紅葉のQMA問題ブログ・ω・)

Quiz Magic Academy 天の学舎 問題ブログ・ω・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

美術絵画検定 グループ分け

【作者と作品】
次の美術作品を作者ごとにグループ分けしなさい(まとめ)
アメデオ・モディリアーニ(伊) - 『赤毛の娘』『黄色いセーターを着たジャンヌ・エビュテルヌ』『ジャンヌ・エビュテルヌの肖像』
アンドレ・ドラン(仏) - 『アルルカンとピエロ』
アントワーヌ・ヴァトー(仏) - 『シテール島の巡礼』『ピエロ』『困った申し出』
アンリ・マティス(仏) - 『ダンスI』『ルーマニアのブラウス』『王の悲しみ』『赤いズボンのオダリスク』『赤の食卓』『金魚鉢のある風景』『豪奢、静寂、逸楽』
アンリ・ルソー(仏) - 『蛇使いの女』『眠るジプシー女』『ジュニエ爺さんの二輪馬車』『熱帯林にて』
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(仏) - 『ムーラン・ルージュにて』『踊るジャンヌ・アヴリル』
ウジェーヌ・ドラクロワ(仏) - 『民衆を率いる自由の女神』『キオス島の虐殺』『ダンテの小舟』『サルダナパロスの死』『リエージュ司祭の暗殺』『トラヤヌスの裁定』『ミソロンギの廃墟に立つギリシア』
エル・グレコ(西) - 『羊飼いの礼拝(プラド美術館)』『オルガス伯の埋葬(サント・トメ教会)』『トレド風景(メトロポリタン美術館)』『受胎告知(大原美術館岡山県)』『聖三位一体』『聖衣剥奪』
エドゥアール・マネ(仏) - 『草上の昼食』『オランピア』『笛を吹く少年』『フォリー=ベルジェール劇場の酒場(バー)』
エドヴァルド・ムンク(瑞典) - 『叫び』『マドンナ』『思春期』
エドガー・ドガ(仏) - 『舞台の踊り子』
エルンスト・キルヒナー(独) - 『ゲルダの肖像』『ハレの赤い塔』
オスカー・ココシュカ(墺) - 『風の花嫁』『さまよえる騎士』
カラヴァッジョ(伊Caravaggio) - 『エマオの晩餐』『リュート奏者』
ギュスターヴ・クールベ(仏) - 『画家のアトリエ』『オルナンの埋葬』『世界の起源』
グスタフ・クリムト(墺) - 『ベートーベン・フリーズ』『パラス・アテネ』『メーダ・プリマヴェージ』『ユディトI』『ユディトII』『希望I』『希望II』
クロード・モネ(仏) - 『印象・日の出』『睡蓮』『青い睡蓮』『ルーアン大聖堂』『ウォータールー橋』『ラ・ジャポネーズ』『サン=ラザール駅』『キャピュシーヌ大通り』
サルバドール・ダリ(西) - 『記憶の固執(柔らかい時計)』『内乱の予感』『燃える麒麟』『ナルシスの変貌』『ポルト・リガトの聖母』『目覚めの直前、柘榴のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢』
サンドロ・ボッティチェッリ(伊) - 『ビーナスの誕生』『春(primavera)』『ナスタジオ・デリ・オネスティの物語』
シャイム・スーティン(リトアニア) - 『マドレーヌ・カステンの肖像』『聖歌隊の少年』
ジャック=ルイ・ダヴィッド(仏) - 『ナポレオン1世の戴冠式』『サン・ベルナール峠を越えるナポレオン・ボナパルト』
ジャン=フランソワ・ミレー(仏) - 『落穂拾い』『晩鐘』『種まく人』
ジョアン・ミロ(西) - 『耕地』『星座』『無垢の笑い(大阪万博1970壁画)』
ジョルジュ・スーラ(仏) - 『グランド・ジャット島の日曜日の午後』『サーカス』
ジョルジョ・デ・キリコ(伊) - 『赤い塔』
ディエゴ・ベラスケス(西) - 『ブレダの開城』『ラス・メニーナス(女官たち)』『マルガリータ王女』『教皇イノケンティウス10世』『鏡を見るヴィーナス』
ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(伊) - 『ヴィーナスとオルガン奏者』
テオドール・ジェリコー(仏) - 『メデューズ号の筏』『エプソムの競馬』『突撃する近衛猟騎兵士官』『戦場から去る負傷した胸甲騎兵士官』
ドミニク・アングル(仏) - 『グランド・オダリスク』『泉』
パウル・クレー(瑞西) - 『赤い気球』『R荘』『パルナッソス山へ』『死と炎』『砂の上の植物群』
パブロ・ピカソ(西) - 『ゲルニカ』『アヴィニョンの娘たち』『大きな浴女』『犬を連れた少年』『マンドリンとギター』『ピエロに扮したパウロ』『サルタンバンクの家族』『マ・ジョリ』『カーン・ワイラーの肖像』『ラ・セレスティーナ』『海辺の貧しい家族』『ラ・ヴィ(人生)』
バルトロメ・エステバン・ムリリョ(西) - 『蚤をとる少年』『善き羊飼い』『無原罪の御宿り』
ピーテル・パウル・ルーベンス(ベルギー) - 『キリスト昇架』『キリスト降架』『マリー・ド・メディシスの生涯』
ピーテル・ブリューゲル(ベルギー) - 『バベルの塔』『死の勝利』
ピエール=オーギュスト・ルノワール(仏) - 『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』『都会のダンス』『田舎のダンス』『舟遊びの人々の食卓』『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』『浴女たち』『鞭を持つ子供』『薔薇を持つガブリエル』『カーニュのテラス』
ピエト・モンドリアン(蘭) - 『コンポジションNo.8』『ブロードウェイ・ブギウギ』
ヒエロニムス・ボス(蘭) - 『快楽の園』
フィンセント・ファン・ゴッホ(蘭) - 『向日葵』『星月夜』『オーヴェルの教会』『タンギー爺さん』『医師ガシェの肖像』『黄色い家』『糸杉』『ドービニーの庭』『カラスのいる麦畑』
フランシスコ・デ・ゴヤ(西) - 『裸のマハ』『着衣のマハ』『カルロス4世の家族』『1808年5月3日』『我が子を喰らうサトゥルヌス(黒い絵)』
ポール・セザンヌ(仏) - 『サント=ヴィクトワール山』『カード遊びをする人々』『パイプをくわえた男』
マリー・ローランサン(仏) - 『ココ・シャネル嬢の肖像』『三美神』
マルク・シャガール(仏) - 『ヴァイオリン弾き』『青いサーカス』『私と村』『音楽』
ミケランジェロ・ブオナローティ(伊) - 『最後の審判』『ダビデ像』『聖パウロの回心』『天地創造』
モーリス・ユトリロ(仏) - 『ベルリオーズの家』『コタン小路』
ラファエロ・サンティ(伊) - 『アテネの学堂』『キリストの変容』『美しき女庭師』『小椅子の聖母』『聖体の議論』『ラ・フォルナリーナ(若い婦人の肖像)』
ルーカス・クラナッハ(独) - 『風景の中のビーナス』
ルネ・マグリット(ベルギー) - 『光の帝国』『大家族』『白紙委任状』『ピレネーの城』『複製禁止』『これはパイプではない?』
レオナルド・ダ・ヴィンチ(伊) - 『最後の晩餐』『モナリザ』『岩窟の聖母』『リッタの聖母』『ブノワの聖母』『聖アンナと聖母子』『白貂を抱く婦人』『キリストの洗礼』『東方三博士の礼拝』『聖ヒエロニムス』『洗礼者ヨハネ』『ジネヴラ・デ・ベンチの肖像』
レンブラント・ファン・レイン(蘭) - 『夜警』『テュルプ博士の解剖学講義』『イサクとリベカ(ユダヤの花嫁)』『アルテミシア』『目を潰されるサムソン』『放蕩息子の帰還』『ヤン・シックスの肖像』『夜警(フランス・バニング・コック隊長の市警団)』
ヨハネス・フェルメール(蘭) - 『真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)』『デルフト眺望』『ディアナとニンフたち』『手紙を書く女』『牛乳を注ぐ女』『レースを編む女』
ワシリー・カンディンスキー(露) - 『モスクワI』『コンポジション』『黒い四角形の中に』

--------------------

次の絵画を所属している美術館ごとにグループ分けしなさい
ルーブル美術館 - 『レースを編む女』(フェルメール)、
エルミタージュ美術館 - 『赤の食卓』(マティス)、『ブノワの聖母』(ダ・ヴィンチ)


次のオルセー美術館所蔵の絵画をその作者ごとにグループ分けしなさい
オノレ・ドーミエ - 『洗濯女』『クリスパンとスカパン』
ギュスターヴ・クールベ - 『オルナンの埋葬』『画家のアトリエ』『世界の起源』
ポール・セザンヌ - 『サント=ヴィクトワール山』『カード遊びをする人々』


【出身・国籍】
次の芸術家を出身国ごとにグループ分けしなさい
イギリス - ウィリアム・ターナー、ジョン・コンスタブル
フランス - カミーユ・ピサロ、エドゥアール・マネ、アンリ・ルソー、クロード・モネ、ジャン=フランソワ・ミレー
オランダ - ヨハネス・フェルメール
イタリア - ジョルジョ・デ・キリコ
スペイン - ディエゴ・ベラスケス、フランシスコ・デ・ゴヤ
ノルウェー - エドヴァルド・ムンク
アメリカ - ジョージア・オキーフ、キース・ヘリング、ジャクソン・ポロック、アンディ・ウォーホル
ロシア - オシップ・ザッキン、ワシリー・カンディンスキー、カジミール・マレーヴィッチ


【所蔵】
次のオランダの画家フェルメールの作品を所属している美術館ごとにグループ分けしなさい
ルーブル美術館 - 『レースを編む女』『天文学者』
メトロポリタン美術館 - 『少女』
マウリッツハイス美術館(蘭ハーグ) - 『真珠の耳飾りの少女』『デルフト眺望』『ディアナとニンフたち』


【その他】
次の画家を属していた絵画の一派ごとにグループ分けしなさい
ポスト印象派 - ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌ
ポップ・アート - ロイ・リキテンスタイン
キュビスム - ピカソ、ロベール・ドローネー
印象派 - カミーユ・ピサロ
ネオダダ - ロバート・ラウシェンバーグ
フォービズム - ラウル・デュフィ、ジョルジュ・ルオー
青騎士 - フランツ・マルク

次のピカソの絵画をそれが描かれた時代ごとにグループ分けしなさい
青の時代 - 『盲人の食事』『海辺の貧しい家族』
バラ色の時代 - 『玉乗りの曲芸師『パイプを持つ少年』
キュビスムの時代 - 『フェルナンドの肖像』『オルタのレンガ工場』
新古典主義の時代 - 『泉のそばの三人の女』
シュルレアリスム時代 - 『ヌード、観葉植物と胸像』


次の美術館をそれがある都道府県ごとにグループ分けしなさい
福島県 - 諸橋近代美術館
千葉県 - 河村記念美術館
東京都 - 国立新美術館
愛知県 - メナード美術館、徳川美術館、名古屋ボストン美術館
静岡県 - MOA美術館

次の画家を性別ごとにグループ分けしなさい
男性 - 横山大観、伊東深水、川端龍子、上村松篁(うえむらしょうこう)
女性 - 片岡球子、小倉遊亀、秋野不矩(あきのふく)

次の浮世絵を作者ごとにグループ分けしなさい
安藤広重 - 東海道五十三次、木曽街道六十九次
葛飾北斎 - 富嶽三十六計、富嶽百景
菱川師宣 - 見返り美人図

次の画家を活躍した時代ごとにグループ分けしなさい
江戸時代 - 葛飾北斎、安藤広重
昭和時代 - 東山魁夷、平山郁夫
スポンサーサイト
  1. 2013/01/05(土) 02:06:47|
  2. 美術絵画検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美術絵画検定 一問多答

【画家・作品】
次のうちイタリアの画家レオナルド・ダ・ビンチの作品を全て選びなさい
○『洗礼者ヨハネ』『モナリザ』
×『ゲルニカ』パブロ・ピカソ、『睡蓮』クロード・モネ

次のうち、イタリアの画家レオナルド・ダ・ヴィンチの作品を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
○『モナ・リザ』『最後の晩餐』『東方三博士の礼拝』『リッタの聖母』
×『糸杉』ゴッホ、『カラスのいる麦畑』ゴッホ『ゲルニカ』パブロ・ピカソ、『アビニヨンの娘たち』パブロ・ピカソ

次のうちルネサンス期のドイツの画家アルブレヒト・デューラーの作品を全て選びなさい
○『四人の使徒』『騎士と死と悪魔』
×『ブレダの開場』ディエゴ・ベラスケス、

次のうち、フランスの彫刻家ロダンの作品を全て選びなさい
○『カレーの市民』『考える人』
×『ダビデ像』ミケランジェロ、『モーセ像』ミケランジェロ

次のうちフランスの画家ミレーの作品を全て選びなさい
○『落穂拾い』『種をまく人』
×『ゲルニカ』パブロ・ピカソ、

次のうち、フランスの作家エドアール・マネの作品を全て選びなさい
○『草上の昼食』『オランピア』『笛を吹く少年』
×『印象・日の出』クロード・モネ、『オルナンの埋葬』ギュスターヴ・クールベ

次のうちフランスの画家クロード・モネの作品を全て選びなさい
○『印象・日の出』『睡蓮』『ルーアン大聖堂』(『青い睡蓮』『ウォータールー橋』『ラ・ジャポネーズ』『サン=ラザール駅』『キャピュシーヌ大通り』)
×『オランピア』エドゥアール・マネ

次のうち、フランスの画家ギュスターヴ・クールベの作品を全て選びなさい
○『画家のアトリエ』『オルナンの埋葬』『世界の起源』
×『薔薇を持つガブリエル』ルノワール、『牛乳を注ぐ女』ヨハネス・フェルメール

次のうち、フランスの作家マティスの作品を全て選びなさい
○『豪奢、静寂、逸楽』『ルーマニアのブラウス』(『ダンスI』『王の悲しみ』『赤いズボンのオダリスク』『赤の食卓』『金魚鉢のある風景』)
×『真珠の耳飾りの少女』、『ブレダの開城』ディエゴ・ベラスケス、『オルナンの埋葬』ギュスターヴ・クールベ

次のうち、フランスの画家ルノワールの作品を全て選びなさい
○『舟遊びの人々の食卓』『カーニュのテラス』(『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』『都会のダンス』『田舎のダンス』『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』『浴女たち』『鞭を持つ子供』『薔薇を持つガブリエル』)
×『ルーマニアのブラウス』(マティス)

次のうち、オランダの画家ゴッホの作品を全て選びなさい
○『タンギー爺さん』『星月夜』『オーヴェルの教会』(『向日葵』『医師ガシェの肖像』『黄色い家』『糸杉』『ドービニーの庭』『カラスのいる麦畑』)
×『田舎の踊り』ルノワール、『記憶の固執』サルバドール・ダリ

次のうち、オランダの作家レンブラントの作品を全て選びなさい
○『夜警』『テュルプ博士の解剖学講義』『アルテミシア』『目を潰されるサムソン』『放蕩息子の帰還』(『イサクとリベカ(ユダヤの花嫁)』)
×『キオス島の虐殺』ウジェーヌ・ドラクロワ、『豪奢、静寂、逸楽』アンリ・マティス

次のうち、スペインの画家ピカソの作品を全て選びなさい
○『ゲルニカ』『アヴィニョンの娘たち』(『大きな浴女』『犬を連れた少年』『マンドリンとギター』『ピエロに扮したパウロ』『サルタンバンクの家族』『マ・ジョリ』『カーン・ワイラーの肖像』『ラ・セレスティーナ』)
×『叫び』エドヴァルド・ムンク

次のうち、スペインの画家ダリの作品を全て選びなさい
○『記憶の固執』『内乱の予感』『燃える麒麟』『ナルシスの変貌』(『ポルト・リガトの聖母』『目覚めの直前、柘榴のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢』)
×

次のうち、オーストリアの画家グスタフ・クリムトの作品を全て選びなさい
○『ベートーベン・フリーズ』『ヌーダ・プリマヴェージ』(『パラス・アテネ』『ユディトI』『ユディトII』『希望I』『希望II』)
×『ヤン・シックスの肖像』レンブラント

次のうち、スイスの画家パウル・クレーの作品を全て選びなさい
○『赤い気球』『R荘』『パルナッソス山へ』(『死と炎』『砂の上の植物群』)
×『テュルプ博士の解剖学講義』レンブラント、『カーン・ワイラーの肖像』パブロ・ピカソ

次のうち、ベルギーの画家ルネ・マグリットの作品を全て選びなさい
○『光の帝国』『大家族』『白紙委任状』『ピレネーの城』『複製禁止』(『これはパイプではない?』)
×『赤い塔』ジョルジョ・デ・キリコ(伊)、『赤の食卓』アンリ・マティス、『星月夜』ゴッホ、『内乱の予感』サルバドール・ダリ

次のうち、ノルウェーの画家ムンクの作品を全て選びなさい
○『叫び』『マドンナ』『思春期』
×『タヒチの女』ポール・ゴーギャン


【出身・国籍】
次のうちフランス出身の画家を全て選びなさい
○ポール・セザンヌ、モーリス・ユトリロ
×アメデオ・モディリアニ(伊)、ゴッホ(蘭)

次の彫刻家のうちフランス出身者を全て選びなさい
○フレデリク・バルトルディ、アントワーヌ・ブールデル、アリスティド・マイヨール、オーギュスト・ロダン
×ジョージ・シーガル(米)、アルベルト・ジャコメッティ(瑞西)、オシップ・ザッキン(露)

次のうちドイツの画家を全て選びなさい
○エルンスト・キルヒナー、アルブレヒト・デューラー、ハンス・ホルバイン、ルーカス・クラナッハ
×エゴン・シーレ(墺)、グスタフ・クリムト(墺)、アーノルド・ベックリン(瑞西)

次のうちスイスの芸術家を全て選びなさい
○アルベルト・ジャコメッティ、アーノルド・ベックリン、パウル・クレー
×ラウル・デュフィ(仏)、アンドレ・ドラン(仏)

次のうちオランダの画家を全て選びなさい
○レンブラント、ヨハネス・フェルメール
×ポール・ゴーギャン(仏)、アンリ・マティス(仏)、エドヴァルド・ムンク(諾威)

次のうち、オランダ出身の画家ゴッホが住んだことがある国を全て選びなさい
○オランダ、イギリス、ベルギー、フランス、のみ (蘭英白仏)
×イタリア、スペイン

次のうちベルギーの画家を全て選びなさい
○フェルナン・クノップフ、ポール・デルヴォー、レオン・スピリアールト、ルネ・マグリット
×オスカー・ココシュカ(墺)、グスタフ・クリムト(墺)、ピエト・モンドリアン(蘭)
『シューマンを聴きながら』『私は私自身に扉を閉ざす』などの作品で有名なベルギーの画家はフェルナン・○○○○○?
→フェルナン・クノップフ
ジェームズ・アンソール/レオン・スピリアールト/ポール・デルボー/ルネ・マグリット
→ベルギー(国旗画像)


【性別】
次のうち、女性の芸術家を全て選びなさい
○ローザ・ボヌール(仏)、マリー・ローランサン(仏)、ベルト・モリゾ(仏)、カミーユ・クローデル(仏)、ジョージア・オキーフ(米)、フリーダ・カーロ(墨)
×カミーユ・ピサロ(仏)、イヴ・タンギー(仏)、オシップ・ザッキン(露)

次のうち、女性の画家を全て選びなさい
○上村松園、片岡球子
×川端龍子、伊藤深水


【作品】
次のピカソの絵画のうち、青の時代に描かれた作品を全て選びなさい
○『海辺の貧しい家族』『ラ・ヴィ(人生)』『ラ・セレスティーナ』
×『カーン・ワイラーの肖像』(キュビスムの時代)、『アビニヨンの娘たち』(アフリカ彫刻の時代)
青の時代→バラ色の時代→(アフリカ彫刻の時代)→キュビスムの時代→(新古典主義の時代)→シュルレアリスムの時代

次のうち、画家クリムトがウィーン大学の天井画として描いた現在は消失した作品を全て選びなさい
○『哲学』『医学』『法学』(3部から成る)
×化学、文学

次のうちルネサンス期のドイツの画家アルブレヒト・デューラーの作品を全て選びなさい
○『四人の使徒』『騎士と死と悪魔』
×『ブレダの開場』(ベラスケス)

次のうち、男性一人を描いたフェルメールの絵画を全て選びなさい
○『地理学者』『天文学者』のみ
×哲学者(実在しない)

次のゴッホの絵画のうちアルル滞在時に描かれた作品を全て選びなさい
○『アルルの跳ね橋』『黄色い家』『太陽と種まく人』(『夜のカフェ』)
×『タンギー爺さん』(パリ)、『星月夜』(サン・レミ)、『糸杉』(サン・レミ)、『医師ガシェの肖像』(オーヴェル・シュル・オワーズ)
全部で12画が現存しているゴッホの『ひまわり』は全てアルル滞在時に描かれた作品である,×
次の場所をオランダの画家ゴッホが過ごした順に選びなさい(パリ → アルル → サン・レミ → (オーヴェル・シュル・オワーズ))

次のゴッホの絵画のうち、オーヴェル・シュル・オワーズ滞在時に描かれた作品を全て選びなさい
○『オーヴェルの教会』『医者ガシェの肖像』(『夜の白い家』『カラスのいる麦畑』『ドービニーの庭』)
×『太陽と種まく人』(アルル)、『アルルの跳ね橋』(アルル)
次の文字列を順に選んで画家のゴッホが亡くなった町の名前にしなさい(オーヴェル・シュル・オワーズ)

次のうち「黒い絵」と呼ばれる画家ゴヤの作品を全て選びなさい
○『我が子を食らうサトゥルヌス』『運命の女神達』『アスモデア』
×『裸のマハ』『着衣のマハ』『カルロス4世の家族』『1808年5月3日』
(黒い絵 連作14=『我が子を食らうサトゥルヌス』『運命の女神達』『魔女の夜宴』『棍棒での決闘』『食事をする二老人』『アスモデア』『サン・イシードロの巡礼』『砂に埋もれる犬』『二人の老人』『読書(解読)』『ユーディットとホロフェルネス』『自慰する男を嘲る二人の女』『異端審問』『レオカディア』


【所蔵】
次のうちルーブル美術館所蔵の絵画を全て選びなさい
○『民衆を率いる自由の女神』ウジェーヌ・ドラクロワ仏、『メデュース号の筏』テオドール・ジェリコー仏
×『記憶の固執』サルバドール・ダリ(ニューヨーク近代美術館MoMA)、『ゲルニカ』(ソフィア王妃芸術センター)

次のうちルーブル美術館所蔵の彫像を全て選びなさい
○『ミロのビーナス』『サモトラケのニケ』
×『自由の女神像』『弓を引くヘラクレス』アントワーヌ・ブールデル仏(国立西洋美術館 東京)、『西郷隆盛像』高村光雲(上野恩賜公園)、『最後の晩餐』レオナルド・ダ・ヴィンチ伊(サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院)

次のうちルーブル美術館の所蔵品を全て選びなさい
○『モナ・リザ』『サモトラケのニケ」『ミロのヴィーナス』
×『ミケランジェロの「ダビデ像」』(アカデミア美術館)、『最後の晩餐』(伊修道院)、『ゲルニカ』

次のうちルーブル美術館が所蔵する絵画を全て選びなさい
『アルカディアの牧人』ニコラ・プッサン仏
『シテール島の巡礼』アントワーヌ・ヴァトー仏
『ナポレオンの戴冠』ジャック=ルイ・ダヴィッド仏
『キオス島の虐殺』ウジェーヌ・ドラクロワ仏
×
『アテネの学堂』ラファエロ・サンティ伊(バチカン宮殿)
『ブレダの開城』ディエゴ・ベラスケス西(プラド美術館)

次のうちルーブル美術館が所蔵するレオナルド・ダ・ビンチの絵画を全て選びなさい
○『モナ・リザ』『聖アンナと聖母子』『洗礼者ヨハネ』『岩窟の聖母』のみ
×『ジネヴラ・デ・ベンチの肖像』(ワシントン美術館)、『白貂を抱く婦人』(ポーランド・チャルトリスキ美術館)、『キリストの洗礼』(ウフィツィ美術館)、『東方三博士の礼拝』(ウフィツィ美術館)、『ブノワの聖母』(エルミタージュ美術館)

次のうち、同じ構図で描かれたレオナルド・ダ・ビンチの絵画『岩窟の聖母』を所蔵している美術館を全て選びなさい
○ルーブル美術館、ロンドン・ナショナル・ギャラリー、のみ
×トレチャコフ美術館(露モスクワ)

フランスの画家エドゥアール・マネの作品のうちオルセー美術館が所蔵するものを全て選びなさい
○『オランピア』『草上の昼食』『笛を吹く少年』
×『フォリー=ベルジェール劇場の酒場(バー)』(コートールド・ギャラリー英ロンドン)

次のうち、ニューヨークにある美術館を全て選びなさい
○メトロポリタン美術館、グッゲンハイム美術館、ホイットニー美術館、フリック・コレクション
×ナショナル・ギャラリー(ワシントン)、ゲティ・センター(ロサンゼルス)

次のうち、ニューヨークにある美術館を全て選びなさい
○メトロポリタン美術館、ブルックリン美術館、MoMA(ニューヨーク近代美術館)
×レンバッハハウス美術館(独)、テート・ギャラリー(英ロンドン)、ヴィクトリア&アルバート博物館(英ロンドン)、ウフィツィ美術館(伊フィレンツェ)、オルセー美術館(仏パリ)、マルモッタン美術館(仏パリ)

次のうちパリの観光名所になっている美術館を全て選びなさい
○ルーブル美術館、オルセー美術館、マルモッタン美術館
×ボストン美術館(米)、プラド美術館(西)

次のうち、スペインにある美術館を全て選びなさい
○プラド美術館、ミロ美術館、ダリ劇場美術館
×ルーブル美術館、オルセー美術館、マルモッタン美術館

【絵画傾向】
次のうち、バルビゾン派の画家を全て選びなさい
○カミーユ・コロー(仏)、ジュール・デュプレ(仏)、コンスタン・トロワイヨン(仏)、(テオドール・ルソー仏)
×アンドレ・ドラン(仏フォービスム野獣派)、ジョルジュ・ブラック(仏キュビズム)

次のうち新印象派に分類される画家を全て選びなさい
○ジョルジュ・スーラ(仏)、ポール・シニャック(仏)、シャルル・アングラン(仏)
×アンリ・マティス(仏フォービスム野獣派)

次のうち前衛芸術運動コブラに参加した画家を全て選びなさい
○クリスチャン・ドートルモン(ベルギー)、カレル・アペル(蘭)、ピエール・アレシンスキー(ベルギー)
×アンドレ・ドラン(仏フォービスム野獣派)、クレス・オルデンバーグ(米ポップ・アート)

次のうち、アクション・ペインティングの画家を全て選びなさい
○ジャクソン・ポロック(米)、ウィレム・デ・クーニング(蘭)、マーク・ロスコ(米)
×アンドレ・ドラン(仏フォービスム野獣派)、フェルナン・レジェ(仏キュビズム)

次のうち、ネオ・ダダの画家を全て選びなさい
○ジャスパー・ジョーンズ(米)、ロバート・ラウシェンバーグ(米)、アラン・カプロー(米)
×ジョン・エヴァレット・ミレイ(英ラファエル前派)

次のうち20世紀初頭に存在した「青騎士」のメンバーだった画家を全て選びなさい
○ワシリー・カンディンスキー(露)、フランツ・マルク(独)、パウル・クレー(瑞西)、ハインリヒ・カンペンドンク(独)、アレクセイ・フォン・ヤウレンスキー(露独)
×ルネ・マグリット(仏)、マックス・エルンスト(独)、オット・ミュラー(独)、ウィレム・デ・クーニング(蘭)、フェルナン・レジェ(仏)

次のうち20世紀初頭に存在した「ブリュッケ」のメンバーだった画家を全て選びなさい
○エルンスト・キルヒナー(独)、シュミット=ロットルフ(独)、マックス・ペヒシュタイン(独)、エーリッヒ・ヘッケル(独)、オット・ミュラー(独)
×ピエト・モンドリアン(蘭)、ワシリー・カンディンスキー(露)、アシル・ゴーキー(米)
シュミット=ロットルフ/フリッツ・ブライル/エーリッヒ・ヘッケル/エルンスト・キルヒナー
→ブリュッケ独
ブリュッケ(Die Brucke)とは、ドイツ表現主義に属するドレスデンのグループ。1905年に結成。1913年にメンバーが対立し解散。「ブリュッケ」とは、ドイツ語では「橋」の意味である。

【日本美術】
次の葛飾北斎の『冨嶽三十六景』のうち三役と呼ばれている作品を全て選びなさい
○『神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら21)』『山下白雨(さんかはくう32)』『凱風快晴(がいふうかいせい33)』
×『尾州不二見原(びしゅうふじみがはら40)』

次のうち1937年に第1回文化勲章を受章した洋画家を全て選びなさい
○藤島武二、岡田三郎助、のみ
×竹内栖鳳(日本画家)、横山大観(日本画家)、萬鉄五郎(よろずてつごろう)、小野竹喬(おのちっきょう)、高橋由一、青木繁
第1回文化勲章1937年 - 長岡半太郎、本多光太郎、木村栄、佐佐木信綱、幸田露伴、岡田三郎助、竹内栖鳳、藤島武二、横山大観
[備考]
第1回文化勲章を受章した「朦朧体」と呼ばれる独特の描法で有名な日本の画家は?(スロット)
→横山大観
「朦朧体」と呼ばれる独特の描法を確立し、第1回文化勲章も受章した、『屈原(くつげん)』『無我』などの作品で知られる日本画家は?(文字パネル)
→横山大観
『黒扇』『耕到天』『東海旭光』『天平の面影』などの作品がある 1937年に第1回文化勲章を受章した日本の画家は?(文字パネル)
→藤島武二
日本における油絵の先駆者である明治の洋画家で、縦長の画面に縄で吊るされた魚を描いた作品「鮭」で有名なのは?(文字パネル)
→高橋由一
『裸体美人』『羅布かづく人』などの代表作がある画家です「萬鉄五郎」
→萬鉄五郎(よろずてつごろう)
『わだつみのいろこの宮』や『海の幸』で有名な画家です「青木繁」
→青木繁(あおきしげる)
豊玉姫とその侍女、山幸彦の3人の姿が描かれている画家・青木繁の代表作は『〇〇〇〇〇〇〇〇〇宮』?(並び替え)
→わだつみのいろこの宮
1937年に第1回文化勲章を受章した『風流仏』『五重塔』で知られる作家は〇〇〇〇?(タイピング)
→こうだろはん(幸田露伴)
小説『五重塔』で有名な第1回文化勲章受章者は幸田露伴である,◯
  1. 2013/01/05(土) 02:06:17|
  2. 美術絵画検定
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

美術絵画検定 順番当て

【傾向】
次の美術様式を時代が古い順に選びなさい
ロマネスク(11-12世紀)→ゴシック(12世紀)→ルネサンス(14-16世紀)→バロック(17世紀)→ロココ(18世紀)
次の絵画の一派を活躍した時代が古い順に選びなさい
ラファエル前派(1848-)→ブリュッケ(1905-1913)→デ・ステイル(蘭1883-1931)→アンフォルメル(1950年代)
次の絵画の一派を活躍した年代が古い順に選びなさい
ロマン主義(1750-1850)→バルビゾン派(1830-1870)→エコール・ド・パリ(20世紀前半)→ポップ・アート(1960年代)
次の絵画の傾向を年代が古い順に選びなさい
マニエリスム (14-16世紀伊)
ロマン主義 (1780-1830)
バルビゾン派 (1830-1870仏)
印象派 (1874-)
エコール・ド・パリ (1920年代パリ - 語源「エコール・ド・パリ展」1928)
シュールレアリスム (1924-1945 - アンドレ・ブルトン仏~宣言1924)(超現実主義)
ポップ・アート (1956-米英)

【美術館】
次のフランスの美術館を収蔵している作品の主な年代が古い順に選びなさい
ルーブル美術館(古代~中世)→オルセー美術館(19世紀)→ポンピドゥー・センター(現代)

次のフランスの美術館を正式に開館されたのが古い順に選びなさい
ルーブル美術館(1793)→オランジュリー美術館(1927)→ポンピドゥー・センター(1977)→オルセー美術館(1986)

次の美術館を作られたのが古い順に選びなさい
ウフィツィ美術館(1591)(フィレンツェ)→
ルーブル美術館(1793)→メトロポリタン美術館(1870)→MoMA(1929)→(グッゲンハイム美術館(1937))→→オルセー美術館(1986)

次の文字列を順に選んでアメリカのボストンにある美術館の名前にしなさい
イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館 (イザベラ → スチュワート → ガードナー → 美術館)


【生まれ】
次のイタリアルネサンス期の画家を早く生まれた順に選びなさい
レオナルド・ダ・ビンチ(1452-1519)→ミケランジェロ(1475-1564)→ラファエロ(1483-1520)

次の画家を生まれたのが古い順に選びなさい
ボッティチェリ(1445-1510)→レンブラント(1606-1669)→ゴッホ(1853-1890)→ダリ(1904-1989)

次の狩野派の画家を早く生まれた順に選びなさい
狩野正信(1434)→狩野元信(1476)→狩野永徳(1543)→狩野山楽(1559)→狩野探幽(1602)

次の日本の画家を生まれたのが早い順に選びなさい
高橋由一 (1828-1894)
橋本雅邦 (1835-1908)
藤島武二 (1867-1943)
横山大観 (1868-1958)
鏑木清方 (1878-1972)
梅原龍三郎 (1888-1986)
佐伯祐三 (1898-1928)
東山魅夷 (1908-1999)
杉山寧(やすし) (1909-1993)
平山郁夫 (1930-2009)
横尾忠則 (1936)


【その他】
次の建築家を20世紀前半にドイツの美術学校バウハウスの校長を務めた順に選びなさい
ウォルター・グロピウス(独1919-1928)→ハンネス・マイヤー(瑞西1928-1930)→ミース・ファン・デル・ローエ(独1930-1933終)

次のバルビゾン派の画家ミレーの作品を描かれている人数が多い順に選びなさい
落ち穂拾い(3人)→晩鐘(2人)→種まく人(1人)

次の場所をオランダの画家ゴッホが過ごした順に選びなさい
パリ → アルル → サン・レミ → オーヴェル(オーヴェル・シュル・オワーズ)

次の文字列を順に選んで画家のゴッホが亡くなった町の名前にしなさい
オーヴェル・シュル・オワーズ (オーヴェル→シュル→オワーズ)

次のスペインの画家ピカソの作品の時代区分を古い順に選びなさい
青の時代→バラ色の時代→(アフリカ彫刻の時代)→キュビスムの時代→(新古典主義の時代)→シュルレアリスムの時代
サーカスの人々を多く描いたことから「サーカスの時代」ともいう1905年から1907年までの画家ピカソの作風を何という?(四択)
→バラ色の時代

次の女性をスペインの画家ピカソが交際した順に選びなさい
(フェルナンド・オリヴィエ → エヴァ→オルガ・コクローヴァ → )
マリー・テレーズ → ドラ・マール → フランソワーズ・ジロー → ジャクリーヌ・ロック (マドフジ)

次の名前をスペインの画家ピカソの本名に登場する順に選びなさい
ディエゴ → ネポムセーノ → クリスピアーノ → トリニダード
(パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ホアン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピーン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード)

次のレオナルド・ダ・ビンチの絵画を描かれたのが古い順に選びなさい
東方三博士の礼拝(1481-1482) → 最後の晩餐(1495-1498) → モナリザ(1503-1506)

次のルーブル美術館に展示されている絵画を面積が大きい順に選びなさい
『カナの婚宴』→『ナポレオン1世の戴冠』→『モナリザ』
ルーブル美術館所蔵の絵画で最も大きい作品は?(四択)→『カナの婚宴』(パオロ・ヴェロネーゼ伊)
ルーブル美術館所蔵の絵画で2番目に大きい作品は?(四択)→『ナポレオン1世の戴冠』(ジャック・ルイ・ダヴィッド仏)

次のレオナルド・ダ・ビンチの絵画『最後の晩餐』に描かれている人物を向かって右から順に選びなさい
マタイ→イエス→ヨハネ
(左←バルトロマイ、小ヤコブ、アンデレ、ペテロ、ユダ、ヨハネ、イエス、ヤコブ、トマス、フィリポ、マタイ、タダイ、シモン→右)(ダ・ビンチ絵画席順)
(左←バルトロマイ、小ヤコブ、アンデレ、イスカリオテのユダ、ペテロ、ヨハネ、トマス、大ヤコブ、フィリポ、マタイ、ユダ(タダイ)、シモン→右)(wikipedia参考)

--------------------

【人物】
次の文字列を順に選んでアメリカの画家の名前にしなさい
クリスチャン・リース・ラッセン (Christian Riese Lassen)
次の文字列を順に選んで『モナリザ』『最後の晩餐』で有名なイタリアの画家の名前にしなさい
レオナルド・ダ・ビンチ (Leonardo da Vinci)
次の文字列を順に選んでフランスの画家の名前にしなさい
ジャン=フランソワ・ミレー (Jean-Francois Millet)
次の文字列を順に選んでイタリアの画家の名前にしなさい
ジョルジョ・デ・キリコ (Giorgio de Chirico)
次の文字列を順に選んで15世紀に活躍したフランドル派の画家の名前にしなさい
ロヒール・ヴァン・デル・ウェイデン (Rogier van der Weyden)
次の文字列を順に選んでラファエル前派の画家の名前にしなさい
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ (Dante Gabriel Rossetti)
次の文字列を順に選んでラファエル前派のイギリスの画家の名前にしなさい
ジョン・エヴァレット・ミレイ (John Everett Millais)
次の文字列を順に選んでオーストリアの画家の名前にしなさい
グスタフ・クリムト (Gustav Klimt)

【作品】
次の文字列を順に選んでイタリアの画家ボッティチェリの作品の名前にしなさい
『ナスタジオ・デリ・オネスティの物語』
次の文字列を順に選んでスペインの画家ベラスケスの代表作の名前にしなさい
『ラス・メニーナス(女官たち)』
次の文字列を順に選んでフランスの画家ルノワールの作品の名前にしなさい
『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』
次の文字列を順に選んでフランス印象派の画家ルノワールの作品名にしなさい
『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』
次の文字列を順に選んでフランスの画家ゴーギャンの作品の題名にしなさい
『我々はどこから来たのか?我々は何者なのか?我々はどこへ行くのか?』
次の文字列を順に選んでフランスの画家モディリアニの作品の名前になるようにしなさい
『背中を見せて横たわる裸婦』
次の文字列を順に選んで19世紀フランスの画家ジョルジュ・スーラの代表作のタイトルにしなさい
『グランドジャット島の日曜日の午後』
次の文字列を順に選んでスペインの画家サルバドール・ダリの作品のタイトルにしなさい
『目覚めの直前、柘榴のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢』
次の文字列を順に選んでアメリカの画家サージェントの代表作のタイトルにしなさい
『エドワード・ダーリー・ボイトの娘たち』 (ジョン・シンガー・サージェント米)
次の文字列を順に選んでリチャード・ハミルトンによる世界初のポップ・アート作品のタイトルにしなさい
『いったい何が 今日の家庭を これほどまでに変え 魅力的にしているのか』(Just what is it that makes today's homes so different, so appealing?)

次の文字列を順に選んでマルセル・デュシャンの作品『遺作』の正式なタイトルにしなさい
『(1)落下する水、(2)照明用ガス、が与えられたとせよ』
次の文字列を順に選んで『マリア礼賛』という意味がある、ゴーギャンの絵画のタイトルにしなさい
『イア・オラナ・マリア』 (イア→オラナ→マリア)
次の文字列を順に選んで通称を『ジャワ女』というゴーギャンの絵画のタイトルにしなさい
『アイタ・パラリ・テ・タマリ・ヴァヒネ・ジュディット』 (アイタ・パラリ→テ・タマリ→ヴァヒネ→ジュディット)

次の文字列を順に選んで葛飾北斎の前期の作品のタイトルにしなさい
『新板浮絵両国喬夕涼花火見物之図』(新板浮絵→両国喬→夕涼花火→見物之図)(しんぱんうきえ りようごくばし ゆうすずみはなび けんぶつのず)
次の文字列を順に選んで画家・青木繁の作品のタイトルにしなさい
『わだつみのいろこの宮』(わだ→つみ→のいろ→この宮)
  1. 2013/01/05(土) 02:05:35|
  2. 美術絵画検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美術絵画検定 線結び

次の文字列を組み合わせて16世紀にヨーロッパで活躍した画家の名前にしなさい
ルーカス - クラナッハ(独)
ピーテル - ブリューゲル(独)
ヒエロニムス - ボス(蘭)
ハンス - ホルバイン(独)
パオロ - ヴェロネーゼ(伊)

次の文字列を組み合わせてラファエル前派の画家の名前にしなさい
ウィリアム・ホルマン - ハント(英)
ダンテ・ガブリエル - ロセッティ(英)
ジョン・エヴァレット - ミレイ(英)

次の文字列を組み合わせてバルビゾン派の画家の名前にしなさい
ジュール - デュプレ(仏)
シャルル=フランソワ - ドービニー(仏)
ピエール=エティエンヌ - テオドール・ルソー(仏)

次の文字列を組み合わせてエコール・ド・パリのメンバーだった画家の名前にしなさい
アンリ - ルソー
マリー - ローランサン
モーリス - ユトリロ
マルク - シャガール(仏)
アメデオ - モディリアーニ(伊)
モイーズ - キスリング (ポーランド)
ジュール - パスキン (ブルガリア)

次の文字列を組み合わせて彫刻家の名前にしなさい
ヘンリー - ムーア(英)
アリスティド - マイヨール(仏)
アントワーヌ - ブールデル(仏)
アルベルト - ジャコメッティ(瑞西)

次の文字列を組み合わせてナビ派のメンバーだった画家の名前にしなさい
モーリス - ドニ(仏)
ピエール - ボナール(仏)
ポール - セリュジエ(仏)
エドゥアール - ヴュイヤール(仏)

次のイタリアの画家と作品の正しい組み合わせを選びなさい
パオロ・ヴェロネーゼ - 『カナの婚礼』
ジョルジョーネ(Giorgione) - 『眠れるヴィーナス』
ミケランジェロ - 『最後の審判』

次の彫刻家とその代表作の正しい組み合わせを選びなさい
アントワーヌ・ブールデル(仏) - 『弓を引くヘラクレス』
アリスティード・マイヨール(仏) - 『地中海』
コンスタンティン・ブランクーシ(ルーマニア) - 『空間の鳥』

次の絵画とその作者の正しい組み合わせを選びなさい
『ウルビノのヴィーナス』 - ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(伊)
『眠れるヴィーナス』 - ジョルジョーネ(Giorgione伊)
『鏡を見るヴィーナス』 - ディエゴ・ベラスケス(西)

次のオルセー美術館所蔵の絵画とその作者の正しい組み合わせを選びなさい
『サン=ラザール駅』 - クロード・モネ
『セザンヌ礼賛』 - モーリス・ドニ
『指をしゃぶるアン』 - メアリー・カサット米
『床を削る人々』 - ギュスターヴ・カイユボット仏
『テピダリウム』 - テオドール・シャセリオー仏
『フランス戦役』 - メッソニエ(仏Meissonierジャン=ルイ=エルネスト・メッソニエ)

次の大原美術館所蔵の絵画とその作者の正しい組み合わせを選びなさい
『りんご採り』 - カミーユ・ピサロ(仏)
『カットアウト』 - ジャクソン・ポロック(米)
『欄干の猫』(らんかんのねこ) - ピエール・ボナール(仏)

【出身・国籍】
次の画家とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
ミケランジェロ - イタリア
モーリス・ユトリロ - フランス
ディエゴ・ベラスケス - スペイン
アンディ・ウォーホル - アメリカ
ジョアン・ミロ - スペイン
次の画家とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
ニコラ・プーサン - フランス
キース・ヘリング - アメリカ
ピエト・モンドリアン - オランダ

次の芸術家とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
ティントレット(Tintoretto) - イタリア
バルトロメ・ムリーリョ - スペイン
オーブリー・ビアズリー - イギリス
次の芸術家とその出身国の正しい組み合わせを選びなさい
ジョン・コンスタブル - イギリス
フェルナン・クノップフ - ベルギー
マン・レイ - アメリカ

次のスペインの画家と生誕地の正しい組み合わせを選びなさい
ピカソ - マラガ
ベラスケス - セビリア
ダリ - フィゲラス

【作品】
次の文字列を組み合わせて有名な絵画の作品名にしなさい(大意)
アルカディアの - 牧人
カナの - 婚礼
キオス島の - 虐殺

次の文字列を組み合わせてオランダの画家レンブラントの絵画のタイトルにしなさい
エウロペの - 誘拐
放蕩息子の - 帰還
テュルプ博士の - 解剖学講義
トビトと - ハンナ
イサクと - リベカ
目を潰される - サムソン

次の文字列を組み合わせてフランスの画家ドラクロワの絵画のタイトルにしなさい
リエージュ司祭の - 暗殺
ダンテの - 小舟
トラヤヌスの - 裁定

次の文字列を組み合わせてオランダの画家ゴッホの絵画のタイトルにしなさい
カラスのいる - 麦畑
オーヴェルの - 教会
アルルの - 跳ね橋
黄色い - 家
ドービニーの - 庭
夜の - カフェテラス

次の文字列を組み合わせてスペインの画家ピカソの絵画のタイトルにしなさい
アヴィニョンの - 娘たち
サルタンバンクの - 家族
オルタの - レンガ工場

次の文字列を組み合わせてスペインの画家サルバドール・ダリの作品名にしなさい(大意)
記憶の - 固執
内乱の - 予感
燃える - キリン
ポルト・リガトの - 聖母

【収蔵】
次のレオナルド・ダ・ビンチの絵画と収蔵している美術館の正しい組み合わせを選びなさい
『モナリザ』 - ルーブル美術館
『岩窟の聖母』 - ルーブル美術館
『キリストの洗礼』 - ウフィツィ美術館
『東方三博士の礼拝』 - ウフィツィ美術館
『ブノワの聖母』 - エルミタージュ美術館
『白貂を抱く貴婦人』 - チャルトリスキ美術館

次のスペインの画家エル・グレコの作品とそれを所蔵している場所の正しい組み合わせを選びなさい
『受胎告知』 - 大原美術館(岡山県倉敷市)
『羊飼いの礼拝』 - プラド美術館
『トレド風景』 - メトロポリタン美術館(ニューヨーク)
『オルガス伯の埋葬』 - サント・トメ教会

次のフェルメールの絵画と所蔵している美術館の正しい組み合わせを選びなさい
『レースを編む女』 - ルーブル美術館
『真珠の耳飾りの少女』 - マウリッツハイス美術館
『牛乳を注ぐ女』 - アムステルダム国立美術館
次のフェルメールの絵画と所蔵している美術館の正しい組み合わせを選びなさい
『絵画芸術』 - ウィーン美術史美術館
『手紙を書く婦人と召使』 - アイルランド国立絵画館
『地理学者』 - シュテーデル美術館 (『天文学者』ルーブル美術館)

次のフランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィッドの作品と所蔵している美術館の正しい組み合わせを選びなさい
『ナポレオン1世の戴冠式』 - ルーブル美術館
『ナポレオンのアルプス越え』 - ウィーン美術史美術館 (サンベルナール峠を越えるナポレオン)
『マラーの死』 - ベルギー王立美術館

次のゴッホの絵画と収蔵している美術館の正しい組み合わせを選びなさい
『アルルの跳ね橋』 - クレラー・ミュラー美術館(蘭)
『医師ガシェの肖像』 - オルセー美術館
『星月夜』 - ニューヨーク近代美術館
『黄色い家』 - ゴッホ美術館
『カラスのいる麦畑』 - ゴッホ美術館
『夜の白い家』 - エルミタージュ美術館
『夜のカフェ』 - クレラー・ミュラー美術館
『太陽と種まく人』 - イェール大学美術館

次のグスタフ・クリムトの作品と所蔵している美術館の正しい組み合わせを選びなさい
『パラス・アテネ』 - ウィーン市立歴史美術館
『メーダ・プリマヴェージ』 - メトロポリタン美術館
『ベートーベン・フリーズ』 - 分離派会館
『ユディトI』 - 国立オーストリア美術館
『ユディトII』 - ヴェネツィア国際現代美術館
『希望I』 - カナダ国立美術館
『希望II』 - ニューヨーク近代美術館

次の画家ピカソの作品と所蔵している美術館の正しい組み合わせを選びなさい
『アヴィニョンの娘たち』 - ニューヨーク近代美術館
『ゲルニカ』 - ソフィア王妃芸術センター
『泣く女』 - テート・ギャラリー(英)

次の文字を組み合わせて画家クリムトの作品のモデルとなった女性の名前にしなさい
オイゲニア - プリマフェージ
マリー - ツィンマーマン
アルマ - マーラー

【美術館】
次のイタリアの美術館と位置する都市の正しい組み合わせを選びなさい(大意)
ボルゲーゼ美術館 - ローマ
ウフィツィ美術館 - フィレンツェ
カポディモンテ美術館 - ナポリ
次のイタリアの美術館と位置する都市の正しい組み合わせを選びなさい(大意)
カピトリーノ美術館 - ローマ
アカデミア美術館 - ベネチア
ブレラ美術館 - ミラノ
次の美術館とそれがある愛知県の市の正しい組み合わせを選びなさい
メナード美術館 - 小牧市
名都美術館(めいと) - 長久手市
マスプロ美術館 - 日進市

【美術絵画傾向】
次の画家ピカソの作品とモデルになった女性の正しい組み合わせを選びなさい
『花の女』 - フワンソワーズ・ジロー
『化粧』 - フェルナンド・オリヴィエ
『マ・ジョリ』 - エヴァ・グエル

次の絵画の一派と結成された国の正しい組み合わせを選びなさい
ラファエル前派 - イギリス
オルフィスム - フランス
ブリュッケ - ドイツ

次の国とその国での19世紀末から20世紀初頭の美術運動アール・ヌーボーの呼称の正しい組み合わせを選びなさい
ロシア - スティル・モデルヌ
オーストリア - ゼツェッシオン
オランダ - ネーウェ・クンスト
(イギリス - モダン・スタイル)
(スペイン - モデルニスモ)
(スイス - スティル・サパン)

次の文字列を組み合わせて新印象派の画家の名前にしなさい
ジョルジュ - スーラ(仏)
ポール - シニャック(仏)
シャルル - アングラン(仏)

次の文字列を組み合わせてオルフィスムに分類される画家の名前にしなさい
ロベール - ドローネー(仏)
フェルナン - レジェ(仏)
ジャック - ヴィヨン(仏)

次の文字列を組み合わせて芸術家集団コブラに参加した画家の名前にしなさい
クリスチャン - ドートルモン(ベルギー)
カレル - アペル(蘭)
ピエール - アレシンスキー(ベルギー)

次の文字列を組み合わせてアクション・ペインティングに分類される画家の名前にしなさい
ジャクソン - ポロック(米)
ウィレム - デ・クーニング(蘭)
アドルフ - ゴッドリーブ(米)

次の芸術運動、芸術集団とその命名者の正しい組み合わせを選びなさい
アンフォルメル - ミシェル・タピエ(仏)
フォービズム - ルイ・ヴォークセル(仏)
コブラ - クリスチャン・ドートルモン(ベルギー)
次の芸術運動、芸術集団とその命名者の正しい組み合わせを選びなさい
キュビズム - ルイ・ヴォークセル(仏)
ダダイズム - トリスタン・ツァラ(仏)
ポップ・アート - ローレンス・アロウェイ(英)

次の絵画の一派とその命名者の正しい組み合わせを選びなさい
印象派 - ルイ・ルロワ(仏)
ポスト印象派(印象後派) - ロジャー・フライ(英)
新印象派 - フェリックス・フェネオン(伊)(印象派の色彩理論を科学的に発展させた点描画法による鮮明な画面と明確な形態把握を特徴とする)

次の絵画のグループとそのメンバーだった画家の正しい組み合わせを選びなさい
ラファエル前派 - ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ英 (1850年頃)
セクシオン・ドール - フランシス・ピカビア仏 (1912黄金分割)
青騎士 - フランツ・マルク独 (活動期間1912-1914)
エコール・ド・パリ - ジュール・パスキン(ブルガリア)
コブラ - カレル・アペル蘭 (コブラ1949-1952)


【日本美術】
次の文字列を組み合わせて現代芸術家の名前にしなさい
宮島 - 達男 (みやじまたつお)
水谷 - 勇夫 (みずたにいさお)
草間 - 彌生 (くさまやよい)

次の文字列を組み合わせて彫刻家の名前にしなさい
平櫛 - 田中
三木 - 富雄
本郷 - 新 (ほんごうしん)
木内 - 克 (きのうちよし)
北村 - 西望 (きたむらせいぼう)
石井 - 鶴三 (いしいつるぞう)
中原 - 悌二郎 (なかはらていじろう)

次の画家とその代表作の正しい組み合わせを選びなさい
竹久夢二 - 『黒船屋』
黒田清輝 - 『湖畔』
岸田劉生 - 『麗子像』
青木繁 - 『海の幸』

次の画家とその代表作の正しい組み合わせを選びなさい
土田麦僊 - 『湯女図』(ゆなず)
速水御舟 - 『炎舞』
今村紫紅(いまむらしこう) - 『近江八景』

次の画家と代表作の正しい組み合わせを選びなさい
下村観山 - 『弱法師』
富岡鉄斎 - 『旧蝦夷風俗図』
速水御舟 - 『名樹散椿』(めいじゅちりつばき)

次の画家とその代表作の正しい組み合わせを選びなさい
菱田春草 - 『黒き猫』
狩野芳崖 - 『悲母観音』
高橋由一 - 『鮭』
橋本雅邦 - 『竜虎図』
梅原龍三郎 - 『紫禁城』
藤島武二 - 『天平の面影』
和田英作 - 『渡頭の夕暮』(ととうのゆうぐれ)
代表作に『仁王捉鬼図』や切手の図案にもなった『悲母観音図』がある、山口県下関生まれの明治の画家は?(文字パネル)
→狩野芳崖 (仁王捉鬼図におうそっきず)

次の画家とその代表作の正しい組み合わせを選びなさい
田能村竹田 - 『亦復一楽帖』(またまたいちらくちょう)
司馬江漢 - 『不忍池図』(しのばずのいけず)
渡辺崋山 - 『鷹見泉石像』 (著書『慎機論』)
谷文晃(たにぶんちょう) - 『公余探勝図』(こうよたんしょうず)
亜欧堂田善(あおうどう でんぜん) - 『浅間山図屏風』

次の画家と代表作の正しい組み合わせを選びなさい
川合玉堂 - 『行く春』
土田麦僊 - 『舞妓林泉』(ぶぎりんせん)
村山槐多(むらやまかいた) - 『尿する裸僧(いばりするらそう)』

次の芸術家とその代表作を正しい組み合わせにしなさい
荻原守衛 - 『デスペア』
平櫛田中 - 『五浦釣人』
高村光雲 - 『老猿』
朝倉文夫(あさくらふみお) - 『墓守』(はかもり)

次の洋画家とその代表作の正しい組み合わせを選びなさい
梅原龍三郎 - 『紫禁城』
安井曾太郎(やすいそうたろう) - 『金蓉』(きんよう)
佐伯祐三(さえきゆうぞう) - 『郵便配達夫』
中村彝(なかむらつね) - 『エロシェンコ像』

次の社寺と、そこにある彫刻師の左甚五郎が手がけたと言われる作品の正しい組み合わせを選びなさい
日光東照宮 - 眠り猫
知恩院 - 忘れ傘
上野東照宮 - 昇り龍

次の北海道釧路市の幣舞橋の欄干に立つ「四季の像」とその作者である彫刻家の正しい組み合わせを選びなさい
『春の像』 - 舟越保武(ふなこしやすたけ)
『夏の像』 - 佐藤忠良(さとうちゅうりょう)
『秋の像』 - 柳原義達(やなぎはらよしたつ)
『冬の像』 - 本郷新(ほんごうしん)

次の大原美術館所蔵の絵画とその作者の正しい組み合わせを選びなさい
『Nの家族』 - 小出楢重
『耕到天(たがやしててんにいたる)』 - 藤島武二
『和服を着たベルギーの少女』 - 児島虎次郎(こじまとらじろ)

次の国宝に指定されている絵画とそれを所蔵すている場所の正しい組み合わせを選びなさい
『洛中洛外図』 - 上杉博物館 (狩野永徳)
『秋冬山水図』 - 東京国立博物館 (雪舟)
『蓮池水禽図』 - 京都国立博物館 (俵屋宗達)

次の葛飾北斎の『冨嶽三十六景』の作品とその通称の正しい組み合わせを選びなさい
凱風快晴(がいふうかいせい) - 赤富士
山下白雨(さんかはくう) - 黒富士
尾州不二見原(びしゅうふじみがはら) - 桶屋の富士

次の文字列を組み合わせて葛飾北斎の『富嶽三十六景』の作品の題名にしなさい
礫川 - 雪の旦 (こいしかわゆきのあした)(11)
隅田川 - 関屋の里 (すみだがわせきやのさと)(13)
深川 - 万年橋下 (ふかがわまんねんばしした)(06)
次の文字列を組み合わせて葛飾北斎の『富嶽三十六景』の作品の題名にしなさい
相州 - 仲原 (そうしゅうなかはら)(26)
駿州 - 江尻 (すんしゅうえじり)(35)
尾州 - 不二見原 (びしゅうふじみがはら)(40)
甲州 - 伊沢暁 (こうしゅういさわのあかつき)(43)
信州 - 諏訪湖 (しんしゅうすわこ)(44)
次の文字列を組み合わせて葛飾北斎の『富嶽三十六景』の作品の題名にしなさい
本所 - 立川 (ほんじょたてがわ)(05)
山下 - 白雨 (さんかはくう)(32)
遠江 - 山中 (とおうみさんちゅう)(38)
東海道 - 吉田 (とうかいどうよしだ)(39)

[富嶽三十六景 まとめ]
1. 江戸日本橋
2. 江都駿河町三井見世略圖
3. 東都駿臺
4. 東都浅艸本願寺
5. 本所立川
6. 深川万年橋下(ふかがわまんねんばしした)
7. 五百らかん寺さざゐどう
8. 青山圓座枩
9. 隠田の水車
10. 下目黒
11. 礫川雪ノ旦(こいしかわゆきのあした)
12. 御厩川岸より両國橋夕陽見
13. 隅田川関屋の里(すみだがわせきやのさと)
14. 武州千住
15. 従千住花街眺望ノ不二
16. 武陽佃嶌
17. 上總ノ海路
18. 登戸浦
19. 常州牛掘
20. 東海道品川御殿山ノ不二
21. 神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)
22. 武州玉川
23. 東海道程ケ谷
24. 相州七里濵
25. 相州江の嶌
26. 相州仲原
27. 相州梅澤左
28. 相州箱根湖水
29. 甲州三嶌越
30. 駿州片倉茶園ノ不二
31. 駿州大野新田
32. 山下白雨(さんかはくう)
33. 凱風快晴(がいふうかいせい)
34. 諸人登山
35. 駿州江尻
36. 東海道江尻田子の浦略圖
37. 東海道金谷ノ不二
38. 遠江山中
39. 東海道吉田
40. 尾州不二見原(びしゅうふじみがはら)
41. 甲州犬目峠
42. 甲州三坂水面
43. 甲州伊沢暁
44. 信州諏訪湖
45. 甲州石班澤
46. 身延川裏不二
  1. 2013/01/05(土) 02:04:38|
  2. 美術絵画検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美術絵画検定 キューブ

17世紀オランダで活躍した風景画家です
→ロイスダール (ヤーコプ・ファン・ロイスダール)
1734年に一般公開されたローマにある美術館
→カピトリーノ (カピトリーノ美術館)
1863年に描かれたフランスの画家エドゥアール・マネの代表作です
→オランピア
1908年に自殺してしまったオーストリアの画家です
→ゲルストル (リヒャルト・ゲルストル墺)
20世紀の初頭に誕生した絵画の一派です
→キュビスム
2012年に亡くなったスペインの芸術家はアントニ・○○○○?
→アントニ・タピエス
「バラの画家」と呼ばれたベルギーの画家です
→ルドゥテ (ピエール=ジョゼフ・ルドゥテ)
『赤い木のある風景』で有名なフランスの野獣派の画家です
→ヴラマンク (モーリス・ド・ヴラマンク)
『クリスティーナの世界』で有名なアメリカの画家
→ワイエス (アンドリュー・ワイエス米)
『四使徒』『メランコリア』を描いたドイツ、ルネサンスの画家
→デューラー (アルブレヒト・デューラー)
『ブレダの開城』などを描いた17世紀スペインを代表する画家
→ベラスケス (ディエゴ・ベラスケス)
『かんぬき』『ブランコ』などの作品があるフランスの画家
→フラゴナール (ジャン・オノレ・フラゴナール)
『窓ぎわのトットちゃん』の挿絵も描いた女性画家です
→いわさきちひろ (本名:松本知弘 まつもとちひろ)
アメリカで活躍したロシア出身の彫刻家です
→アーキペンコ (アレクサンダー・アーキペンコ)
アポリネールが命名した抽象絵画の一派です
→オルフィスム
イタリアのフェラーラ出身の19~20世紀の肖像画家です
→ボルディーニ (ジョバンニ・ボルディーニ)
オスカー・ワイルドの小説『サロメ』の挿絵を描いた画家
→ビアズリー (オーブリー・ビアズリー)
オスロのフログネル公園にある彫刻家ヴィーゲランの代表作
→モノリッテン (グスタフ・ヴィーゲラン)
クリムトやシーレと並び称されるオーストリアの画家です
→ココシュカ (オスカー・ココシュカ)
ゴッホと共同生活をしたフランスの画家です
→ゴーギャン (ポール・ゴーギャン)
スペインの画家ゴヤが妻の死後67歳から交際した愛人です
→レオカディア
ドイツの都市カッセルで5年に一度行われる美術展
→ドクメンタ
ナビ派の一員としても活躍したスイスの画家です
→ヴァロットン (フェリックス・ヴァロットン)
ニューヨーク・ダダの一員だったフランスの画家です
→ピカビア (フランシス・ピカビア)
バロック時代に活躍したフランドルの画家です
→ルーベンス (ピーテル・パウル・ルーベンス)
パルテノン神殿の建設で総監督を務めた古代ギリシャの彫刻家
→フェイディアス(Pheidias)(orペイディアス)
フランスの画家クールベの代表作は『○○○○の埋葬』?
→オルナンの埋葬
プラド美術館が所蔵するレンブラントの作品です
→アルテミシア
ホイットニー美術館の創設者は○○○○○○・ホイットニー?
→ガートルード・ホイットニー (米ニューヨーク1931年)
ポスター『ジスモンダ』で有名なアール・ヌーボーの画家
→ミュシャ (アルフォンス・ミュシャ墺)
ポスター『北星号』で有名な20世紀フランスの画家です
→カッサンドル (アドルフ・ムーロン・カッサンドル)
ポリネシア語で「楽しい時」という意味があるゴーギャンの絵画
→アレアレア
リベラ、オロスコと共にメキシコ壁画の三大巨匠と呼ばれる画家
→シケイロス (ダビド・シケイロス)(ディエゴ・リベラ)(ホセ・クレメンテ・オロスコ)
ルネサンス期に活躍したドイツの画家です
→クラナッハ (ルーカス・クラナッハ)
レオナルド・ダ・ビンチの師匠として有名な画家です
→ヴェロッキオ (アンドレア・デル・ヴェロッキオ伊)
印象派の絵画の題材になったノルマンディー地方の港町
→オンフルール(仏Honfleur)
海を題材とした作品で有名な20世紀ベルギーの画家です
→スピリアールト (レオン・スピリアールト)
絵画を描く時に用いる定着剤のことです
→フキサチーフ
画家のゴッホが生まれたオランダの村はフロート・○○○○○?
→フロート・ズンデルト
黒のペインターの異名を持つアンフォルメルの画家です
→スーラージュ (ピエール・スーラージュ)
芸術家集団コブラの命名者であるベルギーの画家です
→ドートルモン (クリスチャン・ドートルモン)
女性闘牛士に襲いかかる怪物を描いた画家ピカソの版画作品
→ミノタウロマキア
新印象派に分類されるベルギーの画家です
→レイセルベルヘ (テオ・ファン・レイセルベルヘ)
青騎士のメンバーとして活躍したロシア系ドイツ人の画家
→ヤウレンスキー (アレクセイ・フォン・ヤウレンスキー)
青騎士のメンバーとして活躍したドイツ人の画家です
→カンペンドンク (ハインリヒ・カンペンドンク)
青騎士のメンバーとして活躍したドイツ系アメリカ人の画家
→ファイニンガー (リオネル・ファイニンガー)
大正、昭和期の洋画家・佐伯祐三の代表作です
→コルドヌリ(靴屋)
代表作に『ペリクレス像』がある古代ギリシャの彫刻家です
→クレシラス(Kresilas)
代表作に『パリの通り、雨』がある印象派の画家です
→カイユボット (ギュスターヴ・カイユボット)
代表作に『泉』があるフランスの画家です
→アングル (ドミニク・アングル)
代表作に『画家のアトリエ』がある19世紀フランスの画家
→クールベ (ギュスターヴ・クールベ)
代表作に『破壊された都市』があるロシア生まれの彫刻家
→ザッキン (オシップ・ザッキン)
代表作に『電気の精』があるフランス野獣派の画家です
→デュフィ (ラウル・デュフィ)
代表作に『三等客室』がある19世紀フランスの絵画です
→ドーミエ (オノレ・ドーミエ)
代表作に『バベルの塔』がある16世紀フランドルの画家です
→ブリューゲル (ピーテル・ブリューゲル)
代表作に『赤い食卓』『ダンス』などがあるフランスの画家
→マティス (アンリ・マティス)
妻イーダをモデルにした作品で知られるデンマークの画家
→ハンマースホイ (ヴィルヘルム・ハンマースホイ)
妻・俊子との共作『原爆の図』で有名な日本画家です
→まるきいり(丸木位里 丸木俊子としこ)
銅版画を作成する際の技法のひとつです
→ドライポイント(drypoint)
動物、特に牛の絵を多く残したフランス・バルビゾン派の画家
→トロワイヨン (コンスタン・トロワイヨン)
日本人の秋山ちよを妻に持ったハンガリーの天才彫刻家です
→ナンドール (ワグナー・ナンドール)
日本語では「野獣派」という20世紀の絵画の一派です
→フォービズム
版画連作『放蕩息子一代』で有名なイギリスの画家
→ホガース (ウィリアム・ホガース英)(放蕩(ほうとう)とは、自分の思うままに振る舞うこと。やるべきことをやらず飲酒や遊びにうつつをぬかすこと)
美術で短時間で行う簡単な素描のことをフランス語で何という?
→クロッキー
美術における肖像画のことを英語で何という?
→ポートレート
美術における風景画のことを英語で何という?
→ランドスケープ
冬の風景画を得意とした17世紀オランダの画家です
→アーフェルカンプ (ヘンドリック・アーフェルカンプ)
村上隆が主催する若手芸術家向けのアートイベントです
→GEISAI(芸祭げいさい)
名作『夜警』で有名な17世紀オランダの画家は?
→レンブラント (レンブラント・ファン・レイン)
有名人の肖像を多く残したイタリアの銅版画家
→キヨソーネ (エドアルド・キヨソーネ)
  1. 2013/01/05(土) 02:04:05|
  2. 美術絵画検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

紅葉ちゃん・ω・)

Author:紅葉ちゃん・ω・)
紅葉(こうよう)
理想は完成度の高い問題集を作ることです。
Wikipediaのように皆様からの新問や検定問題の情報提供お待ちしています。右辺専門サイトです。(PCモード閲覧推奨)
看護師してます。QMA弱体化しましたが、リアルを大切にしてマイペースにQMAやってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

問題情報交換 雑談等 (3)
PCmobile検定 (13)
北海道東北検定 (13)
東京関東検定 (13)
中部北陸検定 (13)
アジア検定 (13)
ヨーロッパ検定 (13)
世界情勢検定 (0)
経済ビジネス検定 (13)
百貨店コンビニ検定 (13)
ミリタリー検定 (13)
トレイン検定 (13)
オカルト検定 (13)
日本古代中世史検定 (13)
戦国時代検定 (13)
幕末明治維新検定 (13)
明治大正検定 (13)
西洋史検定 (13)
美術絵画検定 (13)
世界文学検定 (13)
雑誌書籍検定 (0)
ことわざ検定 (13)
漢字四字熟語検定 (13)
神話検定 (0)
化学検定 (13)
医療検定(人体検定) (13)
野菜フルーツ検定 (13)
アニマル検定 (13)
ムシ検定 (13)
海洋学検定 (0)
恐竜古代生物検定 (13)
宇宙天文検定 (13)
未分類メモ (1)
看護師勤務 自己学習 (4)
国家試験勉強 (5)
サイト概要 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
365位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。