紅葉のQMA問題ブログ・ω・)

Quiz Magic Academy 天の学舎 問題ブログ・ω・)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

漢字四字熟語検定 グループ分け

--------------------
[漢字 読み]
次の漢字をかな3文字の読みごとにグループ分けしなさい
あかし:証、灯
あした:朝
あらわ:露、顕
いくさ:戦、軍
いさお:功、勲
いとま:暇、遑
いわや:窟、巖
うてな:台
おどし:縅
かがみ:鑑
かたき:讐
きずな:絆、紲
くだり:件、条
しぶき:沫
ためし:様、例
つがい:番
つかさ:司、官
てすり:欄、闌
とりで:塞
なかま:党
はかり:衡
はずみ:機
ほうき:箒、彗
ほとり:辺、畔
めもり:度
やから:輩、族
よしみ:誼、好
よすが:縁、因、便 (意味:頼みとする人。身寄り)

次の言葉を、読みごとにグループ分けしなさい
こうくう:口腔
こうこう:杲杲、耿耿、膏肓、鴻溝
こうさい:交際、虹彩
こうさん:公算、降参、恒産
こうそう:降霜、倥偬
こうとう:洪濤、浩蕩、功稲、寇盗、高騰、高踏、叩頭、勾当、喉頭
こうろう:高楼
そうさい:喪祭、総裁

次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい
けいけい:炯炯
けいじょう:警杖、敬譲
けいせい:傾城、契情、警醒
けいせん:軽賤
けいてい:兄弟
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい
せんとう:戦闘、銭湯、尖塔
てんこう:天候
てんとう:点灯、店頭、転倒
てんぼう:展望
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい
てんきゅう:天泣、天穹
てんじょう:天壌
てんちゅう:天柱、天誅
てんちょう:天聴、天寵
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい
ようきん:溶菌、洋琴
ようさい:要塞、洋裁
ようさん:養蚕、洋傘
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい
あんき:安危、晏起
うんき:温気
えんき:厭忌、冤鬼
せんき:疝気
りんき:悋気
次の二字熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい
かいり:乖離、懐裡
けいり:経理、警吏
さいり:犀利
だいり:内裏
へいり:弊履、瓶裏

次の熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい
あぐら:胡坐
かや:蚊帳
あずまや:東屋、四阿、阿舎
おもや:母屋、主屋
次の熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい
あま:海女
おかみ:女将、内儀
おやま:女形
めおと:夫婦、妻夫、女夫
次の熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい
がらす:硝子
なめこ:滑子
ねじ:螺子、捩子、捻子
はしご:梯子、階子
次の熟語を読み方ごとにグループ分けしなさい
こめかみ:蟀谷
しらふ:素面、白面
にきび:面皰
ふけ:雲脂、頭垢
みぞおち:鳩尾

次の動詞を、読み方ごとにグループ分けしなさい
あきれる:呆れる、惘れる
おそれる:畏れる、懼れる
こなれる:熟れる
なだれる:傾れる
まみれる:塗れる
もつれる:縺れる
次の動詞を、読み方ごとにグループ分けしなさい
あこがれる:憧れる、憬れる
おくれる:後れる
かすれる:擦れる、掠れる
かれる:嗄れる
じゃれる:戯れる
まくれる:捲れる
次の動詞を、読み方ごとにグループ分けしなさい
えぐれる:刳れる
くずおれる:頽れる
こぼれる:零れる、翻れる
みだれる:紊れる

次の言葉を漢字による表記ごとにグループ分けしなさい
杏子:あんず
芥子:からし、けし
黒子:くろこ、ほくろ
茄子:なす
束子:たわし

次の熟語を読みの最初の一文字ごとにグループ分けしなさい
あ:灰汁、飛鳥、天晴(あっぱれ)
い:田舎、悪戯(いたずら)
う:泡沫(うたかた)、団扇(うちわ)、雲丹(うんたん)
つ:旋毛(つむじ)、氷柱(つらら)、悪阻(つわり)
な:等閑(なおざり)、就中(なかんずく)
は:同胞(はらから)
ま:円居(まどい)、肉刺(まめ)
め:針孔(めど)、眩暈(めまい)
ゆ:白雨(ゆうだち)、左手(ゆんで,弓手)、所以(ゆえん)
次の熟語を読みの最初の一文字ごとにグループ分けしなさい
あ:嘲笑う(あざわらう)
さ:復習う(さらう)、私語く(ささやく)、流離う(さすらう)
つ:交尾む(つるむ)
は:含羞む(はにかむ)、蔓延る(はびこる)
次の熟語を読みの最初の一文字ごとにグループ分けしなさい
あ:周章てる(あわてる)
う:項垂れる(うなだれる)、自惚れる(うぬぼれる)、狼狽える(うろたえる)
さ:彷徨える(さまよえる)
よ:蹌踉ける(よろける)

次のことわざを「魚の部分の漢字の一般的な読みごとにグループ分けしなさい」
うお:木に縁りて魚を求む、釜中魚を生ず、呑舟の魚
ぎょ:池魚の殃、大魚は小池に棲まず
とと:ごまめの魚交じり、目高も魚のうち、
木に縁りて魚を求む(きによりてうおをもとむ):手段方法を誤れば、事は成功しないことのたとえ。木に登って得られるはずのない魚を得ようとする意から。
釜中魚を生ず(ふちゅううおをしょうず):極めて貧しい生活のたとえ。後漢の范冉(はんぜん)が貧しくて永い間飯をたかないでいると釜に孑孑(ボウフラ)がわいたという『後漢書(范冉伝)』の故事から。
呑舟の魚(どんしゅうのうお):常人をはるかに超えた才能をもつ大物。「呑舟」は舟を飲み込むこと。舟を飲み込んでしまうほどの大きな魚の意味。
大魚は小池に棲まず(たいぎょはしょうちにすまず):大人物はつまらない仕事や、低い地位には満足しないこと。
池魚の殃(ちぎょのわざわい):思いがけない災難にあうこと。巻き添えで災難にあうこと。池に落ちた珠(たま)を取るために池の水を汲み出され、池の魚はみな死んでしまったという『呂氏春秋』の故事から。
ごまめの魚交じり(ごまめのととまじり):=雑魚の魚交じり。大したことのない人が優れた人々の中に入り混じっていること。
目高も魚のうち(めだかもととのうち):メダカのように小さな魚でも魚に違いない。どんなにちっぽけなものでもその仲間の一つには違いないことのたとえ。

--------------------
[四字熟語]
次の四字熟語を○に入る漢数字ごとにグループ分けしなさい
一:一蓮托生、一心不乱、首尾一貫、一衣帯水、一言居士、一陽来復、乾坤一擲、一網打尽、一騎当千
二:一石二鳥、唯一無二
三:孟母三遷(もうぼさんせん)、三拝九拝(さんぱいきゅうはい)、二束三文、三寒四温、朝三暮四、葦編三絶
四:四苦八苦、四面楚歌、朝三暮四
五:五風十雨(ごふうじゅうう)、五臓六腑、五里霧中
六:六根清浄(ろっこんしょうじょう)、八面六臂
八:七転八倒、八方美人
九:九牛一毛、三拝九拝
百:一罰百戒(いちばつひゃっかい)、百花斉放(ひゃっかせいほう)、百家争鳴、百花繚乱、百鬼夜行、百戦錬磨
千:一攫千金、千載一遇、悪事千里、一日千秋、一騎当千
万:七珍万宝(しっちんまんぽう)、万死一生(ばんしいっしょう)、万物流転(ばんぶつるてん)、森羅万象、波瀾万丈

次の四字熟語を○に入る動物の漢字ごとにグループ分けしなさい
馬:寸馬豆人(すんばとうじん)、千軍万馬、南船北馬、馬耳東風、意馬心猿、
牛:一牛鳴地(いちぎゅうめいち)、汗牛充棟
象:森羅万象
羊:多岐亡羊、羊頭狗肉
狼:周章狼狽(しゅうしょうろうばい)
虎:虎視眈眈、暴虎馮河
竜:画竜点睛、竜頭蛇尾
蛙:蛙鳴蝉噪
魚:池魚籠鳥(ちぎょろうちょう)、沈魚落雁(ちんぎょらくがん)
兎:鳶目兎耳(えんもくとじ)、金烏玉兎(きんうぎょくと)
雀:欣喜雀躍
鶏:陶犬瓦鶏(とうけんがけい)、鶏鳴狗盗(けいめいくとう)
鳥:池魚籠鳥(ちぎょろうちょう)、花鳥風月

次の四字熟語を○に入る漢字ごとにグループ分けしなさい
大:大願成就(たいがんじょうじゅ)、大器晩成、大義名分、大山鳴動
中:中途半端
小:小心翼翼(しょうしんよくよく)、小人閑居
次の四字熟語を○に入る漢字ごとにグループ分けしなさい
天:意気衝天、則天去私、天網恢恢、
地:咽喉之地(いんこうのち)、活溌溌地(かっぱつはっち)、地水火風(ちすいかふう)
次の四字熟語を○に入る漢字ごとにグループ分けしなさい
車:安歩当車、唇歯輔車
船:硯池法船、南船北馬
飛:飛竜乗雲、烏飛兔走
安歩当車(あんぽとうしゃ):貧乏に安んじて我慢するたとえ。歩くよりは車に乗る方が楽だが、買えるほど財産がないからいっそのことのんびり歩こうということ。
唇歯輔車(しんしほしゃ):互いに利害関係が密接なことのたとえ。「唇歯」は唇と歯。「輔車」は頬骨と下あごの骨。
硯池法船(けんちほうせん):仏教の経文を写すこと。写経。「硯池」はすずりのくぼんだ部分で墨池のこと。「法船」は苦しい現世を海にたとえそれを渡る船に仏法をたとえた言葉。この両者を併せ、精進して来世を願い、経文を静かに写すことをいう。
南船北馬(なんせんほくば):たえず旅していること。「南船」「北馬」は中国の交通手段。南の地は船で行き、北の地は馬で行く。
飛竜乗雲(ひりゅうじょううん):英雄や賢者が時勢に乗じて活躍するたとえ。竜が雲に乗って天高く昇る意味から。
烏飛兔走(うひとそう):月日の速く過ぎるたとえ。「烏」は日(太陽)、「兎」は月を意味し、転じて月日・歳月のたとえ。

--------------------
[部首]
次の漢字を、部首ごとにグループ分けしなさい
と:所、房、戻
ふるとり:雇、集、隼
にく:育、肩、脅
じゅう:協、卑
ちから:加、勝、勇、劣
次の漢字を、部首ごとにグループ分けしなさい
た:甲、申、界、男、町、画
き:未、末、果
こころ:思、忌
いと:累
つち:塁
ならびひ:毘
次の漢字を、部首ごとにグループ分けしなさい
あくび:歌、歓、次
くち:吹、嗽
くるま:軟
ひ:炊

次の字を糸へんがつくと別の漢字が成立するか否かでグループ分けしなさい
糸へんで別の字になる:各、従、宿、善、屯
別の字は成立しない:愛、公、付

--------------------
[正しい漢字]
次の表記を漢字が正しく使われているかいないかでグループ分けしなさい
正しい:禁制品(きんせいひん)、聴聞会(ちょうもんかい)、悲壮感(ひそうかん)、相棒
正しくない:合言葉(×相言葉)、違和感(×異和感)、完璧(×完壁)、賛否両論(×賛非両論)

次の表記を漢字が正しく使われているかいないかでグループ分けしなさい
正しい:群集心理、西暦、浮動票、有頂天
正しくない:百科事典(×百科辞典)、犠牲(×犠性)、未踏峰(×未到峰)、不可欠(×不可決)

次の表記を漢字が正しく使われているかいないかでグループ分けしなさい
正しい:交歓試合、善後策、指南、黙秘権
正しくない:親不孝(×親不幸)、驚異(×驚威)、三半規管(×三半器管)、朴念仁(×朴念人)
交歓試合(こうかんじあい):交歓とは、ともに打ち解けて楽しむこと。
善後策(ぜんごさく):後始末をうまくつけるための方法。
朴念仁(ぼくねんじん):無口で愛想のない人。がんこで物の道理のわからない人。「朴」は「素朴」など飾り気がないさま。「念」は考えること。「仁」は人を表している。本来は飾り気が無く素朴な考えの人を表す言葉であったが、飾り気の無さから転じて、無愛想な人やわからずやを指す言葉になった。

--------------------
[戸籍 漢字]
次の漢字を戸籍の名前としての使用の可否ごとにグループ分けしなさい
使用できる:苺、雫、蕾、檎
使用できない:檸、檬、焔、燐
次の漢字を戸籍の名前としての使用の可否ごとにグループ分けしなさい
使用できる:鱒、蟹、兜、豹
使用できない:鰹、鮭、妖、霖

次のうち、人名に使える漢字を全て選びなさい
○勿(ブツ)、僅(キン)、匁
×賭、鼠、髭
次のうち「人名用漢字」として名前への使用が認められた字を全て選びなさい
○苺、檎、雫、憂、掬(きく)
×檸(ねい)、檬(もう)、杞(き)、呪(じゅ)、妾(しょう)

--------------------
[漢字 画数]
次の漢字を、画数ごとにグループ分けしなさい
3画:及、弓
4画:氏、支、比
5画:凹、凸、巨、永、込、号、出
6画:卍、缶、考、衣、瓜、糸
7画:串、匣、忌、卵、臣
8画:画、亞

--------------------
[漢字配当表]
次の漢字を、「学年別漢字配当表」に基づき習うとされる小学校の学年ごとにグループ分けしなさい
一年生:千、金、草、森
二年生:馬、古、兄、聞、古
三年生:医、持、波、板
四年生:無、法、芸、未、得、借、種、兵
五年生:
六年生:私、存、砂、呼

[学年別漢字配当表 一覧]
第一学年:一 右 雨 円 王 音 下 火 花 貝 学 気 九 休 玉 金 空 月 犬 見 五 口 校 左 三 山 子 四 糸 字 耳 七 車 手 十 出 女 小 上 森 人 水 正 生 青 夕 石 赤 千 川 先 早 草 足 村 大 男 竹 中 虫 町 天 田 土 二 日 入 年 白 八 百 文 木 本 名 目 立 力 林 六(80字)
第二学年:引 羽 雲 園 遠 何 科 夏 家 歌 画 回 会 海 絵 外 角 楽 活 間 丸 岩 顔 汽 記 帰 弓 牛 魚 京 強 教 近 兄 形 計 元 言 原 戸 古 午 後 語 工 公 広 交 光 考 行 高 黄 合 谷 国 黒 今 才 細 作 算 止 市 矢 姉 思 紙 寺 自 時 室 社 弱 首 秋 週 春 書 少 場 色 食 心 新 親 図 数 西 声 星 晴 切 雪 船 線 前 組 走 多 太 体 台 地 池 知 茶 昼 長 鳥 朝 直 通 弟 店 点 電 刀 冬 当 東 答 頭 同 道 読 内 南 肉 馬 売 買 麦 半 番 父 風 分 聞 米 歩 母 方 北 毎 妹 万 明 鳴 毛 門 夜 野 友 用 曜 来 里 理 話(160字)
第三学年:悪 安 暗 医 委 意 育 員 院 飲 運 泳 駅 央 横 屋 温 化 荷 界 開 階 寒 感 漢 館 岸 起 期 客 究 急 級 宮 球 去 橋 業 曲 局 銀 区 苦 具 君 係 軽 血 決 研 県 庫 湖 向 幸 港 号 根 祭 皿 仕 死 使 始 指 歯 詩 次 事 持 式 実 写 者 主 守 取 酒 受 州 拾 終 習 集 住 重 宿 所 暑 助 昭 消 商 章 勝 乗 植 申 身 神 真 深 進 世 整 昔 全 相 送 想 息 速 族 他 打 対 待 代 第 題 炭 短 談 着 注 柱 丁 帳 調 追 定 庭 笛 鉄 転 都 度 投 豆 島 湯 登 等 動 童 農 波 配 倍 箱 畑 発 反 坂 板 皮 悲 美 鼻 筆 氷 表 秒 病 品 負 部 服 福 物 平 返 勉 放 味 命 面 問 役 薬 由 油 有 遊 予 羊 洋 葉 陽 様 落 流 旅 両 緑 礼 列 練 路 和(200字)
第四学年:愛 案 以 衣 位 囲 胃 印 英 栄 塩 億 加 果 貨 課 芽 改 械 害 街 各 覚 完 官 管 関 観 願 希 季 紀 喜 旗 器 機 議 求 泣 救 給 挙 漁 共 協 鏡 競 極 訓 軍 郡 径 型 景 芸 欠 結 建 健 験 固 功 好 候 航 康 告 差 菜 最 材 昨 札 刷 殺 察 参 産 散 残 士 氏 史 司 試 児 治 辞 失 借 種 周 祝 順 初 松 笑 唱 焼 象 照 賞 臣 信 成 省 清 静 席 積 折 節 説 浅 戦 選 然 争 倉 巣 束 側 続 卒 孫 帯 隊 達 単 置 仲 貯 兆 腸 低 底 停 的 典 伝 徒 努 灯 堂 働 特 得 毒 熱 念 敗 梅 博 飯 飛 費 必 票 標 不 夫 付 府 副 粉 兵 別 辺 変 便 包 法 望 牧 末 満 未 脈 民 無 約 勇 要 養 浴 利 陸 良 料 量 輪 類 令 冷 例 歴 連 老 労 録(200字)
第五学年:圧 移 因 永 営 衛 易 益 液 演 応 往 桜 恩 可 仮 価 河 過 賀 快 解 格 確 額 刊 幹 慣 眼 基 寄 規 技 義 逆 久 旧 居 許 境 均 禁 句 群 経 潔 件 券 険 検 限 現 減 故 個 護 効 厚 耕 鉱 構 興 講 混 査 再 災 妻 採 際 在 財 罪 雑 酸 賛 支 志 枝 師 資 飼 示 似 識 質 舎 謝 授 修 述 術 準 序 招 承 証 条 状 常 情 織 職 制 性 政 勢 精 製 税 責 績 接 設 舌 絶 銭 祖 素 総 造 像 増 則 測 属 率 損 退 貸 態 団 断 築 張 提 程 適 敵 統 銅 導 徳 独 任 燃 能 破 犯 判 版 比 肥 非 備 俵 評 貧 布 婦 富 武 復 複 仏 編 弁 保 墓 報 豊 防 貿 暴 務 夢 迷 綿 輸 余 預 容 略 留 領 (185字)
第六学年:異 遺 域 宇 映 延 沿 我 灰 拡 革 閣 割 株 干 巻 看 簡 危 机 揮 貴 疑 吸 供 胸 郷 勤 筋 系 敬 警 劇 激 穴 絹 権 憲 源 厳 己 呼 誤 后 孝 皇 紅 降 鋼 刻 穀 骨 困 砂 座 済 裁 策 冊 蚕 至 私 姿 視 詞 誌 磁 射 捨 尺 若 樹 収 宗 就 衆 従 縦 縮 熟 純 処 署 諸 除 将 傷 障 城 蒸 針 仁 垂 推 寸 盛 聖 誠 宣 専 泉 洗 染 善 奏 窓 創 装 層 操 蔵 臓 存 尊 宅 担 探 誕 段 暖 値 宙 忠 著 庁 頂 潮 賃 痛 展 討 党 糖 届 難 乳 認 納 脳 派 拝 背 肺 俳 班 晩 否 批 秘 腹 奮 並 陛 閉 片 補 暮 宝 訪 亡 忘 棒 枚 幕 密 盟 模 訳 郵 優 幼 欲 翌 乱 卵 覧 裏 律 臨 朗 論 (181字)

--------------------
スポンサーサイト
  1. 2013/09/23(月) 22:02:02|
  2. 漢字四字熟語検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漢字四字熟語検定 一問多答

--------------------
[漢字 読み]
次のうち「あざむく」と読む漢字を全て選びなさい(欺く,詑く)
○欺く、詑く
×戦く(慄く,おののく)、堰く(塞く,せく)、琢く(磨く,研く,みがく)、漸く(ようやく)

次のうち「あたかも」と読む漢字を全て選びなさい(恰も,宛も)
○恰も、宛も、のみ
×獲も(×)、選も(×)、彫も(×)、繪も(×)

次のうち「あなどる」と読む漢字を全て選びなさい(侮る,易る,傲る)
○侮る、易る、傲る(あなどる,おごる)
×訝る(いぶかる)、夷る(踞る,うずくまる)、奢る(驕る,傲る,おごる)、臆る(おしはかる)、斡る(めぐる)

次のうち「うつうつ」と読む漢字を全て選びなさい(鬱鬱,蔚蔚)
○鬱鬱、蔚蔚
×檻檻(がらがら)、愈愈(いよいよ)、悄悄(しおしお)、屑屑(せつせつ)、穆穆(ぼくぼく)

次のうち「おごる」と読む漢字を全て選びなさい(奢る,驕る,傲る)
○奢る、驕る、傲る、のみ
×夷る(うずくまる,おごる)、嘯る(うなる,ほえる,しかる)、恕る(おもいやる)、沓る(むさぼる)、匯る(めぐる)

次のうち「おちぶれる」と読む漢字を全て選びなさい
○零落れる、落魄れる(落魄,らくはく)、のみ
×斜陽れる(×)、没落れる(×)

次のうち「かたじけない」と読む漢字を全て選びなさい(忝い,辱い)
○忝い、辱い、のみ
×堆い(うずたかい)、蔀い(おおい)、狡い(ずるい)、拙い(つたない)、睦い(むつまじい)、儚い(はかない)、稜い(勢い,いきおい)

次のうち「しおれる」と読む漢字を全て選びなさい(悄れる,萎れる,凋れる)
○悄れる、萎れる、凋れる、のみ
×窶れる(やつれる)、悸れる(おそれる,恐れる)

次のうち「しばらく」と読む漢字を全て選びなさい(暫く,姑く,頃く)
○暫く、姑く、頃く
×欺く(あざむく)、詑く(あざむく)、堰く(せく)、擢く(ぬく)、琢く(みがく)、漸く(ようやく)

次のうち「しゅうしゅう」と読む漢字を全て選びなさい(蒐集,聚集,舟楫)
○蒐集(収集)、聚集(収集)、舟楫(ふねとかじ)
×秋宵(あきよい)、蝟集(いしゅう)、誦習(しょうしゅう)

次のうち「せつせつ」と読む漢字を全て選びなさい(切切,屑屑)
○切切、屑屑
×愈愈(いよいよ)、檻檻(がらがら)、悄悄(しおしお)、蔚蔚(うつうつ)、穆穆(ぼくぼく)

次のうち「そそぐ」と読む漢字を全て選びなさい(灌ぐ,潅ぐ,溌ぐ,沃ぐ)(自作問)
○灌ぐ、潅ぐ、溌ぐ、沃ぐ、のみ
×遂ぐ(とぐ)、剥ぐ(はぐ)、矧ぐ(はぐ)、粥ぐ(ひさぐ)、填ぐ(ふさぐ)、鬱ぐ(ふさぐ)

次のうち「そぞろ」と読む漢字を全て選びなさい(漫ろ,坐ろ)
○漫ろ、坐ろ (意味:あてのないさま。これといった理由・目的のないさま。漫然)
×虚ろ(空ろ,うつろ)、蔑ろ(ないがしろ)、寧ろ(むしろ)、毟ろ(むしろ,むしる)、良ろ(×)

次のうち「しゃくる」と読むものを全て選びなさい(決る,抉る,杓る,刳る)
○決る、抉る、杓る、刳る、のみ
×慮る(おもんぱかる)、遮る(さえぎる)、繁る(しげる,茂る)、掘る

次のうち「ただす」と読む漢字を全て選びなさい(格す,糺す,質す)
○格す、糺す、質す
×賺す(すかす)、唆す(そそのかす)、冒す(おかす)

次のうち「たちまち」と読む漢字を全て選びなさい(忽ち,乍ち)
○忽ち、乍ち
×強ち(あながち)、過ち(あやまち)、穿ち(うがち)、乃ち(即ち,則ち,すなわち)

次のうち「つかえる」と読む漢字を全て選びなさい
○使える、遣える、仕える、事える
×設える(しつらえる)、携える(たずさえる)、存える(永らえる,長らえる,ながらえる)、弁える(辨える,わきまえる)

次のうち「つかさどる」と読む漢字を全て選びなさい(司る,掌る)
○司る、掌る、のみ
×盈る(あまる)、寓る(かこつける)、蕪る(しげる)、詰る(なじる)、暢る(のびる,とおる)、匝る(めぐる)、巽る(ゆずる)、禽る(×)

次のうち「とがめる」と読む漢字を全て選びなさい(咎める,尤める)
○咎める、尤める、のみ
×虐める(いじめる)、苛める(いじめる)、貶める(おとしめる)、辱める(はずかしめる)

次のうち「のんき」と読む漢字を全て選びなさい(呑気,暢気,暖気)
○呑気、暢気、暖気、のみ
×換気、元気、湿気、邪気、脱気

次のうち「はぐ」と読む漢字を全て選びなさい(剥ぐ,矧ぐ)
○剥ぐ、矧ぐ
×沃ぐ(そそぐ)、灌ぐ(そそぐ)、潅ぐ(そそぐ)、溌ぐ(そそぐ)、遂ぐ(とぐ)、粥ぐ(ひさぐ)、填ぐ(ふさぐ)、鬱ぐ(ふさぐ)

次のうち「ひさぐ」と読む漢字を全て選びなさい(販ぐ,粥ぐ,鬻ぐ)(物を売って商売をする)
○販ぐ、粥ぐ、鬻ぐ、のみ
×沃ぐ(そそぐ)、遂ぐ(とぐ)、矧ぐ(はぐ)、填ぐ(ふさぐ)、杜ぐ(ふさぐ)

次のうち「ふさぐ」と読む漢字を全て選びなさい(塞ぐ,填ぐ,鬱ぐ,杜ぐ)
○塞ぐ、填ぐ、鬱ぐ、杜ぐ、のみ
×潅ぐ(そそぐ)、遂ぐ(とぐ)、矧ぐ(はぐ)、販ぐ(ひさぐ)、粥ぐ(ひさぐ)

次のうち「ほとほと」と読む漢字を全て選びなさい(殆,幾)
○殆、幾、のみ
×垂()、愈(いよいよ)、適(たま)、粗(ほぼ)、略(ほぼ,りゃく)、垂(なんなん-とする)

次のうち「ほぼ」と読む漢字を全て選びなさい(粗,略)
○粗、略、のみ
×幾(ほとほと)、適(たま)、約、全

次のうち「ほしいまま」と読む漢字を全て答えなさい(擅,縦,恣)
○擅(セン)、縦、恣、のみ
×壇(ダン)、横、由、欲

次のうち「もたれる」と読む漢字を全て選びなさい(凭れる,靠れる)
○凭れる、靠れる、のみ
×頽れる(すたれる,廃れる)、悄れる(しおれる)、遁れる(のがれる,逃れる)、惘る(あきる,呆る)

次のうち「ちょっと」と読む熟語を全て選びなさい
○一寸(ちょっと)、鳥渡(ちょっと)、のみ
×二三、恰度(ちょうど)

次のうち「瓢」という漢字の読み方を全て選びなさい
○ひょう(瓢)、ひさご(瓢)、ふくべ(瓢)、のみ
×うりこ(売子)、へちま(糸瓜)、まさご(真砂)

次のうち「徒事」という漢字の読みを全て選びなさい
○あだごと(徒事)、いたずらごと(徒事)、ただごと(徒事)、むだごと(徒事)、(とじ(徒事))、のみ
×ままごと(飯事)、おこごと(御小言)

次のうち「若干」という漢字の読みを全て選びなさい
○じゃっかん(若干)、そこばく(若干)、のみ
×いくらか(幾らか)、なけなし(無けなし)

次のうち「しし」と読める漢字を全て選びなさい
○肉、猪、鹿、孜孜
×猿、皮、蝶、楚楚(そそ)

次のうち「しい」と読む熟語を全て選びなさい
○思惟、施為、四夷、旨意、恣意、尸位
×四阿(しあ)、思慮(しりょ)、施恵(しけい)

次のうち「たまご」と読む言葉を全て選びなさい
○玉子、卵
×王子、筋子、鱈子

次のうち「いままで負けたためしがない」などのような「ためし」と読む漢字を全て選びなさい
○様、例、のみ
×態、体

次のうち「いし」と読む熟語を全て選びなさい
○医師、意思、遺志
×遺棄(いき)、委棄(いき)、諭旨(ゆし)、貴誌(きし)

次のうち「かんじ」と読む漢字を全て選びなさい
○莞爾、閑事、甘辞
×鉗子、雁字、奸知

次のうち「黒子」という漢字の読みを全て選びなさい
○ほくろ、くろこ、のみ
×あばた(痘痕)、だっこ(抱っこ)

次のうち「目」を「ま」と読む言葉を全て選びなさい
○目陰(まかげ)、目深(まぶか)、目の当たり(まのあたり)
×お目溢し(おめこぼし)、目一杯(めいっぱい)、目くじら(めくじら)

次のうち「大」を「だい」と読む言葉を全て選びなさい
○大人物(だいじんぶつ)、大家族(だいかぞく)、大自然(だいしぜん)、大団円(だいだんえん)
×大一番(おおいちばん)、大時代(おおじだい)、大相撲(おおずもう)、大目玉(おおめだま)

次のうち読みが「ひ」から始まる熟語を全て選びなさい
○畢竟(ひっきょう)、剽軽(ひょうきん)、贔屓(ひいき)、一入(ひとしお)
×斟酌(しんしゃく)、溌剌(はつらつ)、辟易(へきえき)、鹵獲(ろかく)

次のうち、同じ読み方をする熟語の組み合わせを全て選びなさい
「厩舎」と「柩車」 (きゅうしゃ)
「節気」と「雪肌」 (せっき)
「咀嚼」と「租借」 (そしゃく)
「紐帯」と「柱体」 (ちゅうたい)
「把持」と「土師」 (はじ)
「留鳥」と「流暢」 (りゅうちょう)
「老齢」と「狼戻」 (ろうれい)
×
「役使」と「縊死」 (えきし、いし)
「五経」と「御供」 (ごきょう、ごくう)
「自薦」と「時宜」 (じせん、じぎ)
「定離」と「乖離」 (じょうり、かいり)
「樽酒」と「遵守」 (そんしゅ、じゅんしゅ)
「破綻」と「端城」 (はたん、はじょう)
「普請」と「斧正」 (ふしん、ふせい)
--------------------
[漢字 読み 早いもの勝ち]
次のうち「きゃしゃ」と読む漢字を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○華奢、花車 (意味:姿かたちがほっそりして上品に感じられるさま)
×甘蔗(かんしょ)、喜捨(きしゃ)、鹿矢(ししや)、膝射(しっしゃ)

次のうち「しんぷ」と読む漢字を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○神父、新婦
×湿布、信濃、心悸(しんき)、身躯(しんく,身体という意味)

次のうち「すもう」と読む漢字を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○相撲、角力(かくりょく)
×相模、相人(そうにん)、角丸(かどまる)、角宿(かくしゅく)

次のうち「そろばん」と読む漢字を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○算盤、珠盤、十露盤
×香盤(こうばん)、礎盤(そばん)、常盤(ときわ,じょうばん)、真盤(まなばん)、羅針盤

次のうち「たこ」と読む漢字を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○胼胝(べんち)、章魚(蛸)、紙鳶(しえん,凧)、(蛸,鮹,鱆)
×痘痕(あばた)、蒲魚(かまとと)、吝嗇(りんしょく,けち)、蒼鷹(そうよう)、面皰(にきび)

--------------------
[漢字 読み 生物]
次のうち「とかげ」と読む当て字・熟字訓を全て選びなさい(蜥蜴,石竜子)
○蜥蜴(せきえき)、石竜子(せきりゅうし)、のみ
×浮塵子(うんか)、蛞蝓(なめくじ)、蚯蚓(みみず)、零余子(むかご)植物、蟾蜍(ひきがえる_せんじょ)

次のうち「きりぎりす」と読む当て字・熟字訓を全て選びなさい(螽斯,蟋蟀)
○螽斯(しゅうし)、蟋蟀(しっしゅつ)、のみ
×沙蚕(ごかい)、蜉蝣(かげろう)、椿象(かめむし)、壁蝨(だに,壁虱)、飛蝗(ばった)、飛蛩(いなご)

次のうち「ほととぎす」と読む当て字・熟字訓を全て選びなさい(不如帰,杜鵑,沓手鳥,蜀魂)
○不如帰(ふじょき)、杜鵑(とけん)、沓手鳥(くつてどり)、蜀魂(しょっこん)
×桃花鳥(トキ)、鸚哥(インコ)、鷦鷯(三十三才,しょうりょう)

次のうち「ラッコ」と読む当て字・熟字訓を全て選びなさい(海獺,獺虎,猟虎)
○海獺、獺虎、猟虎、のみ
×海豹(アザラシ)、雨虎(アメフラシ)、海狸(ビーバー)

次のうち「いちょう」と読む漢字を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○鴨脚樹(おうきゃくじゅ)、公孫樹、銀杏、のみ
×七葉樹(栃の木,マロニエ)、交枝樹(合歓木,ねむのき)、覇王樹(サボテン)、竜血樹

次のうち、植物の「いちじく」を示す漢字を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
○無花果()、映日果()、蓬莱柿(ほうらいし)、天仙果(いぬびわ犬枇杷)
×六月柿(ろくがつつき=トマト古名)、
単花果(たんかか=1個の花の1個の子房からできた果実)、
長角果(ちょうかくか=2心皮2室からなる細長い果実)、
八珍果(はちちんか=古来珍重されてきた八種の果実。柿・桃・栗・枇杷・李(すもも)・桜桃・銀杏・桑)

--------------------
[重箱読み,湯桶読み]
次のうち、重箱読みをする熟語を全て選びなさい
○新型(シンがた)、帳尻(チョウじり)、額縁(ガクぶち)
×合図(あいズ)、結納(ゆいノウ)、豚肉(ぶたニク)
次のうち、いわゆる「重箱読み」をする語を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
○台所(ダイどころ)、新顔(シンがお)、残高(ザンだか)、番組(バンぐみ)
×野宿(のジュク)、夕刊(ゆうカン)、手帳(てチョウ)、雨具(あまグ)

次のうち、湯桶読みをする熟語を全て選びなさい
○甘党(あまトウ)、雨具(あまグ)、粗熱(あらネツ)
×縁側(エンがわ)、団子(ダンご)、試合(シあい)
次のうち、いわゆる「湯桶読み」をする語を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
○野宿(のジュク)、夕刊(ゆうカン)、手帳(てチョウ)、雨具(あまグ)、見本(みホン)、株式(かぶシキ)
×反物(タンもの)、客間(キャクま)、台所(ダイどころ)、新顔(シンがお)、残高(ザンだか)、番組(バンぐみ)

次のうちどちらの字も訓読みする熟語を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
○節穴(ふしあな)、灰皿(はいざら)、若芽(わかな)、筋道(すじみち)
×地域(チイキ)、栄養(エイヨウ)、乗車(ジョウシャ)、派手(ハで)、片棒(かたボウ)、幕内(マクのうち)

次のうちどちらの字も音読みする熟語を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
○地域(チイキ)、栄養(エイヨウ)、乗車(ジョウシャ)、肉眼(ニクガン)
×節穴(ふしあな)、灰皿(はいざら)、若芽(わかな)、筋道(すじみち)

次のうち同じような意味の字を重ねて作られている熟語を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
○肝要、添加、恐怖、恒常、分岐
×賞罰、凶器、概説、愚問(ぐもん)、哀楽(あいらく)、滞欧(たいおう)、雅俗(がぞく)、諾否(だくひ)

次のうち、漢字の音読みの種類にあるものを全て選びなさい
○漢音、唐音、呉音、のみ
×魏音、蜀音、周音、晋音、清音

次のうち訓読みする熟語を全て選びなさい
○厚着(あつぎ)、奥手(おくて)
×行楽(コウラク)、設定(セッテイ)

次のうち、音読みしか持たない常用漢字を全て選びなさい
○茶、課、俗
×越(越える)、超(超える)、難(難しい)、畑(はたけ,国字)

--------------------
[漢字配当表]
次のうち学年別漢字配当表によって小学校1年生で習うとされる漢字を全て答えなさい
○森(1)、金(1)、車(1)、三(1)、百(1)、男(1)、女(1)、犬(1)、本(1)
×兄(2)、外(2)、国(2)、工(2)、地(2)、体(2)、歌(2)、机(6)

次のうち学年別漢字配当表によって小学校2年生で習うとされる漢字を全て答えなさい
○心(2)、黒(2)、茶(2)、晴(2)、雲(2)、雪(2)
×男(1)、美(3)、昭(3)、清(4)、末(4)、老(4)、瀬(学習漢字外)

次のうち学年別漢字配当表によって小学校3年生で習うとされる漢字を全て答えなさい
○軽(3)、苦(3)、族(3)、薬(3)、
×曜(2)、南(2)、矢(2)、失(4)、士(4)

次のうち、小学校の6年間で学習する「教育漢字」を全て選びなさい
○人(1)、園(2)、礼(3)、愛(4)、札(4)、戦(4)、潔(5)、妻(5)、俵(5)、謝(5)、故(5)、罪(5)、裏(6)、策(6)、諸(6)、蚕(6)
×乙、索、掃、超、塗、覇、霊、錬、(全て学習漢字外)

次の漢字を、「学年別漢字配当表」に基づき習うとされる小学校の学年ごとにグループ分けしなさい
一年生:千、金、草、森
二年生:馬、古、兄、聞、古
三年生:医、持、波、板
四年生:無、法、芸、未、得、借、種、兵
五年生:
六年生:私、存、砂、呼

教育漢字 学年検索http://brickhouse.jp/newjoyo
教育漢字 一覧http://www001.upp.so-net.ne.jp/NYAO/db/kanji/

次のうち、文化審議会・国語分科会が2007年に発表した「敬語の指針」に含まれている敬語の種類を全て選びなさい
○尊敬語、謙譲語、丁重語(謙譲2)、丁寧語、美化語
×敬慕語(けいぼ)、柔和語、優遇語

--------------------
[国字]
次のうち、国字を全て選びなさい
○蚫(あわび)、蛯(えび)
×蝦(えび)、蠍(さそり)、蛾(が)、虻(あぶ)、蛙(かえる)

次のうち、国字を全て選びなさい
○樫(かし)、榊(さかき)
×椿(つばき)、桜(さくら)

次のうち、日本で作られた漢字「国字」を全て選びなさい
○辻、峠、働、凪(なぎ)
×造、岬、労、風
(国字は漢字に倣って中国以外の国で作られた漢字体の文字である)

--------------------
[部首]
次の漢字のうち部首が「もんがまえ」であるものを全て選びなさい
○開、閉、関、間
×問(口)、悶(心)、聞(耳)

次の漢字のうち部首が「ひへん」であるものを全て選びなさい
○昔、旬、早、旧、明、星
×香(香)、亘(二)、白(白)、者(おいかんむり)

次の漢字のうち部首が「糸」であるものを全て選びなさい
○繭、維、緊、累
×潔(さんずい)、羅(あみがしら)

次のうち部首が「うかんむり」である漢字を全て選びなさい
○宇、宴、家、完、宿
×穴(穴)、空(穴)、窓(穴)、案(木)

次の漢字のうち部首が「くちへん」であるものを全て選びなさい
○噴、味、唯
×兄(儿ひとあし)、困(くにがまえ)

次のうち部首が「なべぶた」の漢字を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
○亥、亭、亡、京
×擁(手)、衰(衣)、率(玄)、音(音)、衣(衣)

次のうち、部首が「き」「きへん」の漢字を全て選びなさい(1人1つ選びなさい)
○末、未、棋、本
×麻(麻)、相(目)、彬(彡さん部)、呆(口)、集(隹ふるとり)

次のうち「と(戸)」が部首の漢字を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○所、扇、戻
×啓(口)、顧(頁)、枦(木)、肩(にくづき)、雇(隹)

次のうち「のぎ(禾)」が部首の漢字を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○科、秀
×香(香)、利(りっとう)、和(口)、季(子)

次のうち、実在する部首を全て選びなさい(大意)
○かんにょう(凵)、そうにょう(走)、えんにょう(廴)、きにょう(鬼繞)
×おんにょう、さにょう、らいにょう

次の漢字のうち、部首になっているものを全て選びなさい
○麻、斉、甘、香
×免(儿ひとあし)

--------------------
[六書]
次の漢字のうち「象形文字」に分類されるものを全て選びなさい
○羊、月、川、(刀)
×刃(指事)、炎(会意)

次の漢字のうち「指事文字」に分類されるものを全て選びなさい
○上、小、末
×目(象形)、信(形声)、花(形声)

次の漢字のうち「会意文字」に分類されるものを全て選びなさい
○武、信、明、
×特(形声)、持(形声)、黄(象形)、犬(象形)

次のうち現在、日本で使用されている漢字の書体を全て選びなさい
○楷書、行書、隷書、草書、篆書(てんしょ)
×玉書、尚書、緯書

次のうち漢字の成り立ちに基づく分類「六書」に含まれるものを全て選びなさい
○象形・指事・形声・会意・転注・仮借、のみ
×基数、人証、形成
象形:物の形をかたどって字形を作ること。日・月・木・耳など。
指事:位置や状態といった抽象概念を字形の組み合わせで表すこと。上・下・本・末など
形声:類型的な意味を表す意符と音を表す音符とを組み合わせて字を作ること。江・河など
会意:象形と指事によって作られたものを組み合わせて新しい意味を表す字を作ること。信・武・林・炎など。
転注:用字法の一つとする説が有力であるが、定説はない。
仮借:他の同音・類字音の字を借用すること。「わたし」の意味に「我」、「そうだ」の意味に「然」、「くる」の意味に「来」など。仮借(かしゃ)

--------------------
[その他]
次のうち漢字で書いた時送り仮名が1文字になる言葉を全て選びなさい
○おどる(踊る)、きたない(汚い)
×ゆたかな(豊かな)、かんがえる(考える)

次のうち、人名に使える漢字を全て選びなさい
○勿(ブツ)、僅(キン)、匁
×賭、鼠、髭

次のうち「人名用漢字」として名前への使用が認められた字を全て選びなさい
○苺、檎、雫、憂、掬(きく)
×檸(ねい)、檬(もう)、杞(き)、呪(じゅ)、妾(しょう) (檸檬)

次のうち、金額の書き換えを防ぐために使われる「大字」として用いられる漢字を全て選びなさい
〇壱(1)、弐(2)、参(3)、伍(5)、玖(9)、萬(10000)
×戒、禄、杉、嗣(シ)

次のうち、頭(あたま) という意味で使われる言葉を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○かしら、かぶり、こうべ(頭)
×きびす、みけん、こむら、かいな、あぎと

次のうち2010年に常用漢字表から削除される漢字を全て選びなさい
○脹、銑、錘(すい,おもり)、匁(3.75g)、勺(18ml)
×遵、璽、畝(せ)、虞(ぐ)、逓(てい)、斤(600g)

--------------------
--------------------
[四字熟語]
次のうち、中国で古来から使われる言葉「益者三友」(交際して得をする三種の友人)に含まれるものを全て選びなさい
○正直な人、誠実な人、物知りな人、のみ
×気前のいい人、厳格な人、健康な人

次のうち、中国で古来から使われる言葉「損者三友」(交際して損をする三種の友人)に含まれるものを全て選びなさい
○誠意のない人、口先のうまい人、媚へつらう人、のみ
×女性に甘い人、お金を無駄遣いする人

次のうち四字熟語「春風駘蕩」の意味として正しいものを全て選びなさい
○春の風がおだやかに吹く、人柄がのんびりとしている
×金遣いにだらしない、風の便りに無事を聞く
[春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)(何事もなく平穏なことや人の態度や性格がのんびりとしていて温和なことをさす。のどかに吹く春風)]

次のうち、白居易の詩から「北窓三友」とされるものを全て選びなさい
○酒、琴、詩、のみ
×馬、笛

次の四字熟語のうち○に「一」が入るものを全て選びなさい
○一切合切(いっさいがっさい)、首尾一貫(しゅびいっかん)、一蓮托生、一気呵成、一念発起、心機一転 満場一致
×二律背反、四面楚歌、五里霧中、八方美人、百花繚乱

次のうち「一つの事が二つの成果を生む」という意味を持つ四字熟語を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○一挙両得、一石二鳥
×一意専心、一期一会、一字千金、一蓮托生

次のうち、仏教用語に由来する四字熟語を全て選びなさい(1つ選びなさい)
○以心伝心、言語道断、四苦八苦
×一期一会(茶道)、四面楚歌(故事)、不倶戴天(故事)、七転八倒(故事)、晴耕雨読

次のうち臥薪嘗胆の元になった歴史上の人物を全て選びなさい
○勾践(こうせん)、夫差(ふさ)、のみ
×諸葛亮、斑超

次のうち、中国・春秋時代の越王・勾践、呉王・夫差の故事にちなんだ言葉を全て選びなさい
○臥薪嘗胆、会稽の恥(かいけいのはじ)
×捲土重来、阿衝の佐、春風駘蕩、揺籃の地(ようらんのち)
[臥薪嘗胆]
中国の春秋時代、越王・勾践(こうせん)に父を討たれた呉王・夫差(ふさ)は常に薪(たきぎ)の上に寝て復讐の志を奮い立たせ、ついに仇を報いた。
敗れた勾践は室内に胆(きも)を掛けてこれを嘗(な)め、そのにがさで敗戦の恥辱を思い出してついに夫差を滅ぼした。「薪に臥して胆を嘗む」と訓読する。
[会稽の恥]
中国の春秋時代、越王・勾践(こうせん)が呉王・夫差(ふさ)と会稽山で戦って敗れ、自らは夫差の臣下になるという屈辱的な条件によって和睦を結んだ。
後年、勾践は夫差を討って、恥をそそいだという故事から。意味は、敗戦の恥辱。他人から受けた耐え難いほどの辱めのこと。

次のうち美しい女性の形容に使われる四字熟語を全て選びなさい
○閉月羞花、明眸皓歯、一顧傾城、粉粧玉琢、氷肌玉骨、沈魚落雁
×嘉辰令月、規矩準縄、金烏玉兎、椿萱並茂、平沙落雁、閉明塞聡
閉月羞花(へいげつしゅうか):美人の容姿のすぐれてうるわしいこと。あまりの美しさに花を恥じらわせ、月も恥じらい隠れる意から。
明眸皓歯(めいぼうこうし):美人の形容。美しく澄んだ目もとと、白く美しい歯並びの意から。
一顧傾城(いっこけいせい):美しい女性は、その美貌で主君の心を惑わせ、国を滅ぼしてしまうということからきている。
粉粧玉琢(ふんしょうぎょくたく):女性の容貌が美しい形容。「粉粧」は化粧の意。「玉琢」は玉を磨く意で女性が化粧を施して玉を磨いたように美しいこと。
氷肌玉骨(ひょうきぎょっこつ):美しい女性のこと。「氷肌」は氷のように清らかな肌。「玉骨」は高潔な様子の意。
沈魚落雁(ちんぎょらくがん):魚や鳥も恥じてかくれるほどの美貌を持った、容姿の美しい女性を形容する語。
嘉辰令月(かしんれいげつ):よき日とよき月。めでたい月日。「嘉」「令」とも良いという意味。「辰」は日の意味。「嘉辰」はよい日、「令月」はよい月ということ。
規矩準縄(きくじゅんじょう):物事や行為などの標準となるもの。規準・法則のたとえ。「規」はコンパス、「矩」は物差し・定規のこと。「準」は水平器、水準器。「縄」は墨縄のこと。「規矩」「準縄」ともに規則・法則の意で、同じような語を重ねて意味を強めた言葉。
金烏玉兎(きんうぎょくと):太陽と月。転じて、歳月のこと。「金烏」は太陽の別名。「玉兎」は月の別名。
椿萱並茂(ちんけんへいも):父母がともに健在なことのたとえ。「椿」は長寿の木で父を指す。「萱」はわすれ草で母を指す。「並茂」は並んで繁茂する意。
平沙落雁(へいさらくがん):干潟に降り立つ雁の群れのこと。中国の山水画の伝統的画材である瀟湘八景の中の一つ。
閉明塞聡(へいめいそくそう):世間の事物と接触を断ち切る。現実から逃避すること。「塞」はふさぐ。「聡」は耳が良く聞こえる。世間の出来事や物事から目をつむり、耳をふさいで関係を持たない意。

次のうち「勉学に励むこと」を意味する四字熟語を全て選びなさい
○円木警枕、懸頭刺股、磨穿鉄硯
×繋風捕影、寸指測淵、椿萱並茂、泥車瓦狗、焚琴煮鶴、魯魚章草
円木警枕(えんぼくけいちん):苦労しながら学問に励むこと。「円木」は丸い木。「警枕」は眠り込まないようにした枕。
懸頭刺股(けんとうしこ):熱心に勉学に励むこと。自分の頭を綱にかけて引っ張ったり、股を錐(きり)で刺して目を覚ましたりして頑張ること。
磨穿鉄硯(ませんてっけん):強い意志をもち続け物事を達成するまで変えないこと。また、学問にたゆまず励むたとえ。鉄でできている硯をすり減らして、穴をあけるほど勉強するという意から。
繋風捕影(けいふうほえい):風をつなぎ、影を捕らえること。いずれも不可能なことから当てにならない空想のたとえ。
寸指測淵(すんしそくえん):実現不可能なこと、また、愚かな行為のこと。「寸指」は一寸の指、「測淵」は水の深みを測ることを表す。短い指で淵の深さを測ろうとする意味から。
椿萱並茂(ちんけんへいも):父母がともに健在なことのたとえ。「椿」は長寿の木で父を指す。「萱」はわすれ草で母を指す。「並茂」は並んで繁茂する意。
泥車瓦狗(でいしゃがこう):役に立たないもののたとえ。泥の車や瓦でできた犬の意。
焚琴煮鶴(ふんきんしゃかく):風流心のないことのたとえ、また、殺風景なことのたとえ。琴を焼いて鶴を煮る意味から。
魯魚章草(ろぎょしょうそう):誤字のたとえ。「魯」と「魚」、「章」と「草」の字形がそれぞれ似ていて間違いやすいことから。

次のうち「役に立たないもの」を意味する四字熟語を全て選びなさい
○竹頭木屑、夏炉冬扇、泥車瓦狗
×椿萱並茂、飛兎竜文、並駕斉駆、魯魚章草
竹頭木屑(ちくとうぼくせつ):役に立たないもののたとえ。「竹頭」は竹の切れはし。「木屑」は木のくず。
夏炉冬扇(かろとうせん):時期はずれの無駄なもののたとえ。
泥車瓦狗(でいしゃがこう):役に立たないもののたとえ。泥の車や瓦でできた犬の意。
椿萱並茂(ちんけんへいも):父母がともに健在なことのたとえ。「椿」は長寿の木で父を指す。「萱」はわすれ草で母を指す。「並茂」は並んで繁茂する意。
飛兎竜文(ひとりゅうぶん):才能のあるすぐれた子供のこと。「飛兎」「竜文」はともに、非常によく走るすぐれた馬、駿馬(しゅんめ)の名前。
並駕斉駆(へいがせいく):実力・能力・地位などに差がないこと。「駕」は馬車。「斉」は等しい意。「駆」は馬が走ること。「並駕」「斉駆」もともに馬を並べて駆けること。
魯魚章草(ろぎょしょうそう):誤字のたとえ。「魯」と「魚」、「章」と「草」の字形がそれぞれ似ていて間違いやすいことから。

次のうち「本がとても多い」という意味の四字熟語を全て選びなさい
○汗牛充棟、載籍浩瀚、擁書万巻
×家書万金、兆載永劫、流汗淋漓
汗牛充棟(かんぎゅうじゅうとう):蔵書がきわめて多いことの形容。本が非常に多くて、牛車に積んで運ぶと牛も汗をかき、家の中に積み上げれば棟木(むなぎ)にまで届いてしまう意から。
載籍浩瀚(さいせきこうかん):書物の数がきわめて多いこと。「載籍」は書物。「載」は書き記す。「浩瀚」は書物が非常に大部・大冊なこと。「浩」「瀚」ともに広いという意味。
擁書万巻(ようしょばんかん):蔵書が非常に多いこと。
流汗淋漓(りゅうかんりんり):流れる汗がしたたり落ちる様子。「淋漓」は水・汗・血などがしたたり流れるようす。
兆載永劫(ちょうさいようごう);仏教できわめて長い年月。「兆載」は兆をもって数えるほどの歳月。「永劫」は長久の時間。
家書万金(かしょばんきん):家族からの手紙は万金にも値すること。

次のうち「縦」を「しょう」と読む四字熟語を全て選びなさい
○擒縦自在、百縦千随、発縦指示
×機知縦横、驕慢放縦、縦横無尽
擒縦自在(きんしょうじざい):自分の思うとおりに人を扱うこと。「擒」はとらえること。「縦」は許して逃がすこと。とらえることも放す事も思うがままにすること。
百縦千随(ひゃくしょうせんずい):わがままをすべて聞き入れること、自分の思いどおりになること。「縦」はわがまま、「随」は随う(したがう)の意。
発縦指示(はっしょうしじ):戦闘の指揮をとること、指揮する人。「発」「縦」はともに解き放つこと。猟犬を放ち獲物の在りかを指示することから。
機知縦横(きちじゅうおう):その場に応じて働く才知を、思いのままに発揮すること。
驕慢放縦(きょうまんほうじゅう):驕慢とは、おごり高ぶって人を見下し勝手なことをすること。

次のうち正しい四字熟語を全て選びなさい
○一陽来復、一意専心、一衣帯水、一日千秋、一心不乱、一念発起、一挙両得、意志堅固、意味深長、
快刀乱麻、佳人薄命、危機一髪、興味津々、厚顔無恥、孤立無援、
三寒四温、三位一体、七転八倒、七転八起、十人十色、清廉潔白、則天去私、絶体絶命、
大義名分、台風一過、単刀直入、人間不信、破顔一笑、避難訓練、百発百中、不協和音、
×
一意専心(×一位潜心)、一衣帯水(×一衣待水)、一心不乱(×一心不覧)、一念発起(×一念溌起)、一挙両得(×一去両得)、意味深長(×意味伸張)、
快刀乱麻(×快刀乱魔)、危機一髪(×危機一発)、興味津々(×興味深々)、厚顔無恥(×厚顔無知)、孤立無援(×孤立無縁)、
三位一体(×三身一体)、絶体絶命(×絶対絶命)、台風一過(×台風一家)、大義名分(×大義名文)、単刀直入(×短刀直入)、
人間不信(×人間不審)、避難訓練(×非難訓練)、百発百中(×百発千中)、不協和音(×不響和音)、
四々三々(×)、十語法切(×)

次のうち正しい四字熟語を全て選びなさい
○鎧袖一触(がいしゅういっしょく)、加持祈祷(かじきとう)、豁然大悟(かつぜんたいご)、
艱難辛苦(かんなんしんく)、虚心坦懐(きょしんたんかい)、人心洶洶(じんしんきょうきょう)、
鄒衍降霜(すうえんこうそう)、垂名竹帛(すいめいちくはく)、対驢撫琴(たいろぶきん)、
断薺画粥(だんせいかくしゅく)、擲果満車(てきかまんしゃ)、蕩佚簡易(とうてつかんい)、
文質彬彬(ぶんしつひんぴん)、並駕斉駆(へいがせいく)、鵬程万里(ほうていばんり)、
満腔春意(まんこうしゅんい)、磊磊落落(らいらいらくらく)、落月屋梁(らくげつおくりょう)、
落穽下石(らくせいかせき)、和羹塩梅(わこうあんばい)、
阿鼻叫喚、臥薪嘗胆、欣喜雀躍、捲土重来、荒唐無稽、自家撞着、朝三暮四、白虹貫日、無知蒙昧、邑犬群吠、
×
意気軒昴(いきけんこう×意気健昂)、金烏玉兎(きんうぎょくと×金烏玉馬)、
鶏鳴狗盗(けいめいくとう×鶏鳴苦盗)、懸頭刺股(けんとうしこ×拳頭刺股)、
古色蒼然(こしょくそうぜん×古色騒然)、採薪汲水(さいしんきゅうすい×採薪給水)、
通暁暢達(つうぎょうちょうたつ×通暁調達)、泥車瓦狗(でいしゃがこう×泥者瓦狗)、
天覆地載(てんぷうちさい×天覆地災)、燃犀之明(ねんさいのめい×燃祭之明)、
氷壺秋月(ひょうこしゅうげつ×水壺秋月)、風餐露宿(ふうさんろしゅく×風山露宿)、
容貌魁偉(ようぼうかいい×容貌怪異)、魯魚章草(ろぎょしょうそう×魯魚早草)、
意馬心猿(×以馬心猿)、雲竜井蛙(×雲竜井亀)、曲学阿世(×曲学亜世)、
繋風捕影(×繋雨捕影)、乾坤一擲(×乾坤一滴)、荒唐無稽(×荒唐無形)、
自家薬籠(×自下薬籠)、周章狼狽(×周相狼狽)、常套手段(×常投手段)、
徒手空拳(×斗手空拳)、破釜沈船(×破帆沈船)、名誉挽回(×名誉晩回)、

--------------------
  1. 2013/09/23(月) 21:59:31|
  2. 漢字四字熟語検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漢字四字熟語検定 線結び

--------------------
[未分類]
次の「ひげ」を示す漢字とその対象の正しい組み合わせを選びなさい
髭:口のひげ
鬚:あごのひげ
髯:頬のひげ

次の教育漢字と教えられる小学校の学年の正しい組み合わせを選びなさい
町:1年生
線:2年生
世:3年生
議:4年生
圧:5年生
聖:6年生

--------------------
[熟字訓・当て字]
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(魚類)
海鷂魚:えい
牛尾魚:こち
石伏魚:ごり
青花魚:さば
大口魚:たら
蝦虎魚:はぜ
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(魚類)
秋刀魚:さんま
柳葉魚:ししゃも
山女魚:やまめ
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(魚類)
玉筋魚:いかなご
石斑魚:うぐい
杜父魚:かじか
梭子魚:かます
比目魚:ひらめ
翻車魚:まんぼう

次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(貝類)
蛤仔:あさり
石決明:あわび
拳螺:さざえ
海扇:ほたてがい
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(海洋生物)
海胆:うに
海月:くらげ
海鼠:なまこ
海星:ひとで
海鞘:ほや

次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(昆虫)
飛蝗:ばった
螽斯:きりぎりす
飛蛩:いなご (ひきょう)
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(昆虫)
水馬:あめんぼ
豆娘:いととんぼ
蝸牛:かたつむり
天牛:かみきりむし
紅娘:てんとうむし
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(昆虫)
鳳蝶:あげはちょう
馬大頭:おにやんま
胡蜂:すずめばち
茅蜩:ひぐらし

次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(生物)
蚰蜒:げじげじ
蟾蜍:ひきがえる (せんじょ)
螻蛄:けら (ろうこ)
蜥蜴:とかげ
蚯蚓:みみず
蜈蚣:むかで

次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(蛇類)
蟒蛇:うわばみ
飯匙倩:はぶ
竹根蛇:ひばかり
赤棟蛇:やまかがし

次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(動物)
羚羊:かもしか
長尾驢:カンガルー
馴鹿:トナカイ
樹懶:なまけもの
豪猪:やまあらし

次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(鳥類)
斑鳩:いかる
鸚哥:インコ
玄鳥:つばめ
朱鷺:とき
杜鵑:ほととぎす
鷦鷯:みそさざい
木菟:みみずく
百舌:もず
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(鳥類)
信天翁:あほうどり
告天子:ひばり
金糸雀:カナリア
不如帰:ほととぎす

次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
搗布:カジメ
鹿尾菜:ヒジキ
馬尾藻:ホンダワラ
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
糸葱:あさつき
鹹草:あしたば
独活:うど
蕁麻:いらくさ
慈姑:くわい
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
覆盆子:いちご
映日果:いちじく
柘榴:ざくろ
葡萄:ぶどう
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
生姜:しょうが
蕃椒:とうがらし
辣韭:らっきょう
山葵:わさび
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
苜蓿:うまごやし (もくしゅく)
罌栗:けし
繁縷:はこべ
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
枸橘:からたち
黄楊:つげ
躑躅:つつじ
木槿:むくげ
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
車前草:おおばこ
酢漿草:かたばみ
虎耳草:ゆきのした
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
牽牛花:あさがお
八仙花:あじさい
蒲公英:たんぽぽ
向日葵:ひまわり
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
羅漢柏:あすなろ
公孫樹:いちょう
花楸樹:ななかまど
山毛欅:ぶな
金縷梅:まんさく
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
馬酔木:あせび
金雀児:エニシダ
山梔子:くちなし
満天星:どうだん
寄生木:やどりぎ
山桜桃:ゆすらうめ
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
木通;あけび
凌霄瓜:のうぜんかずら
天糸瓜:へちま
木天蓼:またたび
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
蕪菁:かぶら
香蕈:しいたけ
塘蒿:セロリ
玉蜀黍:とうもろこし
大蒜:にんにく
甜瓜:まくわ
次の「きへん」の漢字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(植物)
椿:つばき
榎:えのき
楸:ひさぎ
柊:ひいらぎ

次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(海洋系)
海参:いりこ (ナマコの腸(はらわた)を取り除き塩水で煮てから干したもの)
海鼠腸:このわた (ナマコの腸(はらわた)の塩辛)
雪花菜:おから
羊栖菜:ひじき
水雲:もずく

次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(医療)
蟀谷:こめかみ
耳朶:じだ
黒子:ほくろ
鳩尾:みぞおち
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(医療)
汗疹:あせも
雀斑:そばかす
面皰:にきび
雲脂:ふけ
肉刺:まめ
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(医療)
欠伸:あくび
噫気:おくび
吃逆:しゃっくり

次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(楽器)
風琴:オルガン
自鳴琴:オルゴール
提琴:バイオリン
洋琴:ピアノ
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(織物)
天鵝絨:ビロード
莫大小:メリヤス
毛斯綸:モスリン
次の熟字訓・当て字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(染料系)
土瀝青:アスファルト
洋墨:インク
混凝土:コンクリート
油漆:ペンキ

--------------------
[国字]
次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい
杣:そま
栂:つが
俣:また
簗:やな
次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい
鎹 - かすがい
錵 - にえ
鋲 - びょう
錻 - ブリキ
鑓 - やり

次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい(気象)
颪:おろし
凩:こがらし
凪:なぎ
次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい(気象)
霰:あられ
曇:くもり
雹:ひょう
霙:みぞれ

次の植物とそれを表す国字の正しい組み合わせを選びなさい(植物)
すぎ:椙
くぬぎ:椚
まさき:柾
次の植物とそれを表す国字の正しい組み合わせを選びなさい(植物)
かし:樫
さかき:榊
とち:栃
つが:栂

次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい(魚類)
鯏:あさり
鰯:いわし
鯱:しゃち
鱈:たら
鯰:なまず
次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい(魚類)
鮖:かじか
鯑:かずのこ
鱚:きす
鯒:こち
鮗:このしろ
鯲:どじょう
鰰:はたはた
次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい(魚類)
鯒:こち
鮴:ごり
鮠:はや
鯊:はぜ
鰉:ひがい
次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい(魚類)
鯵:アジ
鰈:カレイ
鰆:サワラ
鱸:スズキ
鱈:タラ
鰊:ニシン
鰤:ブリ
鮪:マグロ
次の魚の体の部分あらわす漢字を、その読み方の正しい組み合わせを選びなさい(魚類)
鰓:えら
鱗:うろこ
鰭:ひれ

次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい
糀:こうじ
籾:もみ
(米太):ぬかみそ
次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい
裃:かみしも
鞐:こはぜ
(木+上下) - かせ
次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい
俤:おもかげ
嬶:かかあ
(身+分):せがれ
次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい(鳥類)
(易鳥):いすか(交喙)
(宗鳥):きくいただき(菊戴)
(年鳥):とき(鴾,朱鷺)
次の国字と、その読みの正しい組み合わせを選びなさい(魚類)
(魚惠):あおさば(青鯖)
(魚成):うぐい(石斑魚)
(魚走):すばしり
(魚片):なまず(鯰)
(魚雷):はたはた(雷魚,鰰)
(魚宣):はらか(腹赤)
(魚室):むろあじ(室鯵)
(魚若):わかさぎ(若鷺)

--------------------
[畳語(じょうご)](単語またはその一部をなす形態素などの単位を反復して作られた単語をいい合成語の一種である)
次の同じ漢字を繰り返す言葉とその読みの正しい組み合わせを選びなさい
嬉嬉:いそいそ
愈愈:いよいよ
昏昏:うとうと
怖怖:おどおど
予予:かねがね
檻檻:がらがら
刻刻:ぎざぎざ
限限:ぎりぎり
悄悄:しおしお
数数:しばしば
寸寸:ずたずた
点点:ちょぼちょぼ
熟熟:つくづく
和和:にこにこ
滑滑:ぬめぬめ
鈍鈍:のろのろ
緊緊:ひしひし
密密:ひそひそ
総総:ふさふさ
区区:まちまち
努努:ゆめゆめ
態態:わざわざ
次の同じ漢字を繰り返す言葉とその読みの正しい組み合わせを選びなさい
男男しい:おおしい
女女しい:めめしい
忌忌しい:ゆゆしい
凛凛しい:りりしい
次の同じ漢字を繰り返す言葉とその読みの正しい組み合わせを選びなさい
初初しい:ういういしい
毳毳しい:けばけばしい
清清しい:すがすがしい
忙忙しい:せわせわしい
猛猛しい:たけだけしい
果果しい:はかばかしい
禍禍しい:まがまがしい
瑞瑞しい:みずみずしい

--------------------
[漢字読み]
次の漢字一文字とカナ3文字の読みの正しい組み合わせを選びなさい
晨:あした
嗽:うがい
距:けづめ
瘋:ずつう
塒:ねぐら
堝:るつぼ
次の漢字一文字とカナ3文字の読みの正しい組み合わせを選びなさい
窟:いわや
番:つがい
機:はずみ
獄:ひとや
族:やから
万:よろず
歯:よわい
次の漢字一文字とカナ5文字の読みの正しい組み合わせを選びなさい
鰾:うきぶくろ
穽:おとしあな
径:さしわたし
羞:そなえもの
規:ぶんまわし

次の漢字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(○う)
贖う:あがなう
論う:あげつらう
欽う:うやまう
掩う:おおう
唖う:わらう
次の漢字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(○く)
詑く:あざむく
戦く:おののく
堰く:せく
擢く:ぬく
琢く:みがく
次の漢字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(○む)
戚む:いたむ
凋む:しぼむ
膏む:めぐむ
次の漢字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(○える)
韲える:あえる
按える:かんがえる
銜える:くわえる
閊える:つかえる
次の漢字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(○べる)
焼べる:くべる
按べる:しらべる
馭べる:すべる
燻べる:ふすべる
次の漢字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(○る)
肖る:あやかる
臆る:おしはかる
恕る:おもいやる
斡る:つかさどる
沓る:むさぼる
次の漢字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(○る)
盈る:あまる
蕪る:しげる
暢る:とおる
匝る:めぐる
巽る:ゆずる
次の漢字とその読みの正しい組み合わせを選びなさい(○気)
幼気:いたいけ
怖気:おぞけ
堅気:かたぎ
脚気:かっけ
健気:けなげ
惚気:のろけ
暖気:のんき

次の難読苗字とその読み方の正しい組み合わせを選びなさい
空:きのした
十八女:さかり
貴家:さすが
小鳥遊:たかなし
九十九:つくも
英:はなぶさ
薬袋:みない
四月一日:わたぬき

--------------------
[国名]
次の当て字とそれがあらわす国の正しい組み合わせを選びなさい
諾威:ノルウェー
瑞典:スウェーデン
芬蘭:フィンランド
丁抹:デンマーク
次の当て字とそれがあらわす国の正しい組み合わせを選びなさい
愛沙尼亜:エストニア
拉脱維亜:ラトビア
立陶宛:リトアニア
次の当て字とそれがあらわす国の正しい組み合わせを選びなさい
格魯吉亜:グルジア
克羅地亞:クロアチア
斯洛伐克:スロバキア
次の当て字とそれがあらわす国の正しい組み合わせを選びなさい
伯剌西爾:ブラジル
亜爾然丁:アルゼンチン
哥倫比亜:コロンビア
委内瑞拉:ベネズエラ
次の当て字とそれがあらわす国の正しい組み合わせを選びなさい
墺太利:オーストリア
洪牙利:ハンガリー
勃牙利:ブルガリア
次の当て字とそれがあらわす国の正しい組み合わせを選びなさい
瑞西:スイス
西班牙:スペイン
露西亜:ロシア
次の当て字とそれがあらわす国の正しい組み合わせを選びなさい
塞爾維:セルビア
土耳古:トルコ
白耳義:ベルギー
葡萄牙:ポルトガル
摩納哥:モナコ
盧森堡:ルクセンブルク

次の当て字とそれがあらわす都市の正しい組み合わせを選びなさい
巴里 - パリ
伯林 - ベルリン
羅馬 - ローマ
倫敦 - ロンドン
耶路撒冷 - エルサレム
次の当て字とそれがあらわす都市の正しい組み合わせを選びなさい
桑港 - サンフランシスコ
紐育 - ニューヨーク
羅府 - ロサンゼルス
次のアメリカの都市を五十音順に選びなさい
桑港(サンフランシスコ)
舎路(シアトル)
紐育(ニューヨーク)
費拉持特費府(フィラデルフィア)
波士敦(ボストン)
花瑠瑠(ホノルル)
羅府(ロサンゼルス)
華盛頓(ワシントン)

次の当て字とそれがあらわす川の正しい組み合わせを選びなさい
亜馬森:アマゾン
達迷塞:テムズ
尼羅:ナイル
来因:ライン

--------------------
[単位 漢字]
次の単位と、それを意味する漢字1文字の正しい組み合わせを選びなさい(単位)
グラム:瓦
メートル:米
リットル:立
次の重さの単位とそれを意味する漢字1文字の正しい組み合わせを選びなさい(質量)
トン:瓲
キログラム:瓩
ヘクトグラム:瓸
デカグラム:瓧
グラム:瓦
デシグラム:瓰
センチグラム:甅
ミリグラム:瓱
次の長さの単位とそれを意味する漢字1文字の正しい組み合わせを選びなさい(長さ)
キロメートル:粁
ヘクトメートル:粨
デカメートル:籵
メートル:米
デシメートル:粉
センチメートル:糎
ミリメートル:粍
マイクロメートル:(米少)
次の体積の単位とそれを意味する漢字1文字の正しい組み合わせを選びなさい(体積)
キロリットル:竏
ヘクトリットル:竡
デカリットル:竍
リットル:立
デシリットル:竕
センチリットル:竰
ミリリットル:竓

--------------------
[旧字体]
次の旧字体の漢字とそれに対応する新字体の漢字の正しい組み合わせを選びなさい
醫:医
實:実
體:体
臺:台
當:当
次の漢字と、その旧字体の正しい組み合わせを選びなさい
虫:蟲
蛮:蠻
蚕:蠶
次の漢字と、その旧字体の正しい組み合わせを選びなさい
拡:擴
拠:據
担:擔
仏:佛
次の漢字と、その旧字体の正しい組み合わせを選びなさい
仮:假
国:國
実:實
寿:壽
沢:澤
団:團
弥:彌

--------------------
[類義語]
次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
一切:悉皆(しっかい)
一掃:払拭
一生:畢生(ひっせい)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
陰鬱:憂鬱
陰険:陋劣(ろうれつ):(表面は何気なく装いながら心の内に悪意を隠しているさま)
陰謀:姦計(かんけい)
隠遁:脱俗
隠蔽:秘匿(ひとく)
隠密:間諜(かんちょう)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
収奪:搾取
収攬:掌握
収斂:縮小

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
出色:白眉
出版:上梓
出家:遁世(とんせい)
出奔(しゅっぽん):逐電:(逃げだして行方をくらますこと)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
親戚:姻族
親切:鄭重(ていじゅう)
親睦:懇親(こんしん)
親密:昵懇(じっこん)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
調整:斟酌(しんしゃく)
調停:斡旋(あっせん)
調理:割烹(かっぽう)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
不審:怪訝(けげん)
不遜:横柄(おうへい)
不撓:剛毅(ごうき)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
平穏:静謐
平坦:坦夷
平癒:全快

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
放擲:廃棄
放念:安堵
放埒(ほうらつ):気儘(きまま)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
無聊(ぶりょう):居然:(退屈なこと)
無垢:至純
無辜(むこ):冤罪
無惨:酸鼻

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
落伍:脱落
落飾:剃髪
落魄(らくはく):零落(れいらく):(落ちぶれる)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
合点:承知
結束:団結
公平:平等
住宅:家屋
長所:美点
不在:留守

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
倹約:節約
向上:進歩
使命:任務
不安:心配
方法:手段
理由:原因

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
一切:万事
看護:介抱
気絶:卒倒
去就:進退
出世:立身
熱中:専念

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
出世:栄達
省略:割愛
辛苦:難儀
知悉(ちしつ):通暁(つうぎょう):(知り尽くすこと。詳しく知ること)
波及:伝播
風聞(ふうぶん):巷説(こうせつ)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
臆病:怯懦(きょうだ)
起源:濫觴(らんしょう)
競争:角逐(かくちく)
親展:直披(じきひ):(手紙や電報で名宛人自身が開封して読んでほしいという意で使う語)
正鵠:肯綮(こうけい):(物事の急所・要点)
予測:逆睹(ぎゃくと)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
安堵:放念
首魁:領袖(りょうしゅう)
碩学:大家
無惨:酸鼻
催促:煎督(せんとく)
乱脈:蕪雑(ぶざつ):(雑然としていて整っていないこと)
俄頃(がけい):暫時:(暫時(ざんじ,しばらく)漸次(ぜんじ,しだいに))
逆浪(げきろう):怒涛:(流れにさからって打ち寄せる波。逆まく波。世の中が乱れていることのたとえにもいう)(荒れ狂う大波)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
軽慢:侮蔑
要諦:秘訣
荒涼(こうりょう):索漠(さくばく):(心を満たすものがなくもの寂しく感じるさま)
腹心:股肱(ここう):(主君の手足となって働く最も頼りになる家来や部下)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
粗筋(あらすじ):梗概(こうがい)
怨恨(えんこん):意趣(いしゅ):(人を恨む気持ち。遺恨(いこん))
覚悟:諦観(ていかん)
巷間(こうかん):市井(しせい):(世間。人が多く集まり住む所。ちまた)
狐疑(こぎ):邪推(じゃすい):(相手を疑うこと)
生活:糊口
総説:汎論
矛盾:撞着

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
核心:正鵠
至純:無垢
出航:抜錨(ばつびょう)
杜撰(ずさん):雑駁(ざっぱく)
切迫:焦眉(しょうび)
花形:寵児(ちょうじ)
矛盾:撞着
融和:懇親(こんしん)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
穎敏(えいびん):犀利(さいり):(才知が鋭く物を見る目が正確であるさま)
隠密:間諜
荒廃:消長
固執:拘泥(こうでい):(必要以上に気にすること)
旺盛:軒昂(けんこう):(意気が高く上がるさま。奮い立つさま。意気軒昂)
競争:角逐
斧正:添削

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
懐柔:籠絡(ろうらく):(うまく扱って自分の思う通りに従わせること)
不審:胡乱(うろん)
落飾:剃髪
鍛錬:陶冶(とうや)
知悉:通暁

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
堪忍:宥恕(ゆうじょ):(怒りを抑えて人の過ちを許すこと)
元凶:首魁(しゅかい):(悪事・謀反などの首謀者。張本人)
顕然:明瞭
庶民:蒼生(そうせい)
動向:趨勢(すうせい)
木鐸(ぼくたく):亀鑑(きかん):(世の中の人々を教え導く人。行動や判断の基準となるもの。手本)
無知:蒙昧

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
苛烈:峻厳(しゅんげん):(非常に厳しいこと)
抗論:反駁(はんばく):(対抗して自分の意見を述べること)
消長:浮沈(ふちん):(栄えることと衰えること。浮いたり沈んだりすること)
招来:惹起(じゃっき):(人を招いて来るようにさせること。事件・問題などをひきおこすこと。)
碩儒(せきじゅ):泰斗(たいと):(深い学問を身につけた学者)
卓出:穎脱(えいだつ):(才能が群を抜いてすぐれていること)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
横行:跳梁
億劫:大儀
峻厳:苛烈(かれつ)
排撃:指弾
悠然:鷹揚(おうよう)
容赦:寛恕(かんじょ)
来歴:沿革
吉兆:奇瑞

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
仰天:驚倒(きょうとう)
傑出(けっしゅつ):白眉
算段:捻出:(苦心してよい方法や手段を考え出すこと。知恵をしぼって考え出すこと)
出版:上梓
突如:俄然(がぜん)
欲望:煩悩(ぼんのう)
妙趣(みょうしゅ):醍醐味(だいごみ)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
争覇(そうは):逐鹿(ちくろく)

次のことばと、その類義語の正しい組み合わせを選びなさい
筒井筒(つついづつ):幼馴染
鉄面皮(てつめんぴ):破廉恥:(恥を恥とも思わず平気でいること。恥知らず)
破天荒:未曾有(みぞう):(前人のなしえなかったことを初めてすること。前代未聞。今までに一度もないこと)
仏頂面:無愛想
洞ヶ峠:日和見:(有利なほうにつこうと形勢をうかがうこと。日和見は天気の状況をうかがうこと。)

--------------------
[対義語]
次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
異性:同性
陰性:陽性
乾性:湿性
急性:慢性
水性:油性

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
隠逸(いんいつ):出廬(しゅつろ):(俗世から逃れて隠れ住むこと)(引退して世俗を離れていた人が再び官職などに就くこと)
陰鬱:明朗:(陰気でうっとうしい感じがするさま)()
隠蔽:暴露

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
解決:紛糾(ふんきゅう)
解雇:雇傭(こよう,雇用)
解纜(かいらん):繋留(けいりゅう):(船が航海に出ること。出帆(しゅっぱん))(船・気球などをつなぎとめておくこと)

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
高貴:卑賤(ひせん)
高燥:低湿
高慢:謙遜
高邁(こうまい):低劣:(精神的に非常にぬきん出ているさま)()

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
出家:還俗(げんぞく)
出立:逗留(とうりゅう)
出廬(しゅつろ):隠逸(いんいつ):(引退して世俗を離れていた人が再び官職などに就くこと)(俗世から逃れて隠れ住むこと)

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
峻拒:快諾
峻別:混同:(厳しくはっきりと区別すること)()
峻厳:寛容:(非常にきびしいこと)(心が広くてよく人の言動を受け入れること)
峻烈:寛大:(とても厳しく激しいさま)(度量が大きく思いやりがありむやみに人を責めないこと)

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
不堪(ふかん):練達(れんたつ):(技芸が未熟なこと)(熟練して深く通じていること)
不遜:謙遜
不毛:肥沃

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
平穏:擾乱(じょうらん)
平行:交差
平坦:起伏
平年:閏年
平凡:斬新
平明:晦渋(かいじゅう)

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
放縦:自制:(何の規律もなく勝手にしたいことをすること)()
放任:干渉
放伐:禅譲

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
末子:惣領(そうりょう):(最後に生まれた子)(初めに生まれた子)
末裔:先祖
末梢:中枢

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
雨季:乾季
記憶:忘却
増加:減少
短縮:延長

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
桁行(けたゆき):梁間(はりま):(建物の長手方向。棟に平行な方向)(建物の短手方向)
黄昏:払暁(ふつぎょう):(夕暮れ)(明け方。暁)
同調:反駁(はんばく):()(他人の主張や批判に対して論じ返すこと)
弊習(へいしゅう):淳風:(良くない風習)(良い風習)
露出:掩蔽(えんぺい)

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
永住:仮寓(かぐう)
奇手:定石:(奇抜な手段)(物事をするときの最上とされる方法)
凝視:瞥見(べっけん,ちらっと見ること)
擾乱(じょうらん):鎮撫:(入り乱れて騒ぐこと)(反乱や暴動などをしずめて民を安心させること)
遅疑(ちぎ):断行:(疑い迷ってすぐに決断しないこと)(困難や反対を押しきって強い態度で実行すること)
蓄財:蕩尽(とうじん):()(財産などを使い果たすこと)
着工:竣成(しゅんせい):(建築などの工事を始めること)(建造物ができあがること。竣工)
得度:還俗(げんぞく):(僧となること。出家すること)(僧をやめ俗人になること)

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
諫言(かんげん):追従(ついじゅう):(目上の人の過失などを指摘して忠告すること)(人の意見に従うこと)
欣快(きんかい):愁傷(しゅうしょう):(非常にうれしいこと)(嘆き悲しむこと)
枯渇:涌出
出立(しゅったつ):逗留(とうりゅう):(旅に出発すること)(旅先などに一定期間とどまること。滞在)
潤沢:逼迫(ひっぱく)
破綻:弥縫(びほう):()(失敗や欠点を一時的にとりつくろうこと)
飛躍:逼塞(ひっそく):()(落ちぶれて世間から隠れひっそり暮らすこと)

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
円満:圭角(けいかく)
懸絶(けんぜつ):伯仲(はくちゅう):(著しい隔たりがあること)(互いの力が釣り合っていて優劣がつけにくいこと)
捷径(しょうけい):迂路(うろ):(近道)(回り道)
配下:首魁(しゅかい)
平明:晦渋(かいじゅう)
歪曲:匡正(きょうせい):()(正しい状態にすること。ただすこと)

次のことばと、その対義語の正しい組み合わせを選びなさい
簡明:晦渋(かいじゅう)
金玉(きんぎょく):土芥(どかい):(金と玉。珍重すべき貴重なもの)(土とごみ。値打ちのないもの)
詰責(きっせき):諒恕(りょうじょ):(人の失敗や罪などを厳しく問いつめること)(相手の立場や事情を思いやって許すこと)
安閑(あんかん):孜孜(しし):(のんびりとして静かなさま)(熱心に努め励むさま)
抽出:悉皆:()(全部)
蒙昧:該博:()(物事に広く通じていること。学識の広いこと)

--------------------
[部首]
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(かんむり)
突:あなかんむり
雷:あめかんむり
菓:くさかんむり
京:なべぶた
写:わかんむり
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(かんむり)
突:あなかんむり
害:うかんむり
築:たけかんむり
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(かんむり)
害:うかんむり
菓:くさかんむり
築:たけかんむり
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(かんむり)
空:あなかんむり
露:あめかんむり
害:うかんむり
築:たけかんむり
京:なべぶた
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(かんむり)
空:あなかんむり
露:あめかんむり
宝:うかんむり
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(かんむり)
京:なべぶた
登:はつがしら
傘:ひとやね

次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(へん)
残:がつへん(かばねへん)
独:けものへん
限:こざとへん
補:ころもへん
社:しめすへん
情:りっしんべん
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(へん)
猥:けものへん
陵:こざとへん
裸:ころもへん
潮:さんずい
禍:しめすへん
攫:てへん
醜:とりへん
穢:のぎへん

次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(かまえ)
凡:かざがまえ
街:ぎょうがまえ
囲:くにがまえ
円:けいがまえ
匁:つつみがまえ
匹:はこがまえ
戒:ほこがまえ
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(かまえ)
街:ぎょうがまえ
園:くにがまえ
匁:つつみがまえ
匠:はこがまえ
閣:もんがまえ

次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(たれ)
厄:がんだれ
尾:しかばね
座:まだれ
痛:やまいだれ
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(たれ)
原:がんだれ
屋:しかばね
病:やまいだれ
広:まだれ

次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(にょう)
建:えんにょう
凶:かんにょう
魅:きにょう
道:しんにょう
超:そうにょう
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(にょう)
延:えんにょう
進:しんにょう
起:そうにょう

次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(つくり)
歌:あくび
顔:おおがい
郡:おおざと
卸:ふしづくり
雑:ふるとり
敏:ぼくづくり
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(つくり)
歌:あくび
都:おおざと
雄:ふるとり
敗:ぼくづくり
利:りっとう
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(つくり)
顔:おおがい
都:おおざと
雄:ふるとり

次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(あし)
愚:こころ
盤:さら
党:ひとあし
煮:れんが
次の漢字の部首の正しい組み合わせを選びなさい(あし)
弁:こまぬき(にじゅうあし)
慕:したごころ
兄:ひとあし
熱:れんが

次の漢字の部首とその別名の正しい組み合わせを選びなさい
うけばこ:かんにょう(凵)
なべぶた:けいさんかんむり(亠)
るまた:ほこづくり(殳)
次の部首の種類とその位置による基本的な区分の正しい組み合わせを選びなさい
へん:左側に位置する
つくり:右側に位置する
かんむり:上部に位置する
あし:下部に位置する
--------------------
--------------------
[四字熟語 意味]
次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
南轅北轍:志と行動が相反するたとえ:(なんえんほくてつ)
南橘北枳:環境によって変化すること:(なんきつほくき)
南船北馬:全国を忙しく旅行すること:(なんせんほくば)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
一往一来:行ったり来たりすること:(いちおういちらい)
一言一行:ちょっとした言葉と行い:(いちげんいっこう)
一朝一夕:きわめてわずかな期間:(いっちょういっせき)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
右往左往:混乱し、うろたえること:(うおうさおう)
右顧左眄:情勢を気にし決断できない:(うこさべん)
左提右挈:互いに助け合うこと:(さていゆうけつ)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
烏焉魯魚:文字を書き誤ること:(うえんろぎょ)
烏白馬角:絶対にありえないこと:(うはくばかく)
烏飛兎走:歳月が過ぎ去ること:(うひとそう)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
海闊天空:心が広く、度量が大きい:(かいかつてんくう)
海市蜃楼:現実性のない考え:(かいししんろう)
海誓山盟:非常に固い誓い:(かいせいさんめい)
海底撈月:無理なことに労力を費やす:(かいていろうげつ)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
春蛙秋蝉:役に立たない無用な言論:(しゅんあしゅうぜん)
春蚓秋蛇:書の巧みでないこと:(しゅんいんしゅうだ)
春愁秋思:いつも心に悩みがあること:(しゅんしゅうしゅうし)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
千荊万棘:非常に多くの困難がある:(せんけいばんきょく)
千秋万歳:歳月が非常に長い:(せんしゅうばんざい)
千朶万朶:枝に多くの花がついたさま:(せんだばんだ)
千射万箭:一つ一つを蔑ろにしない:(せんしゃばんせん)
千緒万端:物事が複雑である:(せんしょばんたん)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
竜吟虎嘯:同類は相応じ従うこと:(りゅうぎんこしょう)
竜驤虎視:世の中を威圧すること:(りゅうじょうこし)
竜蟠虎踞:地形のけわしいさま:(りゅうばんこきょ)
竜攘虎搏:強い者同士で激しく戦う:(りゅうじょうこはく)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
旱天慈雨:苦しい場面で救われる:(かんてんじう)
五風十雨:天気が順調である:(ごふうじゅうう)
櫛風沐雨:様々な苦労をする:(しっぷうもくう)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
迦陵頻伽:美しい声のこと:(かりょうびんが)
亀毛兎角:この世にありえないもの:(きもうとかく)
採薪汲水:自然の中で質素に暮らす:(さいしんきゅうすい)
含飴弄孫:気楽な老後生活:(がんいろうそん)
錦心繍口:詩文の才能が有ること:(きんしんしゅうこう)
閑雲野鶴:自由な生活のこと:(かんうんやかく)
金烏玉兎:月日のこと:(きんうぎょくと)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
並駕斉駆:能力や地位に差がないこと:(へいがせいく)
鱗次櫛比:整然と並んでいること:(りんじしっぴ)
魯魚章草:文字の書き誤り:(ろぎょしょうそう)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
天覆地載:おおらかな心のこと:(てんぷうちさい)
百尺竿頭:到達可能な最高点:(ひゃくしゃくかんとう)
飛兎竜文:才能のある優れた子ども:(ひとりゅうぶん)
落月屋梁:友人を想う情のこと:(らくげつおくりょう)
円木警枕:勉学に励むこと
竹頭木屑:役に立たないもの

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
懸頭刺股:勉学に励むこと:(けんとうしこ)
芝蘭玉樹:才能に優れた人のこと:(しらんぎょくじゅ)
図南鵬翼:大事業を計画すること:(となんほうよく)
破釜沈船:決死の覚悟で出陣すること:(はふちんせん)
臨淵羨魚:虚しい望みを抱くこと:(りんえんせんぎょ)
九鼎大呂:貴重なもの
白虹貫日:革命が起こる前兆のこと

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
虚心坦懐:心がさっぱりしてること:(きょしんたんかい)
鶏鳴狗盗:つまらない技術を持った人:(けいめいくとう)
清濁併呑:包容力があること:(せいだくへいどん)
不倶戴天:憎しみが深いこと:(ふぐたいてん)
盲亀浮木:めったにないこと:(もうきふぼく)
意馬心猿:煩悩で落ち着かないこと
自家撞着:話の前後が矛盾すること
羊頭狗肉:外見と内面の不一致

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
行住坐臥:日常ののこと:(ぎょうじゅうざが)
社燕秋鴻:出会ってすぐ別れること:(しゃえんしゅうこう)
春蛙秋蝉:うるさいだけの無用の言論:(しゅんあしゅうぜん)
自家薬籠:身につけた知識や技術:(じかやくろう)
城狐社鼠:君主の陰で悪事を働く者:(じょうこしゃそ)
寸指測淵:実現不可能なこと:(すんしそくえん)
椿萱並茂:両親が健在なこと:(ちんけんへいも)

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
載籍浩瀚:書物の数がとても多いこと:(さいせきこうかん)
短褐穿結:貧しい人が着る衣服:(たんかつせんけつ)
彫心鏤骨:とても苦労をすること:(ちょうしんるこつ)
兎起鶻落:絵や文章に勢いがあること:(ときこつらく)
馮異大樹:謙虚で偉そうにしない人:(ふういたいじゅ)
流金鑠石:猛暑のこと

次の四字熟語と、その意味の正しい組み合わせを選びなさい
阿諛追従:こびへつらうこと:(あゆついしょう)
豁然大悟:迷いが解けて真意を悟る:(かつぜんたいご)
笙磬同音:多くの人が仲良くすること:(しょうけいどうおん)
断薺画粥:貧乏に耐えて勉学に励む:(だんせいかくしゅく)
擲果満車:女性にもてる美少年:(てきかまんしゃ)

--------------------
[四字熟語 作成]
次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
一石二鳥
三位一体
四面楚歌

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
一念発起
二律背反
三日天下
四面楚歌
五里霧中
六道輪廻
七堂伽藍(しちどうがらん)
八方美人

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
心機一転
益者三友
家徒四壁
八面六臂

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
悪戦苦闘
危機一髪
事実無根

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
異口同音
厚顔無恥
半信半疑
傍若無人
一世風靡

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
有象無象(うぞうむぞう)
夏炉冬扇(かろとうせん)
針小棒大
離合集散

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
意気軒昂(いきけんこう)
天衣無縫(てんいむほう)
不惜身命(ふしゃくしんみょう)
無常迅速(むじょうじんそく)
曲学阿世
博覧強記

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
意気軒昂(いきけんこう)
曲学阿世
博覧強記

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
山紫水明
色即是空(しきそくぜくう)
酔生夢死(すいせいむし)
生殺与奪(せいさつよだつ)
率先躬行(そっせんきゅうこう)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
英姿颯爽(えいしさっそう)
師資相承(ししそうしょう)
朝憲紊乱(ちょうけんびんらん)
博学才穎(はくがくさいえい)
銘肌鏤骨(めいきるこつ)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
虚心坦懐(きょしんたんかい)
牽強付会
自家撞着
周章狼狽(しゅうしょうろうばい)
沈魚落雁
泡沫夢幻(ほうまつむげん)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
温柔敦厚(おんじゅうとんこう)
規矩準縄(きくじゅんじょう)
鳩首凝議(きゅうしゅぎょうぎ)
卒啄同時(そったくどうじ)
天佑神助(てんゆうしんじょ)
鵬程万里(ほうていばんり)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
規矩準縄(きくじゅんじょう)
長汀曲浦(ちょうていきょくほ)
臨淵羨魚(りんえんせんぎょ)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
狷介不羈(けんかいふき)
笙磬同音(しょうけいどうおん)
嗇夫利口(しょくふりこう)
万物殷富(ばんぶついんぷ)
繁文縟礼(はんぶんじょくれい)
文質彬彬(ぶんしつひんぴん)
草満囹圄(そうまんれいご)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
英明闊達(えいめいかったつ)
婉娩聴従(えんべんちょうじゅう)
鞠躬尽瘁(きっきゅうじんすい)
持粱歯肥(じりょうしひ)
斗量帚掃(とりょうそうそう)
八面玲瓏(はちめんれいろう)
矮子看戯(わいしかんぎ)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
載籍浩瀚(さいせきこうかん)
人心収攬(じんしんしゅうらん)
頽堕委靡(たいだいび)
対驢撫琴(たいろぶきん)
泥首銜玉(でいしゅかんぎょく)
白璧断獄(はくへきだんごく)
撥乱反正(はくへきだんごく)
駢拇枝指(べんぼしし)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD)
群蟻附羶(ぐんぎふせん)
狐裘蒙戎(こきゅうもうじゅう)
兎起鶻落(ときこつらく)
草偃風従(そうえんふうじゅう)
樽俎折衝(そんそせっしょう)
馮異大樹(ふういたいじゅ)
彫心鏤骨
流金鑠石

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
一意専心
一言居士
一念発起
一目瞭然
一蓮托生

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
烏焉魯魚(うえんろぎょ)
烏白馬角(うはくばかく)
烏飛兎走(うひとそう)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
断崖絶壁
断章取義(だんしょうしゅぎ)
断簡零墨(だんかんれいぼく)
断薺画粥(だんせいかくしゅく)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
長袖善舞(ちょうしゅうぜんぶ)
長汀曲浦(ちょうていきょくほ)
長鞭馬腹(ちょうべんばふく)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
直躬証父(ちょくきゅうしょうふ)
直言極諫(ちょくげんきょっかん)
直截簡明(ちょくせつかんめい)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
天威咫尺(てんいしせき)
天壌無窮(てんじょうむきゅう)
天覆地載(てんぷうちさい)
天佑神助(てんゆうしんじょ)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
白衣蒼狗(はくいそうく)
白眉最良(はくびさいりょう)
白虹貫日

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
馬牛襟裾
馬耳東風
馬歯徒増

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
筆耕硯田(ひっこうけんでん)
筆削褒貶(ひっさくほうへん)
筆力扛鼎(ひつりょくこうてい)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
不羈奔放(ふきほんぽう)
不失正鵠(ふしつせいこく)
不惜身命(ふしゃくしんみょう)
不惑痛痒(ふわくつうよう)
不倶戴天
不撓不屈

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
風岸孤峭(ふうがんこしょう)
風餐露宿(ふうさんろしゅく)
風檣陣馬(ふうしょうじんば)
風声鶴唳

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
無為徒食(むいとしょく)
無知蒙昧
無余涅槃(むよねはん)
無欲恬澹(むよくてんたん)
無理非道
無事息災
無我夢中
無味乾燥

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
落雁沈魚(らくがんちんぎょ)
落穽下石(らくせいかせき)
落筆点蝿(らくひつてんよう)
落英繽紛(らくえいひんぷん)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
流汗淋漓(りゅうかんりんり)
流金鑠石
流言蜚語(りゅうげんひご)
流觴曲水(りゅうしょうきょくすい)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD A共通)
竜駒鳳雛(りょうくほうすう)
竜興致雲(りょうこうちうん)
竜章鳳姿(りゅうしょうほうし)
竜瞳鳳頸(りょうどうほうけい)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD C共通)
鴉雀無声(あじゃくむせい)
海内無双(かいだいむそう)
慇懃無礼(いんぎんぶれい)
完全無欠
厚顔無恥
縦横無尽
諸行無常

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD C共通)
緩急自在
泰然自若
独立自存

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(ABC-D AC共通)
無稽之談(むけいのだん)
無告之民(むこくのたみ)
無妄之福(むもうのふく)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(ABC-D C共通)
烏合の衆
華燭の典
背水の陣
蛍雪の功
風前の灯
塞翁の馬
三顧の礼

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(ABC-D C共通)
会稽の恥(かいけいのはじ)
懸河の弁
犬馬の労
浩然の気(こうぜんのき)
髀肉の嘆(ひにくのたん)
麻中の蓬(まちゅうのよもぎ)(麻の中の蓬)
遼東の豕(りょうとうのいのこ)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(ABC-D C共通)
阿衡の佐(あこうのさ)
葦末の巣(いまつのす)
冥冥の志(めいめいのこころざし)
(咽喉の地(いんこうのち))
(瓜葛の親(かかつのしん))
(傾危の士(けいきのし))
(南柯の夢(なんかのゆめ))

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(ABC-D C共通)
尾生之信(びせいのしん)
匪石之心(ひせきのこころ)
匹夫之勇(ひっぷのゆう)
皮膚之見(ひふのけん)
謬悠之説(びゅうゆうのせつ)
廟堂之器(びょうどうのき)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD D共通)
山礪河帯(さんれいかたい)
大衣広帯(たいいこうたい)
布衣韋帯(ふいいたい)
不解衣帯(ふかいいたい)
縫衣浅帯(ほういせんたい)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD D共通)
軽裘肥馬(けいきゅうひば)
素車白馬(そしゃはくば)
管仲随馬
千軍万馬
南船北馬

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD AC共通)
朝雲暮雨(ちょううんぼう)
朝三暮四
朝種暮穫(ちょうしゅぼかく)
朝秦暮楚
朝蝿暮蚊(ちょうようぼぶん)
朝令暮改

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD AC共通)
同工異曲
同床異夢
同声異俗(どうせいいぞく)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD AC共通)
南轅北轍(なんえんほくてつ)
南橘北枳(なんきつほくき)
南洽北暢(なんこうほくちょう)
南蛮北狄(なんばんほくてき)
南船北馬

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CD AC共通)
竜吟虎嘯(りゅうぎんこしょう)
竜驤虎視(りょうじょうこし)
竜攘虎搏(りゅうじょうこはく)
竜跳虎臥(りゅうちょうこが)
竜騰虎闘(りゅうとうことう)
竜蟠虎踞(りゅうばんこきょ)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(A-BCD CD共通)
汗馬の労
薪水の労
胼胝の労

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-AC)
一裘一葛(いっきゅういっかつ)
一虚一盈(いっきょいちえい)
一伍一什(いちごいちじゅう)
一觴一詠(いっしょういちえい)
一張一弛(いっちょういっし)
一瓢一箪(いっぴょういったん)
一顰一笑(いっぴんいっしょう)
一游一予(いちゆういちよ)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-AC)
無根無蔕(むこんむてい)
無慙無愧(むざんむき)
無位無官
無為無策
無声無臭
無念無想

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AA-BB)
唯唯諾諾(いいだくだく)
郁郁青青(いくいくせいせい)
侃侃諤諤(かんかんがくがく)
喧喧囂囂(けんけんがくがく)
戦戦兢兢(せんせんきょうきょう)
喋喋喃喃(ちょうちょうなんなん)
悠悠閑閑(ゆうゆうかんかん)
陰陰滅滅

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AA-BC)
呵呵大笑(かかたいしょう)
生生流転(せいせいるてん)
悠悠自適
粒粒辛苦
次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AA-BC)
関関雎鳩(かんかんしょきゅう)
蹇蹇匪躬(けんけんひきゅう)
拳拳服膺(けんけんふくよう)
丁丁発止

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CC)
威風堂堂
興味津津
筋骨隆隆
自信満満
諸説紛紛

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CC)
意気揚揚
虎視眈眈
勇気凛凛
和気藹藹(わきあいあい)

次の文字列を組み合わせて四字熟語にしなさい(AB-CC)
音吐朗朗
気息奄奄(きそくえんえん)
死屍累累(ししるいるい)
天網恢恢(てんもうかいかい)
鬼哭啾啾(きこくしゅうしゅう)
余韻嫋嫋(よいんじょうじょう)
余裕綽綽(よゆうしゃくしゃく)

--------------------
[その他]
次の四字熟語と、その読み方の正しい組み合わせを選びなさい(読み)
杯盤狼籍(はいばんろうぜき)
断簡零墨(だんかんれいぼく)
信賞必罰(しんしょうひつばつ)
磨斧作針(まふさくしん)
有為転変(ういてんぺん)

--------------------
[四字熟語 由来]
次の四字熟語とその由来となった故事に出てくる人物の正しい組み合わせを選びなさい
鶏口牛後:蘇秦
葦編三絶:孔子
四面楚歌:項羽
髀肉之嘆:劉備

次の四字熟語とその由来となった故事に出てくる人物の正しい組み合わせを選びなさい
曲学阿世:轅固生(えんこせい)
画竜点睛:張僧ヨウ(ちょうそうよう)
鶏鳴狗盗:孟嘗君(もうしょうくん)
捲土重来:項羽(こうう)

鶏口牛後(けいこうぎゅうご):
大きな集団の中で尻にいて使われるよりも、小さな集団であっても長となるほうがよい。
「鶏口」鶏の口の意味から転じて小さな団体の長のたとえ。「牛後」牛の尻の意味から転じて大きな団体に従って使われる者のたとえ。
中国戦国時代、遊説家の蘇秦(そしん)が韓王(かんおう)に、小国とはいえ一国の王として権威を保つのがよく、
強大国の秦に屈して臣下に成り下がってはならないと説いて、韓・魏・趙・燕・斉・楚の六国が合従がっしょうするのを勧めた故事から。

画竜点睛(がりょうてんせい):
物事を完成させるために、大事なところに手を加えて仕上げをすること。
中国の梁の時代、張僧ヨウという絵師が竜の絵を描き、最後に瞳を入れたところ竜が天に昇ったという故事から。
「画竜点睛を欠く」」の形で用いられ「ほとんど完成しているが最も重要なところが抜けている」という意味で使われる。

鶏鳴狗盗(けいめいくとう):
鶏の鳴き真似をして人を欺いたり、犬のようにして物を盗んだりする卑しい(いやしい)者。
斉(せい)の孟嘗君が秦に幽閉されたとき、食客のこそどろや、にわとりの鳴きまねのうまい者に助けられて脱出したという「史記」孟嘗君伝の故事から。

曲学阿世(きょくがくあせい):
学問の真理にそむいて時代の好みにおもねり、世間に気に入られるような説を唱えること。真理を曲げて、世間や時勢に迎合する言動をすること。
「曲学」は真理を曲げた正道によらない学問。「阿世」は世におもねる意。「阿」はへつらいおもねる意。
漢の時代、漢の武帝に召し出された轅固生が、儒学者の公孫子に言ったことばが由来とされる。「公孫子よ、正しい学問に励んで、はばかることなくありのままを言いなさい。学問を曲げて、世にへつらうべきではない)」とある。

捲土重来(けんどちょうらい):
一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して巻き返すことのたとえ。
「捲土」は土煙が巻き上がること。「重来」は再びやってくること。
唐の詩人・杜牧(とぼく)は、劉邦に敗れた項羽の最期を詠じ、
項羽が再び兵を集めて劉邦との戦いを続けていたらどうなっていたかはわからなかったということを詩にした一節から。
--------------------
  1. 2013/09/23(月) 21:57:14|
  2. 漢字四字熟語検定
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

漢字四字熟語検定 順番当て

--------------------
[漢字]
次の漢字一文字をカナ3文字で読んだときに五十音順になるように選びなさい
露 (あらわ)
鑑 (かがみ)
巷 (ちまた)
斑 (まだら)
涎 よだれ)
次の日本で作られた漢字「国字」を五十音順に選びなさい
鰯 (いわし)
颪 (おろし)
裃 (かみしも)
欅 (けやき)
凩 (こがらし)
榊 (さかき)
躾 (しつけ)
襷 (たすき)
凪 (なぎ)
次の言葉を五十音順に選びなさい
加答児 (カタル)
肌理 (きめ)
護謨 (ゴム)
時化 (しけ)
三和土 (たたき)
為体 (ていたらく)
我儘 (わがまま)
次の三字熟語を五十音順に選びなさい
如何様 (いかよう)
有頂天 (うちょうてん)
嬶天下 (かかあでんか)
几帳面 (きちょうめん)
木偶坊 (でくのぼう)
檜舞台 (ひのきぶたい)
日和見 (ひよりみ)
未曾有 (みぞう)
次のことばを五十音順に選びなさい
嘲笑う (あざわらう)
流離う (さすらう)
彷徨う (さまよう)
躊躇う (ためらう)

次の体の一部を表す言葉を頭に近い順に選びなさい
項 (うなじ)
頤 (おとがい)
鳩尾 (みぞおち)
丹田 (たんでん)
膕 (ひかがみ)
踵 (かかと,きびす)

次の魚を五十音順に選びなさい
鮎 (あゆ)
鰈 (かれい)
鱚 (きす)
鯖 (さば)
鱸 (すずき)
鯛 (たい)
鰤 (ぶり)
次の魚を五十音順に選びなさい
鯵 (あじ)
鰹 (かつお)
鮭 (さけ)
鱧 (はも)
鮪 (まぐろ)

次の植物を五十音順に選びなさい
紫陽花 (あじさい)
公孫樹 (いちょう)
山茶花 (さざんか)
仙人掌 (さぼてん)
百日紅 (さるすべり)
蒲公英 (たんぽぽ)
向日葵 (ひまわり)

次の食べ物を五十音順に選びなさい
餡蜜 (あんみつ)
蒲鉾 (かまぼこ)
卓袱 (しっぽく)
善哉 (ぜんざい)
落雁 (らくがん)

次の「日本庭園にあるもの」を五十音順に選びなさい
四阿 (あずまや)
沓脱石 (くつぬぎいし)
鹿威し (ししおどし)
蹲踞 (つくばい)
躙口 (にじりぐち)
延段 (のべだん)
遣水 (やりみず)

次の外来語に当てられた難読漢字をしりとりになるように順に選びなさい
口風琴(ハーモニカ)
卵糖(カステラ)
喇叭(ラッパ)
麺麭(パン)

次の日本における漢字の分類を含まれる漢字の数が多い順に選びなさい
常用漢字(2136)
当用漢字(1850)
教育漢字(1006)
人名用漢字(861)

次の漢字を画数が多い順に選びなさい
驫 (30)
鬱 (29)
鑿 (28)
驩 (27)
鱶 (26)
鼈 (25)
次の漢字を画数が少ない順に選びなさい
禝 (15)
奮 (16)
厳 (17)
壘 (18)
鯔 (19)
櫨 (20)

次の学年を学習指導要領によって習う漢字の数が多い順に選びなさい(1006文字)
小学4年生(200) - 小学3年生(200)
小学5年生(185)
小学6年生(181)
小学2年生(160)
小学1年生 (80)

次のことばを国語辞典に出てくる順に選びなさい
腰(こし)→誇示(こじ)→誤字(ごじ)→古人(こじん)
次のことばを国語辞典に出てくる順に選びなさい
雑感(ざっかん)→造花(ぞうか)→雑煮(ぞうに)→総力(そうりょく)
次のことばを国語辞典に出てくる順に選びなさい
名字(みょうじ)→名月(めいげつ)→名門(めいもん)→目頭(めがしら)
次のことばを国語辞典に出てくる順に選びなさい
十指(じっし)→十五夜(じゅうごや)→出頭(しゅっとう)→出帆(しゅっぱん)

次の画像を順に選んで「人の目をくらます」という意味のある熟語「韜晦」の読み方にあるようにしなさい
韜晦(とうかい)

次の文字列を順に選んで実用的なものとしては45文字と最も長い、「珪性肺塵症」を意味する英単語にしなさい
pneumonoult → ramicroscop → icsilicovol → canoconiosis (PRICプリック)
珪性肺塵症(けいせいはいじんしょう)(pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis)

--------------------
[四字熟語]
次の四字熟語を読み五十音順に選びなさい
蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)
嚢中之錐(のうちゅうのきり)
綾羅錦繍(りょうらきんしゅう)
縷々綿々(るるめんめん)
矮子看戯(わいしかんぎ)

次の四字熟語を○に入る数字が小さい順に選びなさい
一心同体→二律背反→四面楚歌→九死一生→百家争鳴→一騎当千→森羅万象
次の四字熟語を○に入る数字の合計が小さい順に選びなさい
一石二鳥→二束三文→朝三暮四→四苦五苦→七転八倒→十人十色→百発百中→千載一遇

--------------------
[語句作成]
次の文字を順に選んで天にも昇るすばらしい気持ちを表す四字熟語にしなさい
羽化登仙(うかとうせん)
次の文字を順に選んで「夫婦が愛情深く結ばれていること」を意味する四字熟語にしなさい
偕老同穴(かいろうどうけつ)
次の文字を順に選んで容姿の美しい人は得てして不幸に見舞われるという意味の四字熟語にしなさい
佳人薄命(かじんはくめい)
次の文字を順に選んで「頑固で頭の回転が鈍いこと」を意味する四字熟語にしなさい
不霊頑冥(がんめいふれい)
頑冥不霊(がんめいふれい)
次の文字を順に選んで主義主張がはっきりしていることを表す四字熟語にしなさい
旗幟鮮明(きしせんめい)
次の画像を順に選んで大酒を飲み、たくさん食べることを表す四字熟語にしなさい
牛飲馬食(ぎゅういんばしょく)
次の文字を順に選んで結婚式の「仲人」を表す言葉にしなさい
月下氷人(げっかひょうじん)
次の文字を順に選んで数多くの美女たちに囲まれた様子を表す四字熟語にしなさい
香囲粉陣(こういふんじん)
次の文字を順に選んで公平で偏らず、正しい様子を意味する四字熟語にしなさい
公明正大(こうめいせいだい)
次の文字列を順に選んで事の本来を見誤って間違いを犯すという意味の四字熟語にしなさい
削足適履(さくそくてきり)
次の文字を順に選んで「煩悩から解放されることではじめて真の安らぎが得られる」という意味の四字熟語にしなさい
寂滅為楽(じゃくめついらく)
次の文字を順に選んで形成を伺ってどちらか一方に決めかねている様子を言った四字熟語にしなさい
首鼠両端(しゅそりょうたん)
次の画像を順に選んでぜいたくの限りを尽くした豪華な宴会を表す四字熟語にしなさい
酒池肉林(しゅちにくりん)
次の文字を順に選んで 一生を何もせずに無為に過ごすことを意味する四字熟語にしなさい
酔生夢死(すいせいむし)
次の文字を順に選んで「非常に悔しがるさま」を意味する四字熟語にしなさい
切歯扼腕(せっしやくわん)
次の文字を順に選んで「男子が志を立てること」を意味する四字熟語にしなさい
桑弧蓬矢(そうこほうし)
次の文字を順に選んでどんなに小さくてつまらない物も何かの役には立つという意味の四字熟語にしなさい
竹頭木屑(ちくとうぼくせつ)
次の文字を順に選んで「相手に降伏し、家来にしてくれるよう頼むこと」を意味する四字熟語にしなさい
肉袒牽羊(にくたんけんよう)
次の文字を順に選んで様々なものがその本領を発揮することを意味する四字熟語にしなさい
百家斉放(ひゃっかせいほう)
次の文字を順に選んで 「優れた才能を発揮する機会がないもの」を意味する四字熟語にしなさい
伏龍鳳雛(ふくりょうほうすう)
次の文字を順に選んで「わからずや」を意味する四字熟語にしなさい
没分暁漢(ぼつぶんぎょうかん)
次の文字を順に選んで「頑固で頭の回転が鈍いこと」を意味する四字熟語にしなさい
冥頑不霊(めいがんふれい)(冥頑不霊,めいがんふれい)
次の文字を順に選んで「高貴な人物はいかなる時でも信念を変えない」を意味する四字熟語にしなさい
鳴蝉潔飢(めいせんけっき)
次の文字を順に選んで「物の名前はそのものの本質を表す」という意味の言葉にしなさい
名詮自性(めいせんじしょう)
次の文字を順に選んで「外見は似ているが中身は伴わないこと」を意味する四字熟語にしなさい
優孟衣冠(ゆうもういかん)
次の文字を順に選んで「見識の狭いこと」を意味する四字熟語にしなさい
用管窺天(ようかんきてん)
次の文字を順に選んで「非常に速いこと」を意味する四字熟語にしなさい
輿馬風馳(よばふうち)
次の文字を順に選んで「賢い人は立派な君主を選んで仕える」という意味の四字熟語にしなさい
良禽択木(りょうきんたくぼく)
次の文字列を順に選んで他人とってはありふれているものを、珍しく思って自慢することを表す言葉にしなさい
遼東の豕(りょうとうのいのこ)

飲み食いする量がすさまじいこと
鯨飲馬食
人からの意見を聞き流すこと
馬耳東風
3つの選択肢の中から1つを選ぶこと
三者択一
物事を行う時の根拠のこと
大義名分
行動などが非常に速いこと
電光石火
男女の愛情が深いこと
比翼連理
--------------------
  1. 2013/09/23(月) 21:54:59|
  2. 漢字四字熟語検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漢字四字熟語検定 キューブ

--------------------
「猾い」の読み方のひとつです
→わるがしこい(猾い)
時が経てば自然と物事は成功するということ
→すいとうきょせい(水到渠成)
物事の内容や意味がはっきりせず、ぼんやりしていること
→あいまいもこ(曖昧模糊)
--------------------
  1. 2013/09/23(月) 21:54:14|
  2. 漢字四字熟語検定
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

紅葉ちゃん・ω・)

Author:紅葉ちゃん・ω・)
紅葉(こうよう)
理想は完成度の高い問題集を作ることです。
Wikipediaのように皆様からの新問や検定問題の情報提供お待ちしています。右辺専門サイトです。(PCモード閲覧推奨)
看護師してます。QMA弱体化しましたが、リアルを大切にしてマイペースにQMAやってます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

問題情報交換 雑談等 (3)
PCmobile検定 (13)
北海道東北検定 (13)
東京関東検定 (13)
中部北陸検定 (13)
アジア検定 (13)
ヨーロッパ検定 (13)
世界情勢検定 (0)
経済ビジネス検定 (13)
百貨店コンビニ検定 (13)
ミリタリー検定 (13)
トレイン検定 (13)
オカルト検定 (13)
日本古代中世史検定 (13)
戦国時代検定 (13)
幕末明治維新検定 (13)
明治大正検定 (13)
西洋史検定 (13)
美術絵画検定 (13)
世界文学検定 (13)
雑誌書籍検定 (0)
ことわざ検定 (13)
漢字四字熟語検定 (13)
神話検定 (0)
化学検定 (13)
医療検定(人体検定) (13)
野菜フルーツ検定 (13)
アニマル検定 (13)
ムシ検定 (13)
海洋学検定 (0)
恐竜古代生物検定 (13)
宇宙天文検定 (13)
未分類メモ (1)
看護師勤務 自己学習 (4)
国家試験勉強 (5)
サイト概要 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
365位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2拍手ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。