイセン、のみ
(神聖ローマ皇帝レオポルト2世が1791年に出した、フランス革命への介入も辞さないという宣言を「○○○○○宣言」という?(スロット)→ピルニッツ宣言(ピルニッツ宮殿独))
(神聖ローマ皇帝レオポルト2世とプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世が共同宣言)(口先だけの外交辞令であったが仏革命派と亡命貴族には最後通牒であると誤解されて逆効果となり革命戦争への第一歩となった)


次のうち、1805年のアウステルリッツの戦いでフランスが戦った国を全て選びなさい
○フランス、オーストリア、ロシア、のみ (仏vs墺露)(ナポレオン1世vsフランツ2世,アレクサンドル1世)
1805年のアウステルリッツの戦いで対戦した人物全て選びなさい(大意)
○ナポレオン1世(仏)、フランツ2世(墺)、 アレクサンドル1世(露)、のみ
×レオポルト1世(神聖ローマ皇帝)、メフメト2世(オスマン帝国)
1805年のアウステルリッツの戦いで相まみえた「三帝」と国の正しい組み合わせを選びなさい
フランス - ナポレオン1世
オーストリア - フランツ2世
ロシア - アレクサンドル1世
(アレクサンドル1世/フランツ2世/ナポレオン1世/別名「三帝会戦」→アウステルリッツの戦い(1805))
(ナポレオン1世の戦いで「三帝会議」とも呼ばれるのは○○○○○○○○の戦い?(タイピング)→アウステルリッツの戦い(1805))
(ナポレオン1世の戦いで「諸国民戦争」とも呼ばれるのは○○○○○の戦い?(タイピング)→ライプチヒの戦い(1813))


次のうち、1807年にティルジット条約を結んだ国を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○フランス、プロイセン、ロシア、のみ (プロイセンは莫大な賠償金と領土の大半の喪失。ポーランド分割によって独立を喪失していたポーランドはワルシャワ公国として復活)
×イギリス、イタリア、スペイン、オランダ、スウェーデン
(ナポレオン戦争中の1807年にフランスが勝利しプロイセン、ロシアと結んだのは○○○○○○条約?(スロット)(大意)→ティルジット条約(1807))


次のうち、「会議は踊る」と言われたウィーン会議に参加国の代表として出席した政治家を全て選びなさい(ウィーン会議(1814-1815))
○クレメンス・メッテルニヒ(墺)、タレーラン=ペリゴール(仏)、カール・ネッセルローデ(独)、カッスルレー子爵(英)
×オットー・フォン・ビスマルク(独)、グスタフ・シュトレーゼマン(独)、ジョージ・カニング(英)、ベンジャミン・ディズレーリ(英)


次のうち、1873年に三帝同盟を結んだヨーロッパの国を全て選びなさい
○ドイツ、オーストリア、ロシア、(独墺露)
次のうち、1873年に三帝同盟を結んだ人物を全て選びなさい
○ヴィルヘルム1世(独)、フランツ・ヨーゼフ1世(墺)、アレクサンドル2世(露)
×フランツ・ヨーゼフ2世、アレクサンドル3世
(ドイツ首相ビスマルクの提唱により1873年締結され、1882年締結の三国同盟(独墺伊三国同盟)、1887年の独露再保障条約と並ぶビスマルク体制の支柱であった)(三国協商は英仏露)
  1. 2013/03/08(金) 02:01:04|
  2. 西洋史検定
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

西洋史検定 順番当て

--------------------
[古代]
次のトルコにおこった国を成立が古い順にしなさい
ヒッタイト(BC16世紀-BC)→フリギア王国(BC1000-BC600)→リディア王国(BC7世紀-BC547)→セルジューク朝(1038-1308)

次のかつてヨーロッパに存在した国を滅んだ順に選びなさい
西ローマ帝国(395-476)→東ゴート王国(497-553)→西ゴート王国(415-711)→東ローマ帝国(395-1453)

--------------------
[古代ギリシャローマ]
ペルシャ戦争の次の戦いを早く起こった順に選びなさい
マラトンの戦い(BC490)→テルモピレーの戦い(BC480)→サラミスの戦い(BC480)→プラタイアイの戦い(BC479)
(ペルシア戦争は紀元前492年から紀元前449年の三度にわたるアケメネス朝ペルシア帝国のギリシア遠征をいう)

ローマ五賢帝に数えられる次の皇帝を即位した順に選びなさい
ネルウァ → トラヤヌス → ハドリアヌス → アントニヌス・ピウス → マルクス・アウレリウス・アントニヌス

次の文字列を順に選んで『自省録』を著したローマ五賢帝に数えられる皇帝の名前にしなさい
マルクス・アウレリウス・アントニヌス

次の古代ローマの政治家を活躍したのが古い順に選びなさい
カエサル(ガイウス・ユリウス・カエサル)
オクタヴィアヌス(BC27-BC14)(ローマ帝国初代皇帝アウグストゥス)
ディオクレティアヌス(284-305)(古代ローマの皇帝/帝国の四分統治を実施/ドミナートゥスを創始/キリスト教徒の大迫害→ディオクレティアヌス(284-305))
コンスタンティヌス(306-337)(古代ローマの皇帝/ソリドゥス金貨の発行/ニケーア公会議の主宰(325)/キリスト教を公認→コンスタンティヌス(306-337))

次の東ローマ帝国の王朝を古い順に選びなさい(東ローマ帝国395-1453)
テオドシウス朝(394-450)(ローマ皇帝テオドシウス1世の死(395)後,帝国東部ではアルカディウス帝を経てテオドシウス2世の死(450))
ユスティニアヌス朝(518-602)
ヘラクレイオス朝(610-711)
イサウリア朝(717-802)
マケドニア朝(867-1057)
コムネノス朝(1081-1185)
アンゲロス朝(1185-1204)
ラスカリス朝(1204-1261)(=ニカイア帝国)
パレオロゴス朝(1261-1453)
(東ローマ帝国の亡命政権ニカイア帝国の別名は○○○○○朝?(キューブ)→ラスカリス朝(ニカイア帝国1204-1261))

--------------------
[米]
次の文字列を順に選んでアポロ11号のアームストロング船長が残した有名な言葉にしなさい
That's one small→step for a man,→one giant leap→for mankind
(これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である)

次のエジソンの発明を、発明が早い順に選びなさい
蓄音機→白熱電球→キネトスコープ→ヴァイタスコープ

アメリカ独立戦争に関する次の出来事を早く起こった順に選びなさい[アメリカ独立戦争1775年4月19日-1783年9月3日]
ボストン茶会事件(1773/12)
レキシントンの戦い(1775/4)(最初)
トレントンの戦い(1776/12)
ブランディワインの戦い(1777/9/11)
サラトガの戦い(1777/9/19-10/7)
ヨークタウンの戦い(1777/9/28)(最後)

次のアメリカの南北戦争における戦いを起こったのが早い順に選びなさい[南北戦争1861年4月12日-1865年4月9日]
サムター要塞の戦い(1861/4)(最初)
七日間の戦い(1862/6)
アンティータムの戦い(1862/9)
ペリービルの戦い(1862/10)
ゲティスバーグの戦い(1863/7)
チャタヌーガの戦い(1863/11)

次のアメリカの州を早く加盟した順に選びなさい
サウスカロライナ州→バーモント州→ルイジアナ州→コロラド州→ユタ州→アリゾナ州→アラスカ州→ハワイ州
[まとめ]
デラウェア州(01:1787)
サウスカロライナ州(08:1788)
ニューヨーク州(11:1788)
バーモント州(14:1791)
ルイジアナ州(18:1812)
コロラド州(38:1876)
ユタ州(45:1896)
ニューメキシコ州(47:1912)
アリゾナ州(48:1912)
アラスカ州(49:1959)
ハワイ州(50:1959)

--------------------
[英]
次のイギリスの王朝を早く成立した順に選びなさい
プランタジネット朝(1154-1399)
ステュアート朝(1371-1603-1714)
ランカスター朝(1399-1461,1470-1471赤)
ヨーク朝(1461-1485白)
テューダー朝(1485-1603)
ハノーバー朝(1714-1901)
ウィンザー朝(1917-)

17世紀のイギリスに生きた次の国王を即位したのが早い順に選びなさい[ステュアート朝1371-1714]
ジェームズ1世(1603-1625)→チャールズ1世(1625-1649)→チャールズ2世(1660-1685)→ジェームズ2世(1685-1688)

イギリス宗教改革命期の次の国王を、即位した順に選びなさい
ヘンリー8世(1509-1547)→エドワード6世(1547-1553)→メアリー1世(1553-1558)→エリザベス1世(1558-1603)

次のイングランドテューダー朝の君主を王位についた順に選びなさい[テューダー朝1485-1603]
ヘンリー7世(1485-1509初)
ヘンリー8世(1509-1547)
エドワード6世(1547-1553)
メアリー1世(1553-1558)(ブラッディ・メアリー)
エリザベス1世(1558-1603)

--------------------
[仏]
次の文字列を順に選んで1789年に採択された「フランス人権宣言」の正式名にしなさい
人間および→市民の→権利の→宣言

次の文字列を順に選んで18世紀にフランスの重農主義者が唱えた言葉にしなさい
レッセ→・フェール→・レッセ→・パッセ(laissez-faire, laissez-passer)(レッセ・フェール・レッセ・パッセ)

フランス革命期のジャコバン派の政治家を亡くなった順に選びなさい(大意)
マラー→ダントン→ロベスピエール (長い順3つ固定)
(ジャン=ポール・マラー仏1743-1793)(ジョルジュ・ダントン仏1759-1794)(マクシミリアン・ロベスピエール仏1758-1794)

次のフランス革命期に起きたクーデターを古い順に選びなさい
テルミドールのクーデター(テルミドール9日)(1794年7月27日)
フリュクティドールのクーデター(フリュクティドール18日)(1797年9月4日)
ブリュメールのクーデター(ブリュメール18日)(1799年11月9日)

次のフランス18世紀末における国会の呼称を古い順に選びなさい(大意)
三部会(1302-1789)→立憲議会(1789-1791)→立法議会(1791-1792)→国民公会(1792-1795)
(テニスコートの誓い1789-1791年憲法を成立)

次のフランス革命期の出来事を起こったのが古い順に選びなさい
第三身分が国民議会を設立(1789)
ヴァレンヌ事件(1791)
ジャコバン派が実権を握る(1792)
ジョルジュ・ダントンの処刑(1794)
総裁政府が発足(1795-1799)
執政政府が発足(1799-1804)
トラファルガーの海戦(1805)
ライプチヒの戦い(1813)

次のフランス革命前後の出来事を起こったのが古い順に選びなさい
バスチーユ牢獄が陥落
テルミドールのクーデター
カンポ・フォルミオ条約締結(1797)
アミアンの和約(1802)
ナポレオンがロシア遠征へ(1812)
ワーテルローの戦い(1815)

フランス皇帝ナポレオン3世が経験した次の戦争を早く起こった順に選びなさい
クリミア戦争(1853-1856)
アロー戦争(1856-1860)
イタリア統一戦争(1859)
普仏戦争(1870-1871)

フランス・カペー朝の次の別名で呼ばれる王を早く即位した順に選びなさい
敬虔王(ロベール2世:02)
肥満王(ルイ6世:05)
若年王(ルイ7世:06)
尊厳王(フィリップ2世:07)
獅子王(ルイ8世:08)
聖王(ルイ9世:09)
強情王(ルイ10世:10)
次のフランスの王様の別名を名前に含まれる「○世」の数字が小さい順に選びなさい
尊厳王(フィリップ2世)(カペー朝07)
剛勇王(フィリップ3世)(カペー朝10)
端麗王(フィリップ4世)(カペー朝11)
勝利王(シャルル7世)(ヴァロワ朝05)
(狂気王(シャルル6世)(ヴァロワ朝04))
獅子王(ルイ8世)(カペー朝08)
聖王(ルイ9世)(カペー朝09)
喧嘩王(ルイ10世)(カペー朝12)
太陽王(ルイ14世)(ブルボン朝03)
[カペー朝(987-1328)]
ユーグ・カペー(01:987-996)
ロベール2世(02:996-1031)(敬虔王けいけん)
アンリ1世(03:1031-1060)
フィリップ1世(04:1060-1108)
ルイ6世(05:1108-1137)(肥満王)
ルイ7世(06:1137-1180)(若年王)
フィリップ2世(07:1180-1223)(尊厳王)
ルイ8世(08:1223-1226)(獅子王)
ルイ9世(09:1226-1270)(聖王)
フィリップ3世(10:1270-1285)(豪胆王,剛勇王)
フィリップ4世(11:1285-1314)(端麗王)
ルイ10世(12:1314-1316)(喧嘩王,強情王)
ジャン1世(13:1316-1316)(遺腹王)
フィリップ5世(14:1316-1322)(長躯王)
シャルル4世(15:1322-1328)(端麗王)
[ヴァロワ朝(1328-1589)]
フィリップ6世(01:1328-1350)
ジャン2世(02:1350-1364)(善王)
シャルル5世(03:1364-1380)(賢明王)
シャルル6世(04:1380-1422)(親愛王,狂気王)
シャルル7世(05:1422-1461)(勝利王)
ルイ11世(06:1461-1483)(商人王)
シャルル8世(07:1483-1498)
ルイ12世(08:1498-1515)
フランソワ1世(09:1515-1547)
アンリ2世(10:1547-1559)
フランソワ2世(11:1559-1560)
シャルル9世(12:1560-1574)
アンリ3世(13:1574-1589)

次のフランスの政体を時代が古い順に選びなさい
第一共和政→第一帝政→復古王政→七月王政→第二共和政→第二帝政→第三共和政→第四共和政→第五共和政
[フランス歴史まとめ]
フランク王国
メロヴィング朝(481-751)
カロリング朝(751-987)
カペー朝(987-1328)
ヴァロワ朝(1328-1589)
ブルボン朝(1589-1792)
フランス革命(1789)
第一共和政(1792-1804)
総裁政府(1795-1799)
執政政府(1799-1804)
第一帝政(1804-1814)
ブルボン第一復古王政(1814-1815)
百日天下(1815)
ブルボン第二復古王政(1815-1830)(ルイ18世(1814-1815,1815-1824),シャルル10世(1824-1830))
七月王政(1830-1848)(ルイ=フィリップ1世(1830-1848))
第二共和政(1848-1852)(ナポレオン3世(1848-1852))
第二帝政(1852-1870)(ナポレオン3世(1852-1870))
第三共和政(1870-1940)(アドルフ・ティエール(1871-1873)等)
ヴィシー政権(1940-1944)(フィリップ・ペタン(1940-1944))
共和国臨時政府(1944-1946)
第四共和政(1946-1958)(ヴァンサン・オリオール(1947-1954) ルネ・コティ(1954-1959))
第五共和政(1958- )

次の歴代フランス君主を在位したのが古い順に選びなさい
ルイ14世
ナポレオン1世(1804-1815)
ルイ18世(1814-1824)(ブルボン第二復古王政1815-1830)
シャルル10世(1824-1830)(ブルボン第二復古王政1815-1830)
ルイ・フィリップ(1830-1848)(七月王政1830-1848)
ナポレオン3世(1852-1870)(第二帝政1852-1870)

次の歴代フランス大統領を就任したのが早い順に選びなさい
ヴァンサン・オリオール(1947-19564)→ルネ・コティ(1954-1959)→シャルル・ド・ゴール(1:1959-1969)→ジョルジュ・ポンピドゥー(2:1969-1974)
[第三共和政(1870-1940)]
アドルフ・ティエール(第三共和政初)
レーモン・ポアンカレ(第三共和政)
アルベール・ルブラン(第三共和政最後)
[ヴィシー政権(1940-1944)]
フィリップ・ペタン(1940-1944)]
[第四共和政(1947-1959)(フランス国会によって大統領が選出される間接選挙)]
ヴァンサン・オリオール(1:1947-19564)
ルネ・コティ(2:1954-1959)
[第五共和政(1959-)(フランス国民有権者の直接投票で選出)]
シャルル・ド・ゴール(1:1959-1969)
ジョルジュ・ポンピドゥー(2:1969-1974)
ヴァレリー・ジスカールデスタン(3:1974-1981)
フランソワ・ミッテラン(4:1981-1995)
ジャック・シラク(5:1995-2007)
ニコラ・サルコジ(6:2007-2012)
フランソワ・オランド(7:2012-)

--------------------
[独]
次の文字列を順に選んでナチスの正式名称にしなさい
国家社会主義ドイツ労働者党

次の文字列を順に選んで19世紀にデンマークとプロイセンなどが帰属を争った地域の名前にしなさい
シュレスヴィヒ・ホルシュタイン(Schleswig-Holstein)

次の文字列を順に選んで第一次世界大戦時にロシアがドイツらを相手に結んだ講和条約の名前にしなさい
ブレスト=リトフスク条約 (第一大戦末期の1918年ロシアの新政権が同盟国と結んだ講話条約はブレスト・○○○○○条約?(並べ替え)→ブレスト・リトフスク条約)

次のかつて存在したプロイセン王国の国王を即位した順に選びなさい
フリードリヒ2世(1:1772-1786)→フリードリヒ・ヴィルヘルム2世(1786-1797)→ヴィルヘルム2世(1888-1918)
[プロイセン国王](「プロイセンにおける王」から「プロイセン国王」に変えた)
フリードリヒ2世(1:1772-1786) - 君主は国家第一の下僕、啓蒙専制君主。
フリードリヒ・ヴィルヘルム2世(1786-1797)
フリードリヒ・ヴィルヘルム3世(1797-1840)
フリードリヒ・ヴィルヘルム4世(1840-1861)
[ドイツ帝国皇帝,プロイセン国王]
ヴィルヘルム1世(1861-1888)(普仏戦争に勝利したことで1871年にドイツ皇帝)
フリードリヒ3世(1888-1888)
ヴィルヘルム2世(1888-1918)(第一次世界大戦の敗北とドイツ革命により1918年11月28日に退位)

次の第一次世界大戦前後に発行されたドイツの紙幣を古い順に選びなさい
パピエルマルク→レンテンマルク→ライヒスマルク(1924)
(第一次世界大戦のドイツで、1922年から1923年のハイパーインフレの間に発行された紙幣を○○○○マルクという?(スロット)→パピエルマルク)
(第一次世界大戦後の1923年にインフレ対策としてドイツで発行された紙紙幣は○○○○マルク?(タイピング)→レンテンマルク)

次のヒトラーとナチス政権に関する出来事を早く起こった順に選びなさい
ミュンヘン一揆(1923)(英雄エーリヒ・ルーデンドルフ、ヒトラーらドイツ闘争連盟がミュンヘンで起こしたヴァイマル共和国打倒のクーデター未遂事件)
ヒトラー『わが闘争』を執筆(1925)
国会議事堂放火事件(1933/2/27)
全権委任法を制定(1933/3/23)(非常事態に立法府が行政府に立法権を委譲する法律)
長いナイフの夜(1934/6/30-7/2)(ナチ党が行った粛清事件。エルンスト・レームら突撃隊SA幹部、ナチ党内の反主流派、党外の反ナチ派が粛清された)
ヒトラーが総統に就任(1934/8/2)(パウル・フォン・ヒンデンブルク大統領(ドイツ国第2代大統領)死後直後、就任)
ニュルンベルク法を制定(1935)(「ドイツ人の血と名誉を保護する為の法律」「帝国市民法」の総称。ユダヤ人から公民権を奪い取った法律として悪名高い)
水晶の夜事件(1938)(クリスタル・ナハト=ユダヤ人に対してナチスが行った最初の組織的な迫害事件)
(1919年にワイマール共和国の初代大統領に就任した政治家は○○○○○?(タイピング)→フリードリヒ・エーベルト)
(1923年のミュンヘン一揆でヒトラーが担ぎ上げて利用した第一次世界大戦の英雄はエーリヒ・○○○○○○○?(並び替え)→エーリヒ・ルーデンドルフ)

次の人物をドイツ(西ドイツ)の首相を務めた順に選びなさい
アデナウアー→エアハルト→キージンガー→ブラント→シュミット→コール→シュレーダー→メルケル
[独歴代首相]
コンラート・アデナウアー(1:1949-1963)
ルートヴィヒ・エアハルト(2:1963-1966)
クルト・ゲオルク・キージンガー(3:1966-1969)
ヴィリー・ブラント (4:1969-1974)
ヘルムート・シュミット(5:1974-1982)
ヘルムート・コール (6:1982-1998)
ゲアハルト・シュレーダー(7:1998-2005)
アンゲラ・メルケル(8:2005-)

--------------------
[オーストリア]
次の人物をオーストリア帝国皇帝に就任した順に選びなさい[オーストリア帝国(1804-1867),オーストリア=ハンガリー帝国(1867-1918)]
フランツ1世(1:1804-1835初)→フェルディナント1世(2:1835-1848)→フランツ・ヨーゼフ1世(3:1848-1916)→カール1世(4:1916-1918最後)(4人のみ)

--------------------
[神聖ローマ帝国]
次の人物を神聖ローマ帝国皇帝に就任した順に選びなさい[神聖ローマ帝国(962-1806)]
オットー1世(962-973)(初代皇帝)
フリードリヒ1世(1152-1190)
カール4世(1355-1378)
ジギスムント(1410-1437)
マクシミリアン1世(1493-1519)
レオポルト2世(1790-1792)

次の人物を神聖ローマ帝国皇帝に就任した順に選びなさい[神聖ローマ帝国(962-1806)]
ルドルフ1世(1273-1291)
ヨーゼフ1世(1705-1711)
フランツ1世(1745-1765)
ヨーゼフ2世(1765-1790)

次の神聖ローマ帝国の王朝を支配した順に選びなさい(大意)
ザクセン朝(919-1024)
シュタウフェン朝(1138-1254)
ハプスブルク朝(1438-1740)
ザリエル朝(1024-1125)
(コンラート3世の時代から大空位時代が始まる1254年まで神聖ローマ帝国を支配した王朝は○○○○○○○朝?(並べ替え)→シュタウフェン朝(1138-1254))

--------------------
[スペイン]
次のスペイン史上の出来事を起こったのが古い順に選びなさい
後ウマイヤ朝の開始(756-1031)
カスティリャ王国が成立(1035-1715)
レコンキスタでグラナダ陥落(1492)
スペイン・ハプスブルク朝の開始(1504-1700)(スペイン・ハプスブルク朝 第1 フェリペ1世)
フェリペ2世が即位(1556-1598)(スペイン・ハプスブルク朝 第3 フェリペ2世)
アルマダの海戦で敗北(1588)(英蘭vs西)
スペイン継承戦争(1701-1714)
フランシスコ・フランコによる独裁が開始(1939-1975)
[海戦まとめ]
(プレヴェザの海戦(1538)(オスマン帝国vs西ベネチア))
(レパントの海戦(1571)(西ベネチアvsオスマン帝国))
(アルマダの海戦(1588)(英蘭vs西))

イベリア半島に栄えた次の国を早く成立した順に選びなさい
西ゴート王国(415-711)→アストゥリアス王国(718-925)→(スペイン帝国(1492-1898))→スペイン王国(1975-)

--------------------
[ポルトガル]
次のポルトガルの歴史上の出来事を古い順に選びなさい
エンリケ航海王子誕生(1394-1460)
B・ディアスが喜望峰を発見(1488)
種子島で日本に鉄砲を伝える(1543)
王室がブラジルに移る(1808)
アントニオ・サラザールの独裁開始(1932-1968)
EC(欧州共同体)に加盟(1986)
マカオを中国に返還(1999.12.20)

ポルトガル王室のブラジルへの移転(1808-1821)
1808年にナポレオン軍がポルトガルに侵攻したことで、ポルトガル王と王室はリオ・デ・ジャネイロに移り、
1821年まで留まりました。王室が14年間にわたりブラジルに中央政府を置いたことは、
結果的にブラジルの独立を早めることに繋がっています。ポルトガル王室は、意識的かどうか分かりませんが、
ブラジルの独立を容易にするような方策をいくつかとっています。
1815年、ブラジルが植民地からポルトガル王国の一構成員としての王国に昇格したことはその一例です。
また、同年ナポレオンがポルトガルの占領から撤退しましたが、
その後も国王ジョアン6世はリオ・デ・ジャネイロに残り続けました。
国王はポルトガルからの再三にわたる帰国要請により、6年後の1821年にリスボン帰還しましたが、
王子を総督としてリオに残しました。更に植民地社会のメンバーの前で、
王は王子に対して次のような忠告をしたと言われています。
「我が息子ペドロよ。時は来れば、王位を狙う者がその手を伸ばす前に、そなたの頭に王冠をのせよ」

--------------------
[露]
次の文字列を順に選んで1917年に成立したソ連の正式名称にしなさい
ソビエト社会主義共和国連邦

ロシアの南下に関する次の戦争を早く起こった順に選びなさい
ギリシャ独立戦争(1821独立1832)→エジプト・トルコ戦争(1831-1833,1839-1840)→クリミア戦争(1853-1856)→日露戦争(1904)

次の1917年のロシア革命での出来事を古い順に選びなさい
臨時政府が樹立(1917年3月2日)
コルニーロフ事件(1917年8月-9月)
人民委員会議が設立(1917年10月27日)

次のロシアロマノフ朝の国王を就任した順に選びなさい(ロマノフ朝1613-1917)
(ミハイル・ロマノフ(01:1613-1645))
ピョートル1世(05:1682-1725)
(エカチェリーナ1世(06:1725-1727))
(エリザヴェータ(10:1741-1762))
エカチェリーナ2世(12:1762-1796)
ニコライ2世(18:1894-1917)
[ロマノフ朝(1613-1917)]
ミハイル・ロマノフ(01:1613-1645)
アレクセイ(02:1645-1676)
フョードル3世(03:1676-1682)
イヴァン5世(04:1682-1689)
ピョートル1世(05:1682-1725)
エカチェリーナ1世(06:1725-1727)
ピョートル2世(07:1727-1730)
アンナ(08:1730-1740)
イヴァン6世(09:1740-1741)
エリザヴェータ(10:1741-1762)(ピョートル1世とエカチェリーナ1世の娘)
ピョートル3世(11:1762-1762)
エカチェリーナ2世(12:1762-1796)
パーヴェル1世(13:1796-1801)
アレクサンドル1世(14:1801-1825)
ニコライ1世(15:1825-1855)
アレクサンドル2世(16:1855-1881)
アレクサンドル3世(17:1881-1894)
ニコライ2世(18:1894-1917)

次の旧ソ連の最高指導者を、その座に就任したのが早い順に選びなさい
レーニン→スターリン→マレンコフ→フルシチョフ→ブレジネフ→アンドロポフ→チェルネンコ→ゴルバチョフ
[旧ソ連 最高指導者]
ウラジーミル・レーニン(1:1917-1924)
ヨシフ・スターリン(2:1922-1953)
ゲオルギー・マレンコフ(3:1953-1953)
ニキータ・フルシチョフ(4:1953-1964)
レオニード・ブレジネフ(5:1964-1982)
ユーリ・アンドロポフ(6:1982-1984)
コンスタンティン・チェルネンコ(7:1984-1985)
ミハイル・ゴルバチョフ(8:1985-1991)

--------------------
[オスマン帝国]
次のオスマン帝国とヨーロッパ諸国との戦いを、古い順に選びなさい
ニコポリスの戦い(1396勃牙利bu)→モハーチの戦い(1526洪牙利ha)→プレウェザの海戦(1538)→レパントの海戦(1571)
(1538年にスペイン、ベネチア、ローマ教皇連合軍がオスマン帝国に地中海で敗れた戦いは○○○○○の海戦?(スロット)→プレヴェザの海戦)
(1571年にオスマン・トルコとスペイン、ベネチア、教皇のカトリック連合軍が対戦した海戦を○○○○の海戦という?(スロット)→レパントの海戦)

次の18世紀から19世紀にかけてロシア帝国とオスマン帝国の間で締結された条約を古い順に選びなさい
キュチュク・カイナルジ条約(1774)(露土戦争1768-1774)
ヤシ条約(1792)(露土戦争1787-1792)
ブカレスト条約(1812)(露土戦争1806-1812)
アドリアノープル条約(1829)(ギリシャ独立戦争1821-1832)
サン・ステファノ条約(1878)(露土戦争1877露勝利)
ベルリン条約(1878)(サン・ステファノ条約を修正)
(1821年に勃発したギリシャ独立戦争に対して、ロシア帝国はこれを支持する態度をとった。
穀物輸出を重要な国家財源とするロシアにとって、黒海・エーゲ海における影響力を強化することは、
その販路を確保することにつながるため、この独立戦争に乗じてオスマン帝国に対する圧力を強化しようという狙いがあった。
1828年に単独でオスマン帝国と開戦したロシアは、翌1829年にアドリアノープル条約を受け入れさせた)

次のオスマン帝国の歴代君主を就任した順に選びなさい
(オスマン1世(01:1299-1326))
バヤジット1世(04:1389-1402)
(メフメト2世(07:1451-1481))
スレイマン1世(10:1520-1566)
セリム3世(28:1789-1807)
アブデュルメジト1世(31:1839-1861)
ムラト5世(33:1876-1876)
アブデュルハミト2世(34:1876-1909)
メフメト6世(36:1918-1922)
(アブデュル・メジト2世(37:1922-1924))

次のオスマン帝国のスルタンとその治世に起きた出来事の正しい組み合わせを選びなさい
ムラト1世(03:1359-1389) - イェニチェリを創設
バヤジット1世(04:1389-1402) - アンカラの戦い(1402)
メフメト2世(05:1403-1421) - イスタンブールに遷都(+東ローマ帝国を滅ぼす)
スレイマン1世(10:1520-1566) - プレヴェザの海戦(1538)(対スペイン・ヴェネツィア・ローマ教皇の連合艦隊による海戦で, オスマン帝国の決定的勝利)
セリム2世(11:1566-1574) - レパントの海戦(1571)(対スペイン・ヴェネツィア・ローマ教皇の連合艦隊による海戦で, オスマン帝国の敗戦)
アブデュルメジト1世(31:1839-1861) - ギュルハネ勅令(1839)
アブデュルハミト2世(34:1876-1909) - ミドハド憲法発布(1876)
[オスマン帝国 歴代君主]
オスマン1世(01:1299-1326)
オルハン(02:1326-1359)
ムラト1世(03:1359-1389)
バヤジット1世(04:1389-1402)
メフメト1世(05:1403-1421)
ムラト2世(06:1421-1451)
メフメト2世(07:1451-1481)
バヤズィト2世(08:1481-1512)
セリム1世(09:1512-1520)
スレイマン1世(10:1520-1566)
セリム2世(11:1566-1574)
ムラト3世(12:1574-1595)
メフメト3世(13:1595-1603)
アフメト1世(14:1603-1617)
ムスタファ1世(15:1617-1618,1622-1623)
オスマン2世(16:1618-1622)
ムラト4世(17:1623-1640)
イブラヒム(18:1640-1648)
メフメト4世(19:1648-1687)
スレイマン2世(20:1687-1691)
アフメト2世(21:1691-1695)
ムスタファ2世(22:1695-1703)
アフメト3世(23:1703-1730)
マフムト1世(24:1730-1754)
オスマン3世(25:1754-1757)
ムスタファ3世(26:1757-1774)
アブデュルハミト1世(27:1774-1789)
セリム3世(28:1789-1807)
ムスタファ4世(29:1807-1808)
マフムト2世(30:1808-1839)
アブデュルメジト1世(31:1839-1861)
アブデュルアズィズ(32:1861-1876)
ムラト5世(33:1876-1876)
アブデュルハミト2世(34:1876-1909)
メフメト5世(35:1909-1918)
メフメト6世(36:1918-1922)
アブデュルメジト2世(カリフ:37:1922-1924)

--------------------
[革命]
次の革命を早く起こった順に選びなさい
清教徒革命(1641-1649)
名誉革命(1688-1689)
アメリカ独立革命(1775-1783)
フランス革命(1789)
ロシア革命(1917)
ドイツ革命(1918)
キューバ革命(1953-1959)
白色革命(1963)
文化大革命(1966)
イラン革命(1979)
ジャスミン革命(チュニジア2010-2011)
(フランシスコ・ミランダ/トゥサン・ルーベルチュール/サン・マルティン/シモン・ボリバル→ラテンアメリカ)
(次の文字列を順に選んで「黒いジャコバン」とも呼ばれハイチ共和国の独立に活躍した黒人指導者の名前にしなさい→トゥサン・ルーベルチュール)
(南米の独立の英雄、サン・マルティンが生まれた国は?(四択)→アルゼンチン)
(アルゼンチン、チリ、ペルーなどの南米の国を解放したラテンアメリカ独立運動の指導者は?(並べ替え)→サン・マルティン)
(ラテンアメリカ独立運動の指導者で、「ボリビア」という国名の由来となった人物は?(並べ替え)→シモン・ボリバル)
(有名な南米の革命家エルネスト・チェ・ゲバラが生まれた国は?(四択)→アルゼンチン)
(有名な南米の革命家エルネスト・チェ・ゲバラが亡くなった国は?(四択)→ボリビア)
(キューバ革命党を率い独立戦争を戦うさなか銃弾に倒れた「キューバ独立の父」と呼ばれる革命家は誰?(並べ替え)→ホセ・マルティ)
(チェ・ゲバラらと共にキューバ革命をおこし、キューバを社会主義国へと導いた革命家はフィデル・○○○○?(文字パネル)→フィデル・カストロ(キューバ革命1953-1959))
(1963年以降イランのパフレヴィー2世が進めた近代化政策は?(タイピング)→白色革命)
(2010年に始まり、周辺諸国の民主化運動に大きな影響を与えた「ジャスミン革命」といえばどこの国で起こった革命?(四択)→チュニジア)
(2010年12月に政府へ対する抗議として焼身自殺を試み、いわゆる「ジャスミン革命」のきっかけを作ったチュニジア人は?(並べ替え)→モハメド・ブアジジ)
(2011年11月、ジャスミン革命による政変後に初めて行なわれたチュニジアの制憲議会選挙で第1党となった政党は?(並べ替え)→アンナハダ)

--------------------
[第一次世界大戦]
次の第一次世界大戦に関連する出来事を古い順に選びなさい
サラエボ事件(1914)
ルシタニア号事件(1915)
ツィンメルマン電報事件(1917/1/16)
ロシア革命(1917/3/8)
ドイツ革命(1918)
ワイマール共和政の発足(1919-1933)

次の第一次世界大戦における戦いを早く起こった順に選びなさい
タンネンベルクの戦い(1914/8/17)
マルヌの戦い(1914/9/5)
ユトランド沖海戦(1916/5/31)
ソンムの戦い(1916/7/1)
(たまゆらソンム)

次の第一次世界大戦における戦いを古い順に選びなさい
リエージュの戦い(1914/8/5)
ガリポリの戦い(1915/2/19)
カポレットの戦い(1917/10/24)

次の国を第一次世界大戦で戦死者が多かった順に選びなさい
ドイツ→フランス→イギリス→アメリカ
(177万人)(136万人)(91万人)(13万人)(ロシアは170万人)

次の国を第二次世界大戦での犠牲者が多かった順に選びなさい
ソ連→中国→ドイツ→日本→イタリア→アメリカ
(2000万人)(1000万人)(530万人)(290万人)(43万人+)(40万人)

--------------------
[ローマ教皇]
次の文字列を順に選んでローマ教皇インノケンティウス3世の有名な言葉にしなさい
「教皇は太陽、皇帝は月」

次の中世の教会の建築様式を古い順に選びなさい
バシリカ式→ビザンツ式→ロマネスク式→ゴシック式

次のカトリック教会における最高会議「公会議」を開催された順に選びなさい
ニケーア公会議(325)
エフェソス公会議(431)
カルケドン公会議(451)
ヴィエンヌ公会議(1311)
コンスタンツ公会議(1414)
[カトリック教会 21の公会議 一部]
ニケーア公会議(325)(アタナシウス派(三位一体説)を正統、アリウス派を異端)
コンスタンティノポリス公会議(381)(三位一体論の定義)
エフェソス公会議(431)(ネストリウス派を異端)
カルケドン公会議(451)(単性説を否定。アリウス派・ネストリウス派の異端を再確認)
クレルモン公会議(1095)(ウルバヌス2世が十字軍を提唱)
ラテラン公会議(1123等)(第1-第4)
コンスタンツ公会議(1414-1418)(対立教皇を廃し教会大分裂(シスマ)終結。ジョン・ウィクリフ英,ヤン・フス(チェコ)を排斥)

--------------------
[三十年戦争(1618-1648)]
次の国を三十年戦争に参戦したのが早い順に選びなさい
デンマーク→スウェーデン→フランス

次の三十年戦争の出来事を古い順に選びなさい
白山の戦い(1620)(チェコ プラハ)
レヒ川の戦い(1932)
ヴァレンシュタイン暗殺(1634)
ツスマースハウゼンの戦い(1648)

次の三十年戦争の出来事を古い順に選びなさい
プラハ窓外投擲事件(1618)
リュッツェンの戦い(1632)
ヴィットストックの戦い(1636)
フライブルクの戦い(1644)

第1段階:ボヘミア・プファルツ戦争(1618-1623)
第2段階:デンマーク・ニーダーザクセン戦争(1625-1629)
第3段階:スウェーデン戦争(1630-1635)
第4段階:フランス・スウェーデン戦争(1635-1648)
(三十年戦争中の1632年に神聖ローマ帝国と衝突したリュッツェンの戦いで戦死したスウェーデン国王は?(並べ替え)→グスタフ・アドルフ)
(シラーの戯曲のタイトルにもなった、三十年戦争で活躍した神聖ローマ帝国の将軍は?(並べ替え)→ワレンシュタイン(アルブレヒト・フォン・ヴァレンシュタイン))
(三十年戦争中の一大転機となった1636年に神聖ローマ帝国軍がスウェーデン軍に大敗した戦いは○○○○○○○○の戦い?(並べ替え)→ヴィットストックの戦い)
(1648年にフランス・スウェーデン連合軍が神聖ローマ帝国を破った戦いで、皇帝に和平を決意させたのは○○○○○○○○○の戦い?(並べ替え)→ツスマースハウゼンの戦い)
(次の三十年戦争の戦いとその戦いで神聖ローマ帝国と戦った相手の正しい組み合わせを選びなさい,白山の戦い-ボヘミア, ルッターの戦い-デンマーク, レヒ川の戦い-スウェーデン

--------------------
[その他]
次の文字列を順に選んで1814年より開催されたウィーン会議を風刺した言葉にしなさい
会議は→踊る→されど→進まず

次の歴史上の戦いを早く起こった順に選びなさい
ペルシャ戦争(BC499-BC449)→百年戦争(1337-1453)→三十年戦争(1618-1648)→アメリカ独立戦争(1775-1783)→アヘン戦争(1840-1842)→クリミア戦争(1853-1856)

次の古代文字を早く解読された順に選びなさい
古代エジプト文字 (1822)(ジャン=フランソワ・シャンポリオン仏)
甲骨文字 (1899以降)(王懿栄おういえい発見以降)
線文字B (1953)(ミケーネ文明)(イギリスの建築家マイケル・ヴェントリスと言語学者ジョン・チャドウィックによりギリシア語として解読された)(線文字A クレタ島)
フェニキア文字 (1985)

次の歴史上の海戦を早く起こった順に選びなさい
サラミスの海戦(BC480)
アクティウムの海戦(BC31)
プレヴェザの海戦(1538)
レパントの海戦(1571)
アルマダの海戦(1588)
トラファルガーの海戦(1805)
ミッドウェー海戦(1942)
(ギリシャ遠征を敢行するも紀元前480年のサラミスの海戦で敗北したアケメネス朝ペルシアの王は○○○○○○1世?(スロット)→クセルクセス1世)
(1538年にスペイン、ベネチア、ローマ教皇連合軍がオスマン帝国に地中海で敗れた戦いは○○○○○の海戦?(スロット)→プレヴェザの海戦)
(1571年にオスマン・トルコとスペイン、ベネチア、教皇のカトリック連合軍が対戦した海戦を○○○○の海戦という?→レパントの海戦)
(1588年にイギリス海軍がスペインの無敵艦隊を破った戦いを「○○○○の海戦」という?→アルマダの海戦)

次の有名な探検家・旅行家を早く生まれた順に選びなさい
マルコ・ポーロ(1254-1324)→コロンブス(1451-1506)→ジェームズ・クック(1728-1779)→ロアール・アムンセン(1872-1928)
ロバート・ピアリー米(北極点到達1909年)
ロアール・アムンセン(諾威ノルウェー)(南極到達1911年)(1926年には飛行船で北極点へ到達=飛行船ノルゲ号)
ロバート・スコット英(南極点到達1912年テラ・ノバ号)

次のヨーロッパの戦争を起こった順に選びなさい
ファルツ継承戦争(1688-1697)(ウィリアム王戦争)
スペイン継承戦争(1701-1714)(アン女王戦争)
オーストリア継承戦争(1740-1748)(ジョージ王戦争)

イギリスの産業革命における次の発明品を早く発明された順に選びなさい
飛び杼(ジョン・ケイ英1733)
ジェニー紡績機(ジェームズ・ハーグリーブス英1764)
水力紡績機(リチャード・アークライト英1769)
ミュール紡績機(サミュエル・クロンプトン英1779)
力紡績機(エドモンド・カートライト英1785)

18世紀~19世紀の次の発明を早く発明された順に選びなさい
蒸気船(1783)(クロード・ダバン仏 後にロバート・フルトン米によって実用化1807)
蒸気機関車(1804)(リチャード・トレビシック英 後にジョージ・スティーブンソン英によって実用化)
プラスチック(1835)(アンリ・ルニョー仏)
電話機 (1876)(グラハム・ベル米,イライシャ・グレイ米,アントニオ・メウッチ伊)
電車(1879)(ヴェルナー・ジーメンス独)
映写機(1895)(リュミエール兄弟(兄オーギュスト・リュミエール,弟ルイ・リュミエール))

次の18世紀末の出来事を古い順に選びなさい
ヴァレンヌ事件(1791/6)→ピルニッツ宣言(1791/8)→第一次対仏大同盟(1793-1797)
(フランス革命時の1791年にルイ16世がオーストリアに脱出しようとした事件は「○○○○○事件」?(スロット)→ヴァレンヌ事件)
(神聖ローマ皇帝レオポルト2世が1791年に出した、フランス革命への介入も辞さないという宣言を「○○○○○宣言」という?(スロット)→ピルニッツ宣言(ピルニッツ宮殿独))
(第一次対仏大同盟の解体を招いた1797年にオーストリアとフランスの間で結ばれた講和条約のことをカンポ・○○○○○条約という?(スロット)→→カンポ・フォルミオ条約))

次の1900年前後のアフリカ植民地を巡る出来事を古い順に選びなさい
ファショダ事件(1898)
英仏協商の締結(1904)
第一次モロッコ事件(1905)
アルヘシラス会議(1906)
(1905年に起きた第1次モロッコ事件の舞台となった都市は○○○○○?→タンジール(モロッコ))
(1911年に起きた第2次モロッコ事件の舞台となった都市は○○○○○○?→アガディール(モロッコ))
(1905年におこった、第1次モロッコ事件におけるドイツとフランスの対立を収拾するために開かれた会議は?(並べ替え)→アルヘシラス会議(1906))

次の20世紀の紛争を起きたのが古い順に選びなさい
第一次中東戦争(1948-1949)
朝鮮戦争(1950-1953)
アルジェリア独立紛争(1954-1962)
ベトナム戦争(1960-1975)
フォークランド紛争(1982)
湾岸戦争(1990-1991)
ユーゴスラビア内戦(1991-2001)
コソボ紛争(1996-1999)
  1. 2013/03/08(金) 02:00:20|
  2. 西洋史検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西洋史検定 線結び

--------------------
[古代]
次の451年の「カタラウヌムの戦い」で戦った軍とそれを率いた人物の正しい組み合わせを選びなさい
西ローマ帝国軍 - アエティウス
西ゴート軍 - テオドリック
フン族 - アッティラ
(451年のフン族と西ローマ帝国の戦いは「○○○○○○の戦い」?(キューブ)→カタラウヌム(ゲルマン民族の大移動の時代にフン族と西欧諸民族連合軍の間で行われた会戦))

--------------------
[古代ギリシャローマ]
エーゲ海の周辺で起こった次の文明とその中心地の正しい組み合わせを選びなさい
トロイ文明 - アナトリア半島
ミノア文明(クレタ文明) - クレタ島
ミケーネ文明 - ペロポネソス半島

次の共和制ローマにおける市民を指す言葉と、その訳語の正しい組み合わせを選びなさい
ノビレス - 新貴族
パトリキ - 貴族
プレブス - 平民

次の古代ギリシャの文学作品とその作者の正しい組み合わせを選びなさい
『オイディプス王』 - ソフォクレス
『アガメムノン』 - アイスキュロス
『女の平和』 - アリストファネス
次のうち古代ギリシャの「三大悲劇詩人」を全て選びなさい
○アイスキュロス、エウリピデス、ソフォクレス
次のうち、古代ギリシャの作家アイスキュロスの「オレステイア三部作」を全て選びなさい
○『アガメムノン』『エウメニデス』『コエーポロイ』(『アガメムノン』『慈みの女神たち』『供養する女たち』)
(古代ギリシャの3大悲劇詩人/サラミスの海戦に参加/鷲が落とした亀で腰を打ち死亡/代表作『縛られたプロメテウス』→アイスキュロス)
(古代ギリシャの3大悲劇詩人/心理描写に優れる/『トロイアの女』/『メディア』→エウリピデス)
(古代ギリシャの3大悲劇詩人/『オイディプス王』/『アンティゴネ』/『エレクトラ』(自作問)→ソフォクレス)
(代表作にオレステイア三部作や『縛られたプロメテウス』がある、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人といえば?(文字パネル)(自作問)→アイスキュロス)
(代表作に『アンドロマケ』『メディア』『オレステス』がある、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人といえば?(文字パネル)→エウリピデス)
(代表作に『オイディプス王』『アンティゴネ』『エレクトラ』がある、古代ギリシャ三大悲劇詩人の一人といえば?(文字パネル)→ソフォクレス)

--------------------
[米]
次のアメリカで起きた出来事とその舞台となった州の正しい組み合わせを選びなさい
ボストン茶会事件(1773) - マサチューセッツ州
アラモ砦の戦い(1836) - テキサス州
ゲティスバーグ演説(1863) - ペンシルバニア州 (Abraham Lincoln)
ブレトンウッズ会議(1944) - ニューハンプシャー州
(1944年に開かれた連合国通貨金融会議のことで、IMF、IBRD、GATTなどが創設されたのは○○○○○○○○会議?(並べ替え)→ブレトン・ウッズ会議(ブレトン・ウッズ協定))

次の文字列を組み合わせてアメリカの歴史上で使われた有名な言葉にしなさい
フロンティア・スピリット(Frontier Spirit)(開拓者精神)
マニフェスト・デスティニー(Manifest Destiny)(白人種の西部開拓を正当化する標語「明白なる運命」)
ローリング・トウェンティーズ(Roaring Twenties)(狂騒の20年代)

--------------------
[英]
次のイングランド王ヘンリー8世の妻とその子供の正しい組み合わせを選びなさい(3人のみ)
アン・ブーリン - エリザベス1世
ジェーン・シーモア - エドワード6世
カザリン・オブ・アラゴン - メアリー1世
(イギリス国王ヘンリー8世の離婚問題に異議を唱えたため叛逆罪に問われて処刑されたイギリスの作家は?(四択)→トマス・モア)
(イングランド王ヘンリー8世の二番めの王妃で、エリザベス1世の母として知られるのはアン・○○○○?(スロット)→アン・ブーリン)
(1534年に首長令を出して、ローマ・カトリック教会から離脱したイングランド王はヘンリー○世?(タイピング)→ヘンリー8世)

次の文字列を組み合わせてイギリスの歴代首相の名前にしなさい
ベンジャミン・ディズレーリ (1868-1868)(1874-1880)
ウィリアム・グラッドストン (1868-1874)(1880-1885)(1886-1886)(1892-1894)
ラムゼイ・マクドナルド (1924-1924)(1929-1935)
ネヴィル・チェンバレン (1937-1940)
ウィンストン・チャーチル(1940-1945/7/26)(1951-1955)
クレメント・アトリー (1945/7/26-1951)

--------------------
[仏]
次の843年のヴェルダン条約によって誕生した国とその初代統治者となった人物の正しい組み合わせを選びなさい
西フランク王国 - シャルル2世
東フランク王国 - ルートヴィヒ2世
中フランク王国 - ロタール1世

次のフランス王とその説明の正しい組み合わせを選びなさい
ルイ9世 - 十字軍を二度行う
ルイ13世 - リシュリューの登用
ルイ14世 - 絶対王政の最盛期
ルイ15世 - 愛人はポンパドゥール
ルイ16世 - 妻はマリー・アントワネット

次のフランス・ブルボン朝の政治家とその説明の正しい組み合わせを選びなさい
リシュリュー - ルイ13世の宰相
マザラン - ルイ14世の宰相(ジュール・マザラン)
コルベール - ルイ14世の財務相(ジャン=バティスト・コルベール)
シルエット - ルイ15世の財務相(エティエンヌ・ド・シルエット)
ネッケル - ルイ16世の財務相(ジャック・ネッケル)

次のフランスの王朝とその最初の王様の正しい組み合わせを選びなさい
メロヴィング朝(481-751) - クローヴィス1世
カロリング朝(751-987) - 小ピピン(ピピン3世)
カペー朝(987-1328) - ユーグ・カペー
ヴァロワ朝(1328-1589) - フィリップ6世
ブルボン朝(1589-1792) - アンリ4世

次のフランス・ヴァロワ朝の王とその説明の正しい組み合わせを選びなさい
フィリップ6世 - ヴァロワ朝最初の王
シャルル5世 - 「賢明王」と呼ばれた
シャルル6世 - 「狂気王」と呼ばれた
シャルル7世 - 「勝利王」と呼ばれた
アンリ3世 - ヴァロア朝の最後の王
(フランス・ヴァロワ朝の王シャルル7世は「勝利王」と呼ばれた,○ (×失地王=英プランタジネット朝ジョン王(1199-1216))

次のフランス革命の月と日にちを組み合わせ事件の名前にしなさい (選択肢3つのみ)
テルミドール - 9日
ヴァンデミエール - 13日
ブリュメール - 18日
(18世紀末のフランスで使われたフランス革命暦で第1番目の月を何という?(四択)→ヴァンデミエール)

次のフランス革命直後に用いられた「革命暦」の月と日本語による呼称の正しい組み合わせを選びなさい
ヴァンデミエール - 葡萄月
ブリュメール - 霧月
ブリメール - 霜月
ニヴォーズ - 雪月
(プリュヴィオーズ雨月)
ヴァントーズ - 風月
ジェルミナール - 芽月
(フロレアル花月)
プレリアル - 草月
(メシドール収穫月)
テルミドール - 熱月
フリュクティドール - 果実月
[フランス革命暦]
フランス革命期にフランスとその衛星国家で使われた独自の暦法。原則として十進法を用いていて、各月を平等としたのが特徴。
[秋] Vendemiaire ヴァンデミエール(葡萄月):9月22,23,24日~
[秋] Brumaire ブリュメール(霧月):10月22,23,24日~
[秋] Frimaire フリメール(霜月):11月21,22,23日~
[冬] Nivose ニヴォーズ(雪月):12月21,22,23日~
[冬] Pluviose プリュヴィオーズ(雨月):1月20,21,22日~
[冬] Ventose ヴァントーズ(風月):2月19,20,21日~
[春] Germinal ジェルミナール(芽月):3月20,21日~
[春] Floreal フロレアル(花月):4月20,21日~
[春] Prairial プレリアル(草月):5月20,21日~
[夏] Messidor メシドール(収穫月):6月19,20日~
[夏] Thermidor テルミドール(熱月):7月19,20日~
[夏] Fructidor フリュクティドール(果実月):8月18,19日~

次のフランスの政治体制とその初代大統領の正しい組み合わせを選びなさい
第三共和政 - アドルフ・ティエール
第四共和政 - ヴァンサン・オリオール
第五共和政 - シャルル・ド・ゴール
次の文字列を組み合わせてフランスの歴代大統領の名前にしなさい
[第三共和政(1870-1940)]
アドルフ・ティエール(第三共和政初)
レーモン・ポアンカレ(第三共和政)
アルベール・ルブラン(第三共和政最後)
[ヴィシー政権(1940-1944)]
フィリップ・ペタン(1940-1944)]
[第四共和政(1947-1959)(フランス国会によって大統領が選出される間接選挙)]
ヴァンサン・オリオール(1:1947-19564)
ルネ・コティ(2:1954-1959)
[第五共和政(1959-)(フランス国民有権者の直接投票で選出)]
シャルル・ド・ゴール(1:1959-1969)
ジョルジュ・ポンピドゥー(2:1969-1974)
ヴァレリー・ジスカールデスタン(3:1974-1981)
フランソワ・ミッテラン(4:1981-1995)
ジャック・シラク(5:1995-2007)
ニコラ・サルコジ(6:2007-2012)
フランソワ・オランド(7:2012-)

--------------------
[独]
次の文字列を組み合わせて第二次世界大戦後に開かれたニュルンベルク裁判の被告人の名前にしなさい
カール - デーニッツ
アルフレート - ローゼンベルク
ヨアヒム・フォン - リッベントロップ
エルンスト - カルテンブルンナー
グスタフ - クルップ
エーリヒ - レーダー
ヴィルヘルム - フリック
フランツ・フォン - バーベン
アルベルト - シュペーア(第二次世界大戦後に開かれたニュルンベルク裁判の被告で唯一戦犯を認めた人物は?(四択)→アルベルト・シュペーア)

--------------------
[露]
フルシチョフ失脚後の旧ソ連で「トロイカ体制」を成した次の3人の政治家と、その役職の正しい組み合わせを選びなさい
レオニード・ブレジネフ - 第一書記
アレクセイ・コスイギン - 首相
ニコライ・ポドゴルヌイ - 最高会議幹部会議長

--------------------
[オスマン帝国]
次のオスマン帝国のスルタンとその治世に起きた出来事の正しい組み合わせを選びなさい
ムラト1世(03:1359-1389) - イェニチェリを創設
バヤジット1世(04:1389-1402) - アンカラの戦い(1402)
メフメト2世(05:1403-1421) - イスタンブールに遷都(+東ローマ帝国を滅ぼす)
スレイマン1世(10:1520-1566) - プレヴェザの海戦(1538)(対スペイン・ヴェネツィア・ローマ教皇の連合艦隊による海戦で, オスマン帝国の決定的勝利)
セリム2世(11:1566-1574) - レパントの海戦(1571)(対スペイン・ヴェネツィア・ローマ教皇の連合艦隊による海戦で, オスマン帝国の敗戦)
アブデュルメジト1世(31:1839-1861) - ギュルハネ勅令(1839)
アブデュルハミト2世(34:1876-1909) - ミドハド憲法発布(1876)
(オスマン帝国がキリスト教徒の子どもたちをイスラムに改宗させ再教育ののち官僚や兵士に用いた制度をデウシルメという,○)
(オスマン帝国においてキリスト教徒の少年を強制的に徴兵し改宗させた制度のことを何という?(文字パネル)→デウシルメ)
(オスマン帝国で実施されていたイェニチェリの要員確保のため支配下地域のキリスト教徒の少年を徴用した制度を何という?(スロット)→デウシルメ)
(キリスト教徒からの改宗者を中心としたオスマン帝国の常備歩兵(キューブ)→イェニチェリ)
(1839年にオスマン帝国で発布されタンジマートと呼ばれる改革の始まりを告げた勅令は○○○○○勅令?(スロット)→ギュルハネ勅令)
(1839年からオスマン帝国の皇帝アブデュル=メジト1世が断行した改革を○○○○○○という?(タイピング)→タンジマート)
(1876年にオスマン帝国の国王となり、アジア初の近代的憲法「ミドハト憲法」を発布した人物は○○○○○○○○2世?(並べ替え)→アブデュルハミト2世)

--------------------
[大航海時代]
次の大航海時代に活躍した航海者と、その出身国の正しい組み合わせを選びなさい
フランシス・ドレーク - イギリス
バルトロメウ・ディアス - ポルトガル
バスコ・ダ・ガマ - ポルトガル
フェルディナンド・マゼラン - ポルトガル
ブーゲンビル - フランス
クリストファー・コロンブス - イタリア
アメリゴ・ヴェスプッチ - イタリア
ジョン・カボット - イタリア
(15世紀末に息子らと共に航海しニューファンドランドなどを発見した、イタリア出身の探検家はジョン・○○○○?(スロット)→ジョン・カボット)

次の15世紀の航海と成し遂げた人物の正しい組み合わせを選びなさい
喜望峰の発見(1488) - バーソロミュー・ディアス(葡)
新大陸発見(1492) - クリストファー・コロンブス(伊)
インド航路発見(1498) - バスコ・ダ・ガマ(葡)
ブラジルに漂着(1500) - ペドロ・カブラル(葡)
(1500年にブラジルに到達してポルトガル領としたポルトガルの航海者は?(文字パネル)→カブラル(ペドロ・カブラル))

--------------------
[宣教師]
次のイエズス会の宣教師とその中国名の正しい組み合わせを選びなさい
マテオ・リッチ - 利瑪竇
フェルディナント・フェルビースト - 南懐仁(なんかいじん)
ジョアシャン・ブーヴェ - 白進(はくしん)
ジャン・バティスト・レジス - 雷孝思(らいこうし)
アダム・シャール - 湯若望
次の文字列を組み合わせてかつて中国で活躍したイエズス会員の名前にしなさい
フェルディナント - フェルビースト
マテオ - リッチ
アダム - シャール
ジュゼッベ - カスティリオーネ
イタリア出身のイエズス会員/明の時代に中国で活躍/『坤輿万国全図』を作成/中国名は利瑪竇
→マテオ・リッチ伊(坤輿万国全図(こんよばんこくぜんず)(1602)=世界地図
17世紀イエズス会の宣教師/清の康煕帝に仕える/『坤輿全図』を作成/中国名は南懐仁
→フェルディナント・フェルビースト(ベルギー)(坤輿全図(1674)=『坤輿万国全図』の改訂版)
17世紀イエズス会の宣教師/清の康熙帝に仕えたフランス人/『皇輿全覧図』を製作/中国名は白進
→ジョアシャン・ブーヴェ仏(皇輿全覧図(こうよぜんらんず)=中国全土の最初の科学的実測地図)
17世紀イエズス会の宣教師/清の洪熙帝に仕えたフランス人/『皇輿全覧図』を製作/中国名は雷孝思
→ジャン・バティスト・レジス仏(坤輿万国全図は世界地図,皇輿全覧図は中国地図)
中国・清朝に仕えたイタリア人/西洋の絵画技法を伝える/円明園を設計/中国名は郎世寧
→ジュゼッペ・カスティリオーネ伊
ドイツ出身のイエズス会員/崇禎帝の命を受け時憲暦を完成/徐光啓と『崇禎暦書』を著す/中国名は湯若望
→アダム・シャール独 (崇禎帝(すうていてい),崇禎暦書(すうていれきしょ)西洋暦法によって編纂した暦法書)

--------------------
[宗教]
次の公会議とその説明の正しい組み合わせを選びなさい
ニケーア公会議(325) - 最初の公会議
エフェソス公会議(431) - ネストリウス派を排斥
コンスタンツ公会議(1414) - ジョン・ウィクリフ、ヤン・フスを有罪に
[カトリック教会 21の公会議 一部]
ニケーア公会議(325)(アタナシウス派(三位一体説)を正統、アリウス派を異端)
コンスタンティノポリス公会議(381)(三位一体論の定義)
エフェソス公会議(431)(ネストリウス派を異端)
カルケドン公会議(451)(単性説を否定。アリウス派・ネストリウス派の異端を再確認)
クレルモン公会議(1095)(ウルバヌス2世が十字軍を提唱)
ラテラン公会議(1123等)(第1-第4)
コンスタンツ公会議(1414-1418)(対立教皇を廃し教会大分裂(シスマ)終結。ジョン・ウィクリフ英,ヤン・フス(チェコ)を排斥)

次のローマ教皇とその説明の正しい組み合わせを選びなさい
ペトロ(1:33-67) - 初代の教皇とされる
レオ3世(96:795-816) - カール大帝に冠を授ける(800)(カール1世)
グレゴリウス7世(157:1073-1085) - カノッサの屈辱で有名(1077年の3日間)(神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世を破門)
インノケンティウス3世(176:1198-1216) - 「教皇権は太陽…」と発言
シクストゥス4世(212:1471-1484) - システィナ礼拝堂を建造(1483)
アレクサンデル6世(214:1492-1503) - チェザーレ・ボルジアの父 (アレクサンデル6世=教皇子午線)
レオ10世(217:1513-1521) - 贖宥状を認め宗教改革招く
ピウス9世(255:1846-1878) - 教皇在位は最長31年7ヶ月間

--------------------
[名言]
次の歴史上の格言とそれを残した人物の正しい組み合わせを選びなさい
一歩前進、二歩後退 - レーニン
君主は国家第一の下僕 - フリードリヒ2世
人は人に対して狼である - トマス・ホッブス英

次の歴史上の人物と、その人物が残したとされる有名な言葉の正しい組み合わせを選びなさい
アダム・スミス:神の見えざる手
グレシャム:悪貨は良貨を駆逐する
ニーチェ:神は死んだ
ルソー:自然に帰れ
ベーコン:知識は力なり

次の歴史上の人物とその人物が残したとされる有名な言葉の正しい組み合わせを選びなさい
シェイクスピア英 - 終わり良ければ全て良し
バーナード・ショウ英 - 人生は喜劇である
パーシー・シェリー英 - 冬来たりなば春遠からじ
ロジャー・ベーコン英 - 知識は力なり
トーマス・グレシャム英 - 悪貨は良貨を駆逐する
ジェレミ・ベンサム英 - 最大多数の最大幸福
トマス・カーライル英 - 雄弁は銀、沈黙は金
スタンダール仏 - 生きた、書いた、愛した
アンリ・ルソー仏 - 自然に帰れ
カール・マルクス独 - 宗教はアヘンである
フリードリヒ・ニーチェ独 - 神は死んだ
ヘンリー・ロングフェロー米- 春は人生にただ一度だけ
次の歴史上の人物とその人物が残したとされる有名な言葉の正しい組み合わせを選びなさい
ウィリアム・スミス・クラーク博士- 少年よ大志を抱け
ヒポクラテス - 芸塾は長く人生は短し
ガイウス・ユリウス・カエサル- 来た、見た、勝った
トマス・ホッブス独 - 万人の万人に対する戦い
長嶋茂雄 - 燃えた、打った、走った
次の歴史上の人物とその人物が残したとされる有名な言葉の正しい組み合わせを選びなさい
聖徳太子 - 和を以て貴しと為す(わをもってとうとしとなす)
世阿弥 - 初心忘るべからず
宮本武蔵 - 我事において後悔せず
西郷隆盛 - 児孫のために美田をかわず(じそんのためにびでんをかわず)(子孫のために財産を残すとそれを頼って身を誤ることが多いので財産を残さない)
新渡戸稲造- 私は太平洋の橋になりたい

--------------------
[条約]
次の文字列を組み合わせて世界史上における有名な外交条約の名前にしなさい
ヴェルダン条約(843)
トルデシリャス条約(1529)
カルロヴィッツ条約(1699)
ユトレヒト条約(1713)
(西はシャルル2世/中はロタール1世/東はルートヴィヒ2世/フランク王国が3分裂→ヴェルダン条約(843))
(870年/東フランク王ルートウィヒ/西フランク王シャルル/ドイツとフランスの国境の原型→メルセン条約(870))
(1699年にオスマン帝国がオーストリアなどに領土を割譲することを約束した講和条約は○○○○○○○条約?(並べ替え)→カルロヴィッツ条約)
(次の国と1699年に結ばれたカルロヴィッツ条約でその国がオスマンから得た領土の正しい組み合わせを選びなさい(国 - 分割領土)(オーストリア-ハンガリー、ポーランド-ポドリア、ヴェネツィア-ダルマチア))
(1713年/締結地はオランダ/イギリスが多くの海外領土を獲得/スペイン継承戦争の講和条約→ユトレヒト条約(1713)(スペイン継承戦争1701-1714=ユトレヒト条約とラシュタット条約の締結))

次の文字列を組み合わせて世界史上に残る有名な条約の名前にしなさい
カトー・カンブレジ条約(1559)
ブレスト・リトフスク条約(1774)
カンポ・フォルミオ条約(1797)
サン・ステファノ条約(1878)
キュチュク・カイナルジ条約(1918)
(イタリア戦争の講和条約として1559年にフランス・ヴァロワ朝と神聖ローマ帝国が結んだのはカトー=○○○○○条約?(スロット)→カトー=カンブレジ条約)
(オスマン帝国がロシアに黒海の支配権を奪われることとなった 1774年に両国が結んだ条約はキュチュク・○○○○○条約?(スロット)→キュチュク・カイナルジ条約)
(1797年にフランスとオーストリアの間に結ばれた条約は○○○・フォルミオ条約?(タイピング)→カンポ・フォルミオ条約)
(次のうち、1878年にサン・ステファノ条約を結んだ国を全て選びなさい○ロシア、オスマン帝国、のみ (露土戦争1877-1878=サン・ステファノ条約で講和後、ベルリン条約で変更))
(第一次世界大戦末期の1918年ロシアの新政権が同盟国と結んだ講話条約はブレスト・○○○○○条約?(並べ替え)→ブレスト・リトフスク条約)

次の第一次世界大戦の敗戦国とその国が結んだ講和条約の正しい組み合わせを選びなさい
ベルサイユ条約 - ドイツ
サン・ジェルマン条約 - オーストリア
ヌイイ条約 - ブルガリア
セーブル条約 - オスマン帝国

次の文字列を組み合わせて世界史上に残る有名な協定の名前にしなさい
フサイン・マクマホン協定(1915)(中東のアラブ地域の独立とアラブ人のパレスチナ付近での居住を認めた協定)
サイクス・ピコ協定(1916)(英仏露のオスマン帝国の領土分割の秘密協定)
(バルフォア宣言(1917)(パレスチナにユダヤ人居住地の建設を約束した協定))
桂・タフト協定(1905)(米国のフィリピン統治と日本の韓国に対する優越支配を相互に承認した)
高平・ルート協定(1908)
石井・ランシング協定(1917)(日本の中国における特殊権益の承認と中国の領土保全・門戸開放・機会均等などを決めた)
ケロッグ・ブリアン協定(1928)
(イギリスがパレスチナのアラブ人の独立を認めるという協定はフサイン=○○○○○協定?(タイピング)→フサイン・マクマホン協定(1915))
(1916年に結ばれた英・仏・露の3ヵ国でトルコ領の分割を取り決めた秘密協定を何協定という?(並べ替え)→サイクス・ピコ協定(1916))
(現在のパレスチナ問題の原因となった、イギリスがユダヤ人国家の建設を支援する内容の宣言は○○○○○宣言?(タイピング)→バルフォア宣言(1917))
(日本の韓国支配をアメリカが承認した1905年にかわされた覚書は?(並べ替え)→桂・タフト協定(1905)(米国のフィリピン統治と日本の韓国に対する優越支配を相互に承認した))
(1908年、日本の駐米大使とアメリカの国務長官が交わした太平洋地域の現状維持を確認した協定は?(四択)→高平・ルート協定(1908))
(1917年に調印された中国に関する日米共同宣言は石井・○○○○○協定?(タイピング)→石井・ランシング協定)
(1928年に調印された不戦条約は、取りまとめた2人の外交官の名前から別名「何条約」という?(並べ替え)→ケロッグ・ブリアン協定)

--------------------
[その他]
次の国をフランスの哲学者・ダランベールが『これをするのに適する』と述べたとされる事柄と組み合わせなさい
フランス - 生活 (ジャン・ル・ロン・ダランベール仏『百科全書』(1751))
イギリス - 思索
イタリア - 滞在
ドイツ - 旅行

次の戦争とその講和条約の正しい組み合わせを選びなさい
七年戦争 - 1763年パリ条約
アメリカ独立戦争 - 1783年パリ条約
クリミア戦争 - 1856年パリ条約
米西戦争 - 1898年パリ条約

次の産業革命のさなかに開発された紡績機と、その発明者の正しい組み合わせを選びなさい
飛び杼 - ジョン・ケイ(1733)
ジェニー紡績機 - ジェームズ・ハーグリーブス(1764)
水力紡績機 - リチャード・アークライト(1771)
ミュール紡績機 - サミュエル・クロンプトン(1779)
力織機 - エドモンド・カートライト(1785)
綿繰り機 - イーライ・ホイットニー(1793)

次の宗教改革者と出身国の正しい組み合わせを選びなさい
マルティン・ルター - ドイツ
ジャン・カルヴァン - フランス
フルドリッヒ・ツヴィングリ - スイス

次の歴史上の人物と、その妻の正しい組み合わせを選びなさい
アウグストゥス - リウィア
フランツ1世 - マリア・テレジア (18世紀の神聖ローマ皇帝/政治より経済に手腕を発揮/オーストリア継承戦争/マリア・テレジアの夫→フランツ1世 (1745-1765))
フランツ・ヨーゼフ1世 - エリザベート (オーストリア皇帝→フランツ・ヨーゼフ1世)
ナポレオン3世 - ウージェニー
ファン・ペロン - エビータ(エバ・ペロン(アルゼンチン))

次の古代エジプトのファラオとその妻の正しい組み合わせを選びなさい
ラムセス2世 - ネフェルタリ
トトメス2世 - ハトシェプスト
アメンホテプ4世 - ネフェルティティ
ツタンカーメン - アンケセナーメン

次の歴史上の人物と、その異名の正しい組み合わせを選びなさい
リチャード1世 - 獅子心王
サン・ジュスト - 死の大天使
ビスマルク - 鉄血宰相
グスタフ・アドルフ - 北方の獅子王
エルヴィン・ロンメル - 砂漠の狐

次のウィーン会議の結果ポーランドに誕生した国とそれを統制下においた国の正しい組み合わせを選びなさい
クラクフ共和国 - オーストリア
ポーランド立憲王国 - ロシア
ポズナン大公国 - プロイセン

次の三十年戦争の戦いとその戦いで神聖ローマ帝国と戦った相手の正しい組み合わせを選びなさい(三十年戦争1618-1648)
白山の戦い - ボヘミア
ルッターの戦い - デンマーク
レヒ川の戦い - スウェーデン

次の国と1699年に結ばれたカルロヴィッツ条約でその国がオスマンから得た領土の正しい組み合わせを選びなさい(国 - 分割領土)
オーストリア - ハンガリー
ポーランド - ポドリア
ヴェネツィア - ダルマチア
(1699年にオスマン帝国がオーストリアなどに領土を割譲することを約束した講和条約は○○○○○○○条約?(並べ替え)→カルロヴィッツ条約)

次のヨーロッパの戦争とそれに呼応して北米で起きた戦争の正しい組み合わせを選びなさい
ファルツ継承戦争(1688-1697) - ウィリアム王戦争(ウィリアム3世1689-1702ステュアート朝)
スペイン継承戦争(1701-1714) - アン女王戦争
オーストリア継承戦争(1740-1748) - ジョージ王戦争(ジョージ2世1727-1760ハノーヴァー朝第2代)
フレンチ・インディアン戦争(1755-1763) - 七年戦争

次の文字列を組み合わせて冤罪といわれる事件の名前にしなさい
サッコ・バンゼッティ事件(米1920)
ドレフュス事件(仏1894)
ローゼンバーグ事件(1950)(米でのソ連スパイ発覚事件:事実)
(1950年にアメリカで起きたユダヤ人夫妻が原爆製造の機密をソ連に売ったとされるスパイ事件は?(並べ替え)→ローゼンバーグ事件)
  1. 2013/03/08(金) 01:59:46|
  2. 西洋史検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西洋史検定 キューブ

「カシミール大王」とも呼ばれた14世紀のポーランド王
→カジミェシュ
「ミスター・ニエット」と呼ばれたソ連の外交官
→グロムイコ(アンドレイ・グロムイコ)
「ワシントン会議」を提唱したアメリカの第29代大統領
→ハーディング(ウォレン・ハーディング29:1921-1923)
「医学の父」と呼ばれる古代ギリシャの医者
→ヒポクラテス
「世界の結び目」と呼ばれたヘレニズム文化の中心地
→アレクサンドリア
「快楽主義」を表す言葉にも名を残す、古代ギリシャの哲学者です
→エピクロス
「赤髭王」と訳す、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世の異名
→バルバロッサ
「東欧の異端児」と呼ばれたルーマニア初代大統領
→チャウシェスク(ニコラエ・チャウシェスク大統領1974-1989)
「背教者」と呼ばれた4世紀のローマ皇帝です
→ユリアヌス
「万人の万人による闘争」を論じた、ホッブズの著書
→リバイアサン
451年のフン族と西ローマ帝国の戦いは「○○○○○○の戦い」?
→カタラウヌムの戦い
534年にフランク王国が滅ぼした国は○○○○○王国?
→ブルグント王国
774年にカール大帝が滅ぼしたイタリアの国は?王国
→ランゴバルド王国
1241年にワールシュタットの戦いが行われたポーランドの都市です
→リーグニッツ
1302年に「三部会」を召集したフランス王は○○○○○4世?
→フィリップ4世
1538年オスマン帝国がスペインに勝利したのは○○○○○の海戦?
→プレヴェザの海戦
1632年の三十年戦争の激戦は○○○○○○の戦い?
→リュッツェンの戦い
1711年世界初の実用的な蒸気機関を発明しました
→ニューコメン(トーマス・ニューコメン英Thomas Newcomen)
1804年に世界初の蒸気機関車を製作したイギリス人です
→トレヴィシック
1814年のウィーン会議に出席したロシア全権代表団の首席
→ネッセルローデ(カール・ネッセルローデ)
1919年に成立したドイツ共和国の通称
→ワイマール
1919年にワイマール共和国の初代首相に就任した政治家
→シャイデマン(フィリップ・シャイデマン)(1919-1919)
1922年にドイツとラパロ条約を結んだソ連の外務大臣です
→チチェーリン(ゲオルギー・チチェーリン)
1922年に極右テロ組織に暗殺されたドイツの外務大臣です
→ラーテナウ(ヴァルター・ラーテナウ)
1924年に労働党から初めて首相となったイギリスの政治家
→マクドナルド
1938年以降、外相としてナチスの外交を担当
→リッベントロップ(ヨアヒム・フォン・リッベントロップ)
1968年に「プラハの春」が起きた時のチェコスロバキア大統領です
→スヴォボダ(ルドヴィーク・スヴォボダ大統領1968-1975)
1991年に誕生したフランス初の女性首相
→クレッソン(エディット・クレッソン)
1930年に首相に就任したポルトガル初の女性首相です
→ピンタシルゴ(マリア・ピンタシルゴ)(1979-1980)
14世紀に成立したポーランドの王朝は○○○○朝?
→ヤゲロー朝(1386-1572)
16世紀末にオスマン帝国で制定された徴税請負制度です
→イルティザーム
アケメネス朝ペルシアに敗れた新バビロニア最後の王です
→ナボニドゥス (新バビロニアBC625-BC539)
アポロンの神殿があった古代ギリシャの町
→デルフォイ
アメリカの南北戦争で南部の首都が置かれた都市
→リッチモンド
アメリカ独立戦争と七月革命で活躍したフランスの軍人
→ラファイエット
イギリスのカートライトが発明した紡績機
→りきしょっき(力織機)
イタリア半島に都市国家を築いた先住民族は何人?
→エトルリア人
エジプト司令官としてファショダ事件を起こしたイギリスの軍人
→キッチナー(ホレイショ・キッチナー)
エリート層の世襲貴族を指した古代ローマにおける階級です
→パトリキ
オスマン帝国で行われた近代的改革
→タンジマート
カナダのケベックを建設したフランスの探検家
→シャンプラン(サミュエル・ド・シャンプラン)
カルヴァンによって火刑に処せられたスペインの医師
→セルベトゥス (ミカエル・セルベトゥス)
キリスト教徒からの改宗者を中心としたオスマン帝国の常備歩兵
→イェニチェリ
コロンブスが新大陸発見の航海で乗っていた船
→サンタマリア
コロンブスのアメリカ大陸到達の糸口となった地図を作成しました
→トスカネリ()
ジェームズ1世らの弾圧を受けた新教徒
→ピューリタン
スペイン継承戦争の結果結ばれたのは○○○○○条約?
→ユトレヒト条約(1713)
スパルタを破ったことで知られる古代ギリシャ、テーベの将軍
→エパミノンダス
スターリンに粛清されたソ連の政治家です
→ジノヴィエフ(グリゴリー・ジノヴィエフ)
スターリンに粛清されたソ連の政治家です
→カーメネフ(レフ・カーメネフ)
ソ連における最初で最後の大統領
→ゴルバチョフ(ミハイル・ゴルバチョフ)
ドイツ国会議事堂放火事件で逮捕されたブルガリアの革命家
→ディミトロフ(ゲオルギ・ディミトロフ首相1946-1949)(ドイツ国会議事堂放火事件1933)
ナチスドイツ占領下のフランスで行われました
→レジスタンス(Resistance)
ハンザ同盟の盟主として栄えたドイツの都市
→リューベック
フラウィウス朝を創始した古代ローマ帝国皇帝です
→ウェスパシアヌス
フランク王国のカール大帝をフランスではこう呼びます
→シャルルマーニュ
フランク王国最初の王朝は○○○○○○朝?
→メロヴィング朝(481-751)
フランスの英雄ナポレオンのファミリーネーム
→ボナパルト
フランスの高等学校「リセ」の語源となった古代ギリシャの学校
→リュケイオン
フランス革命の発端となったパリの牢獄
→バスティーユ
フランス革命期の裏切り行為で有名なフランスの軍人です
→デュムーリエ(シャルル・フランソワ・デュムーリエ)
プレジネフ亡きあとのソ連共産党の書記長
→アンドロポフ(ユーリ・アンドロポフ6:1982-1984)
ユダヤ教で信者たちが会合を行う建物のことを何という?
→シナゴーグ
ルイ14世のもと重商主義政策を推し進めたフランスの財務総監
→コルベール(ジャン=バティスト・コルベール)
ラテン語で「第一の市民」を意味するオクタヴィアヌスの称号
→プリンケプス
ローマの侵略に抵抗して戦ったケルト人の女王
→ブーディカ(Boudica)
ロシアの革命派を弾圧した20世紀の政治家
→ストルイピン(ピョートル・ストルイピン)
ロシア革命のきっかけとなった「戦艦○○○○○○の反乱」?
→ポチョムキンの反乱(1905)
英語の「センチュリー」の語源になった古代ローマの百人隊
→ケントゥリア(Centuria)
紀元前8世紀頃のギリシャでポリスを形成した民の「集住」
→シノイキスモス
紀元前338年にマケドニア軍とアテネ・テーベ軍が衝突した場所
→カイロネイア
紀元前624年頃に慣習法を成文化したアテネの立法者
→ドラコン
旧ソ連時代に検閲を逃れて地下で出版された書物
→サミズダート(samizdat)
古代エジプト文字を解読したフランスの言語学者
→シャンポリオン(ジャン=フランソワ・シャンポリオン)
古代オリエントに栄えた帝国です
→アッシリア
古代ギリシャの長槍歩兵密集方陣
→ファランクス(phalanx)
古代ローマ帝国において選挙で選ばれた執政官のこと
→コンスル
古代ローマの凱旋将軍の称号
→インペラトル(imperator)
古代ローマ帝国皇帝ネロの母親です
→アグリッピナ
古代地中海で活躍したセム系の民族は「?人」
→フェニキア人
獄中で著した『フランス革命序説』で知られる革命家
→バルナーヴ(アントワーヌ・バルナーヴ)
作家アイスキュロスの代表作は『○○○○○○三部作』?
→オレステイア三部作(『アガメムノン』『エウメニデス』『コエーポロイ』)
三帝同盟の実現に尽力したロシアの外務大臣です
→ゴルチャコフ(アレクサンドル・ゴルチャコフ)(独・墺・露)
宗教改革時にドイツ農民戦争を指導した説教師
→ミュンツァー(トマス・ミュンツァー)
女性の髪形に名を残すフランス国王ルイ15世の愛人
→ポンパドゥール
水力紡績機を発明したイギリスの発明家
→アークライト(Richard Arkwright)
清教徒革命で議会軍を指揮し共和制を樹立しました
→クロムウェル(Oliver Cromwell)
世界で最初といわれる労働者による自治政府
→パリコミューン
第1回ローマ三頭政治の1人
→ポンペイウス
第一次世界大戦が勃発した当時のドイツ帝国首相です
→ホルヴェーク(テオバルト・フォン・ベートマン・ホルヴェーク1909-1917)
第一次世界大戦でドイツの降伏調印式が行われた場所
→コンピエーニュ(仏)
第一次世界大戦後にドイツで発行された通貨
→レンテンマルク
中世にロシアで栄えた都市国家「○○○○○公国」?
→ノヴゴロド公国(1136-1478)
帝政ロシアにおける専制政治のことです
→ツァーリズム
独立宣言の起草委員を務めたアメリカの政治家
→フランクリン(Benjamin Franklin)
西ローマ帝国を滅ぼしたゲルマン出身の傭兵隊長
→オドアケル
反フィリッポス演説で知られる古代ギリシャの雄弁家
→デモステネス
東ローマ帝国の亡命政権ニカイア帝国の別名は○○○○○朝?
→ラスカリス朝(ニカイア帝国1204-1261)
百年戦争でイギリスが失ったフランス南西部の地方
→ギュイエンヌ(仏)
約200年にわたるローマ帝国の黄金時代
→パックスロマーナ
力織機を発明したイギリスの発明家
→カートライト(Edmund Cartwright)
  1. 2013/03/08(金) 01:59:14|
  2. 西洋史検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

紅葉ちゃん・ω・)

Author:紅葉ちゃん・ω・)
紅葉(こうよう)
理想は完成度の高い問題集を作ることです。
Wikipediaのように皆様からの新問や検定問題の情報提供お待ちしています。右辺専門サイトです。(PCモード閲覧推奨)
看護師してます。QMA弱体化しましたが、リアルを大切にしてマイペースにQMAやってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

問題情報交換 雑談等 (3)
PCmobile検定 (13)
北海道東北検定 (13)
東京関東検定 (13)
中部北陸検定 (13)
アジア検定 (13)
ヨーロッパ検定 (13)
世界情勢検定 (0)
経済ビジネス検定 (13)
百貨店コンビニ検定 (13)
ミリタリー検定 (13)
トレイン検定 (13)
オカルト検定 (13)
日本古代中世史検定 (13)
戦国時代検定 (13)
幕末明治維新検定 (13)
明治大正検定 (13)
西洋史検定 (13)
美術絵画検定 (13)
世界文学検定 (13)
雑誌書籍検定 (0)
ことわざ検定 (13)
漢字四字熟語検定 (13)
神話検定 (0)
化学検定 (13)
医療検定(人体検定) (13)
野菜フルーツ検定 (13)
アニマル検定 (13)
ムシ検定 (13)
海洋学検定 (0)
恐竜古代生物検定 (13)
宇宙天文検定 (13)
未分類メモ (1)
看護師勤務 自己学習 (4)
国家試験勉強 (5)
サイト概要 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
365位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。